ここから本文です
B級的トランスな日々
ここ最近、我々にとって小倉北区、しかも黄金市場付近が最も重要なエリアである事から今回も新規開拓を行った次第です。

イメージ 1

この店の事は、かなり前から存じ上げてましたが、いつでも行けると高を括り、結局一度も伺わず仕舞い・・・(苦笑)

イメージ 2

という事で、諸々の所用を片付け、店に着いたのが14時過ぎ。時間的に恐らく我々だけだろうと思って暖簾を潜ると複数のお客さんが居た !

イメージ 3

相方は前夜のディスカッションでの宣言通り、珍しく迷う事なく「中華ランチ」を即注文。しかもこのボリュームに、

イメージ 4

中華スープが付いて700円なのは超魅力的 ! キャベツのシャキシャキ感が相方には良かったみたいですが、梵様的にはもう少し焦げ目をつけてパンチを効かせた仕上がりだったら尚良しでした。しかし、スープは激熱で恐ろしい位に超旨しだ !

イメージ 5

メニューには無かったのですが、念の為尋ねてみると、ラーメン (葱抜き) と半焼飯のセット (750円) も出来ますよ、との事。超有難や (^^)

イメージ 6

先ず、スープをひと口・ふた口飲んだ後に直様 (すぐさま) 麺を啜ってみる。豚骨臭特有の一癖 (ひとくせ) をあまり感じさせないのに、まろやか且つコクがあってどこかキリッとした仲々他では味わえないタイプに思わずプチ・フリーズだ !

イメージ 7

叉焼も心地良い歯応えで好みのタイプ。麺がもう少し柔めだったら何も文句の付けようがない一杯です ^^

イメージ 8

そしてこの焼飯がラーメン同様 極上の一品で、ここ数年で食べたこの部門の中で個人的に迷いなく3本指に入ると断言出来る !

他のメニュー (例えば、チャンポン・餃子・中華丼・からあげ 等々・・) も今後食べてみたいのは山々ですが、最終的にヘビロと化すのは今回のセットでしょう。

嗚呼、黄金市場付近で行きたい店が現時点で他に4軒有るのですが、これ以上増えない事 (ここ最近開拓した店の再訪が仲々出来ないので) を切に願います (笑)。

イメージ 9


『聚楽軒 (じゅらくけん)』
福岡県北九州市小倉北区黄金1-7-14
11:00 - 19:00
水曜定休 (日曜は不定休)

この記事に

開くトラックバック(0)

正月明けに『東龍軒・東港店』で食べ、近くに本店がある事を知り伺ってみる事にしました。

イメージ 1

駐車場が無いので、近くのコイン・パーキングに停めて早速入店。外からは小じんまりしたスペースに見えましたが、中に入るとそんな風でもなく仲々のキャパシィティです ^^

イメージ 4

実を言うと相方と、どっちかがチャンポンを食べる予定でしたが、後で大将に尋ねて分かったのですが、ここ本店は厨房が狭いのでやってないとの事です。しかも東港店とはセット・メニューも微妙に違ってる・・・

イメージ 5

そこで先ず、辛子高菜を盛ってもらい、

イメージ 10

相方は「なんこつ丼セット」を注文。勿論、ラーメンはいつもの様にデフォで頼んでらっしゃいました。

イメージ 2

で、なんこつ丼ってどんなものだろう・・・? と非常に興味が有ったのですが、少し食べさせてもらうと、トロトロに蕩けた感じで少し甘めな仕上がりです。

イメージ 9

片や梵様は「からあげ丼セット」を注文。ラーメンは柔麺で具材は叉焼だけにしてもらいました。

イメージ 3

相方のスープを啜った時にも感じたのですが、梵様のはより優しいまろやかなタイプで東港店とかなり別物でした。確かに他の系列のラーメン店でも同じ事が言え、ある店舗ではハッキリと分かり易いタイプ、またある店舗ではスッキリと滋味系ものが有ったりと、それを楽しむのも面白いです ^^

イメージ 6

なんこつ同様、少し甘めで柔らかい食感の叉焼は我々2人の好みから少し外れますが店主がトータル的にベストと判断したものだけに意外と徐々にハマって来るのかもしれません。

イメージ 7

ご飯の上にキャベツとマヨネーズを絡め、その上に出来立て熱々の唐揚げを乗せたこの丼は仲々旨い ! 因みに相方が言ってたのですが、2人の丼にかかったマヨネーズは入れない方のがより好みだったかも・・・ しれません ^^

イメージ 8

『東龍軒・日明本店』
福岡県北九州市小倉北区日明3-3-13
10:30 - 24:30
火曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

北九州・小倉エリアは、我々の住んでる所と違い、行きたくてウズウズする店が多過ぎるのが正直言って悩みの種・・・ しかし、我々に与えられた時間は有限なのだから地道に一つ一つ行くしかありません ^^

イメージ 1

という事で、今回はいつも通り過ぎるだけの気になってた『伊豫屋』へ。黄金市場から程近い国道3号線沿いにあり、幾度となく信号待ちで眺めてた店です。

イメージ 2

イメージ 3

ご主人は出前に出られた様で、広くて整頓された店内は昭和の風情がそのまま保たれた妙に心地良く懐かしい感じです。しかもメニューの種類が多くて、前夜ネットでチェックしたにも関わらず仲々決まらない (というか決めきらない 苦笑 ^^;)。

イメージ 4

相方はたっぷり時間をかけて考えた末「親子丼」を注文。しかも嬉しい事に小うどんか小蕎麦を追加で選べるのが超有難い (相方は蕎麦を頼みました)。

イメージ 11

鳥の胸肉と思われるのが沢山入って結構ボリューム感あります。相方は丼つゆが少し辛めと言ってましたが、然程気にかけず只々黙々と食べてらっしゃる (笑)。

イメージ 5

そしてこちらが梵様の「カツ煮定食」。普段なら前夜に注文するものを早々と決めるのが常ですが、今回は注文する寸前迄悩みに悩み抜きました ^^

イメージ 6

何故なら、真綿でじんわり締め付けられる様なメニューが多過ぎるから (笑)。そんな中、当初全く候補にすら上げてなかったものを頼んだのです !

