新ベンチャー革命

ベンチャー革命から新ベンチャー革命に移行しました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
新ベンチャー革命20161231日 No.1572
 
タイトル:欧州に流入する大量の中東難民を支援する人道主義のNGOに何者かが闇資金を提供しているのか
 
1.2016年はシリア紛争が原因で大量のシリア難民が欧州に流れ込んだ年だった
 
 2016年はもうすぐ終わりますが、来年に持ち越される大問題、それは欧州に流入する中東難民問題です。世界中でなんと6500万人規模の難民が発生しているそうです(注1)。反米の中東産油国・シリアにIS(イスラム国)が侵攻したのがきっかけで、シリア難民が大量に発生して欧州に流れ込み、今の欧州は国民の右傾化が顕著です。
 
 一方、欧州へ流入する中東難民を支援するNGOの活動も活発化しているようです(注2)。これらのNGOはオモテムキ、人道主義的スタンスで難民支援をしていますから、一般からの寄付金が活動原資になっていますが、おそらく、別に何者かから闇支援を受けている可能性を否定できません。
 
 ここでわれわれがキッチリ認識しておくべきは、シリアで発生している大量難民は自然発生しているのではなく、人工的に発生させられているということです。最大の解決策は、シリアを含む中東での紛争を止めることです。
 
 中東産油国にて半永久的に続く紛争の原因をつくっているのはISなど、中東産油国への外部侵略勢力です。そのISを闇支援しているのは、旧・米国戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン)と本ブログでは観ています。彼らネオコンは中東のイスラム教徒を排除して、中東の産油地帯にイスラエル大帝国をつくろうとしています。かつてのイラクは反米だったため、2003年のイラク戦争で旧・米戦争屋ネオコン配下の米軍に攻撃され敗北、今は対米従属国となっています。
 
 現時点で、中東において、旧・米戦争屋ネオコンに従属していないのは、主にシリアとイランです。そして旧・米戦争屋はISを使って、シリア侵略を続けているため、大量のシリア難民が発生しています。旧・米戦争屋ネオコンはシリアを攻略したら、次にイランを攻略しようとしています。しかしながら、これらの旧・米戦争屋ネオコンの企みに待ったを掛けているのがロシアなのです。
 
 ちなみに、サウジやカタールなどの親米の中東産油国はすでに旧・米戦争屋に従属していますから、ISに侵略されることはありません、それどころか、旧・米戦争屋の要請にてISに資金援助させられています。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.中東難民を支援するNGOの黒幕は何者か
 
 上記のように、今、大量の中東難民(主にシリア)が欧州に流入していますが、それを支援するNGOが存在しているわけです。本ブログの見方では、NGOで働く人の多くはマジメな人道主義者とみなせますが、やはり、これらのNGOに資金援助する黒幕が存在すると観ています。
 
 もしそうなら、この黒幕とは誰でしょうか。これを特定するのはなかなか難しいと思われます。
 
 一つ言えることは、欧州に大量の難民が流入すると、大きく見て、以下の二つの現象が発生すると予想されます。
 
(1)欧州で難民排斥の運動が起きて、欧州が右傾化する。
(2)欧州に流入した中東難民が差別を受けて、その一部がテロリスト予備軍となる。
 
 上記の二つの現象を起こしたい勢力こそがNGOを闇支援する黒幕なのではないでしょうか。この黒幕は欧州NATO軍を中東に派遣させて、反米・反欧のイスラム国、たとえば、シリアやイランと戦争させたい勢力ではないかとみなせます。
 
 さらにこの黒幕は、欧州で迫害されたイスラム教徒からテロリスト予備軍を大量生産して、今後も、欧州でイスラム教徒のテロを頻発させたいのではないでしょうか。この結果、欧州国民が反イスラム化し、欧州NATO軍が中東に派遣されることに、欧州国民が反対しなくなるはずです。
 
 このように考えるとこの黒幕は、欧州を巻き込んで、中東で大規模戦争を起こしたい勢力とうことになります。本ブログの見方では、ズバリ、旧・米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコンを含む)ではないでしょうか。
 
3.欧州を巻き込む中東戦争を阻止したい勢力が存在する
 
 本ブログの見方では、旧・米戦争屋ネオコンは、選挙不正でヒラリーを当選させ、ヒラリー政権下にて、欧州を巻き込んで中東戦争を引き起こそうとしていたと観ていますが、一方、そのシナリオを実現させないよう阻止する勢力も存在していると観ています。
 
