全体表示

[ リスト ]

昨日は終日出掛けてしまい、帰ってからも慣れない一日立ち仕事でグッタリーヌになって、皆様の所へも全然ご訪問出来ずにすみません
 
宮城・岩手へのボランティアをご一緒した縁で仲良くなったお友達から、都内で出来るボランティアの情報を教えて貰い参加してきました
 
目黒区祐天寺にある、フォト・タカノ・スタジオプラスの高野さんが中心になって行っている、「ハートプロジェクト 思い出の写真を救おう」に、ANAが協賛し施設を提供して頂き大々的にボランティアを募ったものです。
 
 
イメージ 3
 
大津波に流された思い出の写真を洗浄し持ち主にお返しする、その写真を見て、明日への活力を取り戻してもらうのと言う目的に共感し、今月から相方も土日は仕事で留守なので、早速3日に応募をしました。
 
久しぶりには浜松町からモノレールにのって、普段では絶対に降りる事のない「新整備場前」と言う駅で降り立つとすでに同じ目的で集まって来た人々がたくさん居ました。
 
作業場所について見ると、ANAの整備場での作業と言う事だったので、大きな倉庫の様な所で冷房も聞いていないのかと思ったのですが、以外にも奇麗な施設のかなり広いお部屋で冷房もバッチリ聞いていました
 
まずは発起人である高野さんから、今回のプロジェクトの目的や注意点を伺います。
津波に流され濡れてしまった写真は、海水と汚水の混じった水で濡れてしまって居る為、そのまま放置するとバクテリアの増殖で消えて流れてしまうとの事・・・すでに震災から三ヶ月余り、早急な作業が求められているのです。
今回の写真は気仙沼から送られてきた物。 当日も宅急便で新しい写真が届きました。
 
写真洗浄のやり方も一通り教えて貰います。 何より大切なのは、写真に写っている人のお顔の部分を今以上損傷しないようにする事・・・責任重大ですo(`・д・´)o ウン!!
総勢60人余りのメンバーは6つのグループに分かれて、それぞれの作業を順番に交代して行きます。
私たちのグループは比較的簡単な、「乾いた写真を取り込む作業」から入りましたが、ここでは順を追って作業の様子を紹介していきたいと思います
 
イメージ 1まずは通称「解体」
アルバムをカッターなどで解体して一枚一枚丁寧に取りだしていきます。
写真には基本、番号が振ってあって、一つのアルバムがその番号によって管理されているのでほかの物とまじりあわないように同じ段ボールに入れていきます。
このアルバムはかなり状態が良いですが、少しでも津波で濡れているとそこからバクテリアが写真を腐食させてしまうのです・・・
 
 
イメージ 2
中にはかなりひどいものも有って
写真のインクが溶け出して触れると画像が消えて行ってしまったり、ビニールに貼りついちゃって中々剥がれなかったり〜
 
臭いもかなり酷いので、この作業が一番過酷でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9次が「洗浄」
真水の中で指の腹で丁寧に擦って汚れを落として行きます。
 
最初に「写真を洗う」って聞いた時、「そんな事出来るの?」って思ったけれど、写真は意外に丈夫で縁の方が溶け出している写真でも、結構ちゃんと奇麗にする事が出来ます。
 
 
 
 
 
 
ひとつのアルバムを順番に洗っていくと、赤ちゃんがいかに愛されて成長して行ったか等が伝わって来て、その子を昔から知って居た様な感覚に心が温まります
 
そうそうちょっと脱線しますが、FUJI FILMのHPでも、「写真救済プロジェクト」と題して写真の洗い方を丁寧に紹介しています。 「津波で汚れてしまった思い出の写真をどうか諦めないで」と言う思いが伝わってきます。
 
イメージ 10
洗浄された写真は、タオルの上に広げられ、吸水性の良いスポンジで水分を取ります。
 
皆ほとんど初めて逢う人たちなのに、それぞれ協力して手際よく作業を進めていく様は、素晴らしいと思いました
 
本当に思いは一つなんですね
 
 
 
 
 
 
イメージ 11部屋の中に張り巡らされて物干しに写真を吊るして行きます。
 
この際も、ここからここまではこのアルバム(この番号)と分かるように両端に番号を書かれた紙を付けます。
 
また、アルバムの表紙も写真を探す際のヒントとなるので、バラバラにならないように管理します。
 
 
 
 
 
イメージ 12これだけの写真が干されている光景は何だか圧巻ですね!
 
