埼玉県アイスホッケー連盟Blog

埼玉県のアイスホッケー、埼玉のアイスホッケーファンのためのBlogです!

 新年あけましておめでとうございます。年頭の恒例、県選手権が1月9日に開幕。2月下旬まで3チームが2回戦総当たりで順位を争います。開始時間より練習を7分間行い、その後フェイスオフ、正規15分×3ピリオドで、休憩は3分。今回の会場はすべて上尾市の埼玉アイスアリーナです。選手・スタッフ・オフィシャルの皆さん、応援の皆さん、夜分ですので行き来には十分注意し、熱戦を楽しみましょう。

▽大会スケジュール
1月9日 22:15 ファンキーエンジェルス VS Sフロンティア
1月23日 22:15 レッドモルモッツ VS Sフロンティア
1月30日 22:15 レッドモルモッツ VS ファンキーエンジェルス
2月13日 22:15 ファンキーエンジェルス VS Sフロンティア
2月20日 22:15 レッドモルモッツ VS Sフロンティア
2月27日 22:15 レッドモルモッツ VS ファンキーエンジェルス

※会場はすべて埼玉アイスアリーナ

この記事に

開く コメント(0)

1月28日、群馬県で開幕した第70回国民体育大会アイスホッケー競技会は最終日の2月1日、ニューサンピア高崎などで少年・成年の決勝などが行われ、少年決勝は北海道に0−6で敗れて準優勝。2回戦まで勝ち進んだ成年と合わせて45ポイントを獲得し、東京都と並ぶ天皇杯5位に入りました。

 埼玉栄高の単独チームで臨んだ埼玉県は、インターハイに続いての決勝進出。0−1で迎えた2ピリ、26分すぎから2分足らずで連続失点、3ピリも47分までに連続2失点と、なかなか反撃の糸口をつかめず、無得点のままタイムアップ。それでも、11日間で2カ所に渡る遠征地でのビッグゲーム8試合をこなし、ともに最終日まで勝ち残ったことは評価されるべきでしょう。11月に埼玉アイスアリーナが完成し、結果が問われるシーズンだっただけに、悔しさは残ったけれども納得のいく成績といえるのではないでしょうか。

 合宿、大会と長きに渡る遠征を戦い抜いた選手・スタッフ、そしてご家族の皆さん、おつかれさまでした。また、3年生たちの次なるステージでの活躍をお祈りいたします。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1月22日に開幕した第64回全国高校アイスホッケー競技選手権は最終日の25日、北海道苫小牧市で決勝が行われ、11年ぶりファイナル進出の埼玉栄は駒大苫小牧に0−5で敗れ、3度目の準優勝。念願の高校日本一は来季以降に持ち越しとなりました。

 1回戦、盛岡中央に9−0で快勝した埼玉栄は、2回戦は北海(5−2)、準々決勝は釧路江南(7−2)と北海道の伝統校を連破。準決勝の八戸工大一戦は、この大会で初めて先制を許す苦しい展開となりながらも、GWSの末に5−4で振り切り、決勝進出を決めました。

 最終決戦の相手は駒大苫小牧。3年ぶりの優勝を目指す同校は今季ここまでタイトルを得ておらず、埼玉栄にもチャンスが…と思いきや、さすがは過去28度と全国最多の優勝回数を誇る名門。開始4分で先制点を挙げると、その後は埼玉栄に得点を許さず、5点を連取して勝負を決めました。

 失点5、得点0と数字だけを見れば半ば一方的な試合という印象を受けますが、特に2ピリは埼玉栄が攻め立てる時間が長く、決めの精度次第で2点は取れたのでは…という内容でした。リンクサイドの関係者から「最後の最後まで点を取りにいこうとする姿が素晴らしかった」という声が上がったように、スコアだけを見て「一方的なゲーム」というのは正確ではないでしょう。同じ駒大苫小牧を相手に戦った過去2度の決勝とは、違った印象の試合でした。

