ここから本文です
真空管アンプの自作と、クラシック音楽&家庭菜園&鉄道写真などなど
開設して2年1ヶ月、自作真空管アンプの紹介とクラシック音楽、家庭菜園、鉄道写真、自然、食の安全・安心などなど欲張りのブログです。

書庫全体表示

  ■シベリウスの交響曲(全曲)
 
 交響曲についての投稿はベートーヴェン、モーツアルト、ブラームスに次いで4回目の投稿になります。当初、私の大好きなブルックナーと思ったのですが、今回は、シベリウスの交響曲について、私のライブラリーを紹介します。(ブルックナーは、そのうち。。。。。)
  シベリウスについては、前記のベートーヴェンや、モーツアルト、ブラームスに比べると私の持っている音源は少なく、全集としては次の8種類のみです。
ここでは、これら全集の寸評と、「カラヤンのシベリウス」、そして特に「2番」を中心とした、他のライブラリーについて紹介します。
 
【交響曲全集】
 
■アンソニー・コリンズ/ロンドンSO 国内盤(現在は廃盤?)
 
イメージ 1 この録音は1952〜55年にかけて、デッカに残したモノラル録音。
曲によって多少、異なりますが、60年前のモノラルとは思えない程の素晴らしい音質、オーディオ・ファンとしては、音に全く不満はありません。デッカのモノラル録音の中では出色の名録音だと思います。下手な、もやもやしたステレオ録音より、ずっといい音です。(真空管アンプで聴くと特に弦の音が素晴らしい)演奏の出来、不出来より、そちらに興味の湧く録音です・・・・・。(昔の輸入盤は疑似ステレオ?のLPで音がひどかった)
アンソニー・コリンズは、イギリスの指揮者、作曲家。解説によるとロンドンSOの主席ヴィオラ奏者の経歴があり、イギリスとアメリカを行ききしながらの活動、ハリウッドでクレジットの無いBGM映画音楽を60曲ほど作曲した他、彼の映画音楽が、アカデミー賞に3回ノミネートされたとのこと。
この全集の他にも「フィンランディア」「カレリア」序曲、ポヒヨラの娘などのシベリウスの他、グルダとモーツアルトのピアノ協奏曲も残しています。
前置きが長くなりましたが、コリンズの演奏は、どの曲もシベリウスの厳しさと激しさを、かなりオーバーに表現した部分が多く感じられます。特に「第2番」では、それが目立ち。2楽章、3楽章では激しい迫力と気迫があり、3楽章から切れ目なく、なだれ込む4楽章は全体が、かなりオーバーな表現に聴こえます。
しかし、私にとって、この「2番」は、「1番」と合わせ、カラヤン以上の名盤?かもしれません・・・・・。
そんなコリンズでも5番の田園的、牧歌的?な描写表現も素晴らしく、特に第一楽章の冒頭と第二楽章のヴィオラとチェロのピチカートに提示される部分などは、美しい演奏です。全体的に、やや管楽器が目立ち過ぎる部分が多少、多いのが難点ですが、これも名盤の一つだと思います。
7番も抒情性もあり、私には弦の音に潤いも感じられます。
他の曲も、まずまずの演奏。(難曲の4番は少し?でしょうか)古い演奏ですが、私の好きな全集です。
 
■パーヴォ・ベングルンド/ボーンマスSO (1973
■パーヴォ・ベングルンド/ヘルシンキPO (1986)
 ベングルンドは、この他にもヨーロッパ室内Oとも全曲録音していますが、この録音は持っていません。なので聴いていません。なお、ヘルシンキPOとは、初期の「クレルヴォ交響曲」も録音していて、これは、持っています。2つの録音とも基本的には同じ。
・・・・私にはフィンランド(北欧)の雰囲気や北欧らしい音楽の表現や音とは・・・全く分かりませんが・・・・
他の作曲家ではみられない、シベリウス独特の雰囲気とは、このような演奏を言うのでしょうか・・・?素晴らしい。。。。
 
■クルト・ザンデルリンク/ベルリンSO
 メチャ安いので買ったセット。落ち着いた、まとまった演奏。雄大ですが、彼のブラームスやベートーヴェンは素晴らしいのですが・・・・シベリウスは?
 
