リー・チョンの日々

ケンカ空手やブルース・リー師祖、田舎の日々を書いてます。ブログは続行!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いい勉強になるんよ・・・



香港から珍しい古本を入荷しました・・・
イメージ 1イメージ 2

嬉しいことに芦原英幸館長の紹介がありましたが漢文で書かれているので内容は全然分かりませんが貴重な本です。

イメージ 3

本をめくると何と、格闘作家であり、大先輩であります松宮康生先生の渋いスーツ姿が紹介されていました。
これは、皆さんに紹介出来ませんので香港から取り寄せて読んでください。

芦原英幸館長の考案したAバトン撮影スタジオ現場に立ち合わせて頂きましたが懐かしい映像が見れて、当時の物凄い緊張感と勢いを昨日の様に思い出します。
『バイト少し休まんけん・・・これから撮影することはいい勉強になるんよ』
変幻自在にAバトンを振る芦原館長は、本当カッコよかった・・・

イメージ 4

翌週から、しばらくAバトンの稽古を総本部道場で行なわれました。
また、芦原會館寮でも見えないところで極秘に稽古することを割り当てられました。
私は早朝、屋上の洗濯干し場のポールに布団や毛布を下げ、その間に入り武器をシャキーンブンブンブンと稽古していました。布団や毛布のホコリ落しに役立ちましたが中の綿がワタワタになっちゃいました。

鍛練は続く・・・


この記事に

開く コメント(1)[NEW] ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

受けのフォロースルー・・・



芦原英幸館長の見えない外受けの瞬間を紹介

受けはこう引き付けながら、やるんんよ

イメージ 1


腰の回転と見えない腕使い・・・鞭の如し

イメージ 2

受けのフォロースルーに意味があるんよ

イメージ 3

キュッと戻すんよわかる・・・

イメージ 4


道場でこの受け方を繰り返し稽古してみました。

鍛練は続く・・・

この記事に

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

近いところから低いところから崩す・・・



土曜日は、お仕事に頑張り帰宅後、空手稽古に頑張り、遅い夕食後23:45には
帰郷した長男を迎えに旭川駅まで走り、漸く一日が終わりました。
日曜、祭日もお仕事が入っています・・・働け働けと蟻の如し留まることを知りません。
イメージ 2イメージ 3

10人組手で突きや蹴りを全身に浴び、インローや裏投げに踏ん張り最後は左ひざが抜けそうになり耐えました・・・それでも膝がカクンカクン何とか歩いて道場を出ました。人生掛けてでも、まだまだ鍛練が足りません。
イメージ 1

松山修行時代、交通事故や組手稽古でボロボロな身体を蘇らせてくれたタイガーバーム、まだまだ必需品です・・・
叩かせる前の捌き、叩かせながらの捌き、叩かせた後の捌き、攻めながらの捌き、
何れも受け崩し、立ち方、冷静な判断が重要です。
ジョイントマット4枚づつ敷いて計16枚・・4箇所の組手スペースを作りました。
若者相手に肩凝りも腰痛も吹っ飛び、そんな老いぼれに娘や息子達が誕生祝やってくれました・・・
老いぼれ相手してくれた中学生、高校生、社会人と家族に感謝

イメージ 4
イメージ 5
「山あり谷あり、近いところ、低いところから崩す・・・捌きは年齢に応じてでも出来るようになっちょるけん」芦原英幸館長の言葉を思い出します。

鍛練は続く・・・

この記事に

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

ママ、すまんすまんっ!



