戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

陰謀渦巻く伏魔殿

 どうも、管理人です。本当、お待たせしてしまい、誠に申し訳ない。遅くなりましたが、ひとまず感想アップさせていただきたく思います。


暮人:「俺達が吸血鬼共を家畜にする世界を見せてやる」

 今回の話は、帝鬼軍サイドのそれぞれの立ち位置の再確認を描いた話。どうでもいいですが、真昼に声がついたか!!

 まずは、優一郎たち月鬼ノ組チームの話。前回描かれた通り、優一郎に全てを打ち明けるために朝食の場を設けるものの、女性陣の女子力の低さに泣いた! 料理初心者におけるフランベの使用率は本当なんなのかw さらに言えば、女性陣よりも女子力が高い男子がチームに存在するのもお約束でした。君月ならやってくれると思ってましたw
 ともあれ、これまでの話を打ち明けると同時に、今後の方針について決めることに。ポイントとしては、1.優一郎が何らかの実験体で、暴走した結果シノアを殺しかけたこと 2.グレンが自分たちを利用しようとしていて、信用すべきか という二点。話し合いの結果如何では、グレンから離れることも視野に入ってるみたいですが、ここはやっぱり優一郎のシンプルかつ歪みない答えが全員の意志を確定させましたね。要するに、グレン=仲間 で、家族=仲間 なので、信じていいと。まあ、彼も彼で思惑があるので全面的に信用するのはさすがにどうかとは思いますけど、意志の統一化という意味ではこれ以上にない材料だったかと。

 続いて、帝鬼軍…暮人とグレンの話。前回出てきた、あのショタっ子は暮人がよこしたスパイだったようで、彼を通じて吸血鬼の次の動きが見えてきました。1か月後に東京へ吸血鬼の本隊が攻めてくる、まあぶっちゃけた話帝鬼軍を本気で潰しにかかってるとしか思えない話で、それを何としてもくい止めるのが先決。というわけで、名古屋にいる吸血鬼の貴族10人を殲滅して、拠点を奪え という任務が、グレンへと課されます。とはいっても、暮人は暮人でグレンのことを全面的に信用してるというわけではなく、特に優一郎たち3人の黒鬼装着者が非常にキナくさいと考えている模様。ちなみに、暮人は明確なビジョンを持っていて、グレンが何かしらの野望を持ってたとしても、使えるのであれば使おうと考えている という考え…でいいんでしょうか。それにしても、吸血鬼の貴族を殲滅だの、人間だけになった世界を牛耳るだの、無駄に壮大すな。もっとも、大言壮語はかませフラグだって、誰かが言ってた気がする。

 最後にミカエラの話。前回、フェリドを通して色々と聞かされて、一層クルルに対する不信感を露わにしつつも、やはり血の渇きは抑えられないようで、悪態付きながら血を求める姿がますます憐れ。そんな中、クルルはミカエラに彼をあえて生かした理由や「終わりのセラフ」について語り、その上で優一郎回収の任を彼に下すのでした。本当、何言ったのやら…。


 と言った感じで、第15話。話が水面下でしか動いてなくて、あまり盛り上がらない展開が続いてますが、そろそろ名古屋へ向けた動きが見えてきてここからかなって、そう思えてきました。新キャラも出てくるみたいですし、期待したいです。

http://animation.blogmura.com/anime_review/img/anime_review88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事