戯れ言ちゃんねる

ここは、主に放送中のアニメの感想を書くブログです。(3/11)twitterのID:tobizaregoto

全体表示

[ リスト ]

 どうも、管理人です。せめて新年らしいことと言うことで、懲りもせずに福袋を購入。程々に絶望しない程度にはまずまずの滑り出しだったので、今年はいい感じで始められそうです。


 さて、本日が新年一発目の更新となるわけですが、一応予告通り、毎年恒例のアニメアウォーズの発表となります。こちらは、「おちゃつのちょっとマイルドなblog」さんで毎年行われているもので、何か今年で10回目になるとか。管理人も5,6年連続で参加させてもらってますが、もうそんなになるのかと、軽くびっくりしてます。それだけに、あんま下手な記事書けないなって戦々恐々としてます。

 とりあえず、長いことお付き合いいただいてる方はだいたい分かってると思いますが、一応念のため企画趣旨の説明。簡単に言ってしまうと、以下の項目↓について完全主観・好みで選考して記事を作成、それを大元のブログにTBを送って共有すると言ったもの。なお、項目については結構縛りが緩いらしいので、独自に追加してもいい模様で、且つ「面白い作品」に限らない(あくまでも「印象に残る作品」)ので、人によって面白い記事に仕上がるかもしれないです。

〜2015年アニメアウォーズ〜
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 


ということで、さっそく始めたいと思います。

・最優秀賞

「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」

 続編ものということで、個人的にこれを推すのはどうかと思ったんですが、今年(もう去年ですが)は個人的にどストライクな作品がなかったので、これを選出。もっとも、個人的に神回しかないってくらいにはどの話も気合の入った出来になっていて、素晴らしいことには変わりないんですが。
 そして、何より10月に亡くなった田中一成の最後の作品と言うことで、色々と奇跡的な符号もありました。田中一成さん、ありがとうございました!!

・特別賞PART1(良作編)

「Dimension W」

 昨今、アニメ化において、原作ストックとアニメの進行具合のすり合わせが大きな課題になっていますが、そんな中でこの作品は本当上手いことやってましたね。明らかにハイペースでカットした部分も多いのに、カットした部分が不自然にならないように再構成されてて、本当の意味で贅沢なアニメ化でした。ただ、これ売れないだろうなと思ったら案の定売れてなくて泣いたw

「あんハピ♪」

 個人的なジンクスとして、第1話先行上映で見に行ったときに感触がイマイチなときの方が良作に化けやすいというのがあるのですが、この作品も見事にそのパターンでした。作品の方向性的にシリアスに走ったら怖いなとも思ったんですが、そうなることもなくギャグと勢いの良さで1クール駆け抜けた良作。

「ViVid Strike!」

 インターバルと言ったまま、一切音沙汰のない「魔法少女リリカルなのはViVid」はいずこへ…というのはさておき、脚本の都築真紀さんの前作「DOG DAYS」の緩い作風から、リリカルなのはシリーズならではの熱血路線へと揺り戻しに来てて、中々面白かったです。特に、メインの一人であるリンネに関する描写がおよそ美少女アニメには似つかわしくないくらい過激な内容になっていて、驚かされました。殴り合いで骨が折れるシーンを差し込んでくるアニメってそうそうないと思いますw

・特別賞PART2(クソアニメ編)

「クオリディアコード」

 個人的に、クソアニメと言われると否定したくなるところなんですけど、作画のひどさで変に注目されただけに否定しきれないのが何とも悔しい。話的には、前日譚となる小説版が先にある割には話がきちんと独立して描かれており、新規でも小説から見た人でも楽しめる内容になっていたのは評価していいです。といいますか、脚本に関しては叩かれるほど悪くはないと思うんですわ。
 なので、いい意味でも悪い意味でも作画が全てで、そこで大きくポイントを落として、且つそればかりが話題に上ったのが残念でした。 

「競女!!」

 これもまあ、クソアニメとか言うと、某クソアニメ研究家の方にお叱りを受けそうなんですが、はっきり言ってカテゴリー的にはこっちだと思います。話の筋としては熱血スポーツものをなぞっていて悪くないのですが、競技が「競女」と呼ばれる尻相撲にも似た架空競技であること、それを演出するための手段が完全にギャグ。どこまで頭おかしい(褒め言葉)ことを熱血に変換できるか、ものすごく実況が捗るアニメでした。
 

