ここから本文です
リー・チョンの日々研鑽
ケンカ十段やブルース・リーや田舎での日々を書いてます・・・人生は鍛練なり!

書庫全体表示

記事検索
検索

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

夏休み・・・



ちまたでは、「夏休み」が始まりましたね・・・

鍛錬は続く・・・

この記事に

開くトラックバック(0)



な、な、なんと牛舎合宿が好評でして 2週連続開催することになりました。
調子にのって3週目もやってしまうかも。

硬いヘビーバッグをギャフン〜と言わせなきゃ男がすたる。

YOちゃんの親父さんの許可もまた出たそうです。

いぁ〜北海道の山奥の夏は暑い、集まる男も熱い・・・11:00に集合

YOちゃんの日本滞在中は、出来るだけ特訓です。

世界へ羽ばたく日本人は、常に鍛えて強くなくてはならないと思います。

イメージ 4イメージ 2
   米国大学院生YOちゃんのヘビーバッグと人生との格闘

私も減量する口実で若者に混ざり 真面目に特訓です。

手にはグローブ、身体にはTシャツとパンツさえあれば十分です。

サンドバッグよりでかくて拳が壊れそうに硬いヘビーバッグです。

イメージ 5イメージ 3
 次男坊は、陸上競技生活から空手生活へ復活し ヘビーバッグとの格闘

熱中症対策だけは、欠かせません。乳牛さんも周りで応援しています。


イメージ 6イメージ 1
  硬いヘビーバッグとの格闘!                首相撲とヒザ蹴り

屋根裏は40℃くらいで空気が焼けているので休憩しながら、鍛練は続きます。

ヘビーバッグが折れるかヒジが折れるか足が折れるか 魂の鍛練です。

今回は、前回の牛舎合宿を少し写真で紹介できました。

イメージ 7イメージ 8
   四国修行時代の遥か20代の動きを思いだし・・チョボチョボヨタヨタ転びそうです。

天候が良く、気温も上昇し、空気が美味しいなか日曜日が楽しみです。

鍛練は、つづく・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

冷えたビア・・・



待ち遠しい!待ち遠しい!待ち遠しい!待ち遠しい!待ち遠しい!

何がって?

冷えたビアでんがな〜甲子園までもう少しだった我が母校。

こんな処でなんで負けやがったんだ・・の野郎。

だから、忙しいお仕事に頑張れる、稽古に頑張れる、暑くても踏ん張れる。

今週末は、空手仲間達が集い、自分にご褒美です。

焼肉囲んで冷えたビアでカンパイです。

先日、牛舎合宿で牧場のど真ん中で美味しいバーベキューやりましたが飽きもせず

大騒ぎする予定です。


鍛錬は来週に続く・・・

この記事に

開くトラックバック(0)



日曜日は急遽、YOちゃんの親父さんから許可得て牛舎合宿でした。

場所は北海道の山奥、店舗と牛舎の間に三角屋根の納屋でございます。

次男坊とヨタヨタ老人の少人数野郎でとても硬いヘビーバッグを叩いて蹴って拳の皮が剥けました。

屋根裏の隠れ道場のガラス窓は開かず、2台の壁換気扇はフル回転でもさっぱり役立たずでした。
猛暑の中で泣いて笑って、合間に休憩、牧場や牛舎を散歩し三毛猫や頭のいいコリー犬と戯れて沢山の雌牛にも囲まれモテモテ気分転換でした。

再び屋根裏の道場に上がりパンチと蹴りの連打で汗ビッショリ・・・
グローブ嵌めた両拳の皮が剥けるのはまだまだ未熟な証拠です。
正確に叩けば、蹴ればそんなことにならず。
次男坊に一喝入れました・・・三人は小一時間戦い抜きました。
本当はパッキャオみたいに連打連打でヘビーバッグをギャフン〜!と言わせようと思いましたが暑さと熱さで疲れちゃいました・・・ギャフンは芦原英幸館長がよく仰っていた言葉です・・・・

周りから野太いンモ〜モ〜!と泣き叫ぶ声がこだまします。
YOちゃんに通訳して貰うと早く美味しい牧草を食わせろ!と話している様です。
猫は叱られて、外の遠いところまで行ってしまい、いじけてしまう癖がある様です。

YOちゃんは、フラフラになりながら手作りの特性工具で炭おこし 焼肉と串刺しバーベキューを準備し、一緒に大自然の美味しい空気と栄養満点な銀バエをも楽しみました。

お母様から大きなお握りと特性海苔を沢山戴き「ドッシン!ドッシン!と大きな音が隣のお店まで響きましたよ!」と驚いてましたがそれは全てYOちゃんの蹴りによるものでした。

私と云うとチョボチョボヨタヨタとサンドバッグに振り回されたのに過ぎません。

YOちゃん、次男坊の若さに全ていいとこ持って行かれた訳で牛舎合宿無事終了。

イメージ 2

次男坊はまた、サンドバック叩きに行きたいなと大感激でした。

大自然に囲まれたこだわりを持つ未来を据えた牧場、牛舎と店舗兼ねた素晴らしい環境です。
最後に手作りのアイスクリームは-30°の冷凍庫で凍らせた濃厚ミルクでサッパリし、生き返りました。

ここまで整備された牧場や牛舎は珍しいです。

オーストラリアで酪農を本格的に勉強された知識を実戦されるオーナー佐竹さんの自慢の牧場です。

沢山の観光客のお客様も要らしてました・・遥々海外からも訪ねて来るそうです。

イメージ 1

帰りは遠くながらも深くお辞儀するYOちゃん一家の姿があり清々しい気持ちになりました。
私も見習いたいと思った次第です。

人との出会いは大切にするものだと改めて痛感しました。

皆様、北海道へ来られたら リー・チョンがこの素晴らしい牧場とミルク製品のお店と
ヘビーバッグの吊る牛舎を勝手に ご案内しますよ。

本来は、冷えたビアでカンパイでしたが 次男坊が居たので烏龍茶で我慢しちゃいました。

焼肉もバーベキューも美味しい・・・これは個別メニューで販売しておりません。

私はここへ来るまで店舗のことも、何も知りませんでした・・・全ての人に感謝です。

鍛錬は続く・・・

この記事に

開くトラックバック(0)


イメージ 1

旭川のほぼ南に位置する上雨紛(かみうぶん)

雨紛とは、アイヌ語で「風雨(吹雪)の吹き抜けるところ」という意味だそうです。

この自然に恵まれた風の通りみちで牛を飼い、乳製品の加工を営む「クリーマリー農夢」

家畜と人に優しい[アニマルウェルフェア](家畜福祉)を考え実践している牧場です。

イメージ 2
毎年、ブルース・リーをアレンジした誕生ケーキは、ここで作られていたのです。
なまら、かっこいいそして美味しいです。
自然のなかへ、遥々遠い香港からのお客様も訪れています。
人柄がすごく優しく素敵な佐竹さんが迎えます。
旭川市神居町上雨紛539-9
TEL:0166・62・9380
9:00〜16:30
休日:水曜日、木曜日
交通:JR旭川駅より車で約20分
http://www7a.biglobe.ne.jp/~creamery-gnome

※通販可。新千歳空港の土産店でも販売

この記事に

開くトラックバック(0)

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事