■渡邊暁雄/日本フィルハーモニーO
 ステレオ録音で世界初の全集と言われている録音。フィンランドの血もひくと言われる渡邊さんですが、渡邊さんの演奏を特別にみている訳ではありません。私にとって、この演奏は、全曲とも派手さも無く、超名演でもなければ、ダメ演奏でもない、普通の演奏に聴こえます。
 
■ロリン・マゼール/ピッツバーグSO
 マゼールは、VPOとの録音もありますが、これは持っていないので聴いていません。
このピッツバーグ盤のCD、マゼールの「グレイト・レコーディングス」の30枚組セットの中のシベリウス全曲。元々、シベリウスが目的ではなく、クリーブランドOとのベートーヴェン全9曲のために購入した、メチャ安かった輸入盤セット。
シベリウスですが、全体的に過剰な表現はありません。繊細で抒情的な面もみられます。纏まりのある演奏だとは思います。
 
■サイモン・ラトル/バーミンガム市SO
このCDセット、ヴァイオリン協奏曲も収めた、超低価格お買い得品だったので、つい買ってしまった全集。実は、まだ1枚も聴いていません。
 
※2015/02/12 追加投稿イメージ 4
■ジョン・バルビローリ/
 ハレ管弦楽団
 BOXで全集を購入しました。これで全集としては8種類です。名盤です。
全体的に情感のあるスケール
の大きなシベリウスです。特に
7番が味わい深く秀演です。
これはお薦めの全集です。
 
 
 
■カラヤンのシベリウス交響曲について
 
 イメージ 2
  私にとって最初のシベリウスは、学生時代にアルバイトで稼いで購入した、このカラヤン/フィルハーモニアOの「2番」のLPレコード。そんなこともあり、何度も聴いた、この盤には思い入れがあります。。。。。。
 
 
 
 私のライブラリーにあるカラヤンのシベリウスは次のとおり
 です。
 
●第1番  ベルリンPO(1981
●第2番  フィルハーモニアO(1960
        ベルリンPO(1980
●第4番  フィルハーモニアO(1953
        ベルリンPO(1965)
        ベルリンPO(1976
●第5番  フィルハーモニアO(1951
        ベルリンPO(1957)ライブ
        フィルハーモニアO(1960
        ベルリンPO(1965)  
        ベルリンPO(1976
●第6番   フィルハーモニアO(1955
                ベルリンPO(1967) 
         ベルリンPO(1980
●第7番   フィルハーモニアO(1955
         ベルリンPO(1967
 
  カラヤンは多くのシベリウスの録音を残していますが、3番だけが無く、全集とはなっていません。どうしてカラヤンは、3番を録音しなかったのか…非常に残念でなりません。彼の演奏会におけるシベリウスの記録は全く分かりませんが、もし演奏記録と録音が残っていれば、発売してもらいたいのは私だけではないと思います。
 さて、カラヤンの演奏ですが、彼のベートーヴェンの交響曲は、私は好きな演奏もありますが、今だ、あまり好きになれません。
しかし、シベリウスの交響曲は、全てが素晴らしい!・・・と言うより、私に言わせれば、カラヤン・マジックを使った聴かせ上手な演奏、とでもいうのでしょうか?・・・「壮大なスケール、緻密で計算されたオーケストラの表現力を生かした、随所にみられる多彩なロマンティシズム」・・・・このように書くとカラヤン・ファンは喜ぶのでしょうか・・・・?
どちらかというと、アンチ・カラヤンの私には、何故かカラヤンのシベリウスは、ベートーヴェンもそうなのですが、特別な催眠術にでも、かけられたような気分になります。ベルリンPOの「2番」は特に感じます。・・・・そんなところが少しイヤなのです。かえって催眠術無しのフィルハーモニアO盤(1960)の方がオケは荒いですが、何よりもエネルギッシュな若さと、新鮮さを感じます。
 
イメージ 3
しかし、私には少し難解な「4番」、単一楽章の名曲?である「7番」、この2曲は、やはり1960年代のカラヤンでしょう。完璧なオーケストラ、特に「4番」の弦の音はベルリンPOだからこそ表現出来る音かもしれません。(この4番こそ、彼の神がかりの催眠術的究極の聴かせ上手な演奏かも・・・・凄演!これを聴くと4番がシベリウスの最高傑作のような印象を受けます。)
全集では音源を持っていない、バーンスタイン、ヤルヴィ(父メーネ)、ディビス、など機会があれば、聴きたいですね。
でも、もうCD買う、お金が・・・・
 
■その他、「交響曲第2番」 のライブラリー
 
全集以外では、「1番」、「2番」が最も多いのですが、ここでは代表曲「2番」の主なライブラリーを紹介します。
 
■バーンスタイン/ニューヨークPO
 ウィーンフィルとの演奏が有名ですが、聴いたことがありません。
このNPOの2番は、録音が少し固くイマイチですが、スケールの大きな演奏。この演奏もカラヤンと同じく聴かせ上手な演奏ですが、カラヤンほどいやらしく?は聴こえません。個人的にはカラヤン/BPOよりいいと思う。
 
