全体表示

[ リスト ]

 岡本太郎の「明日の神話」の一号原画が広島市現代美術館のエントランスホールに展示されていました。
この絵画は、以前、トラックバック記事でご紹介したとおり、岡本太郎記念現代芸術振興財団から広島市へ寄託されたものです。丈夫なアクリル板で保護されて、宙づり状態で展示されていました。
絵には、過去に起きた原水爆の惨劇に屈することなく、明日への希望を切り開こうという想いが込められています。ちなみに、この原画を元に作成された巨大壁画は、同財団から東京都渋谷区へ寄贈されました。そのうち渋谷駅辺りに設置されるのではないかと思っています。

比治山にある広島市現代美術館

イメージ 1

エントランスホールにある「明日の神話」と「座ることを拒む椅子」

イメージ 2

「明日の神話」一号原画

イメージ 3

さて、展示されている絵の下には、同じく岡本太郎作の「座ることを拒む椅子」が、設置されています。座ることを拒まれながらも、あえてこの椅子に座り、原画を見上げるスタイルが、正しい鑑賞方法ではないでしょうか(笑)
特別展示 岡本太郎 明日の神話 1967年
 岡本太郎(1911−1996)は、1967年、翌年にメキシコ・シティで開催されるオリンピックにむけて建設が進められていた超高層ホテルのロビーに設置する壁画を、メキシコの企業家から依頼されました。岡本がその壁画のために制作した原画は、現在5点確認されていますが、本作は、そのなかでも最初期に手がけられ、「一号原画」と呼ばれています。
 画面中央には、原爆の白い閃光と炎に包まれ燃えさかる骸骨、空高く幾重にもたちのぼるキノコ雲、画面右下には、ビキニ環礁での水爆実験によって被爆した第五福竜丸とマグロが描かれています。人類が経験した最大の惨劇ともいえる原水爆をテーマにしながら、惨状や苦しみを独自の表現で描くことによって、過去の惨劇に屈せず立ち上がり、明日へと神話を紡ぎだす人類の希望を表わしているといえるでしょう。
 本作品は、2008年6月、(財)岡本太郎記念現代芸術振興財団から被爆地である広島市に寄託されました。
※作品の紹介文より
「明日の神話」一号原画のこの場所での展示は9月7日まで、その後は、館内のコレクション展示室へ移動されての展示になるので、この絵が無料で鑑賞できて、しかも撮影できるチャンスは今しかないのかも知れません。

この記事に

閉じる コメント(30)

比治山って聞くと、ABCCが浮かんできますが、
まだ在るのでしょうか?

ABCCとこの絵が同じところにあるなんて、ちょっと微妙ですね。

2008/9/4(木) 午後 0:53 SEMBUDIET 返信する

顔アイコン

座ることを拒む椅子。。。かなり興味あります(^^)
あえてこの椅子に座り。。。納得です!!(笑)
芸術は爆発だあ〜〜〜!!ぽち!!

2008/9/6(土) 午前 0:05 *のあ* 返信する

アバター

もっちんさん
ボクは岡本太郎の、このような強烈に印象的な絵や彫刻が好きなんですよ♪

2008/9/6(土) 午後 0:35 Hirolin☆彡 返信する

アバター

小田原提灯さん
この秋、渋谷にこの絵をベースにした巨大壁画が登場する予定なので、機会があればご覧になってください。

2008/9/6(土) 午後 0:37 Hirolin☆彡 返信する

アバター

ちゃぷちゃぷさん
渋谷に設置される巨大壁画はこの秋公開されるそうなので、もうすぐですね。
機会があれば、ぜひご覧になってくださいね。

2008/9/6(土) 午後 0:45 Hirolin☆彡 返信する

アバター

咲さん
そうですね。
ひとつの絵でも、その時々の心模様の変化によって、感じ方が違うことってありますよね。
ぽちありがとう。

2008/9/6(土) 午後 0:48 Hirolin☆彡 返信する

アバター

やざわっちさん
はい座りましたよ(^^;)
お尻の下から、迷惑そうな視線を感じて、確かに座ることを拒んでいるような椅子でした。
やざわっちさんも覚悟して座ってくださいね(笑)
この絵は、今後もずっと鑑賞できるので、機会があればぜひどうぞ。