 現実にヒラリーが敗北したということは、次期トランプ米政権は、旧・米戦争屋ネオコンの仕組む中東戦争シナリオを阻止したい勢力によって実現したということを意味します。
 
 本ブログの見方では、欧州寡頭勢力は、主に金融系であり、欧州を旧・米戦争屋ネオコンの仕掛ける中東戦争に巻き込ませたくないと観ています。
 
 以上の見方より、2017年、トランプ政権下で、米国が中東戦争(シリア紛争の発展形)に踏み切るかどうか、旧・米戦争屋ネオコンと新・米戦争屋の間で熾烈な綱引きが始まりそうです。
 
 この駆け引きでカギとなるのがロシアの動きです。旧・米戦争屋が優勢となれば、中東戦争が始まって、結局、第三次世界大戦に拡大する危険が増大します。一方、新・米戦争屋が優勢となれば、中東戦争は起こされないので、第三次世界大戦も回避されるでしょう。
 
 本ブログの見方では、少なくとも、トランプは親露路線を取っていますので、新・米戦争屋系であり、親・欧州寡頭勢力系であると思われます。しかしながら、トランプは今のところ、親イスラエルのポーズを取っていますので、旧・米戦争屋に妥協する可能性もあります。
 
 いずれにしても、2017年が戦争世紀元年にならないことを祈るのみです。
 
注1:BBC世界で6530万人が難民化、戦後最高水準に=国連”2016620
 
注2:田中宇“欧州の難民危機を煽るNGO20161229
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命20161230日 No.1571
 
タイトル:真珠湾慰問の翌日、故意に靖国参拝を強行した稲田防衛大臣の行動は日本人を貶めるための確信犯的挑発行為:第二の3.11テロ・ステルス攻撃がまたも仕組まれる危険を増大させる
 
1.ハワイ真珠湾慰問強行の翌日、親米似非右翼の傀儡・稲田防衛大臣による確信犯的靖国参拝の強行
 
 本ブログでは、年末の安倍氏一行のハワイ真珠湾慰問について、すでに取り上げています(注1、注2)。
 
 この安倍氏のハワイ行きで奇妙だったのは、安倍氏は夫人ではなく、稲田防衛大臣をあたかも夫人のようにして同行させた点です。事情を知らない世界の人々は稲田氏が安倍氏の夫人と誤解しそうです。
 
 そして、この一行が帰国した翌日、安倍氏はのうのうとゴルフをやっていましたが、稲田氏はなんと、靖国を電撃参拝したのです。この行動はハワイ行きの前から決まっていたと本ブログでは観ています、まさに確信犯的な故意の計画的行動です。
 
 さすがのマスコミも稲田氏の行動に仰天したらしく、早速、ゴルフ中の安倍氏に直撃インタビューしていましたが、安倍氏はノーコメントと言いました。これもおかしい、安倍氏は日本国民のみならず、米中韓を含む世界の人々に釈明すべきでしょう。
 
 この安倍氏の反応から、当然、安倍氏はこの時期における稲田氏の靖国参拝を事前に承知していたはずですが、今回の故意の稲田靖国参拝強行は、安倍氏を背後から操る黒幕からの指示だったと本ブログでは観ています。
 
 それでは、その黒幕とはいったい何者でしょうか、
 
本ブログの見方では、本件に限って、その黒幕は二通り考えられます、すなわち、(1)日本を乗っ取る米国戦争屋ジャパンハンドラー、あるいは、(2)安倍・稲田の支援団体・日本会議の二者が想定されますが、どうも後者のような気がします。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.米国国務省は真珠湾慰問翌日の稲田氏の靖国参拝に不快感を示す
 
 今回の稲田氏の靖国参拝強行には、筆者もさすがに個人的には仰天しましたが、よく考えると、これは安倍官邸も了解の上の行動だと思われます。
 
 この行動に米国務省はやはり不快感を表明したようです(注3)。
 
 さて本ブログの見方では、今の米国務省長官はケリーであり、日本を乗っ取る旧・米戦争屋とは対立しています。筋金入りの反戦主義者・ケリーは今回の稲田氏の挑発的な靖国参拝強行には怒り心頭でしょう。さらに安倍氏のパフォーマンスにつきあわされたオバマもさすがに内心、不愉快でしょう。
 