 攻守の要であるハリデー慈英主将を中心に、個々の成長によってチーム力を上げた今季。本日より始まった群馬国体で、その集大成を見せてほしいものです。

この記事に

開く コメント(0)

 第64回全国高校アイスホッケー選手権が22日から25日まで北海道苫小牧市で開催されます。本県からは埼玉栄が出場、22日には1回戦が行われ、岩手代表の盛岡中央と対戦します。

 昨年11月、上尾市にオープンした埼玉アイスアリーナを利用し、過去にないほど地元で氷上練習、練習試合を多く積んできた埼玉栄。インターハイ、国体と続くシーズンのクライマックスでどんな結果を出してくれるか期待が集まっています。

 今月16日に苫小牧に渡り、17日からは地元の氷の上で調整を進めました。チームを率いる格地現監督は「夏の全国選抜の3位決定戦(このときは埼玉栄が快勝)で対戦した清水とは、順調にいけば準々決勝で当たる可能性がありますが、そんな先のことを考えていたら痛い目に遇うでしょう。まず初戦で盛岡中央に全力でぶつかり、2回戦で当たる北海−軽井沢の勝者にも必死で戦う。あくまで1回戦を勝っての話ですが、ウチにとってはこの2回戦こそヤマになります」。大会序盤から目が離せなくなりそうです。がんばれ!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 埼玉のアイスホッケー、スケートに関係する誰もが望んでいた屋内リンク「埼玉アイスアリーナ」が本日11月1日にオープン。一般公開に先立ち、午前9時半からアイスホッケー公開試合「埼玉栄高−栄高OB」が行われました。

「埼玉県の海」として県内の人には有名なプール施設、上尾市・水上公園の敷地内にオープンしたリンクは、国際規格を満たしたホッケーリンクの真横に、カーリングもできるサブリンクを併設。メインリンクでホッケーの試合が行われている時にサブリンクでスケートを楽しむこともでき、アイスホッケー競技を一般層に知らしめるにはもってこいの構造になっています。

 試合には懐かしい顔、そしてOBたちを指導してきた現カナダ在住のジェフ・チョーミン元コーチも駆けつけました。前後半の2ピリオド制で、前半は元日本リーガー・アジアリーガーも顔をそろえるOBチームの健闘が光りましたが、最後は4−1で現役の勝利。序盤、おじさんホッケー独特のリズムに受けに回っていた現役組も、インタバルでの格地現監督のカツもあり、なんとか面目を保ちました。

 栄高校、そして手伝いに駆けつけた大東文化大など、県内のチームは来週から本格的に利用を開始します。リンクサイドで試合を見守っていた大東大・下野悠太キャプテンは、「夜の早い時間帯に練習できるようになったのでありがたいです。(関東大学リーグの)1部Aとの入替戦に出るためにも、ここでいい練習をして調子を上げていきたい」と気持ちを新たにしていました。

この記事に

開く コメント(0)

 NHLのスタンレーカップが終わり、FIFAワールドカップも佳境の今、埼玉の話題はなんといっても「埼玉スーパーカップ」です。本日7月5日より川越スケートセンターを会場に3チームが総当たり2回戦で優勝を争います。選手、審判、チーム関係者の皆さん、そして各チームをサポートしていただいている皆さん、8月上旬までの約1カ月、盛り上がっていきましょう。

▽大会日程(時間は練習開始時間。変更となる場合があります)
7月5日(土) 22:45 レッドモルモッツ VS Sフロンティア
7月12日(土) 24:30 ファンキーエンジェルス VS レッドモルモッツ
7月19日(土) 22:45 ファンキーエンジェルス VS Sフロンティア
7月26日(土) 24:30 レッドモルモッツ VS Sフロンティア
8月2日(土) 22:45 ファンキーエンジェルス VS レッドモルモッツ
8月9日(土) 24:30 ファンキーエンジェルス VS Sフロンティア

