戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

放課後のプレアデス

どうも、管理人です。夜中に変なテンションになると、朝起きた時のテンションが最悪になっている件…。生活リズムを戻さないといけないというのにorz


さて、今回紹介するのは、「放課後のプレアデス」という作品。この作品は、自動車メーカーのSUBARUとアニメ制作会社GAINAXによる、コラボレーションアニメ。そして、今朝YouTubeにて公開された全4話から構成された、約25分の映像作品です。スタッフやらキャストの関係から、少し前から管理人は注目していたわけですが、果たしてその出来はいかに…。

作品の概要としては、なぜか不思議な力を持ってしまった主人公すばるとその仲間たちが、地球にやってきたプレアデス星人の宇宙船を直すために、星の形で散らばったパーツを回収するというもの。それと、それに付随して、彼女らとはまた別の理由で星を集める少年との出会いと戦いなどの要素も含まれている、そんな作品でした。
この作品について、個人的に思ったのは、「惜しい」ということ。というのも、やはり登場人物の数とストーリーの展開から考えると、明らかに駆け足展開にならざるを得ず、物足りなさが引き立つといった出来になったため。結局プレアデス星人の部長の目的だったり、すばるとあおいの関係だったり、その他の登場人物が半ば空気化してたり、とにかく勢いで誤魔化して煙に巻いたように思えてなりませんでした。正直な話、この尺でやるのであれば、色々と削るべき点があるのではないかと思います。まあ、星空をバックにした戦闘シーンやら、杖から鳴り響くエンジン音やら、どう聞いてもストライクウィッチーズのエイラにしか聞こえないあおいのキャラクター性やら、要素としては面白い点はいくつかあっただけに、それが本当に残念です。ただ、終わり方としても続きを匂わせるようなものである点、それと先程から述べている色々とオミットされている設定が数多くある点などを考えると、また別の形で再び制作されるのではないかと思えるだけマシなんでしょうね、多分。管理人としても、そうなることを望んでいるので、またいつかこの作品が別の形で世に出ることを祈っています。

ちなみに、先程も言った通り、この作品は自動車メーカーのSUBARUとのコラボレーションということで、要所要所でそれに関連する部分が使われています。管理人が知っている限りですと↓

・魔法の杖から車のエンジン音
・バス停の止まる場所がSUBARUの自動車工場がある場所
・パーツの名称が車関連(多分)
・展望室の鍵が車のキー
・すばるたちの数=SUBARUのエンブレムの星の数

だいたいこんな感じでしょうか。果たして、これが宣伝効果にどうつながるか…。


ストーリー   ……3
キャラクター性……4
画        ……3
演出       ……3.5
音楽       ……3
総合的な評価 ……3

そんなところで、感想を終えたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事