新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

新ベンチャー革命2017320日 No.1635
 
タイトル:隠れ核武装派としてネオコンから危険人物視されていた石原氏はなぜ、築地市場の豊洲移転を強引に決めたのか:ネオコンの大スポンサーであるカジノ帝王・アデルソンにゴマを摺るためか
 
1.築地市場の強引な豊洲移転の黒幕はゴールドマンサックス(GS)なのか
 
 今日、2017年3月20日午後、豊洲新市場問題にて、石原・元都知事が都の百条委員会に呼ばれて喚問されます。しかしながら、恐らく、この問題の真相は判明しないでしょう。
 
 上記、築地市場の豊洲移転問題には、日本を乗っ取る米国戦争屋と呉越同舟で米国寡頭勢力を構成している欧米銀行屋の一派・ゴールドマン・サックス(GS)の関与疑惑があるのではないかと本ブログでは観て、そのことをすでに取り上げています(注1)
 
 欧米銀行屋を含む米国寡頭勢力の傀儡政権であった小泉政権に無力化工作を仕掛けられて早稲田大教授ポストを失った植草氏も2010年時点で、築地市場の豊洲移転にGSが関与していたことをすでに指摘しています(注2)
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
 上記のように、日本を乗っ取る米戦争屋が旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行しているとすれば、そのステルス化した新ボスは、ジェイRF(ジョンRF四世)ではないかと本ブログでは睨んでいます。そのジェイRFGSとつながっています。
 
 そして、新・米戦争屋の番頭はキッシンジャーと観ていますが、彼はトランプとつながっています。さらに、トランプはラスベガス・カジノ帝王・シェルドン・アデルソンとつながっています。ちなみに、アデルソンは東京にカジノをつくりたがっています(注3)
 
 また、トランプ政権の財務長官・マヌーチンや主席戦略官・バノンはGS出身者です。すなわち、今のトランプ政権にはGSが深く食い込んでいるのです。
 
 そして、トランプに尻尾を振っている安倍氏は昨年暮れ、強引にIR法案(カジノ法案)を成立させています。その後、訪米した安倍氏がトランプ(カジノやホテルの経営者でもある)から大歓迎されたのは、安倍氏がIR法案を強引に可決させたからではないでしょうか。
 
2.豊洲新市場に関するゴールドマンサックス(GS)の対日戦略とは
 
 上記のようなGSの豊洲新市場へのステルス関与を知って、日本で暗躍するGSの動向をネットで調べると、やはり、関与はありました。
 
 GSは、築地市場の豊洲新市場への移転が頓挫したら、完成した豊洲新市場を買収したいと201610月下旬頃、小池知事に密かに打診しているそうです(注4)
 
 この情報が正しいとすれば、20168月に、小池氏が都知事になってすぐに、豊洲新市場の土壌汚染問題を大々的に取り上げたのは、極めて、策略的だったと言わざるを得ません。豊洲市場を格安で買収するには絶好の条件が故意に暴露されたのです。余談ですが、籠池小学校用地の格安売却案件にも土壌汚染が持ち出されています。
 
 以上より、穿った見方をすれば、小池氏の背後にGSを含む米国寡頭勢力の影がちらつきます。
 
 ところで、ネットのうわさでは、2000年代前半、小泉政権を傀儡化していた米国寡頭勢力は、独身の小泉氏を小池氏と結婚させようとしていたようです(注5)。つまりGSを含む米国寡頭勢力は小池氏を日本のヒラリーくらいに思っているようです。
 
 昨年夏、小池氏は自民党からの反対を押し切って、都知事選への出馬を強行したのですが、どういうわけか、小池氏はいまだに自民党に籍を置いています。にもかかわらず、自民はこれを放置しているのです。本ブログの見方では、米国寡頭勢力が、自民に、小池氏がいつでも自民党総裁(=日本国総理)に出馬できるよう、小池氏を自民に在籍させておくよう命令しているのではないでしょうか。
 
 上記のように、日本を乗っ取る米戦争屋が新・米戦争屋に移行すれば、欧米銀行屋一派であるGSの対日支配力が強化される方向です。欧米銀行屋は、時代錯誤の似非右翼・安倍氏を嫌い、英語でコミュニケーションできるスマートな小池氏に早く、チェンジしたいはずなのです。
 
