新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全281ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新ベンチャー革命2016524日 No.1392
 
タイトル:米国を私物化する人物の名代・キッシンジャーがトランプ抱き込み作戦開始:9.11事件の総責任者をブッシュ・ジュニア元大統領に押し付けるようトランプは説得されたのか
 
1.米国を私物化している米国戦争屋ボス・デビッドRFは遂に、アンチ米戦争屋で米国民からの支持が高いトランプを次期米大統領にせざるを得なくなった
 
 本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋ボス・デビッドRFはポスト・オバマの次期米国政権を彼らの傀儡候補・ジェブ・ブッシュ(ブッシュ・ジュニア元大統領の弟)に継がそうと計画していましたが、伏兵・トランプの登場で、そのシナリオが頓挫して現在に至っています(注1)。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
当初、米戦争屋はジェブの人気が出ない場合を考慮して、セカンド・オプションとしてヒラリーを傀儡候補にすることを予定していました。ところが、ヒラリーはリビア・カダフィー暗殺事件およびベンガジ・米領事館襲撃事件を巡るメール・スキャンダル爆弾を抱えており、FBIから捜査ターゲットにされています、さらにヒラリーは健康問題も抱えています、そこで、米戦争屋はヒラリーをあきらめて、結局、トランプを支持せざるを得なくなっています(注2)。
 
 もうひとつ、米国は二大政党制を敷いている関係で、次もまた米民主党政権となることは避けたいという事情もあります。
 
2.次期米大統領はトランプで決まりか
 
 米戦争屋を含む米国寡頭勢力の予想を裏切って、トランプ人気が衰えず、米国を私物化する米戦争屋ボス・デビッドRFも遂に、トランプ大統領シナリオで行くことを渋々、決めたようです。
 
 今では、ジェブを担いできたネオコンのみならず、全米最強の親イスラエル・ロビー団体・AIPACからもトランプは支持されています(注3)。
 
 さらに、ネオコンの有力スポンサー・シェルドン・アデルソン(米のカジノ王)もトランプ支持を表明しています。また、上記、AIPACと並んで、米共和党の米戦争屋系議員のスポンサーであるNRA(全米ライフル協会)もトランプ支持を決めています(注4)。ここまで来ると、トランプが次期米大統領になると決まったも同然です。その証拠に、直近の世論調査にてトランプがヒラリーを逆転しています(注5)。
 
 これまでも、米大統領選挙では決戦に勝ち残った二人の候補が接戦を演じて、最後は米戦争屋を含む米国寡頭勢力の傀儡候補が僅差で勝つという展開が一般的でした。今回は、本来、ジェブが勝つ予定だったのですが、トランプという伏兵の登場で、米戦争屋を含む米国寡頭勢力のシナリオが大きく狂ったのです。それがここに来て、ようやく、トランプ大統領シナリオで固まりました。それもこれも、米国民のトランプ人気がそれほど強いからです。デビッドRFは、米国は自分のものと思っていても、オモテムキ、米国は民主主義国家ですから、米国民の民意に背くことはできないのです。
 
3.トランプが米戦争屋ボス・デビッドRFの代理人・キッシンジャーに呼び出されたのはなぜ?
 
ネット情報によれば、次期米大統領選の米共和党候補トランプ氏が2016518日、キッシンジャーに呼び出されて密談したそうです(注6)。本ブログでは、キッシンジャーは米戦争屋ボス・デビッドRFの番頭と観ています。その証拠にキッシンジャーは最近、デビッドRFの名代でモスクワを訪問、露プーチンに会いに行っています(注7)。
 
 なぜ、キッシンジャーはモスクワに行ったのでしょうか、本ブログの見方では、ロシアが匿っている元NSAのエド・スノーデンが9.11事件の真相証拠をNSAのコンピュータをハッキングして入手しており、そのため、デビッドRFは弱みを握られており、プーチンがもし、9.11事件の真相情報をばらすと第三次世界大戦になると脅すためキッシンジャーを訪露させたと観ています(注7)。
 
 デビッドRFは、トランプとプーチンが9.11事件真相に関して情報共有していること(注8)を知っており、プーチンを脅すと同時に、トランプを抱き込む必要があるのです。トランプを今、暗殺すると、プーチンが9.11事件の真相をばらすことになっているので、トランプを苦々しく思っていても、抱き込まざるを得ないのです。
 
 上記のような、デビッドRFの心境を知ると、キッシンジャーがデビッドRFの名代としてトランプを説得したのは尤もなのです。
 
 トランプは今のところ、9.11事件にブッシュ・ジュニア元米大統領が関与していたことはばらしていますが、デビッドRFの関与には言及していません。
 
 この状態から、トランプはデビッドRFに対して優位に立っています。デビッドはトランプを暗殺したいところですが、暗殺したらプーチンが9.11事件の秘密をばらす約束になっているのです。
 
