戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

確認し合う、この想い


 どうも、管理人です。つい数時間前の話ですが、もしかしたら週明け一発目でバイト先のヘルプ入る可能性が浮上…。とりあえず台風が大したことにならないのを本気で祈る!!


真琴:「やっぱり、水の中じゃ最強だね。ハルちゃん」

 今回の話は、地区大会予選 個人種目編。予告からして、今回から大会の話入るのは予想してましたが、しかしこの展開はちょっと予想外の部分がなきにしも。

 何やかんやと言いつつも、ついに地区大会予選の前日。ここで改めて種目の再確認が入りましたが、ここで注目するべき点は二つ。一つは、各人得意な種目で1〜2種目エントリーしていること、もう一つは真琴のエントリー種目。前者は置いとくとして、後者が問題。というのも、真琴は背泳ぎ専門なのに対し、彼がエントリーしたのが背泳ぎの100メートル・それとフリーの200メートル。しかも、遥が出場することも織り込み済みで、ここに来てまさかの対戦カードが。ちなみに、フリー100では遥と凛のカード…どっちも面倒な組み合わせですわw

 そんな中で、唐突に挿入された過去話。これは、遥が水泳を始めるきっかけになった話ですか。いまいち積極性に乏しい彼が何をきっかけにのめり込んだのか、ちょっと気になってましたけど、やっぱ真琴経由なんですね。果たして、真琴が何を理由に連れ出したかは何とも言い難いところですが、遥が自分だけの存在じゃなくなったという点に、少なからず思うところがあったというのは何となく伺えました。それ故の今回のフリー参戦なわけで、吹っ切るための儀式ということですか…やっぱ面倒だ。

 そして、迎えた当日。父親の墓参りを済ませた足で会場入りする凛&江、応援に駆け付けた御子柴前部長、その他鮫柄の面々が一堂に会したところで、いよいよ大会スタート。ところで、ゲン担ぎで筋肉封印した江ちゃん、絶対無理だと思うわw 似鳥くんはちょっと可哀相なことになってましたが、こっちはドンマイ。
 そんでもって、競技についてですが、こちらはほぼ各場面で因縁の対決っぽい場面が入ってましたね。バッタなら渚と似鳥くん、背泳ぎなら真琴と百太郎、フリーなら遥と真琴or遥と凛 といった具合で。それだけに、出番さえカットされ、特に因縁の対決も演出出来なかった怜ちゃんに同情を禁じ得ないw いくら本戦進出しても、結局凛と別ブロックで運がよかっただけという面もありますし、何か素直に喜べない…。ちなみに、似鳥くんはあえなく予選落ち。この結果に対する宗介と凛、はたまた鮫柄全体の温度差というのが今後争点になるんですかね、おそらくは。

 あと、今回一番のポイントであるフリーのシーン。結果だけ言えば、100,200共に遥の勝ちで終わったわけですけど、凛との差はやはりごくごくわずかなもの。まるでシーソーゲームみたいな勝敗とタイム差で、どうやら真琴が欲してたのはこんな関係性。しかしまあ、こいつガチすぎるんだろうとw
 また、今回の大会の結果を受け、またしても宗介のソウルジェムが…。翌日はメドレーリレーとのことですが、何か嵐の予感。


 と言った感じで、第6話。前回が陸の話オンリーでどうにも物足りなさを感じましたが、今回は水のシーンが多くなって、絵的に見ごたえが大分アップしたような気がします。話のクオリティとしては、前回に引き続き、何かちょっと引っかかる部分はあったものの、絵と合せると許容範囲。真琴を女子っぽく描くと、個人的に引っかかるということ?

※ミラーつくりました。TB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。→(http://wnwr.blog.fc2.com/tb.php/1089-99606dba)


http://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


みんなの更新記事