新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命20111020日 No.469
 
タイトル:国民よ怒れ!アメリカ様命(いのち)の野田民主党政権、震災復興より韓国救済を優先するとは・・・絶句!
 
1.野田総理、震災復興より韓国救済を露骨に優先
 
 アンチ民主党のネットウヨは怒り心頭です。野田総理が20111018日、緊急訪韓し、韓国との間の通貨スワップの枠を130億ドルから700億ドルに大幅拡大することを約束したからです。
 
 3.11大震災の復興をそっちのけで、反日の韓国に54000億円(700億ドル)もくれてやるとは・・・。やっぱり民主党は親半島の反日政党の正体を暴露した、とんでもない奴らだ!とネットウヨは怒り狂っています。
 
 ネットウヨが怒るのも無理ありません、今回の野田総理の行動は露骨そのものです、ネットウヨならずとも、われら一般国民も怒り心頭です。
 
 今の日本国総理は間違いなく、日本国民より韓国救済を優先しています。
 
2.日韓首脳の行動に恥も外聞もなくなった
 
 韓国イ・ミョンバク大統領はこの16日、米国でオバマ大統領と会談、米韓FTAの締結を約束しています。そして帰国したらすぐ、野田総理が急遽訪韓、通貨スワップ大幅拡大を約束したのです。
 
 この動きから、今の日韓首脳はロボットのように米国オバマ政権の言いなりに動いていることがミエミエです。
 
 上記のようにネットウヨは野田総理が韓国救済を約束したのは、民主党が親半島系政党だからだと思い込んでいます。その側面もゼロとは言いませんが、今回の場合、韓国救済のための通貨スワップ枠拡大は単に、米国の強い要求に負けて言いなりになっているにすぎないのです。
 
 米国シナリオでは、韓国とFTAを結び、米企業が韓国でビジネスし易くしようとしているわけです。韓国(弱いウォンを持つ、巨額ドル債務国家)が米製品を輸入して米ドルで払うのに、そのカネを日本(強い円を持つ、世界最大のドル債権保有国家)から借りようということです。
 
 周知のように、米国内経済は行き詰まっており、米国民の不満が高まっていますが、この難局を打開するには、米国製品の輸出を促進するのが手っ取り早いのです。そこで今、米国製品を買わせる相手(カモ)として、韓国と日本が浮上しています。両国とも米国の事実上の属国であり、米国極東部隊の謀略によって、今の日韓の指導者には米国の言いなりになる親米人物が選ばれているからです。
 
3.民主党野田政権の本性が国民に丸見えとなった
 
 現在の民主党野田政権は、2009年政権交代にて誕生した小沢民主党率いた鳩山政権とは、同じ民主党政権でありながら、まったく政治思想の異なる政権です。簡単に言うと、鳩山政権は入亜脱米思想を持っていましたが、野田政権は菅政権と同様に、対米従属政権です。この野田政権は、かつての自民党小泉政権と同類です。このような野田政権の本性(悪徳ペンタゴン性)を悪徳ペンタゴン・マスコミは国民に見せないよう、ひた隠しにしてきましたが、ここまで露骨に米国のロボットに成り下がっていると、ネット住人以外の一般国民にも野田政権の正体が“見える化”してきました。
 
 本ブログでは、野田政権は、戦後最悪だった小泉政権に次ぐ筋金入りの悪徳ペンタゴン政権とみなしてきましたが、その実態がいよいよ一般国民にも見え始めています。
 
なお、上記、悪徳ペンタゴン日本人および彼らを動かす米国戦争屋の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。
 
 本ブログ(注1)にて指摘したように、TPPに関する米国の対日戦略に限って、珍しく、アンチ米戦争屋だった米オバマ政権と下野している米国戦争屋は呉越同舟で、足並みを揃えています。したがって、現在の野田政権は米オバマ政権と米戦争屋(伝統的ジャパンハンドラー)の両方から、強い圧力を掛けられています。
 
4.米国は属国日韓を踏み台にして、米経済立て直しを図ろうとしている
 
 米国の対日戦略、対韓戦略に限って、上記のように、アンチ戦争屋であったオバマ政権と下野している米戦争屋が呉越同舟で協調し始めています。だから、米韓FTA法案は韓国議会より先に米国議会をスンナリ通過したのです。この事実は、米国覇権主義者たちがいかにあせっているかを示しています。
 
 さてネット住人の分析によれば、米韓FTAは韓国に非常に不利な不平等協定とのこと、それもこれも、あせっている米国が強引に進めた結果です。
 
 20111020日の韓国報道によれば、韓国内にて米韓FTA調印に反対の動きが出ているようです。日本人に比べて、血気盛んな人の多い韓国では、米韓FTAの中身が韓国民に知れるにつれて、韓国民の言い知れぬ怒りがジワーと高まってくるのではないでしょうか。
 
 ところで、2011427日に韓国で実施された再・補欠選挙にて、与党ハンナラ党は野党・民主党に敗北しています。この事実から、イ・ミョンバク政権は決して、安泰な政権とは言えません。
 
 米国議会をスンナリ通過した米韓FTA法案に関して、韓国議会でもスンナリ通るとは到底、信じられません。
 
 そこで、米国は、悪徳ペンタゴンのロボット野田総理に命じて、700億ドル(54000億円)を用意させ、3.11大震災被害で苦しむ日本国民をそっちのけで、韓国での米韓FTA成立に向けた工作資金に充てようということでしょう。
 
 このような米国による恥も外聞もない対日ジャパンハンドリングの実態が透け透けです。我ら国民はみんな、この日米関係の悲惨な実態に覚醒しましょう。
 
 上記の露骨な野田総理の隷米行動から、おとなしい子羊日本国民も遂に堪忍袋の緒が切れるはずです。
 
 最後に、ネットウヨのみなさん、野田総理の韓国救済最優先事件に関して、怒る相手を取り違えていませんか、怒る相手はネットウヨが日頃から奉るアメリカ様ですよ。
 
注1:本ブログNo.4673.11事件直後の不自然な超円高とTPP督促の関連性を読み解く:米国オバマ政権はなぜ、日本にTPP参加を急がせるのか20111017
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
テックベンチャー投稿の過去ログ

この記事に


.


みんなの更新記事