 キッシンジャーはトランプに、9.11事件の総責任者はブッシュ・ジュニアと米国民に言えと説得したのではないでしょうか。ブッシュ・ジュニアが罪を被れば、デビッドRFにまで追及が及びません。そのシナリオはすでにできていると本ブログでは観ています(注9)。
 
 上記のように、トランプの登場で窮地に追い込まれているデビッドRFは、傀儡の安倍氏をプーチンのところに行かせて、説得させています(注10)。そのための口止め料として、安倍氏はわれらの血税3000億円を払わされるのです。
 
 ちなみに、米国民は全員、9.11事件の首謀者がアルカイダのオサマ・ビンラディンという米政府公式発表はウソと見抜いています。
 
 トランプが米国民に人気があるのは、トランプは米国民を平気でだますような買収された政治家の一員ではないからです、それだけ、9.11事件は米国民の米国政府に対する不信をもたらしたということです。極論すると、9.11事件に関して、米政府が米国民にウソの発表をしたという歴史的事実が米国民を怒らせ、今日のトランプ旋風となって爆発しているということです。
 
注1:本ブログNo.1322日本を乗っ取っている米国戦争屋はトランプ氏がケネディ暗殺や9.11事件の真相をばらす恐れが出たため、あわててジェブ・ブッシュを撤退させたのではないか』2016222
 
注2:本ブログNo.1386米国の好戦派ネオコンが反戦派のトランプ支持に転向?:ネオコンはヒラリーを見限ったのか』2016515
 
注3:本ブログNo.1351米国在住の一般ユダヤ人は米共和党が毛嫌いするトランプ氏を支持:われら日本人もナチス同様にイスラム国(IS)を悪役化する戦争屋系世界的寡頭勢力の第三次世界大戦勃発シナリオの手口に覚醒すべき!』2016328
 
注4:WSJトランプ氏、全米ライフル協会の支持獲得”2016521
 
注5:ハフィントンポスト“「ドナルド・トランプ大統領誕生」現実味増す、世論調査平均でヒラリー・クリントン氏を逆転”2016524
 
注6:古村治彦“不良学生が生徒会長に選ばれた感じ、というところか:トランプがキッシンジャーとベイカーに会ったことに関して”2016519
 
注7:本ブログNo.1323国寡頭勢力のフィクサー・キッシンジャー氏、米国大統領選立候補者・トランプ氏と仲の良い露プーチンを唐突に訪問:第三次世界大戦が始まると恫喝した?2016223
 
注8:本ブログNo.1325米国大統領選が終わるまで、露プーチンは海外出張しないだろう:トランプ氏によるケネディ暗殺と9.11事件の真相暴露で窮鼠猫を噛む連中は何をするか知れないから・・・』2016226
 
注9:本ブログNo.1391トランプが次期米大統領になったら、9.11事件の責任をすべてブッシュに押し付けるシナリオができている:9.11事件および3.11事件の真相を知る日本の支配層の一部に対し口裏を合わせるよう要請するためにブッシュは訪日したのか』2016523
 
注10:本ブログNo.1374アメリカ様命の安倍氏は、米政府から猛反対されているのになぜ、来月56日の露プーチンとの首脳会談を強行するのか』2016429
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35870681.html
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2016523日 No.1391
 
タイトル: トランプが次期米大統領になったら、9.11事件の責任をすべてブッシュに押し付けるシナリオができている:9.11事件および3.11事件の真相を知る日本の支配層の一部に対し口裏を合わせるよう要請するためにブッシュは訪日したのか
 
1.米国で窮地に追い込まれているブッシュ家の元大統領がオバマ訪日前に秘かに訪日旅行の怪
 
 2016518日の朝日新聞によれば、20165月半ば、ブッシュ・ジュニア元米大統領が唐突に訪日し、17日夜、安倍氏と会食しています(注1)
 
 今のブッシュは現役の米大統領ではないものの、せっかく訪日したのだから日本のマスコミはもっと報道するのかと思っていましたが、ほとんどこの話題を取り上げることはありませんでした。
 
 唐突なブッシュ来日は、米医薬大手・メルクの依頼で子宮頸がんワクチンの売り込みのためだったというのがオモテムキの訪日目的だったようですが、アンチ米国戦争屋のオバマ訪日を控えている日本へ今、ブッシュが訪日するのは、米戦争屋の傀儡・安倍自民および日米安保マフィアに、米国戦争屋ボス・デビッドRFまたはその代理・キッシンジャーからの伝言を持参するためだったのではないでしょうか。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.トランプが次期米大統領になったら、ブッシュは万事休す
 
