戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。本題に入る前に、先に一つお知らせ。今回の評価企画用の記事ですが、数えてみると思いのほか多かったので、全3回の予定を全4回に拡大したいと思います。ただ、Part4の記事は一身上の都合で作成が遅れるので、その他の賞についてはこちらでまとめる予定。色々とややこしいですが、どうかご了承ください。それでは、さっそく行きたいと思います。


1.花咲くいろは

ストーリー    ……3.5
キャラクター性  ……4
画          ……4.5
演出        ……4
音楽        ……4
総合的な評価  ……4

 本日一発目はこちら。こちらは、放送開始前で「一押し」と大プッシュしてた記憶がありますwそして、肝心の内容についてですが、当初期待してたものと若干違うものが来たものの、それでも結構面白かったと、そういう印象。大筋のテーマとしては、割と自分好みでした。ただ、話のテンポがあまり良くなかったせいか、無駄が多くなって必要なところが描写不足なのでは、と感じることもありました。そこがマイナスになりますが、総合して面白い作品だったと思います。


2.ダンタリアンの書架

ストーリー    ……2
キャラクター性  ……3
画          ……3
演出        ……3
音楽        ……2
総合的な評価  ……2

 続いては、こちら。一応原作読者なので、アニメ化発表の時は結構wktkしてたのに、キャラデザ発表で一気に裏切られた気分になったのが懐かしい…(苦笑)。そして、丁度アニメ放送期間中に原作サイドでもめ事が起こり、シャレにならない事態となったのがまたorz
 さて、評価についてですが、正直結構残念なことになってたという感が否めないです。キャラデザが違うのはまあいいとしても、背景の作画がものすごく実写入ってたり、話の圧縮具合が上手くなかったり、全体的に作りが上手くなかったです。というか、あの時間帯にあの内容を放送したら、結構ガチで眠くなる…。途中からは盛り返したと思いますが、評価を覆すには至らなかったのが残念。


3.神様ドォルズ

ストーリー    ……3.5
キャラクター性  ……4
画          ……4
演出        ……4
音楽        ……4
総合的な評価  ……4

 続いてはこちら。こちらも、原作を知っていたこともあり、放送開始前の印象はそこそこ。でも、原作が地味だったので、それなりに堅実な出来を期待してました。
 作品の評価ですが、一言で言えば原作のポテンシャルを上手く引き出せた、そんな作品だと思いました。作風は地味だったものの、原作をかなり尊重した出来で、尚且つスタッフの遊び心と熱意が伝わってきました。それに、OPのインパクトがすごかったw
 原作が未完ということもあり、そのまま未完エンドとなってますが、ぜひ2期に期待したい、そんな作品です。


4.日常

ストーリー    ……3
キャラクター性  ……3
画          ……5
演出        ……4
音楽        ……3
総合的な評価  ……3

 続いては、こちら。京都アニメーションの最新作と言うこともあり、やはり期待せざるを得なかった作品ですが、正直結構不安もありました。というのも、原作からしてシュール系のギャグ作品なので、それをどこまで生かせるかと…。
 そして、蓋を開けてみると、その不安の内の半分は的中したと言う感じ。意味が分からないと思えるものは本当に意味不明ですし、駄目な部分はとことん駄目だったと思います。しかし、時折のぞかせるスタッフの本気だったり、キャストの熱演共演は結構な見所だったと思います。その結果、ちょっと辛い点数にはなってしまいましたが、一見の価値はあると思います。


5.うさぎドロップ

ストーリー    ……4.5
キャラクター性  ……4
画          ……4.5
演出        ……5
音楽        ……4
総合的な評価  ……4.5

 続いては、こちら。原作の評価がかなり高いこともあり、放送前の時点で名前だけは知っていた、そんな作品。周りでの期待度が高いこともあり見始めたのですが、これは思わぬ掘り出し物だったと思います。何と言いますか、色々と考えさせる要素がある一方で、キャラクターもかなり良く、欠点と言えるものがほとんど思いつかないです。しかも、面白かったから続きが見たい、というわけでもなく、アニメで描かれてる部分までできちんと完結してるので、これ単体で充分いけると思います。また、魔法少女まどかマギカでの邪悪なオーラの一端を担っていた「劇団イヌカレー」をうまい具合に浄化してると言う…。
 個人的には、夏アニメでトップ3に間違いなく入る、そんな作品だと思いました。


6.ロウきゅーぶ!

ストーリー    ……3
キャラクター性  ……4
画          ……3
演出        ……4
音楽        ……4
総合的な評価  ……4

 本日最後は、こちらの作品。同時期にアニメ化が発表された「神様のメモ帳」と比べ、放送前の時点ではあまり期待が集まらなかったという印象ですが、放送開始と共に見事に逆転しましたね(苦笑
 作品の評価なのですが、個人的には結構好きな作品に出来あがってたと思います。小学生がキャッハウフフしてるという意味でも、熱血スポ根という意味でも。ちなみに、管理人はロリコンじゃない…と信じたい!まあ、冗談抜きの話として、ロリロリしている部分とスポ根してる部分のバランスは良かったと思います。おかげで、どちらをメインにしても楽しめましたし、話のまとめ方も悪くなかったので素直に続編を期待したくなる作品。ただ、製作会社がセブンアークス分家ということもあり、作画が不安定だったのが残念。そこさえ我慢できれば、いい作品だと思います。まったく、小学生は最高だぜ!


ベストキャラクター賞…ワイルドタイガー(TIGER&BUNNY)
いかにも三枚目の冴えないおじさんなのに、いい具合に味のあるキャラでよかったです。

ベストOP賞…Be Starters!(マヨチキ!)
色々と悩みましたが、疾走感と爽やかさが抜群に好きなので、これを選曲

ベストED賞…マジLOVE1000%(うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%)
話題性、キャッチーさなど諸々含めて、文句なし!

ベスト声優賞・男性…宮野真守(Steins;Gate)
テンションの高い厨二病キャラと、そこから打って変った真面目キャラの使い分けが秀逸でした。

ベスト声優賞・女性…今井麻実(Steins;Gate)
どこか下手うまな面が見られる一方で、ストーリー終盤の演技力には舌を巻きました。


Part4に続く…


http://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ参加してます。どうか、ご協力ください〜

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事