 ところで、上記、ケリー米国務長官は、2013年にヘーゲル米国防長官(当時)とともに訪日したとき、故意に、千鳥ヶ淵戦没者墓苑を慰問し、米国のアーリントン墓地に相当するのは、決して靖国ではなく、千鳥ヶ淵戦没者墓苑であると米オバマ政権はみなしていることを行動で示したのです(注4)。
 
 上記の事実を考慮すると、今回の稲田氏の行動は、オバマの親切心を仇で返す行為であり、この上もなく失礼です。このニュースを知った米国民も日本人はやはり信用ならないと改めて感じたでしょう。
 
 その意味で稲田氏の行動は、紛れもなく、日本人全体を故意に貶める確信犯的為なのです、まさに安倍氏の日本人を貶める行為(注1)とつながっています。
 
3.日本の隠れ核武装派と旧・米戦争屋ネオコンの暗闘は続いている
 
 次期米大統領・トランプは選挙中に日本の核武装を容認する発言をしましたが、選挙に当選後、これを撤回しています(注5)。
 
 本ブログの見方では、日本を乗っ取る旧・米戦争屋の中のネオコン(イスラエル・ネオコン含む)は、戦時中の対日原爆投下勢力の末裔であり、日本の核武装を絶対に許しません。
 
 3.11テロ事件の黒幕もこのネオコンと観ています、このテロは日本の隠れ核武装派に対するステルス攻撃と観ています。
 
 ちなみに、ネットブログの櫻井ジャーナルには、戦後の日本の核武装の動きに、米国がどのように対処してきたか述べられています、ご参考に(注6)。
 
 さて、本ブログでは、今回の安倍氏の真珠湾訪問は、ネオコンからの恫喝で強制されたものあり、安倍氏に対し、核武装しませんと懺悔させる儀式だったと観ています(注2)。
 
 この懺悔儀式で安倍氏は本心とは真逆のことをヌケヌケと約束したのです。この懺悔には、安倍氏を闇支援する日本会議の連中や日本に潜む靖国信奉者は不満だったでしょう。
 
 そこで、安倍氏やその取り巻きは、稲田氏に早速、靖国に行かせて、彼らの不満を慰撫したと思われます。
 
 今回の稲田氏の行動にて、ネオコンは、日本の隠れ核武装派が、決して、日本の核武装をあきらめていないことを改めて悟ったのではないでしょうか。もしそうなら、ネオコンにより第二の3.11テロ攻撃が仕組まれる危険が依然として、続くことになります、ヤレヤレ・・・。
 
注1:本ブログNo.1568『安倍氏は首相という地位を利用して真珠湾訪問を強行:日本人を故意に貶めようとする行動ではないかと疑われる』20161226
 
注2:本ブログNo.1570『安倍氏がいくら真珠湾で懺悔させられても、対日原爆投下勢力とつながる米国戦争勢力にとって、もんじゅ開発を止めなかった日本は依然として仮想敵国でしかない!』20161228
 

注3:共同通信米政府、稲田氏の靖国参拝批判「非常に残念」”20161230

https://this.kiji.is/187062359152410625?c=39546741839462401

 

注4:本ブログNo.1570『ケリー米国務長官およびヘーゲル米国防長官の千鳥ヶ淵戦没者墓苑訪問は靖国信奉者・安倍総理への痛烈な嫌がらせか、アーリントン墓地と同列なのは決して靖国神社ではない!』2016103

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/32692580.html

 

注5:読売プレミアム“トランプ氏 首席補佐官に党主流派 日本の核容認 撤回”20161114
 
注6:櫻井ジャーナル“原子力にのめり込んでいる東芝の粉飾決算が問題となっているが、その背後で核兵器開発の動き”20161229
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命20161228日 No.1570
 
タイトル:安倍氏がいくら真珠湾で懺悔させられても、対日原爆投下勢力とつながる米国戦争勢力にとって、もんじゅ開発を止めなかった日本は依然として仮想敵国でしかない!
 
