リー・チョンの日々

ケンカ空手やブルース・リー師祖、田舎の日々を書いてます。ブログは続行!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全93ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

変化に応じる技術・・・



今年になってまた、大変貴重な芦原英幸館長の映像が流れています・・・
数年前、ある縁から松宮康生先生から見せて頂いた映像と同じものです。

イメージ 3

昨夜は、リー・チョンの道場で松山修行時代のやり方で組手の型1〜5を全て復習しました。ひとつの型を10回づつで計50回、軽いウォーミングアップのつもりで動きました。
後はグループに分かれ相対稽古で挙動の意味やバリエーションを確認しながら、更にヒートアップでした。多少フラフラでしたが・・・
イメージ 5イメージ 6
タイミングや動きの違いを見直すのに時間を割き、エアコンも風も無い道場の暑さと熱いトークで時間はミルミル過ぎて行きました。

イメージ 2
総本部道場の黒い長椅子ここで館長と座って話したことを思い出します。

松山時代に指導されていた型は、本やビデオより改良されているパターンかあり、相手の変化に応じる技術が幾種類も加えられていました。
芦原館長から当時、まだ公表されていないスケッチと詳細なメモの原稿を見せて頂いたのを覚えています。

イメージ 1イメージ 4

芦原館長の動きや口調も決して留まらず、指導説明に対して質問も突然飛んで来るのでウカウカ油断出来ませんでした・・常に稽古中も気を張って学ぶのは当然です。
「お前、如何思う?・・・・オスじゃないよ、聞いとるんよ。そう、わかる?デンジャラスな技も隠しとるんよ」説明しながら指導される姿を思い出します。
私にとって芦原館長は、先代も二代目もなく、芦原英幸館長だけです。

変化に応じるサバキの鍛練は続く・・・

開く コメント(6) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

納涼会と上映会・・・



先週末の夜は、ジークンドー練習生と熱い焼肉を囲む納涼会へ走りました。
お仕事と稽古でクタクタに疲れた身体には冷えたジョッキとビールと熱い焼肉がありがたかったです・・・しなびた心には仲間達の熱い語りと笑顔が嬉しいものです。

二次会は旭川市銀座通りのブルース・リー大好きなマスターが待つBarで乾杯!

イメージ 2イメージ 1


オシャレな看板に目を奪われているとマスター手作りのブルース・リーポスターとつい遭遇しちゃいます。
旭川市4条通り15丁目 Simihen's Bar

旭川駅降りてタクシーに「銀座通りのSimihen's Barへ連れてくれんさい」と伝えると住所言わなくても、わかります。一度行くとはまりますよ
店内では、ブルース・リーや懐かしいハリウッド映画を鑑賞しながらお酒を楽しめます。

イメージ 3イメージ 4

ジークンドー仲間は全てがブルース・リーファンではありませんが私の持ち込んだ秘蔵映像も心広いマスターさんは、リクエストに応えてくれます・・・

イメージ 5


大きなスクリーンの前に陣取りコンパクトDVDプレイヤーとダブル上映で、ブルース・リーを熱く語り合い、随分濃いバーボン飲んだためか呂律廻らないほど楽しみました。秘蔵映像に驚きと感動の拍手が鳴り響いたことは言うまでもありません。

イメージ 6

マスターさんに写メ撮ってもらいましたが皆さん・・何故かブルース・リー顔でした。

来月末は、ケンカ十段の秘蔵映像持って空手仲間と店で楽しむ予定です。

これも鍛練・・・

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

俺が居るから大丈夫だ!



我が町内に大雨で避難勧告が出ました。

イメージ 1

ご近所には、10数台の消防車とレスキュー隊やパトカーや土嚢積んだ
ダンプカーや報道カメラマンがびっしり来たそうです。

嫁さんが次男坊にそろそろ、避難しよか?と訪ねたら「俺が居るから大丈夫だ」と
ひと言で避難は辞めた様です。

松山から東京から札幌から、長男や長女や嫁さんの実家から問い合わせが
殺到したそうです。

私は勤務先から帰宅するまで報道を知りませんでした。

もし、知っていたら安倍内閣総理大臣に緊急連絡入れて
政府専用旅客機かオスプレイやデスプレイやメスプレイを呼んだことでっしゃろ・・・
あと100m違いで何事もなく、無事でございます。


では
パーパー

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

暑くても通って来る道場・・・



何処も彼処も、お祭り騒ぎで賑わい町内会のビアガーデンに向かうの人が殆どです。
そんな暑いなか、道場へ通って来る人は本当に珍しいことです。
空手衣は汗でグダグダ、ミットは滑るし、床には汗が落ちて滑ってしまいます。
そんな道場へ集まって来る仲間達と稽古できることは嬉しいものです。

受けから回し崩し、受けから裏投げに繋ぐ動作を短く行う方法を繰り返しました。
大変猛暑のなか、体育館も蒸し暑く熱中症に掛からないよう水分補給を小まめに取らせました。
イメージ 1

