♪handmade★作り方♪

[ リスト | 詳細 ]

手芸教室を開いています。どうしたら簡単に作れるかをいつも考えています。
記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

コースターの作り方

ずいぶん前に作ってあったものです。
写真があったので載せておきます。
興味ある方、見てください。


パッチワーク風のコースターですね〜

イメージ 1


でもパッチワークしてません( ^ω^ )



用意するもの

イメージ 2


12cm角の布5枚



そのうち4枚は三角に折ります。

イメージ 3


これ、長四角になるように半分に折ると、
四角いパッチワーク風のができます。




重ねていきます。

イメージ 4


まず、多い方の柄、折っていないものを表を上に置きます。



イメージ 5


三角を一枚重ねます。



イメージ 6


違う柄を重ねます。



イメージ 7


三枚目を重ねます。



イメージ 8


ここで、角を待ち針で留めます。



イメージ 9


4枚目を重ねて、最初の三角の布を上に持ってきます。
待ち針で留めます。




イメージ 10


全周、縫います。



イメージ 11


角を三角に落とします。




イメージ 12


真ん中からひっくり返して、形を整えます。


イメージ 13


アイロンをふんわりかけて、出来上がりです。



ちょうど良い厚みのコースターが出来ますよ。
四角いのも作ってみてください。

この記事に

開く コメント(1)

表布と裏布を中表に合わせて縫いますが、
蓋になる三角でない方の口を、ひっくり返す為に縫い残します。

イメージ 1


イメージ 2





ひっくり返しやすいように、角を落とし、
蓋の真ん中に切り込みを入れて

イメージ 3


ひっくり返し、角を針などで引き出し整えてから
縫い残した口元を縫います。

イメージ 4



ここでマジックファスナーをつけてもいいです。

イメージ 5




あら〜(≧∇≦)出来上がりですよ〜〜

イメージ 6




蓋の内側にポケット

イメージ 7



本体の裏側にファスナーポケット

イメージ 8



タグとかは、先につけても、後で手縫いしてもいいですね。

イメージ 9





解読に時間がかかり、最初に作った時は3時間以上かかりました。
今は裁断後、1.5時間くらいで作れます。
手順を覚えたら、そんなに難しいものではありません。

頑張って作ってね*\(^o^)/*

この記事に

開く コメント(27)

本体の表側に付くポケットの処理です。
付けない方は必要ありませんのでとばします。


作り方1で案内したポケットの布が薄い場合は、裏布としてもう一枚追加します。

イメージ 1


私は上下にロックをかけますが、
ジグザグでも中に折ってもいいので、縫い代の始末をしてください。

イメージ 2




ファスナーを中表に合わせて縫います。

イメージ 3


ひっくり返してファスナーを押さえます。

イメージ 4





表布の下から21cm位の所に、ポケットを裏にして合わせます。

イメージ 5


この辺の寸法は、全部を仮組みしてみて、好きな位置に変更してください。


ファスナーの下の部分を縫ってひっくり返すと、
こうなります。

イメージ 6


蛇腹が付いている裏布と合わせてみて、
ファスナーポケットと、ファスナー無しポケットの境目を決めます。

イメージ 7


底のラインが境目です。

そのラインで、三重縫いします。

イメージ 8


イメージ 9





表側のファスナー無しポケットの方に、
マジックファスナーを付けます。

イメージ 10



マジックファスナーのお対をこの後付けておいてもいいし、
縫い代が表に出てもいいなら、最後に付けます。
最後に付けた方が位置の調整が出来ますね。

この記事に

開く コメント(4)

もうほとんど形が出来ているので、想像はつくと思いますが、
順番を守って縫ってください。
違う所から縫うと、縫えませんよ( ̄▽ ̄)

次は、AとBを合わせて、端を縫い合わせます。
このABの両端の処理が、今回の作品で、一番縫いにくい部分です。
針を少しずつ進めて縫います。

イメージ 1


真ん中から縫う方法を守って縫ってください。

イメージ 2



AとBの縫い合わせが終わったところです。

イメージ 3



次に同じように、CとDの端を縫います。
ABよりは楽に縫えるはずです。

CとDの縫い合わせが終わったところです。

イメージ 4







次に、Eと本体裏布を縫い合わせます。

イメージ 5


真ん中から縫う方法で、両側を縫います。

蛇腹部分が縫い終わりました。

イメージ 6



お疲れ様です。
あとは簡単ですよ(^o^)

この記事に

開く コメント(10)

6までページが進んでしまいました。
見ていてもう作りたくなくなったかな〜
でも、写真と照らし合わせながら、頑張って作ってみてね。


さて、ABCDの布はつながりました。
今度は、Eの布と、本体裏側の布を縫い合わせます。

イメージ 1


裏側の布の三角を上にして、下から4cmの所で、
Eの布の付き合わせを下にして重ねます。



真ん中を縦方向に縫います。
これも、Eの布の真ん中から始めて下までいったら、180度回転し、
また下までいったら180度回転して、真ん中で止める縫い方です。

イメージ 2


本体裏側布とEを合わせたものに、ABCDをつなげたものを重ねます。

イメージ 3




本体裏側布の右側を、縫い線から左側に払います。
ABCのパーツも左側に払い、DとEを端から4cmの所で縫い合わせます。

イメージ 4


この時も、真ん中から縫います。



反対側も同じく端から4cmの所で縫い合わせます。

イメージ 5



これで蛇腹の内側を縫う作業が終わりです。


次の行程では、蛇腹の端を縫い合わせます。

この記事に

開く コメント(14)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事