海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

海洋戦略

すべて表示

軍事司法制度(10)

2 米 国 (1)歴史的経緯  1775年4月5日マサチューセット湾で開かれた臨時議会により軍法が可決された。次いで1775年6月30日第2回大陸会議で新軍法が可決され、同年11月7日に条文が追加され、1776年7月4日の独立宣言後、9月20日に戦争法(American Articles of War)が可決された。同法は、1806年改正され、以後修正され、1874年及び1916年新たに戦争法が可決された。1920年改正され、以後も修正された。  1775年11月28日大陸議会は、連合植民地海軍規則を制定した。  1799年3月2日米国政府は、米海軍管理法を制定し、以後改訂を続けた。  1862年海軍長官は、海軍規則(Navy Regulations)を制定した。  海軍規則は、1948年までに13回改定され、1973年版は、合すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

東芝、安全保障問題?

2017/3/29(水) 午前 9:51

 東芝問題の裏には安全保障の問題がある。2010年佐々木則夫東芝社長が、中国にウェスエィングハウス(WH)のライセンス供与してAP−1000を数十基建設することを売り込んだ。  中国にライセンスを供与することは、軍事技術を輸出するに等しい。  東芝がAP−1000の商談を発表してから、それを知らなかった米国大使館が経産省の責任者を呼びつけて抗議したという ...すべて表示すべて表示

 28日テリーザ・メイ首相は、欧州連合(EU)からの離脱を通告する歴史的書簡に署名した。書簡が翌日29日にベルギー・ブリュッセルのEU本部に届いた時点で離脱手続が始まる。  首相官邸で英国機とロバート・ウォルポール初代首相の肖像画を背に座ったメイ首相は、落ち着いた様子で英国のEU離脱を開始する書簡に署名した。  書簡は首相官邸からEU本部へ届けられる。 ...すべて表示すべて表示

 28日ドナルド・トランプ大統領は、バラク・オバマ前大統領が、推進してきた木方変動対策を見直す大統領令に署名し、「対石炭戦争」の終結を宣言した。  新大統領令は、石炭火力発電所に対する温室効果ガス排出量規制の見直しと、石炭採掘目的での国有地賃貸規制の緩和を指示する内容である。  オバマ政権が、制定した規制は,米国の温室効果ガス排出削減目標の実現と温暖化対 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事