 本ブログでは、次期米大統領にトランプが選ばれると、トランプは9.11事件の真相をばらすのではないかと観ています。その際、9.11事件の責任を当時の米大統領であったブッシュにすべて押し付ける可能性があります(注2.注3)
 
 本ブログの見方では、上記、米戦争屋は、次期米大統領をヒラリーではなく、やむなくトランプにしようとしているようです(注2)
 
 つまり、次期大統領を誰にするかより、次期米政権を共和党に戻すことを優先していると思われます。
 
 そして、トランプをいったん大統領にした後、副大統領に米戦争屋の傀儡を据えて、トランプを途中で辞任させるか偽装の病死にするつもりでしょう。そうすれば、米戦争屋傀儡の副大統領が自動的に大統領になります。
 
 しかしながら、トランプが大統領になったらすぐに、9.11事件の真相がばらされるかもしれません。トランプにその気がなくても、露プーチンは9.11事件の真相を示す何らかの証拠を握っているのは確かですから、プーチンによってばらされる可能性もあります。
 
 ズバリ、9.11事件におけるWTCビル崩壊に小型核が使用されたことくらいはばらされそうです(注3)
 
 そして、9.11事件の総責任者をブッシュにするシナリオがすでにできているのではないでしょうか。
 
 このシナリオは、9.11の真の首謀者がデビッドRFであることを絶対に隠すためのシナリオです。さらに実行犯を支援したのはサウジアラビアということにして、9.11事件に対するイスラエルの関与を絶対に隠すことでしょう。
 
 そしてこのようなシナリオが存在することをブッシュはすでに知っているのではないでしょうか。
 
3.9.11事件の総責任者をブッシュにするシナリオが実行される直前、ブッシュはタイミングよく病死することにされそう
 
 本ブログでは、ブッシュが9.11事件の責任を取って、生け贄にされるかもしれないとすでに予想していました(注4)。その場合、ブッシュの9.11事件への関与が米国民に公にされると同時に、ブッシュは病死したことにされそうです。
 
 以前にも同じような事例があります、エンロンというブッシュのスポンサー企業の粉飾決算がばれて、2006年頃、当時のCEO・ケン・レイが逮捕されそうになったとき、彼は都合よく、心臓マヒで死んだのです。本ブログでは、これは、偽装病死ではないかと疑っています(注4)
 
 その例から推察すると、9.11事件の真相がトランプ政権によって暴露されるとすぐに、ブッシュは急病で死亡扱いされそうです。
 
4.ブッシュは日本に何をお願いしに来たのか
 
 今回のブッシュ訪日の真の目的は依然、不明ですが、彼はデビッドRFもしくはその代理のキッシンジャーからの対日依頼を代行させられていると疑われます。
 
 さて、安倍氏を含む日本の支配層の一部は、9.11事件のみならず、3.11事件の真相をすでに知っているはずです。そしてこれらの事件に米戦争屋ボスとネオコンが関与していることをすでに知っている可能性があります。
 
 そこで、近未来に9.11事件の責任を取らされるであろうブッシュに命じて、日本の支配層が9.11事件の真相も3.11事件の真相(ともに米戦争屋ネオコンやイスラエルの関与疑惑あり)も絶対に、日本国民にばらさないよう強く要請させたのではないかと疑われます。
 
注1:朝日新聞“ブッシュ前大統領、安倍首相と会食 「トランプ氏の当選、五分五分」”2016518
 
注2:本ブログNo.1386米国の好戦派ネオコンが反戦派のトランプ支持に転向?:ネオコンはヒラリーを見限ったのか』2016515
 
注3:本ブログNo.1322日本を乗っ取っている米国戦争屋はトランプ氏がケネディ暗殺や9.11事件の真相をばらす恐れが出たため、あわててジェブ・ブッシュを撤退させたのではないか』2016222
 
注4:本ブログNo.1355トランプ旋風が吹いて9.11偽旗テロに関する米国政府報告書のウソがばれてしまった:ブッシュ・ジュニアがすべての責任を取らされて生贄にされるかもしれない』201642
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2016522日 No.1390
 
タイトル:STAP現象を独ハイデルベルグ大学が確認、米ハーバード大学は特許を独占:日本国民は米国技術覇権主義者の存在を改めて認識すべき!
 
