新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全327ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新ベンチャー革命2017222日 No.1618
 
タイトル:大阪の軍国小学校創設への安倍氏夫妻の関与疑惑:大手マスコミもこれ以上は無視できなくなった、テレビ朝日が2017222日朝、遂にこの事件を報道した!
 
1.テレビ朝日が遂に、安倍氏の関与が疑われる大阪の軍国小学校問題を取り上げた!
 
 2017222日朝、テレ朝のニュース番組で安倍氏夫妻の関与が疑われる大阪の軍国小学校開校問題を取り上げていました(注1)。
 
 大手マスコミはキムジョンナム暗殺事件をここ数日、繰り返し流しており、上記の軍国小学校事件の報道から故意に逃げていました。ところが、先日、テレビ東京が取り上げ、また今週の週刊誌が取り上げ始めたので、遂にテレ朝が今日、2017222日朝、放送しました。テレ朝系の大阪のABCはすでに報じていますから、東京のテレ朝は他局より放送しやすかったのでしょう。
 
 また、野党政治家も動き始めており、この事件の報道がじわりと広がり始めています。
 
2.この問題の本質は、民主主義者ではない人物が民主主義国・日本の首相の座に居座っている事実にある
 
 さて、周知のように、戦後日本は平和憲法をもち、形式的とはいえ、立派な民主主義国となって今日に至っています。
 
 ところが、今の首相・安倍氏は民主主義者ではなく、親米似非右翼の国家主義者なのです。そして、安倍自民党は日本の民主主義を破壊しようとしています。それは以下の事実からわかります、すなわち、今回の軍国小学校創設への関与に関連して、安倍自民党は平和憲法を改悪して、日本を戦争国家に変えようとしている点、そして、安保法制を改悪して、自衛隊の米軍傭兵化を進めている点から明らかです。
 
 ちなみに、戦後日本は、形式的ではあっても、立派な民主主義国家です。ところが、日本を代表する安倍氏は戦後日本の民主主義体制を破壊しようとしているのです。
 
 さて本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、安倍氏は米戦争屋の傀儡と観ています。
 
 したがって、安倍氏のやっていることはすべて、日本を乗っ取る米戦争屋の意向に沿っているのです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
3.安倍内閣を支持している世論調査国民は、安倍氏が戦後民主主義を破壊して、日本国民を米軍傭兵として差し出そうとしていることがわかっているのか
 
 大手マスコミが実施する安倍内閣支持率の世論調査はいつも50%を超える高い数字が出ていますが、安倍氏は、戦後日本の民主主義を破壊して、日本国民を米軍傭兵として米戦争屋に差し出そうとしています。
 
 この問題は戦後最大の日本の危機なのです。
 
 だから、本ブログではこのところ毎日、この問題を取り上げています。
 
 安倍内閣を支持している国民はまさに、墓穴を掘っていることにみんな気付いてください。
 
 日本の大手マスコミも安倍氏が戦後日本の民主主義を破壊して、日本国民を米軍傭兵として差し出そうとしているくらいのことは内々に知っているはずです。
 
 この問題は非常に重大で深刻な問題です、だから安倍官邸はこの問題に国民が気付かぬよう、大手マスコミに規制を掛けているのでしょう。
 
 しかし、問題が大きすぎて、もう抑えが利かなくなっているのです。だから、上記のようにテレ朝などは、この問題を無視できなくなったのです。
 
 それより、国民から受信料を強制徴収しているNHKは、権力のために存在しているのではなく、国民のために存在しているはずです。だからNHKは国民のための放送をする義務があります。安倍氏が民主主義者ではないことを国民に知らしめる義務がNHKにはあります。
 
 
注2:本ブログNo.1614安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと』2017218
 
注3:本ブログNo.1615時代錯誤の軍国小学校開校に安倍氏が肩入れするのはなぜか:安倍氏を傀儡化する米国の戦争勢力が日本を米軍傭兵国家にしようしているからか』2017219
 
注4:本ブログNo.1616『時代錯誤の戦前回帰主義者の筆頭が日本国・首相に居座るとは絶句!:安倍氏は日本を乗っ取る米国の戦争勢力に日本人を洗脳して米軍傭兵としてタダで差し出そうとしている』2017220
 