▽会場 川越スケートセンター
埼玉県川越市田町1−1

▽試合要項
第1ピリオド=ロス込み20分、第2・3ピリオド=ロス込み25分。休憩3分。
勝ち点制で行われ、勝利は3点、引き分け1点、敗戦は0点。
勝ち点が並んだ場合は‥該チームの対戦成績∩軻声催性A軻静澄,僚腓能膂未魴萃蠅垢襦

この記事に

開く コメント(0)

 埼玉栄高OBで、東北フリーブレイズでFWとして活躍した河本彰仁選手から、5〜6月のアイスホッケークリニックのお知らせが届きました。スマイルジャパンのFW久保英恵選手が所属する太陽生命が協賛しており、無料あるいは比較的リーズナブルな料金で参加できるのも特徴です。また、新潟では子供たちだけでなく保護者向けのスケート教室も予定されています。

 なお、本日5月19日現在、.瀬ぅ鼻璽疋螢鵐灰▲ぅ好▲蝓璽覆任痢崕子教室」は定員に達したそうです。新潟も埼玉から比較的アクセスしやすい地域なので、興味を持たれた方は参加を検討してみてはいかがでしょうか。

 

‖斥枩弧織廛譽璽鵐
「女子アイスホッケー教室 inダイドードリンコアイスアリーナ」

▽スケジュール
5月25日(日)18:30〜20:00

▽会  場
ダイドードリンコアイスアリーナ
(東京・西東京市)

▽対  象
小学生・中学生(女子)
プレーヤー30名、GK4名

▽講  師(予定。都合により変更あり)
近藤陽子(西武プリンセスラビッツ 長野・ソチオリンピック出場)

久保英恵(西武プリンセスラビッツ ソチオリンピック出場)

足立友里恵(西武プリンセスラビッツ ソチオリンピック出場)

瀬野尾綾子(西武プリンセスラビッツGKコーチ)

※上記は定員に達したため、申し込みを締め切りました。



⊃軍礇▲ぅ好曠奪院雫擬次▲好院璽閥擬
〜親子の絆を深めよう〜

▽スケジュール
6月7日(土)
15:30〜16:30 講演会&オフアイスプログラム
18:30〜20:00 小学生クラス
18:30〜19:00 親(同伴者)対象スケート教室(サブリンク)
20:30〜22:00 中学生以上のクラス
20:30〜21:00 親(同伴者)対象スケート教室(サブリンク)

▽会  場
新潟アサヒアレックスアイスアリーナ
(新潟県新潟市中央区鐘木257−17)

▽対  象
小学生、中学生、高校生、女子、大学生、大人

▽講  師(変更の可能性あり)
久保英恵(西武プリンセスラビッツ ソチオリンピック出場)

近藤陽子(西武プリンセスラビッツ 長野・ソチオリンピック出場)

齊藤 毅(王子イーグルス アジアリーグ2013−2014MVP)

河本彰仁(東北フリーブレイズ)

▽参加費
1回3000 円
(スケート教室参加 1人分の貸靴代、参加記念Tシャツ付き)

▽指導内容
ソチオリンピック日本代表選手とアジアリーグ選手の指導で、アイスホッケーの基礎であるスケーティング、ハンドリング、パス&レシーブ、シュートの指導を行います。
・パワースケーティング、エッジコントロール、バランスコントロールなど
・クイックモーションからのシュート、得点するためのコツをアドバイスします。
・1対1、2対2、3対3など講師と一緒に実践ドリルを行います。
また、講演会&オフアイスプログラムではスマイルジャパンの選手達からオリンピックでのエピソードなど聞かせてもらい、その後一緒になって体を動かすなど触れ合う場を設ける予定です。

▽募集要項
・各クラスともプレーヤー30人 、GK4人
※保険は各自で加入してください。
※防具は各自持参してください。
※講演会&オフアイスの参加は無料です(東京学館新潟高校の体育館を使用するので内履きの持参をお願い致します)
・※スケート教室参加者は手袋を持参してください(参加者1名に対して1人無料で、サブリンクで体験教室に参加できます。参加者の親・兄弟・マネジャー等)