写真たちも奇麗にして貰って、とっても喜んでいる感じです
 
巨大な扇風機で送風をして、どんどん乾かして行きます
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13最後は丁寧に一枚一枚、新しいミニアルバムに入れていきます。
表紙には窓を作り、ヒントになりそうな写真が見えるようにし、ここでもしっかり番号で管理して迷子が出ないように気を付けます。
 
「思い出の写真が、どうか持ち主の元に戻りますように
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14ANAさんの粋な計らいで、休憩時にアイスが配られました。
 
黙々と立ち仕事をしていた私達には、本当に嬉しい差しいれで、美味しかったぁ〜
 
ANAの社員の方も数名作業に参加されていて、場所の提供だけじゃ無い心遣いが本当にありがたいと思いました
 
 
 
 
実は私、一応それぞれの作業は少しづつ体験したのですが、最初の「取り込み」の後に移った「解体」の作業で、届いたばかりの箱を開けたら、そこには番号も振って無く「松岩瀬八幡神社付近 土木課」とシールが貼ってある泥まみれでまだビショビショの大量のアルバム達に当たってしまい・・・
 
アルバムのビニールを剥がすと、ドロドロに溶けちゃっているたくさんの写真 少しでも救おうと、細心の注意を払ったのですが、中には何が映って居るのかも全然分からなくなっちゃっている写真も数多く合って、かなり精神的にブルーになっちゃいました
そんな何が映って居るのか分からない写真は、「御供養」の段ボールに溜まって行きます・・・
 
山登りや旅行が好きだった方らしく、たくさんの奇麗な景色や登山姿の人たち・・・踊りが御趣味だったようでさまざまな場所で、奇麗なお着物を着て踊る姿〜
 
「ここに写っている方々は、皆ご無事なんだろうか〜」などと考えながら一人で作業をしていたのですが、そんな中数名の手のあいた方が、「お手伝い出来る事有りませんか」って聞いてきてくれて、本当に精神的に助かりました
 
作業が続く中、徐々に終わった作業場から撤収作業も並行して進められ、最後の写真たちも乾くのを待って皆でアルバムに収めて無事一日の作業が完了しました
 
イメージ 4ANAからはまたまた嬉しいプレゼントが
 
ピカチューの団扇と、就航したばかりの787の模型
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5建物の入口のショーケースにはANAとコラボしたガンダム
 
思わず「カッコいい〜♪」と皆で記念撮影です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6ガンダム好きには堪らないんじゃないでしょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと脱線しましたが、そんな感じで充実の1日を過ごし、ほんのちょっとだけど被災地を元気づけるお手伝いが出来たかなぁ〜
 
この後、被災地へのボランティアからのお友達と、一緒に参加されていた二人のお友達と一緒に、お疲れさま会にくりだしたのですが、その様子はまた改めて
 
イメージ 7ディラ「ボラだけじゃ無かったから、あんなに遅かったのね
 
母「ごめんねぇ〜一日作業したら、お腹は空くし喉は渇くし・・・ちょっとと思ったら(*´I`*)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8アス「僕、待ちくたびれちゃったよ
 
母「だってお父さんは夕方に帰って来て、ご飯貰ったでしょ?」
 
帰ってすぐお風呂に入ったら、風呂場の前で2とも待って居て〜超可愛かった
 
疲れて居る時も、猫は最高の癒しだね
 
 
 
 
ハートプロジェクトは7月一杯の土日、羽田にて開催予定ですので、興味が有る方は是非参加してくださいね(*^^)v
(「新整備場」駅は本当にコンビニの一つも無いし、ANAの建物の中は自販機も使えないので、食料と水分の確保はお忘れなく(*^^)v)
また、平日鶴見でも作業をやって居るので、詳しくはHPをチェックしてくださいね
 
☆にほんブログ村のランキングに参加しています☆   
↓↓↓1日1回下をポチッとして頂けるとポイントが入ります♪(*^▽^*)

↑ここをクリック♪
☆。*†*。励みになっています(=^・^=)いつも応援有難うございます。*†*。☆

 

アスランと出会ったサイトはこちら

この記事に

閉じる コメント(21)

素晴らしい取り組みですね〜。本当にご苦労様でした!
若い頃にプリントコーナーで働いていた事があるので、
写真の大切さは充分分かります!(涙)
1枚でも多く持ち主さんの手元へ戻りますように・・・。
何よりも持ち主の方がお元気で写真を待っていてくれますように!
ぽち☆

2011/7/4(月) 午後 4:48 お杉 返信する

顔アイコン

お疲れ様です〜
思い出がいっぱい詰まった写真だから、手元に戻るとうれしいです
よね〜
大変なお仕事です〜m(_)m

お風呂の前で待ってた二人もけなげだにゃん〜ぽちぽち!!