注5:本ブログNo.1617『大阪の軍国小学校創設に関与していると疑われている安倍氏夫妻:国民はみんな、安倍氏が親米似非右翼の代表であることに早く気付くべき』2017221
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017221日 No.1617
 
タイトル:大阪の軍国小学校創設に関与していると疑われている安倍氏夫妻:国民はみんな、安倍氏が親米似非右翼の代表であることに早く気付くべき
 
1.大阪の軍国小学校開校問題:安倍氏は関与を否定しているが、ばれたら首相を辞任すると大見得を切った
 
 ネットで今、もっともホットな話題は言うまでもなく、安倍氏夫妻の関与が疑われる大阪の軍国小学校開校問題です。そして、本ブログも、このところ、この問題に注目しています(注1、注2、注3)
 
 この問題は国会でも取り上げられ、安倍氏は追及されていますが、予想通り、関与を否定しています。もし、関与していたことがばれたら、首相を辞任すると大見得を切っています。
 
 この安倍氏の反応から、この問題は、首相が辞任するほど重大な問題であることを安倍氏自身が認めたということです。
 
 そして、自信ありげに関与を否定したということは、この問題を大阪地検特捜部が取り上げないことや、安倍官邸にコントロールされている大手マスコミが追及することも絶対にないことをすでにわかっていることを意味します。
 
 安倍官邸にとって、この問題にはすでに手が打ってあるのです。
 
 さて、220日夕、日刊ゲンダイは、この問題をトップ記事に置いています(注4)。ところが、大手新聞も大手テレビ局も、トップニュースはキムジョンナム暗殺事件と豊洲新市場問題のみであり、軍国小学校問題は完全無視です。彼らマスコミは、この問題が重大と知っているからこそ、故意に報道しないのです。
 
2.悪徳ペンタゴン・マスコミ得意のスピン・コントロールが行われている
 
 ネット世論は、上記、軍国小学校開校問題で盛り上がっていることを悪徳ペンタゴン・マスコミも知っているでしょう。この問題に係わっているのが安倍氏ではなく、野党議員であったら、マスコミの絶好ネタであったはずですが、権力に弱いマスコミは怖気づいて、まったく取り上げません。その代り、キムジョンナム事件と豊洲新市場問題をどのマスコミもいっせいに取り上げ、しかも、同じ内容を繰り返し流しています。とりわけ、国民から受信料を強制徴収しているNHKはその傾向が強いようです。
 
 まさに、これは典型的なスピン・コントロール(注5)そのものです。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、日本の大手マスコミ(悪徳ペンタゴン・マスコミ)は、彼ら米戦争屋から常時、監視支配されています。
 
 したがって、NHKを筆頭に悪徳ペンタゴン・マスコミは、米戦争屋の傀儡・安倍自民党に不利な情報は可能な限り、取り上げません。だから、今回の軍国小学校問題も可能な限り取り上げないのです。
 
 そして、本来、軍国小学校開校事件を捜査すべき大阪地検特捜部も悪徳ペンタゴン日本人官僚勢力ですから、おそらく取り上げないでしょう。彼らは卑怯にも国民がこの事件を忘れるのを待っているのでしょう。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
3.戦前の右翼と戦後の右翼は似て非なるシロモノ
 
 安倍氏や日本会議の連中は、戦前の天皇制国家主義を信奉していると見せ掛けているので、本ブログでは戦前回帰主義者と呼んでいますが、戦前の軍国日本は米国と戦争したのです、なぜなら、戦前日本の対外進出行動を戦前の米国が妨害したからです。ところで、安倍氏や日本会議は、戦前右翼と似た思想を国民に向かって吹聴していますが、もし、彼らが、米国と戦争した戦前の右翼と同じであったら、当然ながら、日本を乗っ取る米戦争屋は絶対に容認しないでしょう。しかしながら、米戦争屋は安倍氏や日本会議を危険視することはないのです、ということは、安倍氏や日本会議の連中は、戦前の反米右翼とはまったく異なる勢力なのです。したがって、本ブログでは、彼らを親米似非右翼(親・米戦争屋右翼)と呼んでいます。
 
 このことを、日本を乗っ取る米戦争屋はわかっているからこそ、親米似非右翼は米戦争屋から弾圧されることもなく、容認されているのです。
 
 日本には、愛国心のある日本人は多いでしょうが、上記、親米似非右翼は、日本人の愛国心を刺激して、おのれの勢力を伸ばそうとしています。そして、今の日本には彼ら親米似非右翼にすっかり乗せられている日本人が多く存在します。いわゆるネトウヨがその部類に入ります。
 
