戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

子供から大人へ


 どうも、管理人です。昨日に引き続き、アマガミ視聴中。手堅いと言えばそれまでだけど、やっぱお手本みたいな作りというのは大切だと思います。


理樹:「謙吾、僕は鈴と一緒に頑張りたい」

 今回の話は、謙吾編。相変わらず、着々とイベントが進んでる印象がありますが、これだけ詰め込んでれば最後はどうにかなるかなと。

 前回、無事真人が仲間に加わり、続いて取り掛かるのは謙吾の説得。彼の場合は、真人とはまた別に、そもそも野球をやることに強い反発を示していて、切り崩すのは困難。そうでなくとも、真人よりも強くて頭もまわるという時点で相当難題なのに、一見無理ゲーなレベルにも思えます。
 そんな中、どうにか勝負に持ち込めるだけの材料が一つ、思わぬ形で転がってきます。情報源がまさかの恭介というのは何ともコメントしがたいところですが、どんな状況であっても敵ではないので、理樹はそのカードを使って交渉に臨むことに。ちなみに、そのカードというのが「謙吾が一つだけ嘘をついている」というもの。何が とまでは言ってませんが、理樹はすぐにそれが何なのか行き着きます。確かに、今までの話でも違和感ありありな描写が挟まってましたが、骨折がフェイクというのはさすがに…。ある種前提条件ではありますが、まあそれは世界の秘密知ったうえで見ると分からなくも。

 結局、話は平行線のままで、勝負でケリを付けることに。演目は、いつかと同じくサドンデス方式のホームラン対決。違うところは一対一なので相手が投げた球を打つということと、フォアボールなしのスリーストライク制ということ。つまりは、各選手の地力が試される戦い。
 最初は理樹がバッターで、謙吾がピッチャー。元々の地力の差がある分、最初は謙吾が優勢で進みますが、一方で退く気ゼロの理樹もどうにかくらいついてカウントを稼ぎます。そうしてるうちに、どうにかホームランを打つに至りますが、理樹の体力はそこでほぼ限界。そこで、鈴がピンチヒッターもといピッチャー代理としてマウンドへ。もはやルール無視なんじゃ…という野暮なツッコミはいらんですよ。あくまでも、二人でようやく一人前、ここまでがそれが強調されてたかと。

 そして、鈴がマウンドに上がることになりましたが、やはり鈴が神なるノーコン状態というのがこれまた厄介な状態。フォアボールなしなのは幸い。ただ、謙吾は打てないと思う球に反応するようなキャラでもなく、かといって打てる球を打ち損じるようなこともそうそうないくらいの実力者であるので、ストライク入っても入らなくても結構やばい状態。ですが、急に入り始めたストライク球に身体が泳いでしまったりと、なぜか追い詰められてるのは謙吾の方。その理由は、真人とは違う理由で、彼もまた勝利というものに拘りを持っていたため。恭介が勧誘したときは、その拘りの象徴たる父が倒されたせいで、しがらみから解放されたという経緯があって、これまた上手く近い状況に持ち込めたと。今回は本人ですけど。
 また、鈴に関しても、自分からマウンドに立つと言い出したり、デジャビュって今までの経験値が戻ってきたりと、着実に成長に繋がるステップが描かれてましたね。最後のライジングニャットボールは思わず叫びましたw

 こうして、勝負に負けた謙吾はついに本音を口に。今も昔も、変わらず望むのは「みんなと一緒に遊ぶ」こと。過去形になってるのは…まあそういうことですよ。ちなみに、彼が以前の戦いの場でキレたのは、あの場にいるはずのない古式を強引に介入させたため。よく分からないこと言ってると思われますが、恭介がどういうわけかそういう仕込み出来る立場にあって、わざと操作した という話。ぶっちゃけた話、今回の話で明かされた部分で、この世界が何なのか、大体の人には予想ついたのではないかと。それ踏まえると、なぜ恭介がそんな真似できるのか、分かるはず。
 それと、あくまでも理樹と鈴を守るというスタンスを貫かんとしていた、これもまた事実。結果的に、その過保護っぷりが駄目だったような気もするが、気にしないことにする。


 ということで、謙吾ルートの話でしたが、大分バッサリ行きましたね。微妙に記憶薄いですが、確か真人と同じ現象に陥ってないかの確認とか、謙吾の過去探るための話とか、そういうのもあった気がしますし。そういう意味で、上手くまとめた部分もあれど、唐突だったなともところもあって、一長一短の出来だったかと。
 次回はいよいよ恭介編。ここからは怒涛の種明かし来るな!

※ミラーつくりました。TB送信に失敗したときにお使いください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/909-eb7b4c45)


http://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事