新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2014824日 No.958
 
タイトル:南シナ海における中国戦闘機の米国哨戒機威嚇事件:米国某勢力のエージェントだった疑いのある周永康氏の失脚事件との関連性を読み解く
 
1.南シナ海で中国戦闘機が米哨戒機に異常接近:米国の発表はなぜ遅れたのか
 
 2014823日の報道によれば、819日、南シナ海の公海上空を飛行中の米哨戒機に中国軍戦闘機が異常接近(距離9m)して威嚇したそうです(注1)
 
 この発表は米国防総省が行っていますが、19日に発生した事件をなぜ、22(米時間)に、3日も遅れて発表したのでしょうか。
 
 本ブログの見方では、今の米国覇権は、オバマ政権寄りの勢力(欧米銀行屋)と、米国戦争屋系勢力が厳しく対立するという深刻な二極化が起きています。
 
 当然、米国防省内でも二つの勢力が呉越同舟で共存しています。オバマ系欧米銀行屋勢力は、中国との経済的友好関係を重視していますが、米戦争屋勢力は中国を仮想敵国視しています。
 
 この事情を知れば、本事件を発表するのに際し、中国との敵対関係を避けたいオバマ政権は当然、慎重になるでしょう。今、中東やウクライナで米戦争屋ネオコンが傀儡テロ勢力(ISやネオナチ)を操って大暴れしているのに、中国との外交的対立で米中関係がもめるのをオバマ政権は当然、嫌います。したがって、上記の発表に3日も要したのは、米国内で対立する二大勢力の間で調整が行われたからと推察できます。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.中国・習政権はオバマ政権の意向を汲んで、この7月に南シナ海石油探索施設をとりあえず撤収している
 
 ところで、南シナ海であれだけ強引に石油探索事業を強行していた中国は、この7月に唐突に、石油探索施設を撤収しています(注2)。おそらく、南シナ海での紛争を嫌うオバマ政権の要請に従ったと思われます。
 
 その直後、7月末に中国の石油開発を支配してきた周永康氏(注3)および、その関係者300人が大量失脚させられています。
 
 この周勢力の一掃は、中国政府内で熾烈な権力争いが起きていることを物語っています。
 
 ちなみに、この時期、米戦争屋ネオコンにとって脅威となるBRICS銀行設立の調印が716日にブラジル・リオデジャネイロで行われています(注4)。このBRICS銀行設立は、中露を仮想敵国視する米戦争屋ネオコンにとっては脅威そのもので、それを主導したロシア・プーチンを彼らネオコンは露骨に敵視し始めました。その直後、米戦争屋ネオコンは、717日、米戦争屋ネオコンの仕掛けるウクライナ紛争地にてマレーシア航空機ボーイング77717便撃墜事件を起こし、プーチンに打撃を与えようとしています。本ブログの見方では、BRICS銀行設立とアンチ米戦争屋国家マレーシアの航空機撃墜事件は密接につながっています(注5)
 
 さらに言うと、このBRICS銀行設立に中国・習政権が加盟した事実と、中国内での周勢力の大規模失脚事件、そして、上記の中国の南シナ海石油探索施設の撤収事件も、すべてつながっているでしょう。
 
 一言、中国・習政権は、中国政府内で暗躍してきた親・米戦争屋系勢力の駆逐に大きく舵を切ったのです。
 
 そのきっかけは、今年3月上旬、北京行きのマレーシア航空機ボーイング77717便が中国共産党の全人代2014の会場に突っ込むという航空機テロ未遂疑惑事件が発生したことではないでしょうか(注6)。この時期、習政権はすでに、親・米戦争屋の周勢力の駆逐を開始しており、米戦争屋が習政権をボーイング777航空機テロで恫喝する理由はあったのです。
 
3.周永康氏は米国戦争屋のエージェントであった疑惑
 
 周勢力は、石油利権でのし上がった勢力であり、その背後に、欧米寡頭勢力寄りの江沢民・上海閥(注7)が控えています。
 
 周氏は巨大な中国国有石油企業のボスだったのですが、密かに、米戦争屋のボス・デビッドRF石油財閥とつながっていた可能性があります。その証拠に、中国の渤海湾の石油開発では、中国は、米戦争屋RF財閥系のコノコフィリップス石油からの技術支援を受けているからです(注8)
 
 ちなみに、周永康氏のWiki情報(注3)から、周氏は中国のハッカーグループ61398部隊(注9)や紅客連盟(注10)の黒幕だった可能性もあります。
 
 中国のハッカーグループは基本的に、米戦争屋のエージェントであり、CIANSAとつながっているでしょう。
 
 米戦争屋系米マスコミは、中国が米国企業や米国政府機関をハッカー攻撃していると宣伝していますが、これは米国民の対中感情を悪化させ、反共意識を植え付けるプロパガンダ工作(米戦争屋ネオコンのやらせ)の一環なのです。
 
 この結果、CIANSAはサイバー攻撃関連の米国防予算を増額させるわけです。
 
 今回の周氏の失脚事件から、従来からの本ブログの見方、すなわち、中国の対米ハッカー攻撃の背後に米戦争屋ネオコンCIAが控えているという疑惑が証明されました。
 
4.米軍機や自衛隊機を威嚇する中国戦闘機の狙いは
 
 これまで、中国を仮想敵国視してきた米戦争屋ネオコンは、周氏など中国内にエージェントを養成し、彼らを利用して米中対立を煽ったり、中国と東南アジア諸国の対立のみならず、日中対立を背後から扇動してきたわけです。これらは、彼ら独特の戦争タネ蒔きの一環なのです。
 
 ところが、中国・習政権は、米戦争屋のエージェントと疑われる周氏を失脚させたので、米戦争屋ネオコンは習政権に対して怒り心頭のはずです。
 
 その延長線上にて、中国戦闘機の対米哨戒機威嚇事件が発生したということは、中国軍部にまだ、米戦争屋ネオコンのエージェントが潜んでいると疑われます。特に中国空軍は、米の世界最先端の航空機技術を欲しがっているはずですから、アンチ米戦争屋化する習政権に逆らう可能性があります。
 
注1:NHK NEWS Web中国軍戦闘機が米軍哨戒機に異常接近”2014823
 
注2:産経ニュース“中国、南シナ海パラセル諸島の掘削施設を撤収 米との対立回避狙いか”2014716
 
注3:周永康
 
注4:ロイター“アングル:BRICS銀行設立へ、「中国封じ込め」が最大の課題”2014716
 
注5:本ブログNo.933ケネディ暗殺から早50年:BRICS開発銀行設立を実現させたプーチンの暗殺は未遂に終わったのか』2014719
 
注6:本ブログNo.868石油ガス資源国・マレーシアを反中化させる誤爆撃墜事件か:行方不明のマレーシア航空機の謎を大胆に推理する』2014310
 
注7:上海幇
 
注8:本ブログNo.893南シナ海における中国の暴走は中国の一部勢力と米国の軍事・石油ガス利権勢力の密約の結果か:軍国化を急ぐ日本は彼らに踊らされていると知れ!』2014511
 
注9:本ブログNo.723中国軍部による対米サイバー攻撃?:米国の内なる敵によるオバマ二期目政権の対中外交への妨害か』2013221
 
注10:中国紅客連盟
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事