新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2016429日 No.1374
 
タイトル:アメリカ様命の安倍氏は、米政府から猛反対されているのになぜ、来月56日の露プーチンとの首脳会談を強行するのか
 
1.安倍氏、ゴールデンウィークを利用して訪欧旅行し、ついでに56日に露プーチンと会談予定
 
 安倍氏はゴールデンウィークを利用して欧州歴訪を予定しているようです、この訪欧日程に露プーチンとの会談も含まれています。56日に日露首脳会談が露ソチで行われるそうです。このソチは2014年、冬季オリンピックが開催された保養地ですが、露政府がソチ・オリンピック時のテロを厳重警戒しているスキに、米国戦争屋ネオコンがネオナチを使ってウクライナでクーデターを起こし、ウクライナを強引に露プーチンから引き離して、今日に至っています。
 
 ロシアから決別したウクライナは対露負債が返済できず、今、デフォルト危機にあります。
 
 さて、本ブログは日本および安倍自民を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマにしていますが、ウクライナも日本同様に属国化している米戦争屋ネオコンは、傀儡の安倍氏に命じて、ウクライナ支援を要請していると観ています、なぜなら、今の日本は、米戦争屋ネオコンの便利なATM(キャッシュマシン)だからです。
 
 そこで、本ブログでは、ウクライナ・ポロシェンコ大統領の46日の訪日が決まった2016219日段階にて、安倍氏はわれらの血税を、ウクライナ支援に回すよう、米戦争屋から命令されていたと観ています(注1)。
 
 そして、そのポロシェンコは予定通り、201646日に訪日、安倍氏と会談しています(注2)。
 
 ウクライナの対露負債は約30億ドルとのことですが(注1)、安倍氏・外務省はポロシェンコ訪日時、18.5億ドル(約2000億円)の支援を約束させられています(注2)。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.安倍氏の露プーチンとの唐突な日露首脳会談計画に、正統なる米オバマ政権は猛反対しているらしい
 
 上記、201646日の日本・ウクライナ首脳会談に引き続いて、安倍氏は56日に、今度は、ポロシェンコと対立している露プーチンと日露首脳会談を行う予定です。しかしながら、この日露首脳会談に対し、米オバマ政権は猛反対しているそうです(注3)。しかし、安倍氏はオバマの要請には馬耳東風を決め込んでいます。
 
 ウクライナ情勢を巡って、今、米露両政府は対立しています、したがって、米国の正統なる政権であるオバマ政権は、米国の同盟国である日本の首相が、勝手に、ロシアにアプローチするのは困るわけです。米オバマにとって日本政府が米政府の意向を無視して、勝手に日露首脳会談を強行することに強い懸念を示すのは当然です。
 
 にもかかわらず、安倍氏は、オバマの要請を撥ね付けて、201656日にプーチンと日露首脳会談を強行するようです。そこで、このような安倍氏の強硬姿勢を見て、オバマの反対を押し切って日露外交を推進する勇ましい首相と日本の一部関係者の間では好意的に受け止められているようです(注3)。
 
 しかしながら、本ブログの見方は違います、安倍氏は米戦争屋の傀儡であって、米戦争屋と対立する米オバマ政権の言うことは決して聞かないのです、ただそれだけです。だから、今回も平気で、オバマの要請を無視して、露プーチンに会いに行くわけです、安倍氏の事実上のボス・デビッドRFの要請であれば・・・。
 
 オモテムキは、安倍氏が日本を代表して、日露間の懸案事項である北方領土問題の交渉をするかのように見えますが、本ブログの見方では、安倍氏は単に安倍氏のボス・米戦争屋・デビッドRFからの要請で露プーチンに会いに行くと観ています。
 
3.米国戦争屋の傀儡・安倍氏は米オバマの反対を押し切って、ロシアに何しに行くのか
 
 本ブログでは、201656日の安倍氏訪露は、間違いなく、安倍氏を傀儡化している米戦争屋ボスからの要請であると観ています。そして、この安倍氏の訪露は、201646日のポロシェンコの訪日とも密接に関係していると本ブログでは観ています。
 
 さて、それでは、安倍氏を傀儡化している米戦争屋は、彼らの傀儡・安倍氏にどのような訪露ミッションを与えているのでしょうか。
 
 本ブログの見方では、米戦争屋の傀儡・安倍氏の訪露は、201623日に起きた米戦争屋ボス・デビッドRFの番頭・キッシンジャーの唐突な訪露(注4)と水面下で深く関係していると読んでいます。
 
