レゴで作る日本南極地域観測隊

レゴブロック、日本南極地域観測隊テーマ作成記。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ご無沙汰しております。
管理人です。

長らく更新が停滞しておりました。
新型ピステン社の南極雪上車、管理棟は14年5月末日、
一応の完成を見ることができました。

この2つを以って、ひと先ずこのブログにひと区切り付いたと考えます。
南極自体は趣味性の案件でありますので、今後も私の手元では続く物ですが、公開するには冗長となってしまう物であり、これまでも諸事情を挟み停滞も常態化しております。
こうした状況から今が潮時と考え、ブログとしましてはこれにて「おしまい」です。

また、当方作成の南極昭和基地(管理棟)については、完成と云ってもまだまだ直していく所もあり、何れ時期が来たら、何らかの手段で公開ということを考えています。

語るに落ちますため事情は割愛いたしますが、現在、年始めのA1200路面電車以降の新規作成物については公開していません。

約5年という長く短い間を駆け抜けて参りましたが、私の考える私の役割や想いは、私の想像を遥かに超えて果たすことが出来たと考えています。ありがとうございました。
またどこかで続きが出来ることがありましたら、どうぞお付き合い宜しくお願いします。
今年(2014年)からは、レゴ公式で復活する局地テーマ(北極)も始まります。
(今年限りかもしれませんが…)局地テーマの続きにつきましては、
入れ替わり、どうぞそちらにて新しい世界をお楽しみ頂ければ幸いに思います。


私自身の次テーマには、私の暮らす地元の生活に根ざした物を据えて作って行きたいと考えています。そちらについてはまたいつか、次の場所にて口下手なりの語りをと思ってます。(汗


皆様お達者で(^_^)/~ それでは。

2014年05月31日吉日
レゴで作る南極地域観測隊(2009-1014)
管理人TOM

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


過去に一度掲載したコンパーチブルシャシーの郵便車です。

再掲載の理由は割愛しますが、
車体内部の写真を改めて公開する必要が出たため、
説明込みで再掲載歳致します。

この車体は、既存と少し異なった基軸コンセプトで4幅車を考えてみたもので、
シャシー交換前提仕様という思い切った内容となっています。

また、「レゴTOWNシリーズ(Cityではない所が大事)
に融和可能な外観と構造を持つ最小履帯車」という習作でもあります。

イメージ 2


コンパーチブル・シャシーということで、
シャシーとキャビンに分離するユニットになりまして、
履帯、車輪、のシャシーへ丸ごと載せ替える方式です。

--

動力は全て車体側、操縦系はフライバイワイヤ方式で
シャシーのマウント信号をキャビン側で判別し、
操縦系が最適化されるというハイテク車かもしれません。w

イメージ 3



装輪の状態から既に大きめのトラクタタイヤを履いており、
ミッドシップエンジンの4輪駆動車です。
堅牢なアクスル方式の4輪サスペンション、電子制御のデファレンシャルロック装備車で、
舗装路向けというには、余程似つかわしくないしっかりしたものです。

大体4WDでデファレンシャルロックができれば、凡そ人の行く場所
走れない所は無いはずですから、
その上でそれでも「困難な場合に備え履帯装備を持たせました。」
というのは、何処に集配するのか、典型的なやりすぎ仕様です。

イメージ 4

※こんな垂直障害物も平気です。と、ドヤ顔の郵便配達員。

こんなものが役に立つのは災害時か、豪雪地帯の山間部くらいかもしれません。
果たして災害時では郵便機能が優先されるのかどうかは謎ですね。w
都市圏なら私費を投じた単にヒロイックな郵便屋さんなのでしょうw。

--

ヒントとしては、
トラックとしては、ラリーカミオン、又はトラックトライアル車、
履帯時に於いては、例のクロネコ履帯集配車でした。
(そうでなければこんなもの装甲車になってしまうw)

実際、あのクロネコ車の精神をレゴの中に持ち込んで見たら、
きっとこうじゃないかな?という感じです。


イメージ 5


さて本題の後部ペイロードですが、3面5枚ドア、左右側面は観音開き、
後部扉は上部ヒンジによるものです。

郵便物がスライドレイル式のトレイユニットになっていて、
基地局で後部から丸ごと入れ替える方式をとります。

その為、原則集配時の荷へのアクセスは左右ドアからとなり、
お大物でも不便の無いように、大開きになっています。
また郵便のマークが側面後ろ寄りに付いているのは、
集配時にこの扉開くことで、後続車に郵便車が止まっていることを
アピールする意味を持っています。

※後部のドアは基地局でのトレイ交換が前提で取手はありません。
トレイを引き出すことで開くものになりますね。

イメージ 6


基地内にはこうしたトレイを何本刺しで運搬するリフト、台車があろう…
という脳内設定でした。

※この辺もクロネコのユニット台車のレゴへの焼き直しです。

この記事に

開く コメント(2)