松山修行当時、全国から集った道場生が稽古後、わずかな小銭を握り締め
南江戸町かいわいにある安いスナックへ飲みに行ったことがありました。

スナックのママさんは昔から芦原英幸館長のことをよくご存知でした・・・
天井を指差しながら「松山来たおりから芦原先生は、カッコよくて、ようけこの店に
来られたけん・・・酔いなさってあの天井のシャンデリア、二段蹴りで割ってしもたんよ。店は真っ暗になってもうてね。・・・ママ、すまんすまんっ!て、いつものことなんよ」
そんな珍しい無茶ぶりする話を聞きながら、呑む酒は、はかどったのでした。
仲間は真似して天井蹴ろうと構えると綺麗なママさんに何度も停められました。
そのスナックでママさんと仲間達との写真もありますが次回の機会に・・・
私は、当時、芦原會館寮に入る前の一年間は南江戸町の安いボロアパートで暮らしていました。小さな中華料理屋やラーメン屋やお好み屋、スナック、床屋がポツポツある町内でした。入寮してしまうと仲間達と勝手に行動を共にしたり、夜間トレーニング(当時は虎の穴稽古と呼んでました)に参加することが制限されてしまうので寮だけは、入らんほうがええよとアドバイスする仲間達が沢山いました。
イメージ 1

何度か、芦原館長の後ろに付いて芦原會館寮にお邪魔したことがありますが汚くて臭くて、こりゃ御免と吐きそうになりました。
イメージ 2

「何があってもこんなとこ、絶対入らん
・・・しかし、次の年には入寮してしまいました。
イメージ 3
リー・チョンの書斎には格闘作家であります松宮康生先生から頂いた影丸穣也先生の描いた
芦原英幸館長の絵画(写し)を家宝に飾っています。
もちろん、空手道場でも正面に飾って稽古する日々です

例え、汚くても、臭くても、吐き気がしても、真面目にコツコツ掃除すれば
便所も浴室も台所もカビカビは、約2週間掛けてピカピカになりました
職員や寮生の方が話してました。
「リー・チョンさんが来てくれて助かったけん、毎年合宿になると館長に言われて二宮さんが寮に来て、君達・・・こんな豚小屋みたいな部屋によく居られるね?如何して掃除しないん?館長が怒りよるよって神経質に言われるんよ〜二宮さんだっきゃ、もう・・・ほんまよ」当時、怒った二宮城光師範の存在は寮生にとって天敵だった様子です。

思えば、芦原會館寮の汚れを取り除く、その役目を引き受けたリー・チョンでした。
黒いビニール袋トラック4台分は、ビニ本やアイドル本や運動靴。古い布団は全て廃棄出来ました。浴室の剥き出しの配線は電気処刑になる手前で防蝕テープで処理しました・・・私の後輩もあとを引き継いでくれました。

「スーパーテクニック芦原空手!サバキ」のビデオに出てくるNさんの痴漢が出る駐車場、エレベーターでN師範のサバキ、暗闇でSさんが外人をナイフで斬りかかるゴミステーション全てが芦原會館寮のマンションです。
イメージ 4

鍛練は続く・・・

この記事に

開く コメント(4) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

腹いっぱいご馳走するけん・・・



この唄を聞くたびに四国修行当時、実家に電話して今は亡きお袋さんの話す言葉が蘇ります。今でも胸が熱くなり、遠く離れた両親のありがたさ、思いを感じました。

イメージ 1
正月休み、職員や寮生は実家へ帰省、私はバイト先から芦原會館寮へ帰宅して一人、遅くまで紅白歌合戦を見ていました。
其処へ一本の電話が鳴りました。
「はい、芦原會館寮です」
『おっ芦原だよ。お前、帰らんで、如何したん?一人なら芦原のとこ、来たらええんよ』
「オス、ありがとうございます。帰りたくても旅費が思うように溜まらず・・・実は元旦早朝からバイトがありますので失礼します。ありがとうございます・・オス」と答えると
『ほうね、来年はアシハラ飛躍する年になるけん正月明けたら腹いっぱいご馳走するけん、じゃよろしく・・・』
そんな驚きの電話は早々と切れたのでした・・・電話切れてから、お腹の虫が泣いて泣いて、近所」の丸温青果で投売りのサイズ規格外の伊予カンネット一袋2〜300円お買い得品をコタツの上に並べて我武者羅に食べたのでした・・・甘〜くて少しほろ苦く、ビタミン豊富で美味しかった〜。
イメージ 2

そんな唄を聞く現在は、我が子を心配する立場になっています。
やはり、我が子は遠くへ出してでも苦労させた方がいい・・・

鍛練は続く・・・



この記事に

開く コメント(3) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事