■トスカニーニ/NBCso
 
■クーセヴィッキー/ボストンSO
 
■モントゥー/ロンドンSO
  古い録音ですが、この演奏もなかなかです。
 
■コリン・デイビス/ボストンSO
  しっかりしたリズムと、激しさと厳しさが良く表現された
  演奏。特に3楽章〜終楽章がいいですね。
 
■オッコ・カム/BPO
 カラヤン・指揮者コンクールの第1回、優勝者の演奏。この演奏はオッコ・カムの演奏と言うよりベルリンフィルの演奏・・・と言う感じ。
 
■サラステ/フィンランド放送SO
 食べ物でいえば、「地産地消?」、フィンランドの指揮者、フィンランドのオーケストラの演奏。普通にいいと思います。
 
■ジョージ・セル/コンセルトヘボウO
 往年の名盤?締まった演奏とでもいうか、やはり3楽章〜終楽章の盛り上げ方がいいと思います。
 
■マッケラス/ロイヤルPO
 かなり前に、ロイヤルPOの2枚組セットが、数多く、何とスーパーの片隅でワゴン販売されていた中の1組。金管のパワーをうまく使った、なかなか迫力のある演奏です。
 
■トマス・ビーチャム/ロンドンPO
 これも、今では古いですが名盤の一つか?
 
 整理が悪いので・・・・この他にも結構あるかも・・・・・何故か、この曲は誰の演奏を聴いても、名演に聴こえます。有名曲なので、演奏者の気合も入るのかも知れません。
 
【関連投稿記事】
この書庫の中に次の投稿記事があります。
下記のタイトルをクリックすると記事に繋がります。
 (86種類目のベートーヴェン交響曲全集です)
  交響曲第9番「合唱」
 
では、今日は、このへんで・・・・HIROちゃんでした。

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんは。
    凄いです・・・こんなにあるなんって・・・・
    私恥ずかしげもなくコメ入れられない!!と思いながら
    コメしてます・・・
    シベリウスは「分ランディア」しか持ってないです
    もうやめます・・・コメするしか区内です・・・・。

    viv*ga*t*

    2014/9/10(水) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    Vivagattiさん、こんばんは。早々のコメントありがとうございます。
    多分、多くの方々にコメントを入れているのでしょうね。コメントの文字の変換をあまり確認されていないご様子・・・・誤字、変字で、一瞬解読不明に・・・・なんて言っちゃダメよ〜ダメ、ダメ〜・・・ですね。「分ランディア」→フィンランディアですよね。。。(笑い)「コメするしか区内です)→資格無い・・イヤイヤ、これからも時々でも結構です。ぜひ感想でも何でも結構ですので訪問とコメントをお待ちしていますね。

    HIROちゃん

    2014/9/10(水) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    私は、比較的新しい録音のものなら、オラモ、バーミンガム市交響楽団の全集が気に入っています。サカリ・オラモは、シベリウスと同郷のフィンランド出身の指揮者です。この人のシベリウスの演奏はクールでさわやかです。

    [ 黄金のアンコール ]

    2014/9/10(水) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    viv*ga*t* さん
    はちみつの風 さん
    黄金のアンコール さん
    Grundig さん

    訪問と「ナイス」をありがとうございました。今後ともクラシックの投稿は今のところ少ないのですが、よろしくお願いします。

    HIROちゃん

    2014/9/10(水) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    黄金のアンコール さん、はじめまして・・・と思ったら、愛称をお付けになったのですね。。。今後ともよろしくお願いします。

    そうでした。サカリ・オラモも名演のようですね。これまでにも購入するか迷っていましたが・・・機会があればぜひ、聴いてみたいですね。(でも定年で・・買うお金が・・・

    HIROちゃん

    2014/9/10(水) 午後 10:55

    返信する
  • 顔アイコン

    HIROちゃんさん、こんばんは。
    シベリウスの交響曲全集はBISレーベルでネーメ・ヤルヴィとエーテボリ響のセットで聴いていました。とてもいい音の録音だったと記憶していますが、もう10年以上は聴いてません。同じくネーメ・ヤルヴィとエーテボリ響で「トゥオネラの白鳥」と「レンミンカイネン」の演奏を収録したDG盤がありまして、こちらも幻想的な美しい演奏だったと記憶しています。それを思い出し、久しぶりに聴いてみる気になりました。きっかけを頂き、有難うございます。

    [ grunerwald ]

    2014/9/11(木) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    grunerwald さん、おはようございます。
    いつの間にかシベリウスも結構、集まってしまいました。
    私は、このブログを開設してから、まだ約4カ月ですが、grunerwald さんや他の皆さんの刺激を受けて、あらためて色々な曲を聴くようになりました。これから少しクラシックの投稿を増やしたいと思っています。

    HIROちゃん

    2014/9/11(木) 午前 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    さくどう親父 さん
    ☆_煩悩具足の凡夫_★ さん

    おはようございます。早々の「ナイス」のポッチをありがとうございます。
    クラシックが好きですが、他のポピュラーや映画音楽なども結構、聴きますよ。でもCDの99%は多分クラシックですかね?