 本ブログの見方では、ロッキード事件で田中角栄を失脚させた黒幕・キッシンジャー元米国務長官は今も非公式に、米戦争屋ボス・デビッドRFの懐刀であると観ています。もうすぐ101歳のデビッドRFにとって、相談できる相手は、もうすぐ93歳になるキッシンジャーくらいのものです。
 
 そして、23日のキッシンジャーの唐突な訪露のウラ目的は、9.11事件へのデビッドRFの関与の証拠を握る露プーチンに、この秘密を世界に暴露しないよう要請しに行ったと本ブログでは観ています(注4)。露プーチンは元NSAのエド・スノーデンを匿っており、NSAのコンピュータをハッキングして、9.11事件の真相情報をエド経由で入手しているのです。もし、この真相を米国民に暴露されたら、デビッドRFは米国民の敵ということになり、もうすぐ101歳のデビッドRFは決定的に晩節を汚すことになります。
 
 そのため、キッシンジャーは、露プーチンがデビッドRF9.11事件への関与の秘密をばらしたら、第三次世界大戦になるとプーチンを脅したのでしょう。要するに、プーチンが9.11事件の真相を暴露したら、デビッドRF配下の米戦争屋ネオコンは、ロシアを核攻撃するという脅しです。
 
 上記の米露情勢を念頭に置いて、安倍氏の訪露とプーチン会談の目的を推測すると、ウクライナの対露負債30億ドルを日本が肩代わりする代わりに、上記、キッシンジャーの要請を受け入れて欲しいと説得させられるのではないでしょうか。
 
 ちなみに、米戦争屋の傀儡・ポロシェンコの訪日と同じく米戦争屋の傀儡・安倍氏の訪露が急遽、同時に決まったのは、2016219日です(注5)。
 
 そして、キッシンジャーが訪露したのは、201623日です。このタイミングから、米戦争屋ボス・デビッドRFの懐刀・キッシンジャーは、ロシアから帰国後、ただちに安倍氏に打診して、プーチンによる9.11事件真相暴露の口止め料・30億ドル(3000億円超)を日本に肩代わりさせようとしていると本ブログでは疑っています。
 
 一方、プーチンは安倍氏の訪露目的のウラの真実をすべてお見通しということです。さらにオバマもこのウラ事情を知っているはずですから、安倍氏の日露首脳会談を黙認するしかないのです。
 
4.露プーチンが安倍氏の誘いに乗って、伊勢志摩サミットにオブザーバーとして出席するため訪日したら、日本でプーチンを狙ったテロが起こされる危険あり
 
 201656日、安倍氏はプーチンに会って、526日と27日に予定されているG7首脳会談(伊勢志摩サミット)にプーチンをオブザーバーとして招待するよう、米戦争屋ネオコンから安倍氏が、けしかけられている可能性があります(注1)。おそらく、すべてお見通しのプーチンはやんわり断るでしょうが、もし、プーチンが訪日したら、飛行機事故偽装で暗殺されるか、日本にて、反露・反中の親米右翼の放ったテロリストにテロ攻撃を受ける危険が増すでしょう。
 
 9.11事件の真相を握っているプーチンは米戦争屋ネオコンから命を狙われてもおかしくありません。一方、プーチンはKGB出身ですから、自分が暗殺のターゲットにされていることを十分、承知しているでしょう。
 
注1:本ブログNo.1326安倍氏と外務省はトルコに次いでウクライナの対露借金30億ドルをもわれら日本国民の血税で肩代わりさせられる:プーチンは安倍氏の誘いに乗って伊勢志摩サミットにおびき出されることはないだろう』2016227
 
注2:外務省“日・ウクライナ首脳会談”201646
 
注3:現代ビジネス 歳川 隆雄アメリカの猛反対を撥ね付けてまでロシアに向かう安倍首相の「勝算」2016227
 
注4:本ブログNo.1323米国寡頭勢力のフィクサー・キッシンジャー氏、米国大統領選立候補者・トランプ氏と仲の良い露プーチンを唐突に訪問:第三次世界大戦が始まると恫喝した?』2016223
 
注5:毎日新聞“ポロシェンコ・ウクライナ大統領、4月訪日へ”2016220
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事