ここから本文です
B級的トランスな日々
前回伺った時は、まさかまさかの臨時休業。そして漸く仕切り直しで

イメージ 1

飯塚の『来来』に参上。今年お初にも関わらず、大将の全てを包み込んでくれるキャラもあり、久し振りとは感じないから不思議なものです ^^

イメージ 2

かなり早めに伺いましたが、既に先客1名とは超驚きだ !

イメージ 3

相方は、いつもの様に無加工状 (^^) の「ラーメン」

イメージ 4

片や梵様は、少し柔状 (^^) の「ラーメン」

先ず食べる前に、出汁の香りと麺と思しき良い風味が、やんわり鼻先を弄ぶかの如く刺激してくれます。気のせいかと思いましたが、念の為大将に伺ったところ、麺の量が今までより若干足されてるので満足度が更にアップ !

いつもの飄飄 (ひょうひょう) とした笑顔と会話、そして傑出の一杯を満喫し、身も心も超満たされたひと時でした。

イメージ 5

『来来』
福岡県飯塚市片島1-3-38
TEL なし
11:00前 - 麺売切れ次第終了 (約30杯分)
木曜・金曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

小倉からの帰り道、時々立ち寄る『肉の秘密基地』。いつもなら惣菜系をメインに買い込むのですが、この日は和牛の赤身がお手頃価格という事もあり、

イメージ 1

気性は超荒いが、料理はマメな相方に早速調理してもらいました ^^ 数年前、飯塚の中古ショップで買った鉄板が、焼そば・ハンバーグ・そして今回のステーキと我が家では大活躍 ! そして相方も大活躍 ! !

誉めるべき時は、とことん誉め殺しておきましょう ^^

イメージ 2

それにしても、ほんの少し前ならば "霜降り" や "柔らかっ" が売りだった御時世が今では天と地がひっくり返った様に無闇矢鱈と赤身全盛モード !

公私共々、時代背景に全く左右されない (無関心な) 梵様は、今も昔も赤身が大好物です ^^ その傍らには純和食のヒジキ・かぼす系のドレッシングをかけた野菜・クラゲの頭・白菜漬・そして納豆 (スープ春雨も大好物) を常に配備する。一般の方々からすれば、理解不能と言えなくもないアンバランスな絵面は超爽快 (笑)。

フォークとナイフを巧みに使い、肉を切り分け、すぐ様 箸へシフトして茶碗に盛ったご飯の上にのせ只々寡黙に食べていく・・・

嗚呼、何と斬新且つシュールなお昼のひと時ではないか ^^

この記事に

今回も黄金市場方面に向かったものの、お目当の店はお休みだった・・。しかし慌てる必要など全くなし ! 何故ならこの付近には幾つものカードが有るからだ (笑)

イメージ 1

ブースカさんの blogにもありましたが、ここ『東洋軒』、梵様も超久し振りに伺ってみようと思ってたので絶好のタイミングでした ^^

イメージ 2

店に着いたのが丁度お昼時だったので店内は大盛況 ! ここへ初めて来たのは、ツェッペリン解散後のジミー・ペイジが、ザ・ファームで活動真っ只中だった頃だからかなりの年月が経ちますが、その後 味の好みが変わったり等の超個人的理由 (笑) から足が遠のいたのでした・・・

イメージ 3

しかし、ここ最近この付近に縁あって伺う事となり、改めて食べてみたいと思った訳です。しかも、相方はまだ未食だから絶好のチャンスだし。

イメージ 4

先ず相方のデフォのラーメンが運ばれて来て、早速スープを啜り始めた。すると思わず小さく嗚咽を漏らし満足げ ^^

イメージ 5

こちら梵様の "葱抜き・薄味・柔麺" 仕様のラーメン。注文を入れた時、隣のお客さんがこちらの方を慌てて見て驚いてらっしゃる様 (笑) でしたが、ブースカさんの感想を参考に予習させて頂きました。

イメージ 6

そこで最初に相方のスープをひと口頂き、すぐさま自分のスープを飲んでみる。すると相方もそれを真似て開口一番、梵様の方がキレがあると即座に言い出し、二人して意見が一致です (^^)。しかも、おにぎりが良いお米を使ってる為か、噛めば噛む程じんわり甘みが増して凄く良い感じです。

イメージ 7

葱抜きにしたせいでもないでしょうが、相方のラーメンには2枚の叉焼だったのに対し、梵様のには4枚も入ってた ^^

女将さんと思しき方が非常に気さくで、平日時に比べ、日祝日は叉焼の出が多いのでその時々の状況で異なってくるとの事です。

因みに、既にご存知かもしれませんが、紅生姜にも似た淡いピンク色の細切りされた具材は、筍(たけのこ)に色を付けたもので、これが又美味しい。

嗚呼、隅に置けない一軒が新たに出現し、嬉しき頭痛の種が増えてしまった黄金市場エリアなのでした (^^)。


イメージ 8


『東洋軒』
福岡県北九州市小倉北区黄金町1-4-30
093-931-0095
11:00 - 21:00 (場合によって中休みが入る日あり)
水曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

さて今回も黄金市場シリーズ。そして伺ったのは、

イメージ 1

こちら『天ぷら八兵衛』。市場は日曜という事もあり、殆どの店が休みでアーケード内の人通りも疎(まば)ら。でもここはそんな影響など全くなし。しかも驚くべき事に店内は略満席です !