2011/7/4(月) 午後 4:57 koo911 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。
写真は見付けてもらえ、一番嬉しい記念品ですよね。
これは本当に大変な作業でしたが、皆さんで協力して大変ながも、楽しそうで良かったですね。
ポチポチ(^_-)-☆

2011/7/4(月) 午後 5:18 ゆりっぺ 返信する

お疲れさまでした〜!
結構前に、ボランティアで写真を元に戻している方がいましたが、この方かな?
凄い細かく、大変な作業・・・
アイスや記念品は、嬉しかったですね(^ε−)☆
おおおお!白とブルーのガンダム!超かっちょい〜!ヾ(≧∇≦*)〃
2ニャンも良い子でお留守番!お疲れ様〜♥
全ポチ☆

2011/7/4(月) 午後 5:45 ぴ〜ちゃん 返信する

顔アイコン

わー。。
細かい大変な作業でしたね。
お疲れ様でした。
ガンダムはお土産でないんでつね。('ω'*)アひぃ♪
ディラちゃんとアス君〜いい子にして待っててくれたんでつね☆
ホントーにゃんこちゃんたちには癒されまつよねぃ(^。^)
☆彡ポチ、村ぽちん☆

2011/7/4(月) 午後 6:58 [ FM ] 返信する

顔アイコン

こんばんは〜。

ボランティアお疲れ様でした。この写真救済プロジェクトの方は、テレビでも見た方かな〜?確か・・・。
整備場前は飛行機を撮りに行った時に降りた駅でもありました。ANAの整備場や格納庫がありますよね。
ANAからのプレゼントもいいですね〜。787型は低燃費型ですよね〜。ガンダムも良いね。
ディラちゃんもアス君も、母はボランティア繋がりでのお付き合いだから、いわゆる一つのお仕事で帰りが遅かったんだね〜・・・・・ってことにしときましょ、ね。アハハッ、ポチッ!!

2011/7/4(月) 午後 7:04 てんもくさん(伽音八五郎) 返信する

顔アイコン

お疲れ様です。
ほんとに地道で過酷な作業だし復刻できない写真なんかもかなりあったでしょう、そんな写真を見ると心が沈んでしまいますよね。
それでもかなりの写真が復刻できると思うと頑張れますよね。
お体を壊さないようにこれからもがんばってくださいね。
ぽち☆ 削除

2011/7/4(月) 午後 8:45 [ ノルラン ] 返信する

顔アイコン

またまたボランティアだったんですね。ご苦労様です。
津波に飲まれてしまった写真をきれいにして持ち主に返しているのはニュースなどで見たことはあったんですが、被災地でなくてもできたんですね。写真は大切な思い出ですから手元に戻ってきた人は本当にうれしいと思います。そんなことをお手伝いしているみゅうらむさんはほんとすごいです。 削除

2011/7/4(月) 午後 8:53 [ ぴょんちき ] 返信する

アバター

大事なものをいきなり失った方々には
残された思い出=写真はとても愛おしいものでしょう・・・
キレイに修復された写真を見て復興に向け、また頑張れるでしょうね(´∀`)
お疲れ様でした。
2ニャンもいい子でお留守番、ご苦労様!
ぽちぽち☆

2011/7/4(月) 午後 10:12 tama 返信する

顔アイコン

ボランティアお疲れ様でした!

うちも、津波で家が丸ごと流されて、写真も全然見つかっていません
うちの母が探しには行ったのですが、まだ自衛隊の方々が遺体とか・・・探していて
そんな中だったので諦めてきたそうです。
母のフルートと、古ーい写真が少しだけ見つかったそうです。

そうやってボランティアの方が、沢山の写真を残そうとしてくれていると
とてもありがたいです!

