ここから本文です
tearface
国益を追求します。

書庫中国共産党 「日本解放第二期工作

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

2015.7.6 16:57更新


中国が抗日活動を大規模展開へ 「反日」宣伝はアニメ、京劇、伝統芸能も利用…国民感情を刺激

 今年を「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける中国共産党・政府は、日中戦争の発端となった1937年の盧溝橋事件から78年となる7日から、関連の記念活動や宣伝を本格化させる。抗日をテーマにしたテレビドラマや映画、ドキュメンタリーを全国で放映するほか、展覧会や書籍出版を通じた愛国キャンペーンを展開する。
 国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局の田進副局長は6日北京で記者会見し、活動目的について「愛国主義を核心とする民族の精神を宣伝し、中国共産党が抗日戦争の大黒柱として果たした役割を際立たせるためだ」と強調。宣伝は子ども向けのアニメや京劇などの伝統芸能も利用するとしており、国民の反日感情を刺激しそうだ。
 北京市郊外にある盧溝橋近くの中国人民抗日戦争記念館では7日から、抗日戦争勝利をテーマにした展覧会を開始。約4千点の写真や資料を一般向けに公開し、「日本帝国主義の度重なる犯罪行為を明らかにする」(副館長)としている。(共同)


【中国の我が国間接侵略基本方針記事】

この記事に

【中国BBS】山西爆発事件に“日本人陰謀説”も、憶測広がる

2013年11月7日 08:21 (サーチナ)

\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m

 中国北部、山西省太原市中心部の中国共産党山西省委員会の庁舎前で6日午前7時40分(日本時間8時40分)ごろに起き、9人が死傷した連続爆発事件は、何者かが時限式爆弾を使って共産党委庁舎を狙った計画的な犯行との見方が強まっている。

 この事件をめぐって香港紙は6日、容疑者1人が治安当局に拘束されたと報道。また中国紙は防犯カメラの映像から、容疑者が午前7時ごろまでに爆弾を設置し、黒い乗用車で立ち去ったとの警察からの情報を伝えた。

 犯人につながりそうな情報が出てきてはいるが、当局はまだ具体的な犯人像を示していない。こうしたことから中国検索大手、百度の掲示板には6日午後、犯人について憶測するスレッドが立ち上がり、「日本人の陰謀だ」との説まで飛び出した。コメントの一部を抜き取ってみる。

「絶対に日本人の陰謀だ。日本人の逆襲だ」「手口はウイグル独立派っぽくないな」「日本人がこんな古っぽい爆弾使うか?」「やっぱり共産党がターゲットだろ?」「山西って汚職が多そうだしな」「個人的な犯行じゃないか? テロリストとは関係なさそう」

 このあたりまでくると、「日本人陰謀説」よりも、「共産党に恨みを持った個人の犯行か?」との見方が強くなってくる。
「中国社会もテロの時代に入った。でもこれって自国の人間を自分で殺すことだ」
 といったコメントもあった。

 このスレッドにはメディアが写したとみられる現場、また爆弾に使われたとみられる鉄の弾、くぎなどの写真が多数表示されており、インパクトは大きい。10月末には北京の天安門に自動車が突入し、炎上する事件があったばかりで、国民の不安が高まっている。天安門の事件は当局がテロと断定し、ウイグル族に対する取り締まりを強めているが、今回の山西の事件はどうだろうか? 中国メディアが「安倍首相が中国と対決姿勢」、「中国の無人機を日本が撃墜したら、それは戦争だ」と大々的に報じる中、「日本人犯行説」が出る感情も理解できなくはないが、犯罪の構図はもっと身近にあるのではないだろうか?(編集担当:古川弥生)(イメージ写真提供:123RF)



おいおいw
もしも日本人だったとしても
そんな事やるのは、共産主義革命大好きの
赤軍や中核派の連中だろwww
まぁ中核派はマルクスレーニン主義さえ
否定してるんじゃなかったっけ?www

やりかねないっちゃぁやりかねないけど
わざわざあんな小汚い国で騒ぎ起こさなくても
勝手に支那畜生は騒ぎ起こすだろwww



日本人陰謀説www
そこまで反日なら日本に来るなってばよ。

もう面倒だなw
日本の製品には爆弾が仕掛けられてるかもよーw
日本車は全て時限爆弾が入ってるかもよーw
日系企業はテロリストの拠点かもしれないぞーw
ばらばらにして調べよーw