    HIROちゃん

    2014/9/11(木) 午前 8:18

    返信する
  • 顔アイコン

    シベリウスの交響曲全集になっているのは、アンソニー・コリンズ、ジョン・バルビローリ、それにコリン・デイヴィス(BSO)です。バルビローリは単売品を一つずつ買って揃えたものです。次第に凝縮すれていくのがこの人の交響曲ですね。よく聴くのは第2番と第7番です。前者は演奏経験もあります。第2番ではモントゥー盤が気に入っています。イギリス人は何故かシベリウスが好きですね。

    [ SL-Mania ]

    2014/9/11(木) 午後 2:40

    返信する
  • 顔アイコン

    SL-Mania さん、こんにちは。
    演奏経験も、おありとのこと。楽器は何か存じませんが、素晴らしいですね。
    クラシックのブログを書かれておられる方は、専門的な方ばかりですね。私は単なる趣味。合唱は、やっていましたが、私は楽器も何も出来ません。私のプロフィールを読んでいただければ、お分かりのように、アンプを作っていますが電気も音楽も専門外の素人です。

    確かにシベリウスの曲ってイギリスのオーケストラの名盤が多いですね。
    1、2、7番が好きですが、今回、カラヤンを聴き直したら4番も好きになりましたね。。。。

    HIROちゃん

    2014/9/11(木) 午後 4:34

    返信する
  • 顔アイコン

    自分でシベリウスを聞き直していて少々遅くなりました。
    コリンズ盤は、私が音楽を聞き始めの頃には絶対的定盤の扱いでありました。
    その頃は、ひたすらステレオ録音にこだわっていましたから、友人宅で聞いても自分では入手対象外でありました。

    当時はコンサートでもシベリウスが頻繁に演奏されており、特に第2番は、またか!といったくらいでしたので、あまり録音を聞く必要がなかったこともあります。

    シベリウスの交響曲と真剣に向き合うようになったのは、カラヤン/BPO盤(DG)を聞いてからでしょうか。
    その後、ネーメ・ヤルヴィ全集盤(BIS)も聞きましたが、これはやはりオーケストラの弱さが目立ってしまいます。

    バーンスタイン盤第2番(DG)は、バーンスタイン・ファンの私でも、あの極限に重苦しい演奏は胃もたれがします(笑)

    実は、シベリウスで一番好きなのはヴァイオリン協奏曲なんです…

    gustav_xxx_2003

    2014/9/12(金) 午前 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    Gustavさん、コメントありがとうございました。
    ヴァイオリン協奏曲というと私の中では、ベートーヴェン、ブラームスとヴィオッティー(いい曲が沢山あります)なんです。勿論、モーツアルト、メンデルスゾーン、チャイコなども聴きますが、最近、やっとシベリウスのコンチェルトの良さが分かってきました。

    HIROちゃん

    2014/9/12(金) 午後 2:09

    返信する
  • 顔アイコン

    カラヤンはシベリウスの3番を生涯演奏しなかったと聞いたことがあります。レコーディングがいつも中途半端だったのは、この曲か「喉に刺さった小骨」だったのかもしれません。
    コリンズは、日本では長い間1.2番だけが発売されていて「全曲あるんだ」と知ったのは輸入盤が発売された頃でした。エクリプスの擬似ステレオで、中古で耳にして「これはひどい」と思いました。現在はオーストラリア・エロクァンスでモノラルCDが発売されていて、これを架蔵しています。音質は良好です。ヒス音が目立つのは、マスターテープか゜既に失われ、コピーを使っているせいかもしれません。有名な録音なのに再発が少ないのは、この辺の事情かも、と思ったりします。

    [ yositaka ]

    2014/9/15(月) 午前 9:43

    返信する
  • 顔アイコン

    Yositakaさん、こんにちは。そうなんです。私もはじめ、コリンズはLPの1,2だけで、後でエクリプスの擬似ステレオで全曲集めました。私のCDは国内盤ですが音質に、ほとんど不満はないです。
    個人的にはカラヤンより、コリンズの方が好きです。

    HIROちゃん

    2014/9/15(月) 午後 0:51

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事