 愛国心のある日本人は、彼ら親米似非右翼に絶対にだまされないようにしましょう。彼らは、米国と戦争した戦前の右翼とは似て非なるニセモノ右翼なのです。
 
 右翼のフリをして、実は、米戦争屋にちぎれるほどシッポを振る安倍氏はまさに、上記、親米似非右翼の典型です。安倍内閣をいまだに支持している国民は、みんなそのことに早く気付きましょう。
 
注1:本ブログNo.1614安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと』2017218
 
注2:本ブログNo.1615時代錯誤の軍国小学校開校に安倍氏が肩入れするのはなぜか:安倍氏を傀儡化する米国の戦争勢力が日本を米軍傭兵国家にしようしているからか』2017219
 
注3:本ブログNo.1616時代錯誤の戦前回帰主義者の筆頭が日本国・首相に居座るとは絶句!:安倍氏は日本を乗っ取る米国の戦争勢力に日本人を洗脳して米軍傭兵としてタダで差し出そうとしている』2017220
 
注4:日刊ゲンダイ“「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ 地検特捜は動くか”2017221
 
注5:スピン・コントロール
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017220日 No.1616
 
タイトル:時代錯誤の戦前回帰主義者の筆頭が日本国・首相に居座るとは絶句!:安倍氏は日本を乗っ取る米国の戦争勢力に日本人を洗脳して米軍傭兵としてタダで差し出そうとしている
 
1.日本を戦前の軍国日本に戻したい人の筆頭が日本国の首相であってよいのか
 
 本ブログでは今、安倍氏夫妻が関与する大阪の軍国小学校開校問題を取り上げていますが(注1、注2)、ネットではその実態のひどさが刻々と伝えられています(注3)。
 
 話題の小学校の名前は“瑞穂の國記念小學院”というそうですが、パソコンですぐに出てこない旧字体です。明治時代につけられた名前ならともかく、これから開校する小学校の名前に旧字体を使う発想から、この新設小学校の経営者の時代錯誤の思想が容易に想像できます。
 
 この小学校の経営者は、戦後日本に導入された民主主義を理解しようとせず、歴史を逆行させたい人であり、まさに時代錯誤そのものです。
 
 そして、この軍国小学校開校事件でわかったことは、この時代錯誤の人々の筆頭に安倍氏がいて、この人物が日本を代表する首相の座に座っているという驚愕の現実です。
 
 筆者を含めて、多くの日本人はこのような時代錯誤の政治家を日本の代表として選んだつもりはまったくないでしょう。
 
 なぜ、こんなことが起きてしまったのか、それは、われわれ日本国民が直接、安倍氏を選挙で選んでいないからです。この点が米国トランプとは大違いです。
 
 日本のマスコミは頻繁に、安倍内閣支持率の世論調査をやっていますが、その支持率は50%を超えています。しかしながら、安倍内閣を支持すると答えた日本人は、安倍氏が戦後の民主主義国・日本を戦前の軍国日本に戻したい人物だとは思っていないでしょう。
 
2.なぜ、安倍氏やその取り巻きの日本会議の人たちは、日本を戦前の軍国日本に戻したいのか
 
 戦前の軍国日本には、確かに選挙はありましたが、決して民主主義国ではありませんでした。戦前の軍国日本が戦後日本と大きく異なるのは、天皇制の国家主義国だった点です。この戦前の皇国思想は、国民は国家のために命を捧げるという発想につながっています。戦争したい勢力にとって、国民を戦地に派遣するのに、実に好都合な国家体制だったのです。
 
 したがって、安倍氏や日本会議の人たちは、国民主権を否定して、国家のために命を投げ打つ奴隷的日本人を大量生産しようとしているということです。
 
一方、日本会議の人たちは自分たちを勝手に支配層に位置づけており、戦争が起きても、自分が戦地に行く気も、自分の子供を戦地に行かせる気も毛頭ないのです。その証拠に、安倍氏の子飼い・稲田防衛大臣は、日本の軍国化を肯定しながら、自分の息子が徴兵されるのは拒否していますが、とんだお笑いです(注4)。
 
