Key(きー)さんです

言葉を大切にしない社会は、その基盤が徐々に崩れてゆく

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

(写真はイメージとして)

まだまだ暑い日が続きますね。さて、私は出勤に自宅アパート前からバスを利用して豊洲駅まで行くのですが、夏の季節のバス停では奇妙な光景がみられます。

文章にしづらいのですが、日なたを嫌い、日陰から並び始める人がいて、その結果日なた部分と日陰の部分で列の「空白状態」ができるのです。つまりその部分には誰もいない。

この日私は写真に写っている女性よりも後から並ぼうとしたのですが、この人が日陰から並び始めるので、「並ばないのですか?」と尋ねました。無視されたので私はバス停の一番近くに立ちましたが(つまり割り込んだということ)、その女性は何もいいませんでした。

嫁さんに聞くと、彼女もたびたびこのような状況に接すると、同じように「割り込む」のだそうで、私は心の中で「やはり似たもの夫婦だな」とつぶやきました。(そのことを口に出すと私のことを変わり者だと思っている彼女が怒るからです。もっとも私は自分が変わり者だと自認しており、「変わり者」はほめ言葉だと考えていますが)

それはそうと、私はこのように日陰で待つ人を身勝手だとみなします。いうまでもなく空白地帯を作ることは列が長くなることであり、列が長くなるということはそれだけ公共の場所を占有してしまう、つまり邪魔になるということ。

自分が直射日光にあたりたくないがために、邪魔を承知で待つのだとすれば身勝手だということだし、そのことすら(邪魔になる)思いつかないのであれば想像力が欠如しているということになります。

「じゃあどうすればいいのですか?」

もしそう聞かれたら私はこういうでしょう。

「最初から列に加わらず、バスに最後に乗ればよいのです」

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

こんにちは。私も列を詰めずに並ぶ人を身勝手だと思っています。前に立つ人との接触を嫌ってかなりの空間を作る人もいると思います。そういう人など言語同断だと思います。

私も一度だけ、あまりにも空間が空きすぎていたためにそこに立ったところ「並んでいるんだけど」と言われたことがあります。まったく参ってしまいました。

2012/9/20(木) 午後 2:56 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

(補足)私は、列があまりにも長い場合、わざと列の先頭に立ったりします(2列に並んでいた場合、3列目を作ってそこに立つ)。

先頭に並ぶことでいぶかる人もいるのですが、私は無視します。先頭に並んでも最後に乗車すれば誰にも文句は言えないはずだからです。

2012/9/20(木) 午後 3:02 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

>「最初から列に加わらず、バスに最後に乗ればよいのです」

写真のようなケースでは、列に加わっているとは思えません。勝手に好きなところに立っているだけとみなすべきではないでしょうか。

2012/9/20(木) 午後 3:17 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

「並んでいるだけど」などといわれたら「そんなに空間を空けているのは並んでいるとはいえないなあ。ほら、無駄な空間ができて占有領域がふえて迷惑になっちゃうよ。わかるかな、僕ちゃん?」とやさしく諭してあげましょう。

2012/9/22(土) 午前 7:02 Key 返信する

顔アイコン

本当にそう思いますね。どうして迷惑になるのかということを懇切丁寧に教えてあげたいものです。教育の欠落(崩壊)がいろいろな迷惑行為を生んでいると言えるのではないのでしょうか。

2012/9/22(土) 午前 8:46 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

>自分に都合の悪いコメント

?????

2012/9/22(土) 午前 9:51 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

というより、そのような迷惑を見つけたらバンバンいうべきなんですよね。よく新聞の投書などで「マナーの悪い人をみつけた」などと文句をいっているのを見かけますが、私はそのつど「だったらその場で言えばいいじゃないか」と思います。文句をいわない、注意をしない、ということは消極的にそのような風潮(マナーの劣化)に加担していることだ、と私は考えています。もっともこの本文の状況では、私は「並ばないの?」と尋ねただけで、もっとちゃんと詰めましょう、といわなかったので、ちゃんと並ばないことへの消極的加担者であったわけですが。そのことを反省します。

2012/9/22(土) 午後 2:03 Key 返信する

顔アイコン

>もっとちゃんと詰めましょう、といわなかったので、ちゃんと並ばないことへの消極的加担者であったわけですが。そのことを反省します。

その気持ちよくわかります。私も後になって言い方が十分でなかった(足りなかった)ことをよく悔やみます。如何にその場その場に応じた適切な対応ができるかということは、私たちのあらゆる生活の場面で必要なことではないかと思います。

自分の子供だったら注意するけれども他人の子供だからという事で注意しないというのでは、社会がよくなるはずはありません。

無関心は最大の罪だともいいます。無関心でいるという事は、無知の裏返しではないかと私は思います。無知であることが無関心を生んでいるのではないでしょうか。死刑問題にしても決して無関心でいいはずはないと思います。自分が、自分の家族が事件に巻き込まれることがあり得ることを考えればもっと積極的に考えていいはずです。

2012/9/24(月) 午前 0:54 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

「その場に応じた適切な対応ができるか」という点で、会話の当意即妙性を訓練する上では、関西の人々に先生になってもらうのがよいかも知れないと私は思っています。

ところでドイツ人は他人にもバンバン注意しますよ。住み始めた頃は、なんだか叱られてばかりだな、と萎縮しそうになりましたが、しだいにその風潮が心地よくなり、私もバンバン注意するようになりました。

2012/9/25(火) 午後 10:14 Key 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事