今年【11650】(と云う番号の一体シャシー部品)が出まして、
正直、第一印象は悪しき時代への回帰、
若しくは製品的利便性故の、融通が効かない不便な部品という認識でした。

ところが先日、某画像掲示板でこの部品を使った秀作を見て、
部品が作品を作ってくれるわけではない。という辺りを再認識しました。
自分の軽率さに少なからずショックを受けました。

そうと思えば、是非とも自分なりの回答が必要で、
難しいとは思いつつ、この部品を使った物を作らなくてはと、
週末の会社帰りにセットを調達し作ってみました。

イメージ 1


とにかくトラックはもう見たのだから、
乗用車をと思いました。
そして非常に分厚く四角い部品なので、ここから、
四角くないスポーツ系の車を作ろうと考え見立てたのが、
ドロップヘッドタイプです。

この形にしたのは、屋根付きでは嵩が高すぎて目指す着地点には
バランスが悪いと思い、
全長に見合った嵩にするにはルーフのないタイプの方が
イメージを崩しにくいと思いやりました。

スポーツのオープンということで、高級車扱いにすれば、
大排気量がイメージのガッチリした車体を演出出来るとも思いました。

嵩を下げるため、窓も自体も、角度が低く低めのものをつかいました。
スポーティなイメージを持つものであれば流線型が望ましく、
カーブスロープを多用しました。

通常のロードカーということで、見た目の車高はいじらず、
ボンネットを長く見せるために、窓はカーブスロープ上に乗せ、
ミラーを通常より1スタッド後方に配置、
ドアは開閉を目的とせずに、
あくまでのっぺりさせないためのディティールとして入れています。

後ろを伸ばしているのは、車軸の配置をスポーツカーらしいバランスにという目的と、
幌を載せ、更にトランクを見せるためのスペースを確保するためで、
(幌は2X4のカーブスロープと決めていたため)
バンパーをウレタンにしているのは、パーツの存在感、車としてのメリハリを得るためと、
若干の個人的趣味です。

イメージ 2


悩んだのは前後の顔をどう結ぶのかという所でした。

後ろはオーソドックスな欧州式のリアガーニッシュを模して纏めましたが、
(フェンダーの張り出したグラマラスな車体でしたから、昔のポルシェを少しイメージしました。)

困ったのは前側で、中々まとめようとした味が出ませんでした。
結局、車体下部への巻き込みがないことが原因なのは、ある程度気づいていた所ですが、
それでもグリル部分のまとまりが上手く行かず、色々やって、33度対スロープでラインをとりました。

この顔はMG-B後期、衝突安全基準対応のウレタンバンパーのイメージで整えたものでしたが、
全体的にはAC427の様な、マッチョで、グラマー。
繊細さは薄いですが、メリハリの有るラインで面白い車になったように思います。

イメージ 3


フェラーリのシールに伊車としての意味はありませんw。
表現した形状的にはむしろ英車、独車だと思ってます。
単純にエンブレムなどのアクセントとしての、製品シールの活用です。

この車も高そうなイメージです。(汗

この記事に

開く コメント(4)

スピードスター

部屋を(レゴ)片付け、部品を選り分けの休憩、
或いは他作の手安めと作りました。

イメージ 1


オリジナルの青いスピードスターです。
(一人乗りですけど…)

最近のシティ規格寸法に合わせました。
操舵出来ます、足は動きません。(故にロールしません)
後軸のトレッドで概ね5.5幅です。

イメージ 3


クラシックなものと言うよりは、
スペシャルショップが、贅沢な現代部品で金持ち向けに作った
モノコック・シャシーのそれっぽいライトウエイトスポーツ。
といった位置づけ…なんて想像してやりました。

イメージ 2


イメージ、12,5000ドルくらいでしょうか。(笑

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

「レゴで作る日本南極地域観測隊」で作製された、
全ての雪上車及び橇をお持ちの皆様へのご連絡とご案内になります。

表題のブロック雪上車、及び橇つきまして、
破損、欠損等ありましたらご連絡ください。
随時修復、欠損部品の補填など対応致します。
また別途ご相談などございましたらお受け致します。

バラバラになっていても対応致しますので、
御気兼ねなくご連絡頂ければ幸いです。




※作製・修復・補填に関するご注意。

発送費用のみご負担頂けますようお願い致します。
補修、部品補填、返送費用につきましては、全てこちらで負担致します。

※ブロックの雪上車の作製及び各メンテナンスにつきましては、
ご本人が望まれる限り、無期限にて応対しております。

尚、本件は南極地域観測隊関係者のみ限定となります。
予めご了承ください。

この記事に

開く コメント(0)

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事