▽申込み方法
E メールのみで受け付け。
kawa8tr@hotmail.co.jp

上記アドレスに以下の項目を記載し、申し込んでください。
a. 氏名(ふりがな付き)
b. 年齢
c. 学年
d. 身長
e. ポジション
f. 所属チーム
g. ホッケー暦
h. 連絡先(電話番号)
i.T シャツのサイズ
(例・120、130、140、150、SS、S、M、L、LL、3L)

受付は5月20日(火)まで。
定員になり次第、締め切り。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 アイスホッケーの高校日本一を決める第63回全国高校選手権が1月21日から24日まで青森県で行われ、埼玉栄は準々決勝で清水(北海道)に3−6で敗れ、ベスト8で大会を終えました。

 1回戦は光泉(滋賀)を7−3(2−1、2−0、3−2)で下した埼玉栄は2回戦で軽井沢(長野)に4−1(1−0、2−0、1−1)で快勝。続いての相手は、2回戦で優勝候補の駒大苫小牧をオーバータイムで下した清水でしたが、パックを7割方支配しながら決め手に欠き、3−6(1−2、0−3、2−1)で敗れました。

 格地現監督は「清水は前日、駒澤に勝っていて、今日(埼玉栄戦)勝たなければ意味がないという締まったメンタルで戦っていました」とコメント。高い集中力で守りを固め、埼玉栄のスキを突いて加点した清水を称えていました。

埼玉栄の得点者は以下の通りです。

▽1回戦・光泉(1月21日・ふくち)
。科32秒 石井秀人(アシスト小林優希、格地龍太郎)+1
10分10秒 山田大雅(小林優希、矢島龍)EQ
31分55秒 松永敦(山口翔平)EQ
38分50秒 矢島龍(なし)EQ
45分18秒 石井秀人(上村光輝、鶴見耕太朗)EQ
51分51秒 山田大雅(矢島龍)EQ
58分48秒 松渕雄太(青木孝史朗)EQ

▽2回戦・軽井沢(1月22日・ふくち)
13分36秒 矢島龍(小林優希、格地龍太郎)+1
28分49秒 松渕雄太(佐藤正志)EQ
35分00秒 ハリデー慈英(山田大雅、小林優希)
40分37秒 矢島龍(格地龍太郎)EQ

▽準々決勝・清水(1月23日・新井田)
15分15秒 小林優希(石井秀人)+1
43分29秒 石井秀人(小林優希、山田大雅)+1
58分43秒 ハリデー慈英(山田大雅)+1

この記事に

開く コメント(0)

 1月21日から24日まで青森県で行われる第63回全国高校アイスホッケー選手権の組み合わせが決まり、本県代表の埼玉栄は1回戦で滋賀県代表の光泉と対戦することになりました。関西地区で近年、メキメキと力をつけているチームで、相手に不足はありません。まずは初戦を突破し、夏の全国選抜(3位)に続いての好成績を収めてほしいものです。チームはインターハイ1週間前に苫小牧に入って合宿を行ない、その足で八戸に入る予定です。念願の初優勝に向け、がんばれ!

 埼玉栄の試合(予定)は以下の通りです。

▽1月21日(火) 14:00 1回戦(光泉) ふくちアイスアリーナ
▽1月22日(水) 12:30 2回戦(水戸啓明−軽井沢の勝者) ふくちアイスアリーナ
▽1月23日(木) 11:30 準々決勝 テクノルアイスパーク新井田
▽1月23日(木) 17:30 準決勝 テクノルアイスパーク新井田
▽1月24日(金) 11:00 決勝 テクノルアイスパーク新井田