1.非常に後味の悪い形で幕を閉ざされたSTAP細胞事件で新たな展開が・・・
 
 2014年に一世を風靡した理研におけるSTAP細胞発見ニュースはその後、研究不正事件に発展、その中心人物・小保方氏は母校・早稲田大学から博士号をはく奪され、彼女の人生は大きく狂わされました。さらに、小保方氏の上司だった笹井氏は自殺とされる不審死をされてしまいました。この事件は何とも、後味の悪い嫌な思い出ばかりの事件で終わりました。ところが、最近、小保方氏は手記「あの日」を出版し25万部の大ヒットとなっているそうです(注1)。
 
 そして、20165月、ドイツの名門ハイデルベルグ大学がSTAP現象の確認に成功したというニュースが飛び込んできました(注2)。さらに、小保方氏が留学していた米ハーバード大学がSTAP細胞の特許を出願して、今後20年、その権利を独占する手続きを進めていたことも発覚しています(注3)。
 
 本ブログは、STAP細胞発見ニュースが報道されて以降、何回か、この事件を取り上げてきました。その投稿記事を下記、(注4)から(注16)に列挙します。下記、STAP細胞関係の投稿記事から本ブログでは、日本におけるSTAP細胞研究と米国技術覇権主義者の関係に事件発生当初から注目していたことがわかります。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米国戦争屋の中には米国技術覇権主義者が存在すると観ています。その代表がラムズフェルド元・米国防長官です(注17)。そして、上記、STAP細胞技術は、米国技術覇権主義者にとって、立派な米国覇権技術と位置づけられていると本ブログでは観ています。
 
 彼ら米国技術覇権主義者が、米国覇権技術と位置づけた技術に関して、米国以外の国が、米国の技術レベルを凌ぐとみなした場合、それは、米国の国益を侵すとみなしてあらゆる手段を弄して、これを妨害してきます。そして彼らの間では、その妨害行為が正当化されるわけです、たとえば、米国以外の研究者が米国の国益を侵していると判断された場合、その他国の研究者を殺害しても、極論すれば、それは米国覇権主義者に間では正当防衛となるのです。
 
 一方、日本の技術関係者は、米国技術覇権主義者の上記のような発想をまったく理解していません。
 
 なお、筆者は米国シンクタンク・SRIインターナショナルに16年半、勤務した経験から、上記、米国技術覇権主義者の発想を知ったのです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.STAP細胞技術はやはり、米国覇権技術と認定されていたのであろう
 
 上記、小保方氏が留学していた米ハーバード大学はやはり、日本の理研にSTAP細胞に関する特許権利をすべて放棄させ、その特許をすべて米国が独占することに成功したようです(注3)。このプロセスは、本ブログが当初から予想した通りです。
 
 さらに言えば、STAP細胞事件発生時、米国覇権主義者は理研に対して、強烈な圧力を掛けたと想像されますが、その背後には、2000年前後に起きた理研の岡本・元研究員の遺伝子スパイ容疑事件の未解決問題が潜んでいると想像されます。当時、米FBIが理研に岡本氏の身柄引き渡しを要求したのを当時の日本政府が拒否したことに対する報復がSTAP細胞事件にて実行されたと思われます。彼ら米国覇権主義者は想像以上に執念深いのです。そして、岡本氏を匿った理研を絶対に許さない米国技術覇権主義者は、STAP細胞事件にて、理研をトコトン貶めたと推測されます(注11)。
 
 そのように観ると、小保方氏の上司・笹井氏の不審死も、単なる自殺ではないと疑われます、実際、不審な事実はいくつもありました(注14、注15)。
 
3.米国覇権主義者得意の陥穽工作はおだてて舞い上がらせて、ストンと落す手口
 
 今回のSTAP細胞事件では、米国覇権主義者独特の陥穽工作手口が実行されています。すなわち、当初、STAP細胞研究の手柄を日本人研究者の手柄であるかのように見せかけて、日本国民を小躍りさせて喜ばせ、その後、徹底的に叩いて落とす手法です。この手口はある意味、非常にインパクトがあります。
 
 この陥穽工作実行のため、米戦争屋ジャパンハンドラーが動員され、彼らが支配している日本のマスコミに協力させたということです。とりわけ、NHKの対応はひどかったと思われます(注13)。
 
 昔のNHKスタッフは気骨があったのですが、米戦争屋ジャパンハンドラーはこのとき、NHKの幹部を脅かしたのではないでしょうか。
 
 日本を乗っ取っている米戦争屋は安倍官邸経由で、NHKを徹底的に抑え込んでいます。もともと、米戦争屋は国民から受信料を取って成り立つNHKの存在を好ましく思っていないのです、なぜなら、米国にはNHKのような半官半民の放送局はないからです。
 
 だから、米戦争屋ジャパンハンドラーはNHKに対して監視を強め、言うことを聞かないと潰すと脅されているのでしょう、その結果、STAP細胞事件では、米国技術覇権主義者に全面的に協力し、小保方氏を徹底的に貶めています(注13)。
 