イメージ 10

某ネット情報だけを鵜呑みにしてはならない (但し画像は大いに参考の価値あり) と思い、事前に電話して幾つか尋ねました (笑)。

イメージ 2

先ず注文を入れると、味噌汁・ご飯と共に天ぷらを盛るお皿が運ばれて来て、テーブル (カウンター) に備え付けの漬物 (2種) が食べれます。

因みに、ネットで画像が無かったので気になってた数量限定の「刺身定食」なるものは現在やってないのが一寸残念 ・・・。

イメージ 3

それと "ご飯おかわり自由" との情報でしたが、これも事前確認すると "3杯まで" との事 ^^ その事をしっかり念頭に置き、梵様は一杯目は漬物と味噌汁だけで一気に頂く事にしました !

イメージ 4

注文は相方が「天ぷら定食」、梵様は「あなご天定食」。天ぷらは揚げたてを3回に分けて (第1弾・3弾は全定食メニューで共通) 持って来てくれる仕組み。

先ず最初は "しめじ・玉ねぎ" 。玉ねぎは勿論ですが、しめじの食感と後から滲み出る旨さは超格別で、是非とも我が家のメニューに取り入れて欲しい一品だ。

イメージ 11

続いて第2弾は注文によって異なるので、相方には "きす・えび" 。

イメージ 5

イメージ 6

そして梵様には "あなご" が運ばれて来たので、先ずご飯に盛って塩で頂き、残り半分は天つゆにくぐらせて頂く。八つ橋、当然の事とは言え、ご飯が面白い位にすぐ様消えていく・・・ (笑)

イメージ 7

イメージ 8

最後は "茄子・かぼちゃ" の甘ちゃん系の野菜天で〆だ。すかさず梵様は、迷う事なく天つゆに暫し浸して最終形 (3杯目) へと突入です !

その爽快かつ疾走感漲る瞬間は、まるでキング・クリムゾン (1974年3月25日) フランス・ブサンソン公演での "The Great Deceiver" にも迫るハイテンション !

因みに相方は節制中につき、慎重に慎重を重ね、ご飯は1杯だけでした ^^

嗚呼、恐るべし黄金市場エリア ! 食後に周辺を改めて散歩したら、新たに行きたい場所が又増えてしまった・・・


イメージ 9


『天ぷら八兵衛』
福岡県北九州市小倉北区黄金町1-3-7
093-931-8288
11:00 - 21:00
無休 (但し、正月三ヶ日は休み)

この記事に

開くトラックバック(0)

休日出勤の最中、仕事を忘れ 突然脳裏を過るものがあった・・・

イメージ 1

八幡西区の『うどん屋 まさ』だ ! 何故なのか理由は分かりませんが、結局のところ理由なんて必要ないんです。食べたいものは食べたいんだから (笑)。

イメージ 2

深夜まで営業してるから慌てる必要全くないのですが、1分・1秒でも早く食べたいと、ある種 " 禁断症状 / コールド・ターキー " と化した梵様と相方は、高速を使って一目散に向かいました ^^

イメージ 4

イメージ 10

すると予想を遥かに上回る大盛況で略満席 ! 15分位待機した後「おにぎり 白」を一皿と、サービスの辛子高菜・天かすを盛ってセットアップし、あとは配膳を待つのみだ。

イメージ 3

こちら相方が注文した「ごぼうきつねうどん」。前回「肉ごぼううどん」を頼み、肉の甘みが出汁に馴染んだせいか、ごぼう天の旨みが幾分引いてしまったのに、今回はきつねとセットしてるではないか・・・

相方は今まで頼んでいないものを、がコンセプトなのでしょうが、梵様には頭の片隅にもないカードだ (笑)。

イメージ 5

片や梵様は前回の教訓を生かし「ごぼう丸天うどん」を注文しました。

イメージ 6

先ず出汁をひと啜り。すると思わずニヤリ。思惑通りの旨さに早くも表情は半笑い状態 (^^)。相方は気付かなかったがその表情を見られてしまうと、さぞ気色悪かったかもしれない・・・(笑)

イメージ 7

何故そんな風になってしまうかと言うと、若布・ごぼう天・丸天・そして、

イメージ 8

天かすが、なだらかに染みて "反りの返らない" 旨みが伝わって来るからだ !

しかも、丸天は噛めば噛む程 美味しさが増し、大将に思わず持ち帰りとして売っていないか尋ねた程です (残念ながら販売していない様だが・・・)。

食べる値段よりも、通う料金の方が遥かにかかるのは承知の上ですが、八つ橋『うどん屋 まさ』そして「ごぼう丸天うどん」は今後一層超マストとなりそうです !

イメージ 9


『うどん屋 まさ』
福岡県北九州市八幡西区永犬丸5-9-10
093-692-3923
11:30〜24:00
第2・第4 土日定休

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事