・特別賞PART3(劇場作品編)

「たまゆら〜卒業写真〜 第4部 朝-あした-」

 2016年とは言いつつも、前年からの持ち越しで、しかも最終章のラストという扱いなのでここに入れるのかはどうかと思ったものの、思い直してやはり入れなければって思って、選出しました。シリーズ最中に出演者の一人である松来未祐さんがお亡くなりになったり、制作が押して公開日が後ろにずれこんだり、第4部にしてごたついたところはあったものの、出来上がったものを見て泣きましたね。たとえ凡庸な出来でもおそらく泣いてたでしょうが、しっかりシリーズラストにふさわしい形で各人の成長と旅立ちを描いていて、感謝しかなかったです。エンドロールまで含め、二回見に行って二回ともずっと泣きっぱなしでした。

・キャラ部門(男性)

レスター・マクウェイル(「学戦都市アスタリスク」より)

 中の人が「永遠乙女(エターナル・ヒロイン)」という二つ名を獲得するなど、名実ともにこの作品のヒロインと言っても過言でもなかった(笑)…というジョークはさておき、主人公よりもキャラの立たせ方が秀逸で、多分男性キャラでは一番愛されたキャラなのは間違いないです。
筋肉隆々で老け顔、そこにツンデレ属性が加わるとか…最高かよ!!

・キャラ部門(女性)

栗原雪(「ももくり」より)

 これはほとんど中の人補正によるものなんですけど、ぶっちゃけキャラと声と中の人の個性が奇跡的なマッチングをしてたなと思いました。あえていおう、これはただの加隈亜衣であると(爆) 

・OP部門  

「High Free Spirits!」(「ハイスクール・フリート」より)

 TrySail 自体はCDデビューのときから存じてたのですが、本格的に嵌ったのはこの曲がきっかけです。事前情報のないまま衝撃展開を迎えた第1話ラストから、このOP。そして、最後に正式タイトルである「ハイスクール・フリート」というタイトルが出た時は痺れました。
 ちなみに、個人的に一番好きなカットは、美波さんがかっこよく白衣を着るカットです。あれだけでかっこよく見えるってずるいw 

・ED部門 

「ヨナカジカル」(「ステラのまほう」より

 この手の作品にしては非常に珍しく、テクノ調の音楽にキャラ絵が一切出ない映像と言う、ものすごくオシャレ仕様だったのが衝撃的でした。しかも、EDの映像は毎回変わってたらしく、決して単調にならないセンスの良さが光ってました。


 以上になります。今回は事前に他の参加者の投稿なども色々と見させてもらってるので、ある程度人気作を避けながら、趣味に入る方向で選出してもらいます。そろそろ1月アニメの視聴準備も考える頃ですけど、ちょっと気になる作品があれば、これを機にチェックしてみたらいかがでしょうか?

http://animation.blogmura.com/img/animation88_31.gif
にほんブログ村 アニメブログへ(文字をクリック) クリックしていただけると、励みになります。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

あけましておめでとうございます。昨年は『アイリス・ゼロ』が再度復活して、単行本7巻も発売されましたが、90年代後半が高校生だった自分としては『まもって守護月天』の復活も嬉しい限りでして、劇場版『カードキャプターさくら』の公開が楽しみだったりします。

今年も『よろしくメカドック』

2017/1/2(月) 午前 0:09 [ 人間やじろべえ ] 返信する

顔アイコン

>人間やじろべえ さん

明けましておめでとうございます。昨年は多忙で中々返信・コメントできなくて申し訳ありませんでした。せめて、今年はもう少しまともに返せたらと思います。

去年は色々と復活が多かったですね。アイリス・ゼロもそうですが、カードキャプターさくらの新シリーズもびっくりしました。アニメ化されるのは来年らしいので楽しみになりました。

今年も何卒よろしくお願いします。

2017/1/2(月) 午後 6:24 [ hon**bear6*44* ] 返信する

顔アイコン

こんばんは
お礼訪問が大変遅くなってしまいましてすみません
今回も参加ありがとうございました!

Dimension W
知らない作品で調べてみたけど
けっこう面白そうで興味持ちました!
今度見てみますね〜。 削除

2017/1/13(金) 午後 7:46 [ おちゃつ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事