日野先生の映像は大変勉強になります・・・ありがとうございます。
やはり、冷えたビールより、冷えた水が一番身体にいいですね・・・痩せ我慢でしょうが。

鍛練は健康あって続く・・・

開く コメント(4) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

通称「館長稽古」



松山修行時代の或る夏、道場にて黒帯弍段、参段を目指す通称「館長稽古」がありました。

当時、芦原英幸館長は全国世界中を多忙に飛び回り武器の開発に営業にまた情報収集に翻弄し睡眠時間も削り3時間も眠れない時代でした。
故に通称「館長稽古」は総本部でも貴重な時間です。

基本が始まるとドアからスーッと静かに入り稽古中の後ろ側に廻って手すりに脚を伸ばしストレッチしながら道場生全体の動きをチェック始めます。

イメージ 1

号令掛ける職員や黒帯に号令のリズムや説明の仕方、小さな動きひとつ妥協なく、基本の要点をアドバイスされます。
「今日の号令は上手いな!お前、北海道で号令やってたん?ほぅ其処の支部の雰囲気が手に取るよう判るんよ・・なぁ、S。号令は皆を引っ張りよる様やることが大切じゃけん」

移動稽古では、立ち方の腰の高さや指先の方向、膝の柔かさ、肘肩の回転、腰の回転、拳の走り、前屈立ちからの移動、騎馬立ちからの蹴りにも、普段気が付かなかった要を徹底し指導されます。
「アシハラ蹴ってみろ・・思い切ってこい、そんな蹴り効きゃせんって!」中途半端なことをやると直ぐに注意されます。

小休止では館長自らサンドバックを軽く変幻自在に叩いて打って、カウンターを蹴ったりしながら海外支部で観てきたこと、移動式サンドバックのこと、二宮師範に持たせたサンドバック等を話して下さいました。

イメージ 2

型の稽古に入り、動きの正解さ、対人の動きに叶っているか、ぶれない軸と回転、技と技との流れる動き、風切る技を見分けながら、何十回も永遠に繰返し「お前とお前と・・以外は残れ」次々ふるいに掛け落とします。

最後まで残るのは気力、体力、技術力持つ弍段、参段候補でした。
これが落とされると悔しくて悔しくて・・最後まで少しでも残ろうとフラフラになっでも気持ちを奮い立たせ落とされた時は、先輩方の凄く鋭利な動き見て感動しました。
何で落とされたかを実感する瞬間でもありました。
「お前等の動き見てると蝿が止まる様に見えるけん・・こうやるんよ・・パパパ〜ン」胸、腹、頬に鋭利な風が何発も貫通しました。

次はサバキです。
黒帯が一列に並び、白帯から色帯へ、外人だろうが大小構わず順番に相手して行きます。
当時は脛サポーター等着けて居る者は殆ど居ません。骨と骨、骨と筋肉が軋む音が響いているのが当たり前でした。
2m超えのプロレスラー、ジンキニスキーに似たデンマーク白人と相手した時は腰に両手を置いて「お前えみたいなチビとやれる訳無いだろう」と見下げた態度には腹が立ちましたね。
催促すると長い蹴りが飛んで来たので吸収ステップしながら着地脚にカッティングキックするとタイミングが合いティクダウン。
真っ赤な顔で起き上がり向かって来ました。私は大柄なタイプとやるのが嬉しくて大好きでした。

館長は何故か外人には特別お客様扱いで「お前、外人に怪我させるな!誰だ、爪で引っ掻いたの。酷いな、血だらけやの、消毒やっちゃれ」。回し崩しで首の裏は、燃えよドラゴン状態でした。

イメージ 3

犯人探しになり、高知出身の黒帯の爪は赤く染り直ぐに館長の標的になってしまいました。

余談ですが彼のアパートに移らないか?と一度下見に行ったことがありました。共同汲取り便所に共同洗面所、共同洗濯機に風呂なし、四畳半は中央に大きな陥没有り、希に蛇が出る特典付きで家賃¥8,000-。更に破けたビニ本が50冊読み放題と来たからにはその気になりましたがやっぱり、蛇には勝てず断念したのです。

イメージ 4

最後は黒帯同士のサバキ合戦が始まります。
身体中に喰らった痛みなんて気にする暇もない瞬間です。
勝ち抜いた者が館長の目に止まり、更に上を試される場でした。
私達は何とか職員達を徹底して狙います。
職員に殺られるのが悔して悔しくて必死に抵抗し最後はねじ伏せられ、カッティンキック浴び空中を仰いで「それまで・・お前下がれ」と声が響きます。
芦原館長は、常に冷静さが大切と仰いました。
確かに私達は冷静さに欠けていました・・稽古時間は遥かに過ぎて行きます
あの悔しい思いが今も空手を続ける起爆剤になり、例えお仕事で逆境に合っても、何とかビニ本に目もくれず乗り越える日々です。

鍛練は続く・・・

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全93ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
Yahoo! Choctle
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事