本当に支那畜生ってのは
頭の悪い連中しかいネーんだねぇ
www


仮に、日本人が爆破テロを起こしたとしよう。
本当に、この程度で済むと思うのか?
マジでやるなら、
オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件並みに
トレーラーの積載重量一杯のANFO載せて、天安門突っ込むわ。
www
(゚д゚)バーカ

おーい支那畜生共〜
取りあえず
肥料の尿素と灯油用意しとけー
www
有ればあるだけ効果は大きいぞー
( ^∀^)ゲラゲラ


\?\᡼\? 3
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 4
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m
\?\᡼\? 1
↑↑↑ランキング協力お願いします クリックお願いしますm(_ _)m


転載元転載元: 日々のストレス溜まりまくり

この記事に

中国からの秘密指令書

4月17日の記事に右翼新聞とされる「国民新聞」からの下記情報を取り上げたが、ブログ仲間からの反応はゼロ。
30年以上前のこの秘密指令書って作り物なんだろうか?

テレビに出まくって中国を擁護する中国人大学教授たち
朝日新聞、NHKをはじめとするマスコミ報道
中国に招待されて反日的な言動を取る政治家たち

最近のこのような状況を見るといちいち思い当たることがあって、この秘密文書がホンモノめいてくる。


470801B 中国共産党

「日本解放第二期工作要綱」(B)      
B.工作主点の行動要領
 第1.群衆掌握の心理戦
 第2.マスコミ工作
 第3.政党工作
 第4.極右極左団体工作
 第5.在日華僑工作



第1.群衆掌握の心理戦
 
 駐日大使館開設と同時になされなければならないのは、全日本人に中国への好感、親近感を抱かせるという、群衆掌握の心理戦である。好感、親近感を抱かせる目的は、我が党、我が国への警戒心を無意識の内に捨て去らせることにある。
この為に、以下の各項を速やかに、且つ継続的に実施する。

1−1.展覧会・演劇・スポーツ

 中国の書画、美術品、民芸品等の展覧会、舞劇団、民族舞踊団、民謡団、雑技団、京劇団の公演、各種スポーツ選手団の派遣を行う。

 第一歩は、日本人大衆が中国大陸に対し、今なお持っている「輝かしい伝統文化を持っている国」「日本文化の来源」「文を重んじ、平和を愛する民族の国」というイメージを掻き立て、更に高まらせることである。
 
 我が国の社会主義改造の誇るべき成果についての宣伝は、初期においては少ない方がよく、全然触れなくても構わない。

 スポーツ選手団の派遣は、ピンポンの如く、試合に勝ちうるものに限定してはならず、技術的に劣っている分野の選手団をも数多く派遣し、日本選手に学ぶという率直な態度を示して、好感を勝ち取るべきである。

1−2.教育面での奉仕

 A.中国語学習センターの開設。

   全国都道府県の主要都市の全てに中国語学習センターを開設し、教師を無報酬で派遣する。

   教師は、1名派遣の場合は女性教師、複数の場合は男、女半々とし、全て20歳代の工作員を派遣  する。受講者資格は、もとより無制限とし、学費は無料又は極めて小額とする。

 B.大学への中国人中国語教師派遣の申し入れ。

   中国語学習センターを開設し、日本人青年層に中国語学習熱が高まったところで、私立、公立の大 学には個別に、国立大学については日本政府文部省へ中国人中国語教師の派遣を申し入れる。

   申し入れを婉曲に拒否した場合は、「我が国の純然たる好意、奉仕の精神に対する非礼」を責めれ ば、日本のマスコミも大衆も、学生も許さないであろう。

   しかし、第1回で全勝を求める必要は無く全国大学の過半数が受け入れればそれで良い。後は自然 に受け入れ校は増加していくものである。

 C.委員会開設。

   「中日文化交流協会」を拡充し、中日民間人の組織する「日中文化教育体育交流委員会」を開設して実施せしめ、我が大使館は、これを正式に支援する方式をとる。

   尚、本綱の全ての項目は、初期においては、純然たる奉仕に終始し、いささかも政治工作、思想工作、宣伝工作、組織工作を行ってはならない。

第2.マスコミ工作

大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と読んだのは、遠い昔のことである。次の時代には、新聞、雑誌が世論を作った。今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意思が世論を盛り上げるのである。
   
田中内閣成立までの日本解放(第一期)工作組は、事実でこの教えの正しさを証明した。日本の保守反動政府を幾重にも包囲して、我が国との国交正常化への道へと追い込んだのは日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下に置いた我が党の鉄の意志とたゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである。

