ここから本文です
熊商会の倉庫兼社長室

書庫はじめに

すべて表示

加藤晃生

1994年立教大学文学部卒・1999年金沢大学大学院教育学研究科修士課程修了・2004年立教大学大学院文学研究科比較文明学専攻博士後期課程単位取得退学・2005年博士号取得(論文博士)。博士(比較文明学)。専門は音楽社会学,障害社会学,多摩ニュータウン研究,写真論。

株式会社P&P契約社員/アルバイト社員(1994-97),翻訳家(2000-2008),立教大学兼任講師(2007-2015),TRICKS CEO(2014-),カタリスト株式会社シニアコンサルタント(2015-)。

最近やっているお仕事はオリジナルバッグのデザイン・製作・製造販売,ウェブプロモーションのコンサルティング(SNS,ブログ),人材育成コンサルティングです(地方企業や中小企業の人材採用の相談に乗ったりします)。カタリストでは福祉事業部の業務標準化や東京エリアの責任者をやっております。

オリジナルファザーズバッグのお買い求めはこちらで。
こちらが公式フェイスブックです。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • クラウドで繋がったマルチリーダーシップのチームによるプロジェクト進行の生産性を経験していると、 物理オフィスに集まってミーティングして電話とFAXとガラケーのキャリアメールと3日に一度チェックするかもしれないプロバイダe-mail ですり合わせながら進めるプロジェクト進行しか知らない人々、組織が今だに日本に存在していることについて、色々な感情を喚起されます。 ...すべて表示すべて表示

  • 先日、教え子の若い社会人たちと、教え子たちが連れてきた就活生たちと、知り合いのおじさんたちと、日本の新卒採用、特に巨大企業の採用について議論になりました。 巨大企業の面接ってテストやらせたり何度も何度も面接に呼び出して同じ質問したりで、あれ何の意味あるんだというね。 私が採用面接をしたことがあるのは ...すべて表示すべて表示

  • 最近、日本の若いろう者の手話における指文字の使用割合が著しく上昇しているのではないか、という話を現場で耳にするなど。 読話(唇の動きを読み取るスキル)の訓練はろう文化の抑圧だというキャンペーンがブームになった結果、以前ならば手形+口形で表現していた手話単語(幾つかの単語に用いられる手形に、口の動きを付加することで、単語の意味を確定させる)が、読話スキル ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事