 いずれにしても、彼らは日本の軍国化のために不遜にも、日本人を幼児期から洗脳教育して、戦後日本に再び、戦前同様の国家主義を根付かせようとしています。
 
 この野望にいち早く気付いたのが天皇であり、その危険性を察知して、生前退位問題を利用して、彼らの暴走をストップさせようとされていると本ブログでは観ています。
 
 その意味で、今の安倍自民党がやっていることは、戦後民主主義の破壊そのものですが、国家主義自体が民主主義に反する支配層の思想なのです。彼らが憲法改正に固執するのは、この憲法が日本の国家主義化への障害そのものであるからです。
 
 上記、安倍氏は幼少期から母親(A級戦犯だった岸信介の娘)に洗脳されており、はなから、民主主義思想が欠落していると思われます、その意味で、彼は民主主義国・日本の代表としては、もっとも不適格者なのです。
 
 そのことに気付かず、出自だけで、安倍氏を当選させてきた山口県民も、本質的には、民主主義思想が欠落しているのです。
 
 ところで、筆者は山口県出身ですが、山口県を選挙地盤とする安倍氏自身は、東京生まれの東京育ちで、山口県で生活したことはないのです。にもかかわらず、安倍氏を当選させてきた山口県民の価値観は今もって、江戸時代の封建時代のそれを引きずっています。安倍氏を支持する山口県民のメンタリティーは江戸時代そのものです。
 
3.安倍自民党の戦前回帰主義は、日本を乗っ取る米国戦争屋に狡猾に利用されている
 
 戦後日本に米国型の民主主義を導入させたのは、マッカーサー(注2)と言われています。彼は戦前の軍国日本を倒すのに大変、苦労したのですが、敵国としての日本の元凶は、日本独特の天皇制国家主義体制と観ていたはずです。そして、マッカーサーは戦前の日本をよく研究して、敵国・戦前日本の元凶はトップに君臨する天皇ではなく、天皇制を利用する長州閥の軍国日本の支配層だと喝破したのです。だから、米国内で沸き起こった天皇の戦争責任を問う声を封じて、強引に天皇家を温存した上で、軍国日本を解体して、新たに米国型民主主義体制を戦後日本に導入したのです。
 
 にもかかわらず、安倍氏一派は、この戦後日本のマッカーサー体制を破壊して、再び、日本の軍国化を復活させようとしています。
 
 さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、戦後日本はマッカーサー時代以降、今日まで、米戦争屋に乗っ取られていると観ています。そして、今の安倍自民党も日本政府も大手マスコミも米戦争屋ジャパンハンドラーに完全に乗っ取られて支配されています。
 
 その米戦争屋は今、安倍自民党が上記のマッカーサー体制を破壊し、戦前日本と同様の軍国化を目指していることに反対するどころか、推奨していると観ています(注2)。なぜなら、米戦争屋は米国の仕掛ける戦争に、日本の自衛隊を中心に日本人を米軍の傭兵として存分に活用しようと企んでいるからです、ベトナム戦争時、韓国軍が米軍の傭兵に利用されたように・・・。そして、日本にも韓国同様に徴兵制を導入しようと企んでいるはずです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
 ところで、旧・米戦争屋ネオコンは、前々から戦争をビジネスとみなし、米軍兵力の民営化(アウトソース化)を推進しています。有名なのが、民間軍事サービス会社・アカデミ(注5)です。そしてアカデミは米軍の後方支援部隊だったのですが、米戦争屋は最前線の兵力にもアカデミなど民間傭兵会社にアウトソースする傾向があります。その考えをさらに進めて、日本や韓国など米戦争屋の属国の軍隊をタダで活用しようと企んでいます。なぜなら、米軍コストを節約すると同時に、できれば米国白人兵士の犠牲を最小にしたいからです。まさにアメリカファーストそのものです。
 
 そして、彼らは日米同盟や日韓同盟の集団自衛権を悪用して、日本の自衛隊と韓国軍を米軍傭兵としてタダで利用しようとしているのです、しかも、その軍事コストをそれぞれ、日本と韓国の血税で負担させられるのです。米戦争屋にとって、こんなおいしい話はありません。
 
 さらに、米戦争屋のポチ・安倍氏は、上記のような魂胆をもつ米戦争屋にちぎれるほど尻尾を振っているのです。安倍内閣を支持する世論調査国民はこのことに早く気付いてください。安倍氏支持のあなたたちは墓穴を掘っているのです。
 
