海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

海洋戦略

すべて表示

情報作戦(11)

  エ 情報の役割  国家の生存は、相手国の意図、計画、国力に対する知識の程度にかかっている。つまり、「智慧の戦い」である。  智慧の戦いの主体は、指揮官であり、情報活動の成果は指揮官の力量によることになる。情報が、指揮官の意思決定に寄与するものである以上、一番重要なことは、指揮官が必要とする情報を明確に規定することである。指揮官が、明確に必要な情報を特定することによって、情報収集者は、何をしたらいいのかが具体的に分かり、情報活動が孤立・効果的になる。  だからこそ、孫子は、「兵は詭道なり」とし、「上兵は謀を伐つ、其の次ぎは交を伐つ、其の次ぎは兵を伐つ、其の下は城を攻む」とした上で、「爵禄百金を愛んで敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。人の将に非ざるなり。主の佐に非ざるなり。勝の主に非ざるなり。故に明主賢将の動きて人に勝ち、成功の衆すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 ケント・ギルバート『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』PHP研究所、2016年、1,500円+税は、GHQ(連合国軍総司令部)が命じたプレスコードに基づく検閲による洗脳効果が 自虐史観を植え付けられ、日本人のプライドや誇りを傷つけられ、しかも複数の大手マスコミや日教組、日弁連などの国内反日組織に加えて、中国や韓国が、その悪用を続けている様を描い ...すべて表示すべて表示

米国の武器輸出先、サウジ筆頭

2016/5/27(金) 午後 1:30

 23日オバマ大統領は、ベトナム訪問中、米国からベトナムへの武器禁輸について解除する方針を明らかにした。  世界の武器輸出に占める米国のシェアはほぼ33%を占めて群を抜いている。  ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば、米国の2011〜2015年の筆頭の輸出先はサウジアラビアだった。  2位以下は、アラブ首長国連邦(UAE)、トルコ、韓国 ...すべて表示すべて表示

 26日タリバンの新最高指導者ハイバトゥラ・アクンザダ師は、配下の司令官や最高意思決定機関「シューラ」(諮問評議会)のメンバーに対し、アフガン政府との和平協議はないと宣言していたという。  タリバン筋の話によると、アクンザダ師の選出は、今後のタリバンが質素な生活、忠誠や敵勢力へのテロ攻撃を重視していた組織の創始者オマル師が率いた時代への回帰を目指すことを意 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事