1.ハワイ真珠湾における安倍氏の自己陶酔型演説にはなぜか、気色悪くて鳥肌が立った
 
 20161228日の今朝、テレビ各局は、オバマと安倍氏の真珠湾慰霊行事を延々と生中継していました。安倍氏の行動を美化しようとする姿勢が露骨に透けて見えました。それとも、米国サイドが安倍氏に命じた演説を通じて、日本国民へ何か伝えさせようとしたのでしょうか。いずれにしても、異常に長い中継でした。
 
 安倍氏が下手な演技をしながらテレプロンプターを読んでいる姿は到底、正視に耐えないものでした。よく恥ずかしくもなくこんな田舎芝居ができるものだとある意味、感心するほどでした。これがほんとうにわれら日本国の代表なのかとあきれるほどでした。テレビ東京を除いて、どのチャンネルも同じ画像を垂れ流していましたが、ほんとうに非効率なテレビ業界です。
 
 さらに、安倍氏が読んでいた原稿は誰がつくったのか、空虚そのもので、まったく感動できない内容でした。こんなのものをヨイショするテレビ局関係者はみんな思考停止状態です。この歯の浮くような安倍氏のパフォーマンスのウラで、安倍政権は沖縄県民の要求を無視して、辺野古移転工事再開を強行しています。
 
 安倍氏は二言目には、日米同盟の強化を口にしますが、戦後の日米関係に同盟という言葉を使って欲しくないです。実態は、対米隷属以外の何者でもありませんから。
 
 さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、安倍氏のいう日米同盟の美名の下で、米戦争屋は日本を完全に乗っ取っていると観ています。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
2.真珠湾攻撃には根強い陰謀論があるのに安倍官邸を怖がるテレビ局はこれをスルー
 
 真珠湾攻撃というのは、それこそ、日米の歴史を変えた重大な出来事であり、それだけに、日米で陰謀論が根強く存在しています(注1)。
 
 本ブログの見方では、真珠湾奇襲作戦を実行した日本軍の行動は事前に、米国政府に察知されていたのに、未必の故意にて、日本軍にハワイを攻撃させたというのが真実だと観ています。その目的は、第一次、第二次世界大戦で厭戦気分が漂っていた米国民を今度は、太平洋戦争に引き摺り込むためのカンフル剤的効果を狙ったものとみられます。要するに、日本はまんまと嵌められたのです。その結果、ハワイ米軍基地で働く米国人が米政府の未必の故意によって見殺しにされたわけです。このパターンは、9.11偽旗テロ作戦とまったく同じです。
 
 だから、旧・米戦争屋は、9.11事件発生後、配下のマスコミに対し、いっせいに、リメンバー・パールハーバーを叫ばせたのです。
 
 筆者が子供の頃の日本では、真珠湾攻撃の映画がよくつくられており、忠臣蔵同様に人気がありました。そして日本軍が真珠湾攻撃で米艦艇を破壊すると、観客は大喝采していたのです。一方、米国では、日本軍の真珠湾攻撃は、9.11偽旗テロと同様に、日本国家による対米テロ攻撃とみなされてきたのです、そして、米国民はみんな、日本人は卑怯な奴らとみなしてきたのです。
 
3.安倍氏がいくらハワイで懺悔しても、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAネオコンにとって、日本は依然として仮想敵国でしかない!
 
 安倍氏がハワイで懺悔する前、1221日、政府は高純度核燃料製造装置・もんじゅの廃炉を決めました。これまで、1兆円もの投資をしたのに、すべてパーです。本ブログでは、もんじゅ廃炉は日本を乗っ取る旧・米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)から、強く要求されたからと観ています。なぜなら、ネオコン(対日原爆投下勢力につながる)は日本の核武装を絶対に認めないからです。
 
 ところで、今、東芝は米国の原子力事業で数千億円の損失を出しています(注2)。またMHI(三菱重工)も米原発で9300億円の訴訟を起こされています(注3)。
 
 これらの背後には、旧・米戦争屋ネオコンが控えていると本ブログでは観ています。東芝もMHIもネオコンに嵌められていると疑われます。
 
 このことからもわかるように、日本を乗っ取る旧・米戦争屋の中のネオコンは依然として、日本を仮想敵国視しているのです。この事実は、在日米軍の隠された駐留目的(対日監視)でもあります。
 
 ところで、2011年の3.11事件は彼らネオコンの仕業(偽装自然災害テロ事件)と本ブログでは疑っていますが、その目的は、やはり、日本の核武装阻止と観ています。
 
 にもかかわらず、日本はいまだに原発再稼働をあきらめていません。この事実は、ネオコンからみれば、日本の隠れ核武装派は3.11テロを起こされても、日本の核武装をあきらめていないと見えるのです。その証拠に、石原氏(元都知事)が、3.11テロ後も、もんじゅ続行を訴えたし(注4)、安倍氏の支援団体・日本会議も最近、もんじゅ続行を主張しています(注5)。
 
