戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

どうも、管理人です。何か知らないけど、全身筋肉痛ェ…。本当、体内年齢いくつですかとw


1.C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL

ストーリー    ……3
キャラクター性 ……3
画         ……3
演出       ……3
音楽       ……4
総合的な評価  ……4

さて、本日最初はこの作品。確か、放送開始前でも取り上げたような、そんな記憶があるのもちょっと懐かしい話w
まず思ったのは、当初想像してたものとかなり違うものが飛んできたという印象。というのも、あらすじだけ見ると「とりあえず経済とかそんなのに関係した話」的な何かという感想が浮かぶため。にも関わらず、飛んできたのはカードバトル的な何か…。確かに抽象的な数字だけを出されただけじゃ分かりにくいですが、まさか魔物的なものが出てくるとはさすがに予想外すぎました。そして、何よりもルールが微妙にわかりにくいままで終わってしまったのはちょっと残念。というか、1クールで締めるには詰め込みすぎな感が…。とは言っても、嫌いじゃなかった作品でした。


2.あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない

ストーリー    ……4
キャラクター性 ……4.5
画         ……4
演出       ……4
音楽       ……4
総合的な評価  ……4.5

続いてはこちら。春アニメの中でも、おそらく一番の話題作でしたね。毎度Twitterでの実況がカオスだったw
とりあえず、端的に感想を述べると、確かに面白かったです。キャラクターの動かし方、謎のばら撒き方、1話ごとの引きなど、あらゆる点でうまく興味を引き付けるのに成功していたように思えます。管理人の場合、特に引き付けられた要因はキャラクターの会話の節々に出てきた懐かしいアニメやゲームの話だったりするのですが、おそらく管理人と同年代の人には本編とは違ったところでニヤリと出来たのではないかと。
何と言うか、アニメというよりもドラマを見てる感覚に陥る、そんな作品でした。


3.緋弾のアリア

ストーリー    ……3
キャラクター性 ……3
画         ……2.5
演出       ……3
音楽       ……4
総合的な評価  ……3
 3つめはこちら。管理人はアニメ放送された部分までは原作で先にチェックしてたのですが、映像にするとシュールになりすぎてた気が…。そもそも原作からしてツッコミどころ満載なのですが、それをアニメで再現ないし微妙に変えるとここまでシュールになるとはwwしかも、至って真面目な話の中でさらっと意味分からないことをやってのけるとか、ツッコミが追いつかんですw
そんなわけで、春アニメ随一のギャグが冴えていた作品だと思います。


4.電波女と青春男

ストーリー    ……2
キャラクター性 ……4
画         ……3
演出       ……3
音楽       ……4
総合的な評価  ……3

続いては、こちら。今期のシャフトアニメ枠ということでどう転ぶかに注目してたのですが…なるほどこう来ましたかw一言でいえば、エリオをブヒるためのアニメでしかなかったと。もちろん、他にも見どころはあったでしょうし、何よりも管理人はリューシさん派だったのですが、スタッフのエリオの作画に対するこだわりはすごくよく分かりましたw他のところは手抜きっぽいのがところどころ入るのに、エリオのアップだけは抜群の安定力すぎるwwwそして、話の内容についての評価ですが、個人的には好みと外れすぎてて少し辛かったです。感想を書くにも、うまく書けなくて困りました。
色々と文句はあるものの、原作イラストブリキ氏の絵の再現度の高さは評価できる、そんな作品でした。


5.GOSICK

ストーリー    ……3
キャラクター性 ……4
画         ……5
演出       ……4
音楽       ……4
総合的な評価  ……4

続いては、こちら。多分今回まとめる中で唯一の2クール作品だったかと。管理人が作品ファンだったこともあり、放送前からそれなりに押してたのも懐かしいw
さて、評価にうつりますが、これは微妙に評価するのが難しいです。というのも、見る視点によってどう評価するかが変わってくるため。具体的に言えば、推理ものとして見るか、ヴィクトリカにブヒるか、それか久城とヴィクトリカの関係性に重点を置くか。1〜3話を見てもらえばわかりますが、推理ものとしてはトリックがかなり強引なので推理ものとしては結構致命的なものがあります。そして、ヴィクトリカにブヒるにしても、終盤以降が若干辛くなります。だとすると、一番最後に重点を置くべきなんでしょうが、肝心の久城が結構情けない感じなのでそれも敬遠されがち。ちなみに、管理人は一番最後の視点で見てたのですが、それでも久城の情けなさがちょっとあれだった気がしました。
とは言っても、最後まで通してみると、おそらく春アニメで一番いいラストだったので、満足感はかなり高かったかと。これだけは本当にガチです!


6.DOG DAYS

ストーリー    ……2
キャラクター性 ……4
画         ……3
演出       ……4
音楽       ……4
総合的な評価  ……3

さて、これでラストです。最後に取り上げるのはこの作品か…。
とりあえずの感想を言うと、色々と肩すかし感が強い作品だったと思います。前提となる「人が死なない戦」というのもさることながら、微かに仄めかされたガレット以外の別の国のこと、人が死なない戦のイレギュラーとなる魔物の存在、それと終始ゆるい空気感 この辺がちょっとアレだった気がします。まあ、これはこれでよかった部分はあるのですが、シリアス展開が長続きしなかったのはちょっといただけなかったなと。あそこでシリアス入れるなら、もうちょっと引っ張った方が良かった気が…。それと、無駄に風呂敷を広げすぎてたので、やるのであれば1クールで裁き切れるくらいの風呂敷でお願いしますwところで、これは2期くる…のか?


・ベストキャラクター賞…松雪集(「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」)
前回に続いて、完全にネタキャラからの選出となりましたが、いい存在感を放っていたと思います。まさしくベストキャラクターにふさわしい。

・ベストOP賞…マトリョーシカ(「C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL)
映像含めて、個人的には中々の当たり曲でした。

・ベストED賞…つまさきだち(「そふてにっ」)
正直な話、あの花とどちらにするか悩みましたが、あえてこちらを選んでみました。つか、大正野球娘のEDとかイカ娘のEDとか、伊藤かな恵のアニメタイアップ曲が軒並み好みな気が…(笑)

・ベスト声優・男性賞…櫻井孝宏
ご存じ、ゆきあつさんの中の人。あのちょっと狂気じみた演技はさすがだと思いました。

・ベスト声優・女性賞…戸松遥
Cの真朱・あの花のあなると、前期のノイタミナ作品でどちらもヒロインポジションでしたね。そんな中でも、あなるの泣きの演技がすごかったのがすごく印象的でした。


以上です。ちょっと駆け足気味の紹介になってしまいましたが、これにて春アニメの評価を終了したいと思います。夏アニメの感想の方も、よろしくお願いします。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事