 そのNHKは、STAP細胞特許が今はすべて米国に独占された事実を報じませんし、そして、もうSTAP細胞事件そのものを取り上げません。
 
 われら日本国民は、上記、STAP細胞事件取材におけるNHKの卑劣さを観て、今の日本は米戦争屋に完全に乗っ取られていることに覚醒すべきです。
 
注1:産経ニュース“小保方さんの手記「あの日」 25万部突破し「話題をさらっている」と講談社”2016224
 
注2:ビジネスジャーナル“STAP現象の確認に成功、独有力大学が・・・責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる”2016514
 
注3:ビジネスジャーナル“STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で・・・今後20年間、権利独占も”2016521
 
注4:本ブログNo.85130歳の日本人女性が万能細胞研究で歴史的大発見の快挙:先端研究開発における目利きの重要性にも気付け!2014131
 
注5:本ブログNo.869神戸・理化学研究所・小保方事件の背後にみえる陰謀を大胆に推理する2014313
 
注6:本ブログNo.870『バレバレのシャボン玉だった小保方シンデレラ物語:アベノミクス成長戦略に冷水を浴びせたい勢力が描いたシナリオ通りの展開だったのか2014315
 
注7:本ブログNo.878理研・小保方事件の背後関係を読む:核技術のみならず幹細胞研究分野でも、日本はステルス攻撃を受けていると自覚すべき201443
 
注8:本ブログNo.879『理研・小保方事件が暗示する対日潜在脅威:われら日本人は21世紀型日米戦争モデルに基づき、戦後もステルス攻撃を受け続けていると自覚すべき201448
 
注9:本ブログNo.880『ヒヨッコ小保方氏をネタに大騒ぎする狂気のマスコミよ、巨万の富を独占する1%寡頭勢力が日本人の再生医科学研究をどのように観ているかを知れ!2014410
 
注10:本ブログNo.882日本を常時監視する米国某勢力の影が見える中部大学・武田教授はなぜ、孤立無援の理研・小保方氏を擁護されているのか2014415
 
注11:本ブログNo.883米国技術覇権主義者の対日観に無頓着な理研で起きた小保方研究員・STAP細胞事件と岡本・元研究員・遺伝子スパイ容疑事件の関連性を読み解く2014417
 
注12:本ブログNo.938STAP細胞騒動の根本原因:ハーバード大学医学部というブランドに弱い日本人の国民性にあり2014728
 
注13:本ブログNo.939STAP細胞問題を小保方バッシングに矮小化させるNHK製作スタッフの視野の狭さにグローバル競争に負け続ける日本人の“失敗の本質”を観る2014729
 
注14:本ブログNo.944『理研CDB・笹井氏変死事件に関しネットでは自殺偽装説が噴出:STAP細胞技術開発妨害と中東ガザ地区大量殺人とアフリカ・エボラ出血熱死者急増はすべてつながっていると知れ!201487
 
注15:本ブログNo.951警察の記者会見すらない理研・笹井氏変死事件:われら国民は変死現場の詳細を知らされていないのはなぜか2014815
 
注16:本ブログNo.1030『ソニー映画“天使と悪魔”を連想させるSTAP細胞事件:ES細胞をSTAP細胞と偽装したのなら、なぜ、理研専門家は全員、気付かなかったのか20141228

注17:グローバルMOT(技術経営)に求められる戦略家とは、2010
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
 

この記事に

新ベンチャー革命2016519日 No.1389
 
タイトル:あの隷米・小泉元首相が米空母レーガン乗員400人被曝の集団訴訟を応援し始めた:3.11事件および9.11事件に核兵器が使用された疑惑を解明してくれそうなのは欧州寡頭勢力かもしれない
 
1.米空母レーガンのトモダチ作戦で放射能被曝した元乗組員の集団訴訟団体に小泉元首相が涙のコンタクト:日本国民の関心を高めるパフォーマンスか
 
 20165月下旬に予定されている伊勢志摩サミットに出席する米オバマ大統領が527日に広島訪問することが決まっています。このニュースは全世界に流され、世界の人々は改めて、核兵器の怖さを知ることになります。
 
 それと呼応するかのように、小泉元首相が米サンディエゴを訪問、米空母ロナルド・レーガンの元乗組員400人による3.11事件救援活動時の集団被曝訴訟の団体とコンタクトしたニュースを朝日新聞が2016518日に報道しています(注1)。そして、集団訴訟者被曝の悲惨な実態を知って、小泉氏が泣いている画像が日本で流されています。
 
 小泉氏は上記、3.11事件に関連する米国での被曝者400人の集団訴訟の存在を日本国民に知らしめるため、彼らしい演技をしているのでしょうか、それとも、コトの真相を何も知らないで集団訴訟者団体にコンタクトしたのでしょうか。
 