 上記、ネオコンから危険視されているもんじゅの開発が頓挫したのは、阪神淡路大地震やオウム真理教テロの起きた1995年のもんじゅのナトリウム漏れ事故が原因です。この事故の日は、真珠湾攻撃日と同じく128日です(注6)。ちなみに、もんじゅを担当していたのは震災被害を受けたMHI神戸です。また隠れ核武装派・石原氏は神戸出身で、愛息が信者だったオウムの宗教法人化に尽力しました。
 
 本ブログでは、このもんじゅのナトリウム漏れ事故も3.11テロ同様に、日本の核武装を許さないネオコンによる偽装事故テロだったと疑っています。
 
 ところで、今回の安倍氏による真珠湾慰問が発表されたのは、2016127日(真珠湾攻撃日は米国時間では127日)ですが、タイミング的に、日本会議がもんじゅ続行を主張し始めた直後です。
 
 安倍氏を支援する日本会議がもんじゅ続行を主張したので、安倍氏はネオコンから恫喝された可能性を否定できません。
 
 その後、日本政府はもんじゅ廃炉を決定していますが、安倍氏のハワイでの懺悔は、日本は核武装しないと強制的に誓わせる儀式のひとつなのかもしれません。
 
注1:真珠湾攻撃陰謀説
 
注2:日経新聞“東芝、止まらぬ損失 WH買収で「10年の重荷」”20161227
 

注3:ダイヤモンド・オンライン“9300億円の訴訟を起こされた三菱重工!!
日米原発報道での一番の違いとは?――広瀬隆×堀潤対談<中篇>”2015829

 
注4:本ブログNo.639『石原東京都知事が、唐突に高速増殖炉「もんじゅ」の技術開発続行を主張するのはなぜか』201298
 
注5:本ブログNo.1543『高純度核燃料製造装置・もんじゅ開発続行主張で米国から警戒され始めた日本会議:安倍氏が隠れ核武装派と米国から疑われると昭恵夫人の大麻グループ応援が表沙汰となるのか』20161128
 
注6:もんじゅ
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命20161227日 No.1569
 
タイトル:天皇と安倍氏の確執が遂に表面化した:真珠湾訪問を強行した安倍氏はほんとうに靖国信奉者なのか
 
1.尋常ならざる事態発生:天皇と安倍首相の確執が表面化しつつある
 
 本ブログ前号にて、まったく一貫性のない行き当たりばったりの外交を展開している安倍首相は日本人を故意に貶める行動を取っているのではないかと指摘しました(注1)。
 
 もっとズバリ言うと、安倍氏は日本人としてのホンモノの愛国心を持っているのかどうか、非常に疑わしいということです。
 
 今の日本でもっとも愛国心が強いと思われるのはやはり、今の天皇ではないかと筆者個人は思っています。
 
 そして、ホンモノの愛国心にあふれる天皇は、日本の代表としての安倍首相が密かにもつ価値観が、日本を代表する人間として不適なのではないかと気付かれ、強い懸念を抱いておられるような気がします。
 
 その証拠に、1219日に予定されていた天皇と安倍氏の昼食会がカゼを理由にドタキャンされています(注2)。さらに、1226日、今度は、毎年恒例の天皇の新年のご挨拶を、今後、取りやめると決められたようです(注3)。
 
 そして、毎日新聞がスクープ記事を載せました、それは、天皇の生前退位の意向はすでに、2015年秋に官邸に伝えてあったのに、ずっと、官邸はこれを握りつぶしていたそうです(注4)、もう唖然です!
 
 上記の動きから、天皇と安倍氏(背後に日本会議)(注5)の確執は決定的になりました。
 
 天皇が真に問題とされているのは、生前退位の問題というより、安倍氏を含む親米似非右翼の連中が、平和憲法で定められている今の天皇制を戦前に引き戻し、日本を戦前回帰させようとしている動きそのものなのではないでしょうか。彼ら似非右翼は、天皇を絶対化して、彼らの対日支配に都合よく利用しようとしているに過ぎません。今の天皇がこの動きを強く警戒されるのは当然です。
 
2.安倍政権を含む自民党を根底から親米似非右翼集団に替えた元凶は、日本を乗っ取る米国戦争勢力
 
 本ブログの見方では、今の自民党は2001年に誕生した小泉政権以前の自民党とは似て非なる政党に変貌しています。それまでの自民党は非・親米派の経世会と対米隷属の清和会が混在しており、以前は経世会の方が優勢したが、旧・米国戦争屋CIAは、小泉政権誕生以降、経世会議員を全滅させてしまい、今の自民は清和会系の親米派しかいません。
 