 このように観ると、前都知事の舛添氏(カジノに反対だった知事)を金銭スキャンダルで失脚させたのも、GSを含む米国寡頭勢力の謀略だった可能性があります。
 
3.なぜ、ゴールドマンサックス(GS)は対日投資に熱心なのか
 
 今の日本は官民で950兆円規模の対外資産を持っていますが、その多くは、米国債の保有とみられます。一方、GSを代表とする欧米銀行屋は、大量の米ドルを日本政府に売って、600兆円規模の円資産(日本にとっては対外負債)を持っています(注6)。その結果、上記、GSも大量の円資産を持っており、その多くは、日本企業株の購入に充てられています。ちなみに、日本株の時価総額は600兆円台です。
 
 それでもまだ、円資産を持て余しているGSは、星野リゾートなどに投資しています。GSは当然ながら、日本でのカジノやホテル投資に関心をもつはずです。丸の内開発や六本木開発にもGSは手を出しています。
 
 さて、築地市場は銀座に近く、円資産を持て余すGSが築地再開発を狙うのは当然です。その結果、GSを含む欧米銀行屋が築地の豊洲移転計画を背後から動かした可能性を否定できません。
 
 GSの当初の狙いは、アデルソンやトランプなどカジノ王と組んで、築地にカジノリゾートをつくろうとしたのでしょう。
 
 一方、石原氏は隠れ核武装派として、米戦争屋CIAネオコンに睨まれていたはずです。石原氏がネオコンから脅されていたのは、阪神淡路大震災(地震テロ疑惑あり)、オウム真理教の地下鉄サリン事件(テロ)、もんじゅ火災事故(テロ疑惑あり)のあった1995年頃からと本ブログでは観ています(注7)
 
 ちなみに、2012年、石原氏は唐突に、尖閣諸島を都が購入すると、米戦争屋ネオコン系のヘリテージ財団でぶちあげていますが、このとき、隠れ核武装派の石原氏はネオコンから脅されていたため、親米似非右翼に転向を余儀なくされたのです(注8)
 
 1999年に都知事に就任した石原氏が築地市場の豊洲移転を決めたのは2004年以前と推測されますが、上記、東京にカジノをつくりたいアデルソンの指示を受けたGSが、石原氏を説得したのではないでしょうか。ちなみに、アデルソンはネオコンの大スポンサーであり、ネオコンの仕組んだ9.11偽旗テロ事件のコストもアデルソンが負担したと疑われます。
 
 そこで、石原氏は、GSの提案(築地市場の豊洲移転)を受け入れることによって、アデルソンを喜ばし、アデルソンをスポンサーとするネオコンからの恫喝を和らげようとしたと推測できます。
 
 もし、上記の推測が当たっていれば、石原氏は私腹を肥やすために、GSの提案を受け入れたのではないでしょう。その証拠に、テレビで放映される石原氏の私邸はそれほど豪華ではありません()
 
注1:本ブログNo.1585日本を乗っ取る米国某勢力に支援される小池都知事へのヒーロー化プロパガンダ開始:隠れ核武装派・石原元都知事がその餌食にされるのか2017118
 
注2:植草一秀の『知られざる真実』“都民の命を犠牲に巨大利権に走る築地移転方針”20101023
 
注3:本ブログNo.1524カジノホテル経営者・トランプが次期米大統領選に勝って、TPP第一弾として豊洲市場施設を米国外資のカジノに転用するよう要求されたら日本はもう拒否できない!2016112
 
注4:イエロージャーナル“【無料記事】「黒船」ゴールドマンサックスが小池知事の「援軍」──豊洲購入を打診”
 
注5:本ブログNo.1447東京都知事選での小池氏大勝の背後に小泉氏の影がちらつく:東京都民は小泉ハンドラーお得意の国民だましの選挙戦術に見事にだまされた!201682
 
注6:本ブログNo.1401日本に950兆円もの米国債を買わせた結果、600兆円もの円資産を抱え込んでいる外資は日本経済を回復させる救世主となるかもしれない:アベノミクスはまったく関係ないと知れ!201668
 
注7:本ブログNo.1492もんじゅ廃炉は日本を乗っ取っている戦争勢力からの強い要求:石原元東京都知事など日本に潜む核武装派の全滅作戦の一環と観るべき2016922
 
注8:本ブログNo.569尖閣諸島は中台ハングリードッグに撒かれたエサに過ぎない:石原都知事が日中対立を煽って損するのは中国ではなく、グローバル日本企業の方だ!2012419
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事