2008/9/6(土) 午後 0:52 Hirolin☆彡 返信する

アバター

てれすぱさん
そうでしょ?。
岡本太郎の作品には、ひとつひとつに魂が籠められていると思いませんか。

2008/9/6(土) 午後 0:55 Hirolin☆彡 返信する

アバター

neneさん
今後は、常設展示される予定なので、いつでも観ることができるでしょう。
機会があればぜひどうぞ。
ポチりん!ありがとう

2008/9/6(土) 午後 0:58 Hirolin☆彡 返信する

アバター

織姫さん
そう言えば、そうでしたね。
比治山山頂から、ご実家が見えたのでしたよね。

2008/9/6(土) 午後 1:00 Hirolin☆彡 返信する

アバター

Yamasukiさん
岡本太郎記念現代芸術振興財団も、ちゃんと広島のことを配慮してくれたようで、広島人としては嬉しいですよね。

2008/9/6(土) 午後 1:03 Hirolin☆彡 返信する

アバター

youkoさん
座ることを拒む椅子の座り心地は、案の定、良くなかったです(笑)

2008/9/6(土) 午後 1:04 Hirolin☆彡 返信する

アバター

sembudietさん
ABCCは、1975年にRERF(放射線影響研究所)に名称変更されたようですが、このとおりまだ健在ですよ。
<http://blogs.yahoo.co.jp/hirolin_m7/50464776.html>

2008/9/6(土) 午後 4:02 Hirolin☆彡 返信する

岡本太郎って言うと太陽の塔とあの強烈な顔が必ず付いてくるの〜!
凄い芸術家だったんですよね、
本物見ると迫力が違うよね〜!
あの椅子…座ってみたいです。。。

2008/9/6(土) 午後 5:48 おふみ 返信する

アバター

のあさん
この椅子に座ると、お尻の辺りがムズムズしてくるのは覚悟してくださいね(笑)
ぽち!! ありがとう。

2008/9/7(日) 午前 11:01 Hirolin☆彡 返信する

顔アイコン

この椅子って座ってはいけないんですか??
原画はもっと大きいのかと思ってました
ここであった岡本太郎展すごかったですね ちょうど亡くなられた時だったので、印象も強いです

2008/9/7(日) 午後 0:11 駒ヶ林 返信する

アバター

おふみさん
座ることを拒む椅子たち、全部まとめて自宅に欲しいと思っています(笑)

2008/9/7(日) 午後 8:39 Hirolin☆彡 返信する

アバター

駒ヶ林さん
この椅子、座りましたよ(^^;)
原画は意外に小型でした。
私も岡本太郎さんが亡くなったちょうどその日に岡本太郎展を観ていました。びっくりしました。

2008/9/13(土) 午前 6:06 Hirolin☆彡 返信する

顔アイコン

おかもとタロウ〜
おいらと同じなまえじゃね
この故人の作品の中じゃ万博の時の<たいよーの塔>しか
知らんのんじゃけんどあっちぃこっちぃ遺作あるんじゃね
広林さん方の義姉さんなんか芸術家なんかね???
おいら芸術のげの字もわからん凡人なんじゃけど
陶芸とかにも興味もっとってんかね???
ええものみせてもらいました
ありがとござりました

よっしゃ、ほんなら久し振り
♪ソルティーシュガー<走れコーターロー>
♪岡本敦郎昭和二十年代の名曲<草笛の歌>
聴いてから寝よう

☆お休みなさいまし

なんかしらんが最近いそがしいのお
やれやれ

2010/1/9(土) 午後 9:08 [ 尾道たろう ] 返信する

アバター

尾道たろうさん
義姉は、前衛書道の書家をやっています。
私も子供の頃は、絵を描いたり、物を作ったりするのが大好きだったので、少しは芸術系の血が流れているのだと思います。

尾道たろうさんへ
当ブログを訪問する人のブログを訪れて、その人にとって不快なコメントを書き込まれているそうですね。複数の方から聞きました。
今日以降、それを止めていただかない限り、今後のコメントは削除させていただくことになります。

2010/1/10(日) 午前 9:43 Hirolin☆彡 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事