 ところで、安倍氏一行は、昨日1226日(ハワイ時間)にえひめ丸沈没慰霊碑を訪問していますが、このえひめ丸沈没事件(故意の撃沈疑惑)こそ、自民党が親米一色になるトリガーだったと本ブログでは観ています(注6)。
 
 ちなみに、ここで言う親米とは親・旧米戦争屋を意味します。
 
 こうして、今の安倍自民政権は、旧・米戦争屋の意向に従って、日本の憲法を改悪し、自衛隊を韓国軍同様に、米軍の傭兵にして、旧・米戦争屋の仕掛ける戦争に派遣させようとしているのです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
3.日本の自衛隊を米軍傭兵に利用したい旧・米国戦争屋はなぜ、安倍氏を二度も、首相にしたのか
 
 日本を乗っ取る旧・米戦争屋は、すでに自民を完全に乗っ取っていますから、誰を自民総裁にするかを、総裁選に介入して自由に決められます。そして、安倍氏は旧・米戦争屋の意向で自民総裁となって自動的に首相の座に就いているに過ぎません。
 
 ところで、あの安倍氏は、元々、愛国右翼の故・中川昭一氏の思想に近かったのですが、二度目の首相にしてもらう際、旧・米戦争屋に対し、親米右翼に転向すると誓い、再度、首相をやっているわけです。なぜ、旧・米戦争屋は二度も、安倍氏を首相にしたのでしょうか、本ブログの見方では、安倍氏が個人的に、旧・米戦争屋CIAのエージェントであった祖父・岸信介に心酔している点が、旧・米戦争屋にとって安倍氏は利用価値のある政治家だとみなされた理由と思われます。
 
 そして、安倍氏は旧・米戦争屋の指図通り、日本を親米右翼化しているのです。そのことを天皇は強く懸念されているのです。
 
4.安倍氏が日本を乗っ取る旧・米戦争屋から気に入られている隠された理由とは
 
 安倍氏が日本を乗っ取る旧・米戦争屋から気に入られているもう一つの隠された理由があると、本ブログでは観ています、それは、安倍氏には日本人としてのホンモノの愛国心が欠如していると疑われる点です、だから平気で日本人を貶める行為ができるのではないでしょうか(注1)。その意味で、安倍氏は、旧・米戦争屋にとって極めて好都合な稀有の日本国首相であって、日本国民にはまったく好都合ではない日本国首相なのです、だから彼は、まったく日本国民のためにならないアベノミクス(米国を利する政策)を平気で続けることができるし、日本国首相であるにもかかわらず、日本国民に平気でウソをつくことができるのではないでしょうか。彼はそのとき、そのときで、その場しのぎの適当な答弁を繰り返してもケロっとしておれるのです、ほんとうに信じられませんが・・・。
 
 ここで気になるのは、2006年に韓国の中央日報が報じたある記事があります(注7)。安倍氏の父・安倍晋太郎が自分は朝鮮人だと告白したという記事です。
 
 もし、この記事が事実なら、安倍氏に日本人としてのホンモノの愛国心が欠如することは十分にあり得ます。
 
 さて、安倍氏の実父・安倍晋太郎の父は安倍寛(注8)(安倍氏の父方祖父)ですが、安倍晋太郎の出生の大きな謎、それは、晋太郎が生まれてすぐ、安倍寛は離婚しているという点です。したがって、晋太郎は生みの母を知らないという境遇の持ち主なのです。
 
5.安倍氏にはなぜ、天皇に対する敬いの気持ちがないのか
 
 本ブログでは、安倍氏の天皇に対する態度から、安倍氏の深層心理には天皇を敬う気持ちがまったくないと観ています(注8)。
 
 安倍氏は元々、靖国信奉の右翼なのに、なぜ、天皇に対する敬いの気持ちが欠如しているのか、前々から疑問でした。
 
 安倍氏が信奉しているはずの靖国神社には、本来の太平洋戦争史観(今は旧・米戦争屋から変更するよう強制されているが・・・)があり、日本軍は米国の謀略によって先制攻撃させられたという考えが根底にあります(注9)。でなければ、靖国の英霊は単なるテロリストに成り下がるのです。
 