2.この集団訴訟が脚光を浴びると、3.11地震津波がハックアタック・テロであったことがばれる
 
 上記、集団訴訟問題は、20153月にすでにTBSが報道番組で取り上げています。ちなみに、本ブログの見方では、レーガン乗組員の大量重篤被曝は東電福島原発事故由来ではなく、3.11海底核爆発による被曝と観ています(注2)。
 
 TBSの上記報道は日本を乗っ取っている米国戦争屋ネオコンに極めて不都合な報道だったと思われ、報道から1年後に、この報道に踏み切ったTBSの金平キャスターがTBS執行役員を退任させられています(注3)。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 レーガン乗組員の被曝は東電福島事故原発(爆発した3号機など)から放出された放射性ガス由来ではなく、3.11地震津波の震源域の海上に立ち上った高濃度放射性ガス由来であるかもしれないと疑われるのは、米ハフィントンポストの取材に応じたレーガン乗組員の証言から明らかです(注4、注5)。
 
 さらに、2013年時点では100人であった訴訟者(注6)は2016年現在400人となっています(注1)。
 
 この対日集団訴訟を米国政府はなぜか問題にせず、無視しようとしていますが、今後、さらに被曝発症者が増えるのではないでしょうか。
 
 また、訴えられている東電も、この集団訴訟者の被曝は東電福島事故原発由来であると認めていません。本ブログの見方では東電幹部は3.11事件時の東電福島原発爆発(3号機などの爆発)は核テロの可能性があることを知っているのではないでしょうか。
 
 3.11事件当時の米空母レーガンは、東電福島事故原発3号機爆発時は、遠く離れた三陸沖に移動しており、3号機爆発の影響はほとんど受けていないのです、だから、彼ら訴訟者は1号機の爆発で被曝したと主張していますが、1号機の爆発は、典型的な水素爆発であり、放射性ガス放出はほとんどないのです、もし深刻な放射性ガス放出があったら、事故当時、現場にいた東電職員はみんな死んでいます。
 
 また、レーガン乗組員の救援活動は東電福島事故原発から遠く離れた三陸海岸の津波被災地で行われており、彼らは東電福島事故原発には行っていないのです。
 
3.小泉氏はコトの真相をどれだけ知って、サンディエゴまでのこのこ出かけたのか
 
 小泉氏は今、日本において細川元首相とともに反原発派に属していますが、そのためなのか、レーガン乗組員の集団訴訟者団体から招かれて訪米したのでしょう。400人の集団訴訟者に対し米政府が無視しているので、彼らは小泉氏から日本政府および東電に働きかけてもらって、1000億円超の巨額補償を日本政府および東電から引き出したいのでしょう。
 
 しかしながら、コトの真相を知っている米政府も、そして日本政府も東電も、この訴訟を無視しているのです。なぜ、日米政府は無視しているのか、小泉氏はそのウラ事情を知っているのでしょうか、はなはだ疑問です。
 
 日米政府にとって、この訴訟が表沙汰になると、結局、3.11地震津波が海底核爆発による人工起振の大地震津波であったことが全世界にばれてしまうのです。
 
4.3.11地震津波の真相をばらしてくれそうなのは安倍氏を嫌っている欧州寡頭勢力ではないか
 
 日本を乗っ取っている米戦争屋と呉越同舟の関係にある欧州寡頭勢力は、最近、日本に介入し始めていますが、どうも、日本の隠れ核武装派の安倍氏や石原氏を危険人物視して嫌っているようです(注7)。
 
 その安倍氏は、世界に向かって東電福島事故原発の放射能汚染はアンダーコントロールと大嘘をついており、さらに、日本はIOC委員をワイロで買収して2020年東京オリンピック開催権を取っています。この事実に対して欧州寡頭勢力は怒っていると思われます(注7)。
 
 もうひとつ、レーガン乗組員の集団訴訟事件を無視している日本政府や安倍氏は、3.11地震津波が米戦争屋ネオコンによるハックアタック・テロであったことを暗に知っているのではないでしょうか、そして、欧州寡頭勢力も3.11事件は9.11事件と同様に核兵器を使ったハックアタック・テロであると知っているのではないでしょうか。
 
 日本を乗っ取っている米戦争屋ネオコンは今、米国で追い詰められ、9.11事件のWTCビル崩壊にも核爆弾が使用されたことがもうばれそうになっています。
 
 もし、9.11事件のWTCビル崩壊の真相がばれたら、芋づる式に、3.11事件の地震津波の真相もばれそうです。
 
 これら、3.11事件と9.11事件の真相をばらしそうなのは、意外にも、欧州寡頭勢力の中の、アンチ米戦争屋ネオコン系の勢力なのではないでしょうか。
 
注1:朝日新聞“小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」”2016518
 
注2:本ブログNo.10773.11事件の真相解明の突破口となる米空母の被曝乗組員の集団訴訟事件をTBSがようやく報道した:権力に屈したNHKよ見習え!201538
 
