Key(きー)さんです

言葉を大切にしない社会は、その基盤が徐々に崩れてゆく

海綿状血管奇形で22歳での引退を余儀なくされた野球選手の物語

(写真はボストン・グローブのウェブサイトから引用) Photo from Boston Globe 「人生の最大の栄光は、転ばないことにあるのではない。転ぶごとに立ちあがることにあるのだ」〜ネルソン・マンデラ 私のような野球が好きな者は、好きなティームの試合結果に一喜一憂するだけでなく、人生が思うようにゆかなくとも耐え忍ばねばならないことを野球において代理体験し、そしていったん愛するティームへの愛着を持った以上、たかだか数年の間不甲斐ない結果に落胆したとしても、決して信仰心を捨てないある種の信者でもあります。そして選手たちが奮闘する姿勢から、自分の人生に取り入れるべき何かを学ぶこともあります。 レッドソックスのスーパー・スター、40歳のデイヴィッド・オーティーズは、18年に及ぶ輝かしい現役生活を今シーズン限すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

「日本人選手」を基準としてみる、「井の中の蛙」のような日本のマスコミの報道姿勢とは異なり、 アメリカではチームを基準として野球をみるのが標準的な姿勢です。ですからレッドソックス対 ヤンキースの試合で、「上原も応援するが田中も応援する ...すべて表示すべて表示

(写真はボストン・グローブから拝借) 4月29日のフェンウェイ・パークでの試合で、ヘンリー・ラミレスが今季10号のホームランを打ち、2006年にデイヴィッド・オーティーズが打った4月のホームラン数記録に並びました。 ラミ ...すべて表示すべて表示

(写真はBoston Globeから拝借) 私はレッドソックス・ファンとして、田澤純一の活躍は実に頼もしく思います。 彼が日本人だから応援しているのではなく、好きなティームに貢献しているからこそ 応援するのですが、その田澤 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事