新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017213日 No.1609
 
タイトル:日米首脳会談での安倍氏の日米同盟深化論を応援するかのように、北朝鮮がミサイル威嚇:トランプ政権は北朝鮮脅威の除去作戦を早く実行して欲しい
 
1.あまりに絶好のタイミングで北朝鮮がミサイルを発射して安倍氏を応援?
 
 2017212日、日米首脳会談の終盤のタイミングにて、北朝鮮が弾道ミサイルを日本海に向けて発射しました(注1)。
 
 そして安倍氏は待っていましたとばかり、日米同盟深化の必要性を強調していました。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋にとって、日本は戦利品としての属国なのに対し、北朝鮮は、日韓国民を極東米軍に依存させるために米戦争屋CIAネオコンによってデッチ上がられた敵役傀儡国と本ブログでは観ています。したがって、本ブログでは、北朝鮮を米戦争屋の敵役傀儡国家と位置づけています。その意味では、日本も北朝鮮も同じ穴のムジナであり、ともに米戦争屋の傀儡国家です。
 
 上記、安倍氏は、今回の北によるミサイル発射強行を米戦争屋ジャパンハンドラーから事前に知らされていたと推測できます。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.トランプ政権が北朝鮮をどのように料理するのか現段階では未知数
 
 北朝鮮脅威を今後、どうするのか、トランプ政権の対・北朝鮮戦略は現段階では不透明です。
 
 本ブログでは、トランプ政権誕生後、旧・米戦争屋CIAネオコンは二つに分裂したと観ています、なぜなら、米戦争屋ボスが、デビッドRFから、ジョンRF四世(ジェイRF)に交代していると観ているからです。
 
 分裂した旧・米戦争屋CIAネオコンの一方は、親露のトランプに同調する非・反露ネオコン(ネタニヤフなど)であり、もう一方は徹底的にロシアを敵視する反露ネオコン(マケインなど)と本ブログでは観ています(注2)。
 
 上記のように、北朝鮮を傀儡化しているのは旧・米戦争屋CIAネオコンと観ていますが、現段階では、反露ネオコンと非・反露ネオコンとどのように絡み合っているのかは不明です。
 
 しかしながら、反露ネオコンは非常に過激であり、好戦的ですから、北朝鮮を核実験場に利用しているのは反露ネオコンの方ではないかと想像されます。
 
 ところで、トランプが気に入っているマティス国防長官は上記、CIAネオコンとは一線を画しているようです(注3)。したがって、トランプ政権は非・反露ネオコンとは同調するものの、過激な反露ネオコンとは対立すると推測できます。
 
 そしてマティスは国防長官に就任して真っ先に、訪韓していますが、本ブログの見方では、トランプ政権はマティスに北朝鮮脅威の除去作戦をやらせようとしているのではないかと観ています、期待もこめて・・・(注4)。
 
3.日米首脳会談の最中に、北朝鮮がミサイル発射を強行したのはなぜ?
 
 本ブログでは、今回の北朝鮮のミサイル発射の黒幕は旧・米戦争屋CIAネオコンと観ていますが、反露ネオコン系の仕業なのか、非・反露ネオコン系の仕業なのか、まだよくわかりません、なぜなら、このタイミングで強行された北のミサイル発射挑発の狙いに関して、二つの見方が成り立つからです。
 
(1)反露ネオコン(好戦派)が北にミサイル威嚇させた。なぜなら、トランプ政権が北朝鮮脅威の除去作戦を構想していることに反対意思表示しているから。すなわち、トランプ政権に対する嫌がらせのミサイル威嚇
 
(2)非・反露ネオコン(親トランプ政権の穏健ネオコン)が、北朝鮮をだまして、ミサイル挑発を強行させた。その狙いは、トランプ政権が、米軍に命じて北朝鮮脅威除去作戦(北朝鮮軍事施設の米空軍による空爆攻撃)を実行する口実に利用するため。
 
 筆者個人は、一刻も早く、北朝鮮脅威の除去を実現して欲しいのですが、北朝鮮を核開発の実験場に利用しているイスラエル・ネオコン(おそらく好戦派の方)にとっては、今のまま引き続き、北朝鮮を核実験場に利用したいはずです。さらに彼らは、9.11偽旗テロや3.11偽旗テロの黒幕でもあると疑われますので、北朝鮮を日本の隠れ核武装派に対する威嚇に利用し続けたいはずです(注5)。
 
 今後、トランプが北朝鮮をどう料理するのか、期待を込めて見守りたいと思います。
 
注1:CNN北朝鮮、弾道ミサイル発射実験の成功発表「新型戦略兵器」”2017213
 
注2:本ブログNo.1588トランプがシリアかウクライナ・クリミア半島に米軍派兵を認めなければ、米国の戦争勢力はトランプをマイク・ペンスにチェンジするための失脚工作を展開するだろう』2017121
 
注3:Biglobeニュース“新国防長官候補、マティス氏は本当に「狂犬」なのか 次期政権の人事案に秘められたトランプ氏の深謀遠慮”20161130
 
注4:本ブログNo.1603新任のマティス米国防長官はなぜ、真っ先に訪韓したのか:でっち上げられた北朝鮮脅威の除去を急ぐ米国防総省と日本の核武装を恐れるネオコンの暗闘が見える』2017121
 
注5:本ブログNo.1481北朝鮮は200基もの対日攻撃ミサイル(ノドン)を持たされ、その核弾頭の実験が成功:日本が密かに核武装したらただちに全滅できるようスタンバイされていると知れ!』2016910
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事