 日本の保守反動の元凶たちに、彼等自身を埋葬する墓穴を、彼等自らの手で掘らせたのは、第一期工作組員である。田中内閣成立以降の工作組の組員もまた、この輝かしい成果を継承して、更にこれを拡大して、日本解放の勝利を勝ち取らねばならない。

2−1.新聞・雑誌

A.接触線の拡大。

   新聞については、第一期工作組が設定した「三大紙」に重点を置く接触線を堅持強化すると共に、残余の中央紙及び地方紙と接触線を拡大する。

   雑誌、特に週刊誌については、過去の工作は極めて不十分であったことを反省し、十分な人員、経費を投入して掌握下に置かねばならない。接触対象の選定は「10人の記者よりは、1人の編集責任者を獲得せよ」との原則を守り、編集を主対象とする。
 
2−2.テレビとラジオ

 A.これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。

   具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡並びに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。

   前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

 B.テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。
   画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。

 C.時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。

2−4.本工作にマスコミ部を設けて、諸工作を統轄する

第3.政党工作
 
3−2.議員を個別に掌握

 下記により国会議員を個別に掌握して、秘密裏に本工作員の支配下に置く。

 A.第一期工作組がすでに獲得したものを除き、残余の議員全員に対し接触線を最少4線設定する。

 B.上の他、各党の役職者及び党内派閥の首長、有力者については、その秘書、家族、強い影響力を持つ者の3者に、個別に接触線を最少2線設定する。

 C.上の接触線設定後、各線を経て知り得る全情報を整理して、「議員身上調査書」の拡充を期し、公私生活の全貌を細大漏さず了解する。

 E   敵国の無血占領が、この一事に懸っていることを思い、いかなる困難、醜悪なる手段も厭うてはならず、神聖なる任務の遂行として、やり抜かねばならない。


3−3.招待旅行

 上の接触線設置工作と並行して議員及び秘書を対象とする、我が国への招待旅行を下の如く行う。

 A.各党別の旅行団。団体の人数は固定せず、実情に応じて定める。

   但し、団体構成の基準を、「党内派閥」「序列」「年齢」「地域別」「その他」そのいずれかにおくかは慎重に検討を加え、工作員の主導の元に、我が方に有利になる方法を採らしむるよう、工作せねばならない。

 B.党派を超えた議員旅行団。議員の職業、当選回数、選挙区、選挙基盤団体、出身校を子細に考慮し、多種多様の旅行団を組織せしめる。

 C.駐日大使館開設後1年以内に、全議員を最低1回、我が国へ旅行せしめねばならない。

自民党議員中の反動極右分子で招待旅行への参加を拒む者に対しては、費用自弁の個人旅行、議員旅行団以外の各種団体旅行への参加等、形式の如何を問わず、我が国へ一度旅行せしめるよう工作せねばならない。

 D.旅行で入国した議員、秘書の内、必要なる者に対して、国内で「C・H・工作」を秘密裏に行う。

(以下略)
)

転載元転載元: 反日勢力を斬る

この記事に

開くトラックバック(0)

中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」
第4.極右極左団体工作
4-1.対極右団体工作
 我が党は日本解放、日本人民共和国樹立工作を進めるに当たって、日本の極右団体に対する対策は必要であるか? 必要だとすればいかなる対策をたてて工作を進めるべきか? 第一に認識しなければならない彼我の関係は、彼等は利用し得べき中間層に属するものではなく、水火相容れざる敵であることである。では、彼等の現有勢力はどうか? 東京における極右団体数は約180余。シンパも含めて人数は約40万、全国には1人1党的なものも含めれば約800団体、総数100万未満で問題にするには足りない。 世論の動向はどうか? 我が方は、逸早く「マスコミ」を掌握して、我に有利なる世論作りに成功した。敗戦日本を米帝が独占占領したことは悪質極まる罪悪であるが、米帝が日本の教育理念、制度を徹底的に破壊し、国家・民族を口にすることが、あの悲惨な敗戦を齎した軍国主義に直結するものであると教育せしめたことは、高く評価されねばならない。
 極右は、嘗て輝かしい成果を収めたように、「国家」「民族」というスローガンで民衆に近づく道を封じられているである。否、彼等がそれを強調すればする程、民衆は彼等から離れていくのである。800に分裂し、マスコミを敵とし、直接に民衆へ呼び掛けても、効果が上がらぬ彼等は、翼なきタカであるか? 工作の対象として取り上げるに値しないものであるか? ここで我々は、日本解放工作の最も困難なる点、即ち、我が方の弱点の所在を十分に承知しておかなければならない。
  1. 国会議員の過半数を工作組の掌握下に置き、国会での首班指名選挙で、我が方の望む人物を選出させ、連合政府を成立させることは合法行為で可能である。
  2. 右は日本人大衆の意志とは、関連なく行い得る。
  3. マスコミは右の工作が順調に進むよう、背後に隠れ全面的に支援する。

