ここから本文です
Kato's TRICKS
ノルマ、という言葉があります。

ウィキペディアでは日本語だけで立項されている日本ローカル概念です。

元々はロシア語 Нормаがシベリア抑留経験者によって日本に持ち込まれたとも言われますが、真相はわかりません。英語だとnorm(基準、平均)が近い意味ですが、日本語としてのノルマとはかなり意味が異なります。

例えば日本だと売上とか食物摂取量といったものにも「ノルマ」が設定されて半強制となりますが、英語normにそんな意味や使われ方はありません。

むしろ近いのはquota(割当量)ですね。これは経営学上の概念production quota(基準生産量)として企業経営にも用いられています。フレデリック・テイラーが100年ほど前に考案した考え方で、労働者の平均的な作業量を統計的に算出し、これを超えれば報酬増、これを下回るとペナルティで減収という形で労働者の動機づけを行いました(現代日本では労働の成果が基準未満であっても、それを理由に給料を減らすことは法律違反ですからやらないように)。

が、これは工場労働のように手を動かせば確実に成果が積み上がっていく類の労働の管理において有効な手法であって、売上のように成果が個人の作業量と正比例しない数値の管理には使われないようです。

売上のような数値において用いられるのはobjective(目標)という言葉です。objectiveを用いた経営をMBO(Management By Objectives)と呼びます。

以上が議論の前提としての言葉の整理。

私が理解出来ないのは、統計的裏付けを欠く気合いオヤジの妄想の数字がquota化して、「営業ノルマ」とか呼ばれて売上目標として設定されてしまう理由です。しかもあれ、無茶な数字を威勢よく上司の前で吹かしてご機嫌取りするとかいう小技もあるもんなあ。

売上はquotaではなくobjectiveの概念で取り扱うべきであり、そのobjectiveは市場や過去データの分析をきちんとやって、気合いや妄想やお花畑ではなく科学として設定すべきじゃないのかと私は思うわけです。そのためのツールなど山のように出ているし、値段も安いし。

もちろんよほど運が良くなければ、妄想の売上を割ってquotaにして営業パーソンに配分してみたところで、その妄想は実現しません。先述のように日本ではquota未達への懲罰減給は禁じられていますから、その手は使えない。賞与や昇給で差をつけられるならばそれは効果が出るでしょうが、業界によっては賞与も昇給も元々ほとんど無いようなとこもあるわけでして、そんなところで売上quotaを設定したって動機づけが出来ませんから誰も動きません。それでもやらそうとすれば出て来るのは売上ではなく退職願です。

今は人手不足だしね。

にも関わらず、それでも「ノルマ」が効果的であると信じられる人というのは、それはもはや宗教だと私は思います。宗教には信憑構造plausibility structureが必要です。信憑構造というのは、その宗教の教義が語る世界観が真実であると、信者に確信させるもののことです。

それは一体何なのか。

上の無茶振りを現場が何とかしちゃってきた日本近代史のあれですかね。それを現場力とは呼びたくないな。

この記事に

今日は立教大学社会学部の阿部珠理教授の最終講義と退職記念パーティー。

阿部先生は研究者としての私のキャリアパスの鍵を2回も開けて下さった方なんで、これはもう筋論として参上するしかありません。また教え子も(少なくとも)30人くらい被っていますから、今日は懐かしい顔を沢山見ることが出来ました。

イメージ 1


ところで辻占い師の私のところには、10代20代から50代まで色々な人の人生相談が持ち込まれます。カネの儲け方を私に聞きに来る人はあまりいませんから、基本的には、私の人生をどうしたら良いでしょうかというお話です(カネ儲けてれば幸せ、こんな儲けちゃった俺sugeee、こんな部下いっぱいいる俺sugeeeeeで充足していられる単純な脳をお持ちの幸福な方たちは私を馬鹿にしておられます)。

そうしたご相談にどのようにお答えするかはもう、その人の今をどうするかという視点から出発するしかないので、その時その時で千差万別なのですが、究極的にはその人の器の大小を見て、その器にはその人の人生しか入らないと思えば、自分のやりたいことをやっちまえとけしかける。もっと大きな器を持っているけれども、ここに何を入れていけば良いのかわからないという人には、今のそのルーチンから踏み出して色々な人に出会ってみなさいとけしかける。そういうことをしています。

今日あの凄まじい熱気の最終講義やパーティーを見て思ったのは、大きな器を持った人が40年も仕事をしてくれば、最後にはこれくらいのものは積み上がっているのだなということ。その40年の間の数年間を私は共有しただけですが、それでも、あの数年間に自分が耕して播いた種がちゃんとこうして芽吹き花を咲かせ実をつけているんだなあというのを見ることが出来ましたから。

イメージ 2


6年前に4ヶ月だけ教えた(元)学生が、あのとき教わったことが今でも役に立ってますよといきなり声かけてくれるとかね。

仕事というのは、肩書とかカネのためにやるものではないですよ、思うに。自分が歩いたあとにどれだけそこが豊かになっているか。走ればとてつもなく早いけど昼寝が大好きなウサギ系の私も、地道に昼寝もせずにあるき続けられるカメ系のあなたも、目指すべきKPIはそれだけです。今日あらためてそう思いました。