注3:本ブログNo.1336TBS金平キャスターが執行役員を退任:1年前、米空母ロナルド・レーガン乗員の3.11事件時大量被曝事件で起こされた対・東電集団訴訟を報道したからか2016312
 
注4:本ブログNo.897『米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって、3.11地震津波発生原因の真相がばれるのではないか2014518
 
注5:HuffingtonpostDocument Show the Navy Knew Fukushima Dangerously Contaminated theUSS Reagan”2014427
 
注6:ハフィントンポスト“トモダチ作戦:米海軍の100名超、健康被害で東電を提訴”2013429
 
注7:本ブログNo.1388日本の隠れ核武装派を恫喝するため、今後も様々な東京オリンピック・スキャンダルが続発する予感あり:欧州では安倍氏も石原氏も危険人物視されている2016517
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命2016517日 No.1388
 
タイトル:日本の隠れ核武装派を恫喝するため、今後も様々な東京オリンピック・スキャンダルが続発する予感あり:欧州では安倍氏も石原氏も危険人物視されている
 
1.2020年東京オリンピック開催に暗雲が立ち込める
 
 本ブログにて今、2020年東京オリンピック・スキャンダルを取り上げています(注1)。このスキャンダルの発生源は主に欧州方面であることから、オリンピックを実質的に仕切っている欧州寡頭勢力が、日本に対して2020年東京オリンピック開催権を返上させるべくいっせいに対日攻撃を仕掛けているとみられます。
 
 要するに、日本に巣食うオリンピック利権勢力が何らかの理由で欧州寡頭勢力から怒りを買ったと本ブログでは観ています。
 
 それではなぜ、日本が欧州寡頭勢力から怒りを買ったのでしょうか、本ブログの見方では、2020年までに、3.11事件に伴う日本の放射能汚染の問題が解決する目途も立っていないのに、安倍氏が日本を代表してアンダーコントロールと詭弁を弄して東京オリンピック開催権を獲得したことが欧州寡頭勢力を怒らせた一因であると観ています。また、親・欧州寡頭勢力であった小沢氏と鳩山氏を失脚させた日本の親・米戦争屋勢力に対しても、欧州寡頭勢力は怒っているでしょう(注1)。
 
 これまで、欧州寡頭勢力は日本が米国戦争屋の属国なので、あまり日本に介入してこなかったわけですが、その米戦争屋は今、米国大統領選で苦境に陥っています。そのスキを突いて、欧州寡頭勢力が日本に介入し始めたとみられます。米戦争屋と欧州寡頭勢力は呉越同舟の関係で、あるときは協力し、あるときはライバル関係となります。戦後の日本の支配権は70年間、米戦争屋が握っていましたが、米戦争屋ボス・デビッドRFが仕切ってきた米国覇権の弱体化の影響を受けて、欧州寡頭勢力が抜け目なく、対日介入を始めたと本ブログでは観ています、その手始めが、2020年東京オリンピック開催権の剥奪でしょう。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.東京オリンピック・スキャンダル暴露を取っ掛かりに欧州寡頭勢力系シオニストが対日介入し始めたのか
 
 本ブログは米戦争屋ネオコンのウォッチをメインテーマとしていますが、このネオコンはシオニスト(注2)でもあると観ています。
 
2012年のロンドン・オリンピックは、通常、ステルス化している欧州系シオニストが全世界に向けて、その存在をアピールする祭典と位置づけられていたと本ブログでは観ています(注3)。
 
 上記、ロンドン・オリンピックにおける欧州系シオニストの暗躍を見て、欧米シオニストも一枚岩ではないと観ました。そして、欧米シオニストには米戦争屋ネオコン系シオニストと欧州寡頭勢力系シオニストの二大勢力が存在するのではないかと今では観ています。
 
 今回の東京オリンピック・スキャンダルの仕掛け人は欧州寡頭勢力系シオニストではないでしょうか。一方、9.11事件や3.11事件には、米戦争屋ネオコン系シオニストが関与したと観ています。彼らに共通する特徴はカバラ数秘術(注4)にこだわるカルト的勢力である点です。だから9.11事件と3.11事件の日時が半年のずれであることは偶然ではないでしょう。
 
3.シオニストは2010年から2020年を終末期(最後の審判の下る10年)と観ている
 
 上記、欧米シオニストは、2010年から2020年(東京オリンピックの年)を終末期(最後の審判)(注5)と観ているようです。2012年のロンドン・オリンピックもこの終末期間に入っていました。このことは、2010年に発行されたRF財団のレポート(一種の黙示録)(注6)のハックアタック・シナリオの章に書かれています。ちなみに日本が被災した3.11事件(2011年)もこの期間に入っています。
 