 上の3点から連合政府樹立については、極右勢力がその阻害の素因となる恐れは殆どない。もし彼等が連合政府樹立前に武装反革命戦を惹き起こせば、世論の総攻撃を受け、日本官憲によって弾圧粉砕されることは間違いない。

 問題は、連合政府樹立直後の民心の大変化にある。大衆は「連合政府・・共和国成立」という革命図式がデマでなく真実だと直感するであろう。彼等を騙し続けてきたマスコミへの怒り、彼等の意志を完全に無視して首班指名選挙を行った議員への怒り、生活様式が一変するという恐怖感、これらが組織されて爆発したらどうなるのか?

 この時点で、統一された、組織を操る極右勢力が存在すれば、これ程大きな危険はない。彼等の微小な力「一」は、たちまちにして「百」「千」となろう。大衆は、彼等の武装決起に背を向けないどころか、それを望み、それに投じるであろう。もとより、最後の勝利は我が方に帰するが、一時的にせよ、内戦は避けられず、それは我々の利益とはならない。以上の分析に従えば、対策は自ずから決まってくる。

  1. 極右のマスコミ奪回の反激戦に対しては、常に先手をとって粉砕せねばならない。
  2. 極右団体の大同団結、乃至は連携工作を絶対に実現せしめてはならない。凡ゆる離間、中傷工作を行って、彼等の感情的対立、利害の衝突を激化させねばならぬ。
  3. 各団体毎に、早期に爆発せしめる。彼等の危機感をあおり、怒りに油を注ぎ、行動者こそ英雄であると焚き付け、日本の政界、マスコミ界、言論人等の進歩分子を対象とする暗殺、襲撃はもとより、我が大使館以下の公的機関の爆破等を決行するよう、接触線を通じて誘導する。我が公的機関の爆破は建物のみの損害に留め得るよう、準備しておけば実害はない。事後、日本政府に対して厳重抗議し、官憲をして、犯人の逮捕はもとより、背後団体の解散をなさしめ、賠償を要求し、マスコミには、全力を挙げて攻撃させ、人民の右派嫌悪を更に高め、定着させる。
  4. 右のため、必要な経費と少量の米製武器弾薬を与える。これは蒋介石一派が日本の極右に資金・武器を与えたのである、と日本官憲に信じ込ませる如く工作して、二重の効果を生むよう配慮せねばならない。
  5. 本工作は工作組長自ら指揮する直属機関「P・T・機関」をして実施せしめる。
4-2.対極左団体工作
  1. 学生極左団体は、一定任務を与え得ない団体(又は個人)と一定任務を与え得る者と区別して利用する。
  2. 前者には、資金・武器を与えて小規模な武装暴動を頻発せしめ、全国的な社会不安を高めると共に、日本官憲をして奔命に疲れせしめる。犯人及び直接関係者は、駐日大使館において保護し、必要ある場合は我が国の船舶で中国に逃亡せしめる。
  3. 後者には、各階層の極右分子中、我が工作の著しい阻害となる者に対しての暗殺・脅迫・一時的監禁等を使用する。その保護については前項に同じ。
  4. 前二項に関連して起きる、日本官憲による我が大使館への「犯人引き渡し要求」又は「捜査への協力要請」は、その事実無し、必要無しとして断固拒否する。続いて、マスコミの全力を挙げて官憲の不当を攻撃せしめ、日本政府へは、国交断絶も辞せずと圧力を加え、官憲の要求を制約せしめる。
  5. 逮捕された犯人に対する援助は一切行ってはならない。又、その犯人との接触に使用した中間連絡者に対しては、直ちに「P・T・機関」をして必要、適切なる処置を構ぜしめ、官憲の追跡捜査を許してはならない。
  6. 本工作は、対極右工作と共に「P・T・機関」をして実施せしめる。
 
 

転載元転載元: 日本人と日本に優しいパチンコを憎む しゅふ

この記事に

開くトラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事