少しでも多くの人に、思い出が帰っていけばと思います。
やっぱり、普段見ない写真でも、無くなると寂しいものです。

ポチッ☆ 削除

2011/7/4(月) 午後 10:21 [ tino ] 返信する

顔アイコン

ハートプロジェクト!!なんと素敵なプロジェクトでしょう。
写真を受け取られた方々本当に嬉しいはずです。
新しいものは買えても、思い出はお金では買えませんものね。。。
そんなプロジェクトに参加されてらっしゃるみゅうらむさんも素敵です。 削除

2011/7/4(月) 午後 10:22 [ 林檎 ] 返信する

とにかく、お疲れ様でした^^
こういうボランティアも行われているのですね。
積極的に参加されているみゅうらむさんを尊敬しちゃいます。
ポチ凸

お留守番ニャンコたちは・・・
いいこにできたよね^^

2011/7/4(月) 午後 10:22 イオリ 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。

本当にいいことをなさいましたね。すばらしいです。

昨夜はディラちゃん、アスランちゃんに癒やしてもらいました?

ディラちゃん、アスランちゃん、ママをほめてあげてね。「よしよし」って。ぽち・ぽち。^^

2011/7/4(月) 午後 10:57 ちゅうたまん 返信する

アバター

お疲れさまでした!
思い出がいっぱいつまった写真ですもんね・・・
大勢の方が参加されて素晴らしいです^^
ディラちゃんとアスくんはママがいなくて寂しかったのかな?
ママ 頑張ってきたから癒してあげてね〜^^ ぽちぽち☆
ミク・・とりあえすですが退院しました(*^_^*)
元気玉にアドバイスにと本当にありがとうございました!
これからもミクが穏やかに過ごせるように頑張ります^^

2011/7/4(月) 午後 11:24 Acco 返信する

顔アイコン

本当にお疲れ様でした
思い出は1番大切ですね

大変な作業でしたね

頭が下がります

2011/7/4(月) 午後 11:37 エルフママ 返信する

お疲れさまでした。写真ほんとにひどい状態のものがありますね!!でも、みゅうらむさんが書かれているように1人でも多くの持ち主のもとに届くといいですね。いろいろなボランティアがあるんですね。前回のボランティアの記事では私すごく何かネガティブ??なコメしちゃってごめんなさいっ☆でも、ほんとみゅうらむさんの記事から自分を見直すことが出来て、今自分に出来ること始めました!!いろいろ調べてみてこれから支援したいところもたくさんPCのお気に入りに入れました*^^*少しずつだけど、今回の震災はもちろん世界中の困っている人のために少しでも役立てること続けたいと決意しています。

2011/7/5(火) 午前 0:04 [ でぃら ] 返信する

顔アイコン

大変良い事をされましたね☆
お疲れさまでした。
写真ってその時にしか写せない
かけがえの無いものですね....
どれもが皆、持ち主のところへ
戻りますように..... 削除

2011/7/5(火) 午前 0:31 [ くみこ ] 返信する

お疲れ様でした〜
すごい写真の数だけど、ほんとこの写真の数だけ思い出があるんでしょうね。
その思い出がまた息を吹き返してキレイな写真となった。
きっと持ち主さん見たら涙でるほど嬉しいと思います♪
ANAさんのアイスの粋なサービス嬉しいですね!
そーゆう小さなことがヒトとヒトを繋いでる気がします。ポチ

2011/7/5(火) 午前 1:18 sakura 返信する

顔アイコン

すごいですね。色々な形で、活動されていて、みゅうらむさんの被災地の方々へのあたたかい思いはどんどん形になっていますね。
写真はとっても大切なものですものね。
立ち仕事で大変だったんですね。お疲れさまでした。。

2011/7/5(火) 午後 9:16 [ Waniさん ] 返信する

顔アイコン

こんににちは〜
先日、ボランティアでご一緒させていただきましたキララ友人です。
一緒にびしょびしょのアルバムを解体、洗浄しました。
見知らぬ人の思い出を拾って、洗って、キレイにして。
そこにあるのは普通の人の生活で、そのまま自分の生活でもある。
誰かのためでなく、結局自分のためになってるな〜と思う昨今です。
また、行きます。お会いできたらいいですね。
(ちなみに、私も猫飼いです。雑種だけど)

2011/7/6(水) 午後 3:34 [ myuneco ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事