 もし、安倍氏がホンモノの靖国信奉者なら、絶対に、真珠湾慰問はできないはずです。その意味で安倍氏の行動にはまったく一貫性がなく、支離滅裂なのです。
 
 そう言えば、明治維新当時の明治天皇の御影(華奢)と、靖国神社の遊就館に飾ってある明治天皇の御影(威風堂々)はかなり異なると思います。
 
 周知のように明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を祀る神社ですが、天皇家が参拝されることがあまりないのが不思議です。明治維新後つくられた靖国神社にも今の天皇は行かれません。その靖国神社で最も不思議なのは、長州藩士・大村益次郎が菊の御紋にお尻を向けて立っている点です(注9)。
 
 ちなみに、安倍氏の母方は岸家ですが、岸家は山口県田布施にあります。その田布施には大室寅之祐の実家があるようですが、陰謀論の世界では有名な人物です(注10)。
 
 ちなみに、筆者の実家も山口県にあり、親戚が田布施にあるので、子供の頃よく田布施に遊びに行っていましたが、大室寅之祐の話を聞いたことはありません。
 
 いずれにしても、安倍氏は田布施の岸家とは親戚ですから、明治維新の裏話を子供の頃、聞かされた可能性は大です。もしそうなら、安倍氏は一般の国民とは異なる天皇観を持っている可能性があります。
 
 最後に一言、安倍氏と同様に、小泉元首相(父は鹿児島の田布施出身)もよく靖国に行っていましたが、この人はホンモノの靖国信奉者ではまったくなかったのです。旧・米戦争屋の指示で、中韓を故意に挑発していただけでした。
 
注1:本ブログNo.1568安倍氏は首相という地位を利用して真珠湾訪問を強行:日本人を故意に貶めようとする行動ではないかと疑われる20161226
 
注2:リテラ“天皇が誕生日会見で生前退位に踏み込む可能性・・・安倍首相との昼食会キャンセルで囁かれる官邸への怒り”20161219
 
注3:朝日新聞“天皇陛下、「新年のご感想」とりやめ 負担軽減”20161226
 
注4:健康になるためのブログ“【毎日新聞スクープ!】「天皇陛下のお言葉案」2015年秋には官邸に伝えていたが、安倍政権が握り潰していたことが判明!”20161226
 
注5:日本会議
 
注6:本ブログNo.289えひめ丸事件犠牲者への供養:森降ろしのマスコミに二度とだまされないこと2011211
 
注7:中央日報“安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」”2006930
 
注8:本ブログNo.1454平和主義者・天皇vs戦争屋・安倍首相の暗闘が始まる!:原爆慰霊祭期間の201688日、天皇のお言葉を受けて安倍氏が記者会見を終えた瞬間、犬が後ろ足で砂をひっかけるシーンを連想させられた?201689
 
注9:ベンチャー革命No.205靖国神社の太平洋戦争史観、重大修正2006 910
 
注10:大室寅之祐
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に

新ベンチャー革命20161226日 No.1568
 
タイトル:安倍氏は首相という地位を利用して真珠湾訪問を強行:日本人を故意に貶めようとする行動ではないかと疑われる
 
1.何度でも言う:安倍氏は独断で真珠湾訪問してはならない!事前に日本国民の承認が必要
 
 安倍首相が20161226日の今夜、ハワイに向けて出発するようです。ハワイで休暇を取っているオバマと会談する名目で真珠湾慰霊訪問するためです(注1)。
 
 マスコミ報道では、今年5月、オバマが広島を慰霊訪問したので、そのお返しのような形となっています。
 
 本ブログでは、安倍氏の真珠湾訪問についてすでに取り上げています(注2)。
 
 安倍氏は日本国民からの直接投票で首相に選ばれた人ではないものの、一応、間接的に国民総選挙で選ばれた日本国民の対外代表ですから、日本国民の代表・安倍氏による真珠湾訪問にて、米国人を含む世界の人々は、日本人全体が、旧日本軍による真珠湾攻撃は、日本国の国家犯罪だったと認めて懺悔していると解釈するでしょう。
 
 ところが、旧日本軍による真珠湾攻撃については、日本人全員がその国家犯罪性を認めているわけでは断じてありません。だから、安倍氏は日本国民全員の承認なく、勝手に自己判断で、日本を代表して真珠湾訪問をすべきではないのです。どうしても行きたいなら、首相の座を降りてからにして欲しい。
 
今の日本国民にとって最大の不幸は、日本が民主主義国家であるという現実をまったく理解できていない反民主主義者の典型である安倍氏を、よりによって民主主義国家・日本の代表に据えているという事実にあると、本ブログでは観ています。
 