 ロンドン・オリンピックのとき、このRF財団レポートが世界中で注目されたのは、ロンドン・オリンピック会場に爆弾が落とされ、13000人が死ぬと書かれていたからです。
 
 ちなみに、このレポートの責任者・ピーター・シュワルツは筆者の居た米国シンクタンク・SRIインターナショナルの出身です。
 
 このレポートは2010年に書かれたのに、2012年のロンドン・オリンピックの爆発(おそらく核爆発)を過去形で書いています。
 
 さらにこのレポートは、ロンドン・オリンピックの核爆発の前に、2004年のスマトラ沖地震や2010年のハイチ地震が起きたと過去形で書いています。なぜ、この二大地震とロンドン・オリンピックの核爆発予言が併記されたのかは謎です。
 
ところでナオミ・クラインの著作『ショック・ドクトリン』(2007年)(注7)には、2004年のスマトラ沖地震は人工地震だったと匂わせる記述があります、また2010年のハイチ地震に関して、ベネズエラの故・チャベス元大統領(アンチ米戦争屋)は人工地震と断言しています。どちらの地震も発生直後、米軍が救援出動しています。ちなみに、3.11事件時も、米軍の救援出動がありました。
 
 そこで大胆に推測すると、2012年のロンドン・オリンピックの前の2010年から2012年の間に、スマトラ沖地震(M9.1 )やハイチ地震(M7.0)クラスの人工地震が起こされると黙示しているとも解釈できます。言うまでもなく、それは3.11大地震です。
 
 ところで、上記、RF財団レポートで予言されたロンドン・オリンピック会場では核爆発は起きませんでした。その代りに閉会式にて巨大な火の鳥が現れ、同時に派手な花火が打ち上げられています。
 
4.欧米シオニストはなぜ、東京オリンピックを潰したいのか
 
 上記、RF財団レポートは欧米シオニストの黙示録とみなせば、2010年から2020年の間に行われるオリンピックで核爆弾が使用されるという暗示がなされています。ロンドンでは核爆発はありませんでした。次は、2016年リオデジャネイロ・オリンピックか2020年東京オリンピックが想定されます。
 
 ところで、上記、東京オリンピック開催の火付け役は石原氏ですが、同氏は欧米シオニストによく知られた日本の隠れ核武装派の代表です。欧米シオニストのうち、広島・長崎に原爆を落とした勢力の末裔であるネオコンは日本が核武装するのを絶対に許しません。3.11事件はその恫喝だったと言う見方もできます。
 
 その石原氏は東京オリンピック招致運動のため、ロンドン・オリンピックに参加しようとしたのですが、欧米シオニストと思われる勢力からの圧力なのか、20127月に土壇場でロンドン行きをドタキャンさせられています(注8)。
 
 さらに石原氏はその年の暮れに、唐突に都知事を辞任、やむなく、子飼いの猪瀬氏にバトンタッチさせられています。当時の石原都知事は高速増殖炉もんじゅ(事実上の核兵器燃料生産装置)の研究員を激励しに行った直後に、不自然な石原氏辞任ハプニングが起きています。本ブログの見方では、欧米シオニスト勢力(ネオコン含む)から、核武装派・石原氏は強く恫喝されて辞任したと観ています(注9)。
 
 この背景を考慮すると、日本の隠れ核武装派の暗躍を警戒する欧米シオニストの一部は、いったん東京オリンピック決定で安倍氏や石原氏に花をもたせておいて、今度はストンと落す対日ハックアタックを実行計画している可能性が浮上します。もしそうなら、2020年東京オリンピックは実現できないかもしれません、もし強引にやったら、オリンピック・ボンビング(核爆発)が仕掛けられるのかもしれません。
 
注1:本ブログNo.1387『オリンピックを実質支配している欧州寡頭勢力を怒らせた安倍氏:放射能汚染が解決していないのに、アンダーコントロールと大嘘をついたのが仇となったのか2016516
 
注2:シオニズム
 
注3:本ブログNo.611ロンドン・オリンピック開会式での日本選手団強制退場は瓦礫メダルのせいだった?:3.11事件との関連性はある』201282
 
注4:数秘術
 
注5:最後の審判
 

注6:RF財団“Scenariosfor the Future of Technology and International Development2010

 
注7:ショック・ドクトリン
 
注8:読売新聞“石原知事、英出張取りやめ「あちこち障害が…」”2012720
 
注9:本ブログNo.822徳洲会スキャンダルで万事休すか石原・元東京都知事:隠れ核武装派の筆頭で不審死させられた故・中川昭一氏と同じく、アメリカ様から危険人物視されたのか』20131124
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

全281ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事