新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2016724日 No.1439
 
タイトル:欧州で偽旗テロが頻発し始めた:中東戦争危機と並行して米露戦争危機が急浮上しているが、安倍政権下のままでは日本が引き摺り込まれるのは必至!
 
1.仏ニース・テロと独ミュンヘン・テロは偶然にも(?)同じジャーナリストが目撃者として登場
 
 本ブログは今、世界規模で多発するテロ事件を取り上げていますが(注1、注2)、思った通り、仏ニース・テロと独ミュンヘン・テロには関連性があることがわかりました。それは、両事件とも、同じ人物のジャーナリスト(イスラエル関係者)が偶然にも(?)、目撃者としてマスコミに登場していたという事実です(注3)
 
 本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、最近頻発するテロはすべて偽旗テロであり、背後に米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコンを含む)が控えていると観ています。そして、それがまさに証拠付けられました。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.中東戦争を起こしてイスラム教徒の撲滅を謀りたい勢力が暗躍している
 
 最近起きた仏テロも独テロも、当局は、テロ事件の背後関係をマスコミに発表することはありませんし、マスコミも背後関係を報道することはありません。だから、マスコミだけに情報源を依存している人は、これらのテロから、テロ実行犯=イスラム難民とインプットされるだけです。
 
 上記、仏独のテロの黒幕と疑われるのは、米戦争屋CIAネオコンと一心同体であるイスラエル・ネオコンではないでしょうか。
 
 彼らが偽旗テロを計画するとき、まず、イスラム系の若者でテロ実行犯に仕立てやすい人間を探し出してきて、巧みに洗脳してテロを実行させるのでしょう。この技術はCIAMKウルトラ・プロジェクト(注4)ですでに確立しているものです。
 
イスラエル・ネオコンを含む米戦争屋CIAネオコンはイスラム教徒を敵視しており、彼らを撲滅させるのに、独仏を含む欧州のNATOを有志連合軍に引き込むのに、欧州国民からの同意を得る必要があります。それには、まず、欧州国民がイスラム教徒に憎悪を抱くよう誘導する戦争プロパガンダが必須であると、米戦争屋CIAネオコンは考えるのでしょう。
 
 そして、彼らの魂胆を知らない欧州国民は彼らにすっかりだまされるのです。
 
 こうして、米戦争屋CIAネオコンは、米国民のみならず、欧州国民も欺くのです。このだましを欧米国民に感づかせないためには、欧米の官憲のみならず、マスコミも完璧にコントロールする必要があります。そして彼らは、欧米の官憲のトップ人事を握り、欧米マスコミはすべて、その経営権を握っているのです。
 
3.米国戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコンを含む)はなぜ、最近、欧州でも偽旗テロを頻発させる必要が生じているのか
 
 本ブログでは、欧州で偽旗テロを頻発させている黒幕は、米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコンを含む)と観ていますが、欧州NATOに潜む親・米戦争屋勢力がこれに協力していると観ています。彼らはすべて、基本的にシオニスト(注5)とみられます。
 
 シオニストは中東全域にイスラエル大帝国を築こうとしていますが、それを実現するためには、中東一帯に住むイスラム教徒が邪魔になるのです。そこで、中東戦争を起こして、イスラム教徒の撲滅を彼らは目指しています、そして、場合によっては核兵器を使用する計画も持っているとみられます。
 
 そこで、中東戦争勃発のため、イスラエル・ネオコンを含む米戦争屋CIAネオコンは、長い年月を掛けて、イスラム教徒の中に過激派を養成、彼らをテロの実行犯に仕立てる手口の偽旗テロを起こす技術を彼らはすでに確立しています。そして彼らは今、この技術を欧州で応用しています、それが上記、仏独の偽旗テロ事件ですが、その目的は、欧州NATOを米戦争屋CIAネオコンの仕掛ける中東戦争に引き摺り込むためとみられます。
 
 ところが、米戦争屋CIAネオコンはロシアとの戦争も同時に計画しており、その対露戦争にも欧州NATOを引き摺り込もうとしているという見方がネットに存在しています(注6)
 
4.米戦争屋CIAネオコンは中東戦争を起こす障害になっているのはロシアと観ている
 
 イスラエル・ネオコンを含む米戦争屋CIAネオコンは、昨年、シリア戦争の拡大に失敗していますが、それは周知のように、ロシアがシリア介入したからです。その後、米戦争屋CIAネオコンと露プーチンの関係は悪化しています。
 
 そして、米オバマ政権下でも、米戦争屋CIAネオコンは、ロシアを仮想敵国として、欧州内の親米国(ポーランドやルーマニアなど)にロシア攻撃用ミサイル基地を整備しているようです(注6)
 
 このことから、米戦争屋CIAネオコンは配下の欧州NATOの軍事力強化を欧州国民に合意させるため、欧州でも偽旗テロを仕組んで、欧州国民に対するショックドクトリンを行っている面も否定できません。
 
 名目は何であれ、米戦争屋CIAネオコンが、欧州にて対露ミサイル基地を強化していることは非常に危険です。
 
 場合によっては、中東戦争危機と並行して、米露戦争危機も醸成されます。こうして、戦争をビジネスとする米戦争屋CIAネオコンは、下手すると、第三次世界大戦を目論んでいる可能性すらあります。そのように観ると、トルコで最近、クーデターが起きたのも、エルドアンが米露戦争危機を肌で感じているからかもしれません(注7)。なぜなら、米露戦争が起きると、トルコ内の米軍基地は真っ先に、ロシア軍の標的にされ、トルコ自体が米露戦争に否応なしに引き摺り込まれるのは確実だからです。
 
 いずれにしても、中東のみならず欧州の緊張も日々、高まっています。
 
 このまま、米戦争屋の傀儡・安倍政権を日本国民が支持し続けると、日本も米戦争屋CIAネオコンの仕掛ける戦争に引き摺り込まれるのは確実です。しかもその戦争はシリア戦争にとどまらず、米露戦争も含まれそうです。
 
注1:本ブログNo.1436イスラム教徒を悪役に仕立て、世界の人々に敵視させたい戦争勢力の企む偽旗テロでは彼らの期待通りの効果は上がらない:みんな戦争勢力にだまされないよう冷静になろう!』2016720
 
注2:本ブログNo.1438ドイツで自爆テロ発生:海外では、自爆テロはカミカゼ・アタックと呼ばれている、そのルーツは赤軍の岡本公三にあり』2016723
 
注3:櫻井ジャーナル“ニースのトラック突入とミュンヘンの銃撃を目撃した記者の結婚相手はイスラエルの元情報将校”2016723

注4:MKウルトラ計画
 
注5:シオニズム
 
注6:マスコミに載らない海外記事“近づきつつあるハルマゲドン”2016724
 
注7:本ブログNo.1433トルコ・クーデターと次期米大統領選はつながっている:トランプを無力化してシリア戦争を始めたい勢力の暗躍を感じる!』2016717
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事