 このことを指摘するマスコミは皆無であることも、ほんとうに情けない日本だと思います。
 
2.安倍氏は本音では戦前回帰を志向していながら、戦前の日本はテロリスト国家だと認めるつもりか
 
 安倍氏が個人的にもっとも尊敬してやまない人物は、彼の母方祖父・岸信介です。本来、A級戦犯だった岸信介は、米国戦争屋CIAと司法取引して、CIAエージェントとなって処刑を免れた人物ですが、安倍氏にとって、戦前日本を否定することは、戦犯であった岸信介を否定することになります。その結果、安倍氏は個人的に、戦犯にされた岸信介の名誉を守るために、本音では戦前の軍国日本を肯定しているのです。その証拠に、天皇退位の問題も、天皇の意向を無視して特例法でごまかそうとしています、なぜなら、安倍氏は本音では戦前の天皇制を肯定し、天皇を神格化して利用しようという魂胆が丸見えなのです。
 
なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
 
 ここではっきり言っておきますが、安倍氏にとって、本心から天皇を敬う気持ちはさらさらなく、天皇は自分たちが利用する対象に過ぎないのです。天皇退位の問題への安倍氏の姑息な取り組みから、安倍氏の本音が透けてみえます。そして天皇も安倍氏の魂胆を先刻ご承知でしょう、天皇は本心では、安倍氏の顔も見たくないはずです。
 
 このような安倍氏は、日本人の代表として真珠湾訪問する行為が何を意味するかわかっていたら、到底、真珠湾訪問などできないはずです。
 
3.米国民は、戦前日本はテロリスト国家と思っているが、安倍氏は自ら、それを認めているに等しい、何と愚かな行為か
 
 戦前、日米太平洋戦争を仕掛けた黒幕は、旧・米戦争屋CIAネオコンにつながる戦前米国の戦争勢力であると本ブログでは観ています。
 
 彼らの常套手段は、かつての米国製西部劇でよくみられたように、敵を挑発して先制攻撃させて、それを迎え撃つ戦法なのです。彼らは戦争を実行する際、必ず、自分たちは正義の勢力であり、敵を悪の勢力に仕立てるのです。
 
 日米開戦に関しても、彼ら米国戦争屋は、悪の敵である日本軍に先に攻撃させたにすぎません。そして、当時の日本軍は、彼らのワナにまんまと嵌ったのです。ハーバード大に留学経験のあった山本五十六(真珠湾テロ攻撃の責任者)は知り合いの米国人の口車に乗ってだまされた可能性すらあります。
 
 そして、戦前の米国戦争屋は、戦前日本を今のイラクや北朝鮮同様に、悪の枢軸国に仕立てたのです。こうして、日本は、米国人の深層心理では、テロリスト国家としてインプットされ、今もそれは変わっていないでしょう。
 
4.穿った見方をすれば、安倍氏は故意に日本人を貶めようとしているのか
 
 今回の安倍氏の唐突な真珠湾訪問によって、米国民の深層心理では、日本人=テロリストとして、改めて脳裏にインプットされます。なぜなら、旧日本軍による真珠湾攻撃は、米国民にとって依然として、許されざる国家テロ犯罪なのです。
 
 その結果、米国民の深層心理では、日本人を代表している安倍氏の真珠湾訪問によって、現代の日本人の品性までもが貶められます。
 
 このことを安倍氏もわかっているはずです、にもかかわらず、強引に真珠湾訪問するということは、もう、故意に日本人を貶めようとしていると解釈せざるを得ません。
 
 安倍氏には、日本人としても矜持も誇りもないことがよくわかります。こんな人が日本国首相とは、ちょっと信じられません。
 
 ところで、安倍氏は山口県を選挙地盤(安倍晋太郎の選挙地盤)としていますが、筆者個人も山口県生まれです。ここは半島と近く、筆者が子供の頃は人種差別が強い土地柄でした。このことが、安倍氏の今回の行動(日本人を貶める行為)に影響を与えているのでしょうか、そう疑わざるを得ません。
 
注1:産経ニュース“安倍晋三首相、ハワイへ今夜出発 真珠湾でオバマ大統領と慰霊へ”20161226
 
注2:本ブログNo.1550とんでもない自家撞着に陥った安倍氏は狂ったのか、旧日本軍の真珠湾攻撃犠牲者の慰霊をするとは:靖国の英霊は9.11偽旗テロのアルカイダと同列のテロリストと米国民からみなされているのを知らないのか!2016126
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

この記事に


.


みんなの更新記事