この記事に

 立教大学文学部史学科の大先輩の上橋菜穂子さん(9年上ですが博士課程まで在学しておられたので、1年くらいは在学期間が被っている。学部に入学されたときは古典古代史の高橋秀先生がお目当てだったようですが、ポリネシア人類学の青柳まちこ先生の研究室に入られたみたいですね。私はイギリス史の青木先生でした。ちなみに我々は博士号も同じ立教大学大学院文学研究科で取得しています)の『鹿の王』、読み終わりました。

 以前に読んだ『獣の奏者』が、私には「ここまでやるのは不必要」と思えるスーパーバッドエンドだったので、またやっちゃうのかなと思って最初に結末をチェックしましたが(基本です)、主人公が死ぬシーンは無いようだったので、改めて読み進めた次第です。

 さて『鹿の王』。舞台はとある架空の世界。大国ツオルに小国アカファが併呑され属州となった後、隣接する大国ムコニアとの国境地帯という位置づけになったエリアで物語は展開します。アカファには様々な少数民族が今も暮らしていますが、ツオルからの入植者も増えています。またアカファにはツオルとは異なる体系の医学が発達しています。

 主人公は二人。アカファの少数民族の戦士と、アカファの名家に生まれた医師です。

 ある時、アカファでツオル系の住民のみが重篤な症状に陥る伝染病が発生します。主人公たちはそれぞれのルートからこの伝染病の謎を追ううち、この伝染病がアカファの少数民族が仕掛けたバイオテロであることに気づく、という筋立てです。

 上橋さんは文化人類学者としてはオーストラリア先住民が専門なので、先住民と征服者の子孫が混住する地域の描写もリアリティに溢れています。また医師の監修を受けているそうで、医学的な描写も精密。技術面での考証でも、顕微鏡の発明や細菌の発見とそれ以外の技術発達の齟齬はさほど無いかな。この世界でも顕微鏡は発明されています。火薬もある。ただし火薬は手榴弾にしか使われていません。細菌は発見されていますし免疫の考え方も成立しています。ウイルスがようやく発見されたくらい。

 我々の世界では顕微鏡が1590年、細菌が1676年、ウイルスは1892年です。技術レベルを合わせるなら「鹿の王」世界でも戦争はボルトアクションライフルと機関銃とカノン砲や榴弾砲でやってるはずですが、そこはファンタジーということで、弓と槍が主力武器となっています。

 最終的には問題のバイオテロは少数民族だけでなくアカファの旧支配層たちが糸を引いていた国家的陰謀であることが明らかになるのですが、主人公たちが間一髪のところでこれを阻止。主人公その1(戦士)が負傷したまま姿を消すところで物語は終わります。ジョン・マクレーンなみにタフなおっさんなので、これがアメリカ作品なら5年後には『鹿の王II』の主人公として表舞台に帰ってくるはずですが・・・・

 作品全体に感じる問題点として、我々に馴染みの無い固有名詞(地名、民族名、動植物名)が乱れ飛ぶので話がアタマに入りづらいということを指摘出来ます。『指輪物語』みたいです。ウェブ上の書評(有力メディアに原稿料貰って書いている奴は別よ)でもこれはかなり指摘されてますね。こういう架空世界を書くのであれば、個々の固有名詞について、面倒でもその都度それなりの紙幅を割いて説明していった方が良いと思うし、それをやればシリーズ化して枝エピソードをいっぱい生やして2次元や2.5次元に展開して版権収入(以下略

 ・・・ということを考えないのが上橋さんの立派なところです。もう版権収入なら充分に持っておられるって? そうでしたね。

 『鹿の王』、面白い作品です。地図と用語集を作りながら読まれるとアタマに入りやすいのでお薦めです。

この記事に

最近、色々な人(有名無名含め)がインスタグラムに力を入れまくっているのですが、特に有名人ではない人のインスタグラムアカウントを見ていると、まるで10年前のブログ全盛時代が帰ってきたかのように感じます。あるいは、そうね、mixi再び感。

流行のウェブメディアのうちパーソナルなものは日本では順に

・個人サイト(最も有名な事例として「侍魂」)
・ブログ
・mixi
・Twitter / Facebook
・Instagram

と移り変わって来たと私は考えています。

個人サイトは当初は何らかの情報をまとめた静的なコンテンツで、動的なものは「掲示板」を使っていました。

これがReadMe!(通称リドミ。日記サイトの人気ランキングを生成するサービス)の登場で日記サイトブームが起こり、もっと投稿しやすいブログへと展開していきます。トラックバック機能なんてあったよなあ昔。

