海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

海洋戦略

すべて表示

情報作戦(29)

(1)用間−人による  中国古典兵学の『孫子』曰く、  「爵録百金を愛んで敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。人の将に非ざるなり。主の佐に非ざるなり。勝の主に非ざるなり。故に明主賢将の動きて人に勝ち、成功の衆に出ずる所以の者は、先知なり、先知なる者は鬼神に取るべからず。事に象るべからず。度に験すべからず。必らず人に取りて敵の情を知る者なり」(用間篇第十三)と。  その意味は、爵位や百金を惜しんで、敵状を知ろうとしないのは、不仁の甚だしいものである。それでは兵を引率いる将軍とはいえず、君主を補佐するともいえず、勝利の主ともいえない。だから、聡明な君主や優れた将軍が事を起こして敵に勝ち、成功を収めることができる理由は、予め敵状を知ることによってである。予め知ることは、鬼神のお陰でできるわけではなく、過去の出来事によって類推できるのでもなすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

インド、カシミールで奇襲攻撃

2016/9/30(金) 午前 10:42

 インドでは、18日カシミール地方にある陸軍基地の1つが襲撃され、18人が死亡したことを巡り、怒りが広がっていた。  27日インド側は、11月にパキスタン首都イスラマバードで開かれるサミットにナレンドラ・モディ首相は出席しないことを表明した。  インド当局者等は、29日インド陸軍特殊部隊が、実効支配線から数kmパキスタン側に入った場所で「局部攻撃」を実施 ...すべて表示すべて表示

中国、日本に警告!

2016/9/30(金) 午前 8:22

 29日中国は、日本が米国と共同で南シナ海の警備を行う可能性を示唆したことについて、日本の「火遊び」としてこれを牽制した。  稲田朋美防衛相は、15日米国海軍と共同訓練や、域内の海軍との演習、沿岸諸国への能力構築支援を通じて、南シナ海への関与を強めていくと発言していた。  この発言について中国国防省は、「南シナ海情勢を混乱させ、利益を得ようとする」ことが ...すべて表示すべて表示

 28日米議会は、2001年9月11日の米同時多発テロテロ事件の犠牲者遺族が、サウジアラビア政府を提訴することを可能とする法案を、上院賛成97、反対1、下院賛成348、反対77で再可決し、バラク・オバマ大統領の拒否権を覆した。拒否権が覆されたのはオバマ政権で初めてである。  この異例の行動は、オバマ大統領にとって打撃となる。 オバマ大統領は、「テロ支 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事