戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。昨日までの疲れは、約半日休んだのと夜の睡眠でほぼ回復。今日は今日で風強くて疲れましたが…。

 今回の更新は、週一で行っている前期アニメ評価企画の第4回目。実は、今更数を数えて知ったのですが、予定通りの尺で収めようとすると1回で取り上げる本数を増やさないといけないことが判明…。最後は労力が別に取られるのに、ここで作業量増えるのは完全想定外でやばいっす。ちなみに、次回で全部まとめ終わる予定…ではありますw


1.まんがーる!

ストーリー ……2
キャラクター性 ……3
画       ……3
演出      ……3
音楽 ……2
総合的な評価 ……3

 本日最初はこちらの作品。前期のてーきゅうから続く、アーススターからのアニメ化作品第2弾part1。連載雑誌である月刊コミックアーススター編集部を舞台に、時に真面目に、基本はおふざけで創刊秘話を面白おかしく語る、そんな内容でした。
 そして、感想を言わせてもらうと、わりと「ひどい」作品でしたね。メタすぎて内容があまりないのもそうですし、キャスト陣の演技が総じて微妙。駄目押しで、OPの歌唱力が割と絶望的…公式で「ひどい」と言わせるのはすごく皮肉が効いてるとしか思えない…。
 もっとも、苦痛に思えるほどつまらないわけではないので、それが良くも悪くもという風にも思いました。


2.ヤマノススメ

ストーリー ……4
キャラクター性 ……4
画 ……3
演出 ……4
音楽 ……3
総合的な評価 ……5

 続いては、こちらの作品。「まんがーる!」と同じく、アーススターからのアニメ化作品。こちらは、全然メタな内容ではなく、至ってまじめに登山の知識を時間の許す限りで教授する、そんな作品でした。
 こちらについては、本当時間の圧縮が上手くて、1話辺りの時間が短いながら毎回非常に満足度高い作品に仕上がっていたと思います。また、リアルでも仲良しらしい井口裕香さんと阿澄佳奈さんが共演してて、普段演じてる役柄とは違ったイメージのキャラを演じてる、仲の良さそうな掛け合いを堪能しました。


3.直球表題 ロボットアニメ

ストーリー ……3
キャラクター性 ……5
画 ……3
演出 ……4
音楽 ……3
総合的な評価 ……4

 続いては、こちら。「gdgd妖精s」「バックステージ・アイドル・ストーリー」「うちの妹は大阪おかん」でお馴染みの石舘光太郎氏と、ニコニコ動画で活躍中の職人がコラボしたアニメ(?)作品。
 ぶっちゃけた話、最初は「gdgd妖精s」の焼き直し感が強くて、あまり面白いと言える出来ではなかったのですが、キャラが填まりだしてから一気に面白くなりました。もちろん、演出の妙もあるのですが、やはり石舘さんが手がける作品はキャラが命というのを再確認しました。
 PS.あの平田広明さんの使い方は本当無駄に豪華すぎた(褒め言葉)。


4.さくら荘のペットな彼女

ストーリー ……2
キャラクター性 ……2
画 ……3
演出 ……3
音楽 ……4
総合的な評価 ……2

 続いては、こちらの作品。原作は電撃文庫より刊行されているライトノベルシリーズ。おかゆ事件で一気にアンチ叩きが加速したのも記憶に新しい…。
 と、そんな話はさておき、感想を。何といいますか…終始何かが物足りないまま物語が進行してて、作中世界と実際の温度差が著しいなというのが、正直なところ。「ここが感動シーン!」「ここが共感する場面!」というのは何となくわかるものの、ほぼ全く没入できる作りになってなかったのがとにかくしんどかったです。
 それと、キャラクターの面からみても、基本的にまともな人物がいなくて、主人公においては過去最低レベルに感情移入できないキャラという最低ぶり。ここまでボロクソ言ってて、何で全話見たんだと言われそうですが、本当自分でもそう思いました。


5.たまこまーけっと

ストーリー ……2
キャラクター性 ……4
画       ……4
演出      ……3
音楽 ……3
総合的な評価 ……2

 本日最後はこちらの作品。「けいおん!」のスタッフが送る、京都アニメーション制作のオリジナルアニメとなった本作でした。
 こちらもこちらでコメントしにくい作品なのですが、あえて言えばゆったりした雰囲気つくりに注力しすぎて、キャラクターの可愛さ以外に売りがなくなっていたような気がしました。それに、ストーリーにしても、思わせぶりな描き方をして全然関係なかった、またはぼかされたまま終了というのが多くて、ひどく肩透かし。どんな意図があったかは知りませんが、出てきた伏線をもっと伏線に関連付けるなり、嫁さがしという部分をもっと真面目にフォーカスするなり、もうちょっとやりようはあったと思えるだけに、非常に惜しい…。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事