注1:本ブログNo.1614安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと』2017218
 
注2:本ブログNo.1615時代錯誤の軍国小学校開校に安倍氏が肩入れするのはなぜか:安倍氏を傀儡化する米国の戦争勢力が日本を米軍傭兵国家にしようしているからか』2017219
 
 
注4:健康になるためのブログ“【利己的?】稲田朋美(新)防衛相「国を護るには血を流す覚悟を!」⇒「息子が徴兵されるのは絶対に嫌です」”201683
 
注5:Academi
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017219日 No.1615
 
タイトル:時代錯誤の軍国小学校開校に安倍氏が肩入れするのはなぜか:安倍氏を傀儡化する米国の戦争勢力が日本を米軍傭兵国家にしようしているからか
 
1.今の日本では、戦前の軍国日本への回帰主義者が跋扈(ばっこ)している
 
 本ブログでは今、安倍氏夫妻が関係する大阪の時代錯誤小学校問題を取り上げています(注1)。今年春に開校予定のこの小学校や、同じ経営の幼稚園の教育方針は、戦前の軍国日本時代の教育と同じようです。戦後日本は、戦前日本の否定から出発していますが、ここに来て、戦前の亡霊が復活しているかのようであり、非常に不気味です。
 
 安倍氏の関与している時代錯誤小学校や幼稚園に自分の子供を入学させている日本人が現実に存在しているのは確かですが、普通の神経を持った日本人なら、自分の子供をこのような小学校や幼稚園に入れることはないはずです。どのような親が自分の子供をこのようなところに入れるのでしょうか、ちょっと理解しかねます。それとも、知らずに入れているのでしょうか。
 
 そして、このような小学校や幼稚園に関与している安倍氏夫妻も普通の考えをもつ人たちではないことが明らかです。
 
 ところで、今の安倍内閣の閣僚のほとんどは、日本会議や神道政治連盟の会員のようですが、今の自民党が右翼団体に乗っ取られているのは確かです。
 
 マスコミにだまされて、漠然と自民党を支持しているのは右翼的宗教団体関係者のみならず、多くは一般のお人好し国民ですが、油断していたら、今の日本の支配層は知らぬ間に右翼的宗教団体に乗っ取られてしまっています。まったく油断もスキもない世の中となりました。
 
 さて、本ブログの見方では、戦後日本は、戦勝国・米国の戦争屋に乗っ取られていると観ています。その証拠に、今の自民党は、米国戦争屋CIAによってつくられた米戦争屋の傀儡政党なのです。
 
 ところが、米戦争屋CIAは日本国民に対してステルス化していますので、多くの国民は自民党の正体を知らないで、漠然と自民党を支持させられているのです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.旧・米国戦争屋の傀儡政党である自民党はなぜ、米国と戦争した戦前日本への回帰主義に陥っているのか
 
 今の日本の支配層に陣取る自民党は、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAの傀儡政党ですが、彼ら米戦争屋ジャパンハンドラーはなぜ、自民党が、戦前、米国と戦争した軍国日本への回帰主義者に乗っ取られていることを黙認しているのでしょうか。
 
 本ブログの見方では、旧・米戦争屋CIAは、カミカゼ特攻隊など、戦前日本の兵士に一種、畏敬の念を抱いているからではないでしょうか。
 
 米戦争屋配下の米国防総省にとって、戦前日本の兵士は彼らが理想とする兵士像なのです。なぜなら、まるで軍事ロボットのような兵士にみえるからです。
 
 戦後日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAにとっての対日関心事の最大のものは、戦前の日本がなぜ、カミカゼ特攻隊に代表される理想的兵士の育成に成功したのかという疑問ではないでしょうか。
 
 そして、彼ら旧・米戦争屋CIAが気付いたこと、それは、戦前日本は、日本人の幼少期の頃から、徹底した洗脳教育を行っていたと言う点です。
 
 そこで、旧・米戦争屋ジャパンハンドラーは、自民党が戦後日本の民主的教育を止めて戦前の洗脳教育を復活させることを推奨しているのではないでしょうか。
 
 それと同時に、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAは、安倍政権に、日本を戦前回帰させ、平和国家から戦争国家に戻すよう要求しているのでしょう。
 
