戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

どうも、管理人です。のんびり書いてたら、時間内に書きあがらないような気がしてきたww


というわけで、本日2度目の更新ですが、引き続きアニメ評価の続き。今回はマンガ原作の作品を中心にまとめてみました。それでは、どうぞ!



1.夢喰いメリー

ストーリー    ……2
キャラクター性 ……4
画         ……3
演出       ……2.5
音楽       ……4
総合的な評価  ……2

まず最初はこの作品。単体で感想を書いていたことからも知っての通り、この作品に管理人はかなりの期待を寄せていました。しかし、放送開始前からオリジナルキャラ投入が確定するなど、色々と不安要素もあったわけで、実際放送が始まってかなり驚かされました。一言で言えば、原作よりもかなりシリアスな雰囲気が漂っていました。別にシリアスが悪いとは言いませんが、そのせいで原作の持ち味であるライトな要素が消えうせたのは残念としか言えませんでした。また、キャラの扱いにしても、原作に登場するエルクレス一味の扱いがかなり縮小され、代わりに出てきたアニメオリジナル組の出番が多くなったのも残念。キャラとしては悪くないのに、何一つとして解決しないままで終わる要因になってしまったのは、原作ファンとして実に許し難い。そんなわけで、かなり厳しく評価せざるを得ない、そんな作品だったと思います。


2.お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからねっ!

ストーリー    ……2
キャラクター性 ……4
画         ……3
演出       ……3.5
音楽       ……3
総合的な評価  ……3.5

続いては、この作品。この作品についてまず思ったのは、やはりキャラクターデザインが非常に特殊だった点。これは完全に原作クオリティのようですが、「萌え」をやるには不利にしか働かないだろうと、これが放送前の感想。しかし、実際放送を見てみると、むしろこの絵で良かったと思うようになりました。何と言いますか、「萌え」とはまた違う、ツッコミ不在のギャグアニメを見ている気分になり、これはこれでアリだなという具合に。つまり、絵的に萌えないことが逆にアクセントになっていいと、そう思えました。ただ、そのテンションが最後まで持つかと言えばまた別の話であり、途中からかなりパワーダウンしたのが少し残念でした。しかも、放送期間中の地震及び津波の影響で一話分がほぼ欠番になったり、アニメオリジナルの話が明らかに迷走してたりと、だめな部分がとことんダメだったため、結果的にそこまでの評価ができない作品となってしまったと思います。


3.テガミバチREVERSE

ストーリー    ……3
キャラクター性 ……3
画         ……4
演出       ……3・5
音楽       ……3
総合的な評価  ……3

3つ目はこの作品。こちらは続編ものでアニメ版1期からレビューを続けている身としては外せない、そんな作品でした。1期のラストがあまりにもぶつ切りすぎたのでどう繋いでくるかという点に放送開始前は注目していました。
感想としては…まあ可も不可もなくと、だいたいそんな感じですかね。もうちょっと詳しく言うのであれば、原作準拠の話は軒並み出来が良かったと思います。特に、魔訶の話とか教会の話とか、前半部分の話はそれなりの出来だったかと。ただ、原作にないヘイズルとガラードの寝返り設定、これが完全に余計だったと思います。正直な話、あれのせいでかなりテンポが悪くなりましたし、見ていて胸糞が悪くなりました。別に完全に原作通りの再現をしろとまでは言いませんが、もうちょっとどうにかならなかったのかと言いたくなりました。本当、あれさえなければもうちょっと評価が高くなったかも知れなかっただけに、実に惜しい作品だったと思います。


4.Rio-The Rainbow Gate-

ストーリー    ……3
キャラクター性 ……4
画         ……3
演出       ……4
音楽       ……3
総合的な評価  ……3

さて、今回最後はこの作品。実は、この作品だけマンガ原作ではないわけですが、作品中の調整の都合でこちらにねじ込ませていただきます。さて、こちらの作品ですが、確か放送開始前の注目度はそこまで高くありませんでした。というのも、管理人自体がパチンコに興味がなく、それらのキャラにあまり親しみがなかったため。そのため、ひとまず初回だけ見てみることに視聴を始めたわけですが、そのままずるずると最後まで見てしまったと、そんな経緯の作品だったり。
そして、感想ですが、個人的にはもうちょっとはじけた作品でも良かったかなという印象。この作品は主人公のリオが「ゲート」と呼ばれるカードを所持していて、同じくゲートを所持しているプレイヤーとカジノバトルするという内容なのですが、基本的にそのカジノバトルが中々トンデモな展開を見せています。例えて言うのであれば、ミスター味っ子のリアクションだったり、テニスの王子様の技のエフェクトだったり、つまりそういった類のもの。なので、そういった過剰演出で楽しむものだと思っていたのですが、個人的にはそれが少し大人しかったように思えました。もっとそっち寄りに作った方が笑って見られる作品になっていただろうに、少しどっちつかず気味になっていた風に見えました。とは言っても、これはこれなりに面白かったので、それなりに評価できる作品だと思います。


その3に続く…

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事