▽格地現監督のコメント
「光泉は熱心な監督のもと、ここ数年で力をつけてきたチーム。先日の練習試合でも軽井沢と引き分けていると聞いています。仮にこの試合に勝っても次の相手も実力校です。組み合わせを見て、準々決勝で駒澤(駒大苫小牧)と…なんて思っている選手がいたら、必ず痛い目に遭うでしょう。今年の2年生は昨年のインターハイに出ていない選手が多いので、チームの多くがインターハイ初体験。そういう意味では真剣勝負、一発勝負の怖さがまだわかっていない。気持ちを引き締めて、まずは1回戦に全力でぶつかりたいと思っています」

 

この記事に

開く コメント(0)

 6月29日に開幕した今年度の埼玉スーパーカップは、全日程が終了し、モルモッツが逆転で優勝を決めました。初戦でファンキーエンジェルスに手痛い1敗(5−7)を喫したモルモッツ。しかし、そこからの3試合に連勝し、王座に輝きました。
 大会期間中には、上尾市に県営のアイスアリーナが建設される計画があることがニュースになりました。アイスホッケーの輪がさらに広がるように、これからもがんばっていきましょう! また、アップが遅くなり、皆様にはご迷惑をおかけしました。

 戦績は以下の通りです。

▽GAME1
6月29日
ファンキーエンジェルス 7(2−0、3−2、2−3)5 モルモッツ
工藤、坪田拓の活躍でファンキーが試合を優位に進めた。モルモッツは新加入の北山を中心に追い上げるも届かず。

▽GAME2
7月6日
モルモッツ 9(4−1、2−3、3−1)5 Sフロンティア
モルモッツは伊深が4G2A、亀本浩が3Gと絶好調。Sフロは2ピリに2点差まで詰め寄るも3ピリに突き放され、万事休す。

▽GAME3
7月13日
ファンキーエンジェルス 2(0−8、1−2、1−2)12 Sフロンティア
Sフロは1ピリに8得点の猛攻で試合を決める。ファンキーはメンバーが揃わず、痛い1敗。これにより、前半の3試合終了時点で、全チームが1勝1敗で並ぶ(得失点差で、Sフロが暫定1位)。

▽GAME4
7月27日
ファンキーエンジェルス 15−0 Sフロンティア
Sフロのまさかの人数不足により、ファンキーの不戦勝となった。

▽GAME5
8月3日
モルモッツ 7(1−0、2−1、4−0)1 Sフロンティア
この試合も伊深、亀本直の2Gをはじめ、モルモッツの攻撃が爆発。3ピリの4点でSフロを突き放した。

▽GAME6
8月24日
ファンキーエンジェルス 1(0−2、0−0、1−2)4 モルモッツ
モルモッツは得点源の川村の2Gの活躍もあり、終始試合を優位に進め、優勝を決めた。ファンキーも中盤以降に追い上げるが、久々出場の亀間の1Gのみに終わった。

▽最終成績
.皀襯皀奪帖。馨。映圈米声催精后11)▲侫.鵐ーエンジェルス 2勝2敗(+4)Sフロンティア1勝3敗(−15)

後半戦はファンキー、モルモッツとも1勝1分けだったが、直接対決の結果でファンキーの優勝が決定した。Sフロは後半戦の初戦の不戦敗で優勝争いから脱落、モルモッツが最終戦でファンキーにリベンジし、優勝を決めた。

▽非公式戦
7月13日 Sフロンティア 10−0 もるもっちゅ
7月20日 ファンキーエンジェルス 18−1 もるもっちゅ
7月20日 モルモッツ 22−0 もるもっちゅ
8月24日 Sフロンティア 11−0 もるもっちゅ
8月31日  ファンキーエンジェルス 14−0 もるもっちゅ

▽個人ランキング
・ゴール
^羶鴫輜臓淵癲烹
∋嚇通け(S)4
安室浩明(S)4

・アシスト
ゝ桔楾聖法淵癲烹
井深雅和(モ)5
亀本直人(モ)5

・ポイント
^羶鴫輜臓淵癲14
亀本浩史(モ)9
亀本直人(モ)9

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事