そこに現れたmixiは「足跡」「マイミク」機能で、ユーザー間の繋がりをウリにして一気にスターダムにのし上がりました。これでmixi盤石かと思われたのもつかの間、様々なアカウントの投稿を「タイムライン」として一つにまとめる仕組みがtwitterとfacebookに導入され、今ではもはやタイムラインの無いウェブメディアなんてだるくて見てられません。

(余談だけど社内SNSもタイムライン形式が一番便利と思いますよ。こないだまで某所で使ってたNIコラボってのはホント使いづらかったわ)

ハッシュタグで関連のある投稿をまとめる機能も今や常識ですね。

そしてインスタグラム。

何が新しいのか、あるいは、何が今まであったものの再利用なのか。

【再利用】
・匿名アカウント
・タイムライン
・ハッシュタグ
・コメント欄

【新しさ】
・画像があれば文章無しでも投稿可能
・投稿はスマートデバイスオンリー

こうやって見ると、インスタグラムも実はその要素の多くは、以前からあったものの流用であることがわかります。

更にその使われ方を見ると、結構な長文を添えた投稿が増えているし、これでもかとハッシュタグをくっつけて、見知らぬ人の閲覧を呼び込んでいます。ブログ時代はトラバを付けるか、よそのブログにURL付きのコメント付けて流入を呼び込むくらいしか無かったのが、インスタではハッシュタグによる集客が基本となった。

そして付いたコメントには必ず丁寧にお返事。フォローされればフォロー返し。

みんな何をやろうとしているのか。ブログ時代はPVやコメント数で競っていたものを、インスタではいいね数を(ゲームのコインのように)集めるゲーム・・・?

ブログ創成期の、あの礼儀正しすぎるくらい礼儀正しい雰囲気を彷彿とされる、ピースフルでホワイトな空気感。

幾多のウェブメディアの興亡を見てきた私の目には、この雰囲気この感じ・・・・インスタが(場が荒れるか、ハッシュタグとフォロバによるコミュニケーションの創造性が限界に達するかして)メディアとしてピークアウトするまであと1年か2年という気がしてるんですけど。

その先に何が待っているのか。タイムラインやハッシュタグのような新しい革新が来るのか、それともそろそろウェブメディアのアイデアも限界に達するのか。

私はそろそろ限界なんじゃないかって思いますがいかがでしょうか。もちろんAIが入会審査する核心的SNSだったLemonが次に来る可能性もゼロではありません。

イメージ 1


と書こうとしてLemon見に行ったらAIの番人が撤去されてて誰でもFacebookアカウントでサインアップ出来るただのアプリになってました。


この記事に

 売上不振の責任をおマトメした「役立たず」という甘美なる烙印とともに先月いっぱいで某C社を放り出されたので、昨日からいくら昼寝してようが平日に遊びに行こうが誰にもイヤミも陰口も言われない身分に降格しました。やっぱ社畜力ゼロだわ俺ψ(*`ー´)ψケケケ 最後のほうは売上立ててもどうせ副業でやってんでしょとかイヤミ言われてたからな。

 副業ですよそりゃ。何か問題でも?

 さて、幸せな生活に戻ったとこで早速映画館に行こうと思ったらいきなり新規案件着弾で昨日は企画書書いたりしていてチャンスを逸し、今日こそ満を持しての新宿出撃です。

イメージ 1

客席はおっさん度100%。みんな社畜失格仲間ですね。クビになったか追い出し部屋にアサインされたか。いずれにしろ親近感しかありません。みんな頑張らないどこうぜ!

 さて2202です。

 あらすじはええと、地球とガミラスの連合艦隊がガトランティス艦隊と激突します。超格好いいゼルグート級が3隻も出てくるんですが、何考えてるんだか全く発砲しないままガトランティス艦隊の餌食にされて全滅(撃てよちゃんと)。ガトランティスつえーと思ったとこでアンドロメダの波動砲が炸裂してガトランティス艦隊を殲滅。勝ったーと思ったらガトランティスの大戦艦がいきなりワープして地球に突入をはかります。

 こんなシーンあったよな、エヴァンゲリオンで・・・と思っていたら、古代の指揮する戦艦に真田さんから連絡が入り、ドックで改修中だったヤマトのショックカノンで大戦艦が破壊されて、ああ何とかなった。

 この後、テレサからテレパシーが旧ヤマトクルーに届き、ガミラス大使館が古代に極秘裏に接触というとこで第1章は終わり。

 アンドロメダのショックカノンが効かなかった大戦艦が何故ヤマトのショックカノンで破壊出来たのかと、ゼルグートちゃんとやれというところが非常に気になりました。

 地球、ガトランティス、ガミラスの3勢力では、一番ヒールっぽいのが地球で、一番ベビーフェイスなのがガミラスです。「星巡る方舟」以来、ガミラスさんたちの好感度とゼルグート級のありがたみが反比例です。

 そして古代とユキのラブラブ度がもうたまらんですね。君たちバッドエンドルートに入って最後、体当たり攻撃やらされないように祈ってますよ。

 あ、映画見た後はちゃんと仕事してきましたから。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事