新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2016512日 No.1385
 
タイトル:オバマが広島でいくら核廃絶を呼び掛けても、米国の核開発予算は密かに強化されていると知れ!:日本の隠れ核武装を強く警戒する勢力に日本は常時狙われている
 
1.原爆は元々、戦前日本を全滅させる目的で開発されたが、2発の原爆攻撃にて日本が降伏したので、日本全滅作戦が一時中断されているに過ぎない
 
 本ブログでは今、米オバマ大統領の広島訪問問題(2016527日予定)を取り上げています(注1)。
 
日本のマスコミはオバマが広島を訪問する際、核廃絶に関するメッセージを発表すると報道しています。そして、安倍氏も核廃絶を口にしています。
 
 また、日本のマスコミは広島の被爆者に、オバマの広島訪問を歓迎するとか、被爆者の悲惨な姿を観て欲しいとか言わせています。さらに長崎の被爆者に、オバマに長崎にも来て欲しいと言わせています。
 
 この日本のマスコミ報道の仕方に、筆者は個人的に虫唾が走りました。日本のマスコミの報道姿勢は、日本人よりオバマを含む米国人を格上とみなし、広島・長崎の人々がみんな、米国大統領様が来てくれるのを大変有難がっているというものでした。この日本のマスコミの報道姿勢は、北朝鮮の国営放送がキムジョンウンを将軍様と持ち上げているのと全く変わらないと感じます。
 
 本ブログの見方では、米国政府のみならず、日本政府も、オバマが広島訪問時、テロが勃発するのを極度に恐れていると観ています。日本国民がオバマの広島訪問をきっかけに、日本に原爆を投下した米軍への憎しみを蘇らせるのを米国政府と日本政府、とりわけ外務省官僚は強く警戒しているようです。
 
 さて本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、戦時中の米軍を使って日本に原爆を投下させた黒幕は、上記、米戦争屋とつながる勢力であると観ています。その勢力は、ズバリ、ネオコン・シオニストです。日本を全滅させるために、彼らは全力を挙げて原爆を開発し、その原爆を日本に使用したのです。もし、日本が降伏しなかったら、間違いなく、日本は全滅させられていたでしょう(注1)。われら日本人は全員、このような認識をもつべきです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.日本に原爆を投下した黒幕が70年経っても後悔していることがある、それは誰が原爆投下したか全世界にばれてしまったこと
 
 さて上記、米国の対日原爆攻撃は日本を無条件降伏させることに成功したわけですが、原爆投下の黒幕であるネオコン・シオニストが今日まで後悔していること、すなわち、彼らにとって取り返しのつかない大失敗があります、それは、日本人のみならず、全世界の人々が、対日原爆攻撃を実行したのが米国人であると知ってしまったことです。
 
 このことを個人に例えれば、ネオコン・シオニストにとって、残虐な殺人を犯した現場を全世界の人々に目撃されてしまったに等しいのです。
 
 ネオコン・シオニストはサタニストではありますが、基本的には人間です、だから、無辜(むこ)の人間を無残に殺害する行為には罪悪感をもつわけです。その現場を全世界の人々に目撃された事実はすでに歴史に刻まれていて、なかったことにすることはもはや不可能です。
 
 ネオコン・シオニストがいくら言い繕っても、原爆投下による日本人殺害は、ナチスのユダヤ人殺害と同じく国家犯罪なのです。
 
 だから彼らは日本人が地球上に存在する限り、永久に復讐される恐怖に怯え続けなければならないということです。
 
 ちなみに、戦後のネオコン・シオニストがステルス兵器の開発やドローンの開発に熱心なのは、戦争被害者に加害者を特定させないためです。
 
 そして彼らは、9.11事件や3.11事件を起こしたと疑われますが、オモテムキ、それらの事件の加害者は特定されていません。
 
 このようなステルス攻撃に味を占めたネオコン・シオニストは今では、次世代戦争の攻撃法をハックアタック戦法と決めているのです(注2)。
 
3.現代の戦争はハックアタック戦法が主流になっている
 
 現代の戦争は第二次世界大戦のときのように、お互いが敵国を認識して殺しあう形態ではなくなっています、まさにハックアタック戦法が主流になっています。現代の戦争では被害者は自分の真の敵を特定できないのです。
 
 さて上記のハックアタック戦法は大きく2種類あります。
 
ハックアタックA:地震津波兵器など気象兵器による攻撃法で、被害者に自然災害と誤認させる。被害者が人工的自然災害と疑っても、被害者は真の加害者を特定できない。
 
ハックアタックB:オモテムキの攻撃者をでっちあげ、被害者に加害者を誤認させる。真の加害者はステルス化しており、被害者は真の加害者を特定できない。
 
 上記、ハックアタックAの事例は、3.11事件や、戦時中の東南海地震が挙げられます。またハックアタックBの事例は、9.11事件にて、アルカイダを加害者にでっち上げた例や、パリ・テロやベルギー・テロの加害者をIS(イスラム国)に仕立てる例が挙げられます。
 
4.オバマと対立する米国戦争屋ネオコンは核廃絶する気が全くない!
 