3.日本を乗っ取る旧・米国戦争屋CIAが戦前回帰主義の安倍自民党を泳がしている狙いは何か
 
 日本を乗っ取る旧・米戦争屋は、戦後日本が二度と米戦争屋に戦争を仕掛けないよう、日本の軍国化を禁止し、戦後日本を民主化させました。ところが、米戦争屋にとって、今の米国にて、十分に兵士が確保できなくなっているので、日本人を米軍の傭兵として利用する発想を持っているのではないでしょうか。
 
 そこで、彼らは自民党に命じて、日本人を幼少期から、戦前と同じく洗脳教育して、カミカゼ特攻隊のような日本人兵士の大量生産を実行させようとしているのではないでしょうか。
 
 そして、あまりアタマのよくない安倍氏に目を付け、日本の教育システムを戦前に戻させようとしているのでしょう。
 
 もしそうなら、安倍氏が、上記の例のように、戦前回帰の教育を日本に復活させようとしているのは、安倍氏本人の意思というより、安倍氏を傀儡化している旧・米戦争屋CIAからの指示である可能性があります。
 
 いずれにしても、安倍自民が、米国と戦争した戦前日本への回帰主義に陥っている現実を、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAが黙認しているのは確かです。
 
 このような安倍自民の動きをもっとも懸念しているのは天皇ご自身でしょう。
 
 われら国民は、戦前回帰に邁進する安倍自民の危険な動きに気付くべきです。さもないと、自分の子供が、近未来、徴兵されてしまいます、戦前日本と同様に・・・。
 
 そして今度は、日本の国益とは無縁の米国の仕掛ける戦争に、自分の子供が傭兵として駆り出されることになります。たとえば、南スーダンへの自衛隊派遣はその一例です。自衛隊はここで、米国と中国の石油利権を防衛させられており、まったく日本の国益の防衛になっていないのです(注2)このまま、安倍自民を漠然と支持していると、今の日本は間違いなく、米国の傭兵国家に成り下がります。
 
注1:本ブログNo.1614安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと』2017218

 

注2:本ブログNo.1218戦争法案可決で自衛隊が南スーダン(日本と同じ米国戦争屋CIA傀儡国)にて韓国軍と仲良く戦闘させられるかもしれない:韓国を毛嫌いする安倍様命のネトウヨも真っ青か』2015922

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35282239.html


ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2017218日 No.1614
 
タイトル:安倍氏を認めないネット住人が我慢の限界にきていること:大阪の時代錯誤小学校創設を巡る安倍氏スキャンダルを東京のマスコミが報道しないこと
 
1.ネットを中心に日に日に高まる大阪の時代錯誤小学校創設への安倍氏の関与疑惑:なぜ、東京マスコミは報道しないのか
 
 ネットでは、安倍氏が日本を代表する首相をやっていることに強い拒否感を抱く人が圧倒的多数です。なぜなら、安倍氏は日本の代表なのに、自分より劣っていると感じるからです。この人たちを中心に、今、ネットで強い関心を集めている安倍氏がらみのスキャンダルが暴露されています。そして、ネットでは、その話題が日に日に盛り上がっています、それは、大阪の時代錯誤小学校創設に安倍氏が夫人とともに関与しているという疑惑ネタです。さらに、この絶好ネタは、この小学校の用地として国有地が破格の低価格で払い下げられているという不正疑惑スキャンダルを伴っています。この不正取引に安倍氏が関与していることがばれれば、それはれっきとした犯罪であり、安倍氏は首相を辞任せざるを得ないでしょう。一刻も早く、安倍氏に首相を辞めて欲しいと思っている人にとっては、久々の朗報です。
 
 この事件はすでに大阪のABCが報道していますし、国会でも追及されています(注1、注2)。当然ながら、安倍氏は関与を否定していますが、ウラでは官邸がこの問題のモミケシ(注3)に躍起になっているはずです。
 
 にもかかわらず、案の定、東京のテレビ局はほとんど、これを報道しません。なぜなら、東京のテレビ局の幹部は、安倍官邸の機密費で頻繁に接待を受けて丸め込まれているからです。
 