確かに相方の言う様に、つゆが少し醤油辛い感もしなくはないですが、それがかえってこの店の品々に良い意味での地味なインパクトを与えてると言えなくもない。それに何と言っても卵のとろみ加減が抜群に好みだ !

イメージ 7

蕎麦と同様にうどんも手打ちとの事で、こっちの方が麺に程良い弾力があって好みのタイプ。出汁も人によって若干辛いと感じるかもしれませんが、麺を啜り・・

イメージ 8

カツ煮をご飯と一緒に口に含めば、極上の恍惚感が染み渡ります。しかもどのメニューも安くて色々食べてみたいです ! 先日の『富楽飯店』同様、小倉北区には地元密着系の底力の有りそうな老舗が多々存在するので今後も楽しみです ^^

イメージ 10


『伊豫屋 (いよや)』
福岡県北九州市小倉北区黄金1-2-10
093-922-7268
11:00 - 20:00
日曜定休


イメージ 9

食後は小倉南区へ移動し、カフェタイムを満喫 ^^

この記事に

開くトラックバック(0)

『うどん 木屋』でお腹は充分満たされたものの、夕方のイベントまでには時間的にかなりの余裕あり・・・ そう思うとどういう訳か、お腹にも余裕が出て来るから不思議なものです ^^

イメージ 1

以前からのネットやその他諸々の情報を元に、福岡市内でカレーを食べるなら先ずはここという事で、博多区冷泉から中央区高砂まで iPod でジェフ・ベック聴きながらスイスイと歩いて伺いました !

イメージ 2

到着すると13時を過ぎてるにも関わらず、店の前で7〜8人が待機中 (驚)。さすが人気の高さを実感しました。店内はカウンター6席のみのスペースで、店主が超繊細そうな指先をしなやかに操りながら時間をかけて作るので、梵様が店の中に入れたのは50分後位でした。

イメージ 3

当初は「チキンカレー」を頼み、5段階の辛さの中から選ぶという事で「1辛」で様子見のつもりでしたが、小一時間歩いてると体内のあらゆる部分が活性化され、店の売りである激辛の「ガラムカレー」が食べたくなりました。(因みに此方は辛さの指定が出来ません)

イメージ 4

それにしても辛いという事は噂には聞いてましたが、想像以上のインパクト !  とにかくスパイシーさと共に、舌や喉の感覚が根こそぎ持って "逝" かれる様だ ! !

イメージ 5

イメージ 7

他のお客さん達も、ハンカチで噴き出す汗を拭きながら「美味しい」や「旨い」と声に出して食べてらっしゃいましたが、梵様には正直言って彼らの様なレベルの域には至らず仕舞い・・・

イメージ 6

終わりなく流れ続ける汗をティッシュとハンドタオルでぬぐいながら何とか完食。そして食後のラッシーに超癒されました (笑)。次回は八つ橋 "初志貫徹" でチキンカレーを1辛でトライしようと心に誓いました (わらわら)。

イメージ 8


『GARAM (ガラム)』
福岡県福岡市中央区高砂1-7-4
12:00 - 14:15 オーダーストップ。なくなり次第終了
18:30 - 21:00
日・水曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

ちょっとした所用で博多方面に単身で行く事になり、お昼ご飯は何処にしようか移動中に悩みました。


イメージ 1

事前に一つ決めてた事があって、この日はラーメン・モードじゃ全くなかったので梵様の地元と同じタイプの "てろんてろん" 系に決定です ^^

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

因みにこの店は中通りに入った複雑な場所にあるのですが、アプリを使い、地元の人と思しき方に尋ねると難なくスルリと到着です。

開店間もない時間帯で梵様が入店した時は、先客僅か1名のみ・・・ 一抹の不安が微かに過りましたが、ランチタイムでお得という「うどん定食」を注文。

イメージ 6

"うどん" と "ごはん" の他に、3品 (いわしのフライ・ブリの刺身漬け・メンチカツ) の中から1つ選びます。

イメージ 5

先ずうどんの出汁をひと口啜ると、その店の事が大凡想像出来ると思いますが、正にここは超安心して頂ける一軒だと確信 ! 続けざまにテーブルに備え付けの天かすを入れるとこれまた旨しです。

イメージ 7

おかずは何にするか、かなり迷いましたが苦渋の決断でメンチカツに。揚げてから少し経った感じでしたが、うどん同様に滋味系信仰者の梵様の好みの一品で、噛めば噛む程淡い肉汁が喉をゆったり "つたって" いく感じ・・・

因みに、こちら昭和元年創業の超老舗とも言えるお店で、今の大将が三代目というから地元の方々に長く長く愛されてる証と言えるかもしれません。

それを裏付ける様に、梵様が店を出る頃にはサラリーマン層の群衆が次から次へと入って来て「うどん定食」を頼んでました。

意外とこの周辺、見過ごしがちな "隠れ家的" エリアかもと直感したのでした ^^

イメージ 8


『うどん 木屋』
福岡県福岡市博多区冷泉町2-34
092-291-6758
11:30 - 23:00 (月曜 - 金曜) 
11:30 - 18:00 (土曜)
日曜・祝日定休

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事