 本ブログでは、オバマ大統領の支援者は欧州寡頭勢力や米戦争屋と対立するジェイRFと観ていますが、オバマ支援勢力は米戦争屋ネオコン(シオニスト含む)とは一線を画しています。したがって、彼らはオバマを通じて、核廃絶を訴えさせていますが、米国内に潜む米戦争屋ネオコンは核廃絶に賛成する気は全くありません。核開発に関して、米戦争屋ネオコンはオバマの言うことを聞く気は全くないのです、その証拠に、オバマ政権になっても、米戦争屋ネオコンは核開発予算をむしろ強化しています(注3)。
 
 オバマは広島訪問で、米戦争屋ネオコンに核廃絶を呼び掛けるそうですが、米戦争屋ネオコンには馬耳東風でしょう、そして彼らは、米国のみならず、ネオコンと一心同体のイスラエルにて存分に核開発できる体制を敷いているのです、ただし、そのコストは米国政府に負担させています。オバマは米政府の核開発予算にはアンタッチャブルであり、もし本気で介入すれば、間違いなく暗殺されるでしょう。
 
 ところでロシアは、オバマの2009年における核廃絶の呼び掛け(プラハ演説)でいったん、核廃絶に協力姿勢を示しましたが、米国内の米戦争屋ネオコンは全く、核廃絶に協力する気がないとわかって、オバマの核サミット2016には参加しないことを2014年時点で表明しています(注4)
 
5.日本人からの復讐を恐れるネオコン・シオニストは、日本が密かに核武装するのではないかと強く警戒している
 
 本ブログでは、3.11地震津波は上記、ハックアタック戦法のひとつと観ていますが、その目的は、日本人が密かに核武装することへの強い牽制と観ています。
 
 したがって、3.11事件における東電福島原発の3号機の爆発は、原発事故に見せ掛けたハックアタック(核爆弾の爆発)だったのではないかと疑われます。
 
 日本の核武装を警戒するネオコン・シオニストは、東電がイランに高濃度プルトニウムを密売していると疑っているという情報があります(注5)。
 
 さて、3.11事件発生直後の20115月、日本にて地下式原子力発電所政策推進議員連盟(注6)が結成されていますが、この集団こそ、日本における隠れ核武装派とみられます。3.11事件によって、地下に潜っていた日本の核武装派があぶりだされたわけです。そして、このメンバーに安倍氏の他に、鳩山元首相も含まれていました。
 
 その鳩山氏は2012年、唐突にイランのアフマデネジャド(当時のイラン大統領)に会っています(注7)。このことから、日本の隠れ核武装派は、水面下でイラン(イスラエル・ネオコンの宿敵)と交流があったと疑われます。
 
 上記、ネオコン・シオニストが東電福島原発3号機を爆発させたとすれば、その目的は、日本に潜む隠れ核武装派を牽制することにあったと疑われます。
 
 ネオコン・シオニストが異様に日本の核武装を警戒するのは、広島・長崎への原爆投下に対する復讐を恐れるからでしょう。
 
 われら日本国民は、日本の隠れ核武装派とネオコン・シオニストの確執については何も知らされていません。さらに、3.11事件が純粋な自然災害だったのか、ほんとうはハックアタックだったのかも知らされていません。
 
 このままでは、日本国民の安全保障は極めて危ういと言わざるを得ません。
 
注1:本ブログNo.1384オバマが米国大統領として広島訪問するのを妨害してきた連中は、日本人からの復讐を恐れて、日本人絶滅を願っていると知れ!2016511
 
注2:本ブログNo.10642015年世界はハック・アタック(ステルス攻撃)の時代に突入する:第二の3.11事件が計画されていると疑え!2015217
 
注3:NYタイムズ“U.S.Ramping Up Major Renewal in Nuclear Arms2014921
 
注4:日経新聞“ロシア、16年の核安保サミット欠席 「政治的課題出尽くした」”2014116
 
注5:Kazumoto Iguchi’s  blog日本政府と東電の「21世紀最初の真実」:日本がイランにプルトニウムを売っていた!?”2011612
 
注6:地下式原子力発電所政策推進議員連盟(地下原発議連)
 
注7:本ブログNo.564鳩山元首相とアフマデネジャド・イラン大統領は意気投合した可能性あり:欧米列強は核を持ってよいが、何故、日本やイランは核を持ってはいけないのかと・・・2012410
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事