 彼らは安倍氏とコネをもつことで自分が偉くなったと錯覚させられていますから、安倍氏のカオを潰す報道はできないし、しないのです。
 
 さらに、東京のマスコミは、日本を乗っ取る米国戦争屋CIAジャパンハンドラーに徹底監視されており、米戦争屋CIAジャパンハンドラーの傀儡・安倍氏を批判するとたちまち、米戦争屋CIAジャパンハンドラーから圧力を掛けられるのです。
 
 ところが、東京マスコミほど官邸や米ジャパンハンドラーからの監視が行き届かない大阪のABC(テレ朝系)が、堂々とこの絶好ネタを報道してしまったのです。これこそ、まさに、上手の手から水が漏れたということです。今頃、東京のテレ朝幹部は官邸や米ジャパンハンドラーに厳重注意されているかもしれませんが、後の祭りです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.あの甘利事件ですら、不問にする地検特捜部が、大阪の時代錯誤小学校用地取得の不正を暴くことはないだろう、残念ながら・・・
 
 安倍氏アレルギーの多いネット住人の間では、安倍氏スキャンダル発覚で大喝采が起きています。にもかかわらず、上記、大阪の時代錯誤小学校用地取得の不正疑惑を大阪地検特捜部が追及する可能性は極めて低いでしょう、なぜなら、日本の官憲は日本を乗っ取る米戦争屋CIAジャパンハンドラーに完全支配されており、彼らの許可なく、要人の絡む疑惑追及はできないからです。彼ら官憲が動くのは、米ジャパンハンドラーが安倍氏を失脚させたいと思った時だけです。
 
 本ブログでは、今の日本の官憲は、韓国の官憲と違って、国民の敵である悪人の罪をまともに追及することはないと観ています、それは、あれだけ、槍玉に挙げられた甘利氏のスキャンダルですら、結局、不起訴になっているという事例が存在することから明らかだからです(注4)
 
 安倍官邸の官僚支配手口は極めて単純です、彼らに逆らう正義漢の官僚を左遷し、権力に迎合する官僚を昇進させればよいのです。同じ手口を上記、米戦争屋CIAジャパンハンドラーが日本の官僚幹部にも多用しています。
 
3.国民の敵である悪人を成敗するのは国民であって、官憲に依存できない、今の日本においては・・・
 
 上記、大阪の時代錯誤小学校の用地取得に不正があったのは明白ですが、日本の官憲は、この事件に権力者・安倍氏が関与している可能性があったら、本気で追及することは絶対にないのです。
 
 なぜなら、日本の官憲の官僚のうち、幹部の人事は権力側に握られていますから、権力から無言の圧力を掛けられたら、彼らは自己保身のため、絶対に、権力者の悪を追及することはありません。
 
 国民はみんなそのことに気付くべきです。
 
 安倍氏を失脚させる方法、それは、安倍氏の地盤・山口県民が次期選挙で、安倍氏を落選させることです、それ以外に安倍氏を失脚させる方法はないのです。
 
 いくらマスコミが安倍氏をヨイショしても、国民がおのれの判断で1票を投じれば、安倍氏は山口県で落選して、たちまち、虚飾の権力を失います、ヒラリー同様に・・・。
 
 安倍氏を失脚させるには、ネットによる安倍氏のスキャンダル追及ではなく、そのスキャンダル発覚に基づく山口県民の覚醒に掛かっています、残念ながら・・・。
 
 もうひとつ、ほとんど期待できないのですが、みんなで渡れば怖くないということで、東京のマスコミがいっせいに、上記の安倍氏スキャンダルを報道すれば、さすがの安倍氏も窮地に追いやられるでしょう。
 
 ネット世論が東京のマスコミの重い腰を動かせるかどうか、あまり期待できませんが、この問題に、ほおかむりし続ける東京のマスコミ人も、さすがにうしろめたいのではないでしょうか。
 
 いずれにしても、権力に屈するマスコミは米国同様、いずれ日本でも、国民から信用されなくなります。
 
 
注2:阿修羅“<衆院予算委・森友学園疑惑>安倍首相「私も妻も認可、国有地払い下げに関係ない。関わっていたら総理大臣を辞める!」”2017217
 
注3:ジャパンハンドラーズと国際金融情報“日米関係を巡る激変はとうとうロッキード事件にまで”2010212
 
注4:リテラ“真っ黒な甘利明を検察はなぜ、不起訴にしたのか?官邸と癒着した法務省幹部の捜査潰し全内幕”201663
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

全327ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事