空閨残夢録

上層より下層へ中心より辺境へ表面より深淵へデカダンよりデラシネの戯言

生薬・毒薬・媚薬

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

マンドレイク・アップル

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

「チェックメイト・K2・・・こちらホワイトルークどうぞ!」
(Checkmate King 2, this is White Rook, over.)


「どうぞ!・・・こちらキング・2・・・応答せよ!」
(This is King 2, roger, out. All right, that's it - let's get outta here !)


 ・・・・・・こちら斥候サンダース軍曹でつでつ!



 1998年の春、キリンビバレッジ株式会社から発売された新しいハーブティー「キリンHERBES(エルブス)」が、その当時ボクは大のお気に入りとなる。「キリンHERBES(エルブス)」は、紅茶と烏龍茶にカモミール、レモングラス、ラベンダー、ローズヒップなどのハーブをブレンドした新しいハーブティーだった。ほのかな甘さにヨーロピアンテイストの飲料に甲類焼酎を割ってよく飲んでいた。

 これは発売当時の日本人の嗜好には合わずして、半年ぐらいで市場から消えた商品である。ハーブをフランス語の発音で商品名にするなど、とてもオシャレで手軽な缶入り飲料だなって思うヒマもなく消滅した。あんまり売れないので在庫を抱えたスーパーなどは原価以下で叩き売りしてたので、ボクは箱ごと何箱も買いだめして、焼酎割にしてかなり飲んだ記憶がある。

 その頃の時代性として、ハーブはガーデニングやリラクゼーション等、心理面や精神的な分野においても健康志向への関心が高まりつつも、アロマテラピーやハーブティー等として活用され初め、日本で浸透しつつあるムードがあった時代の途上。商品開発の着目点は間違いなかったのであろうが、斯様な嗜好に日本ではマダマダ成熟していない時期でもあった。

 2009年6月8日から発売された伊藤園の自然の恵みで健康な食生活を応援する「茶養生」ブランドの清涼飲料水「茶養生 高麗人参のおいしい健康茶」もすぐに市場から消えた商品。

 こちらは500mlペットボトル入りで希望小売価格は147円。 2種類の人参(高麗人参、エゾウコギ)のほか、甘草、ショウガ、クコ、ナツメ、カリン、陳皮、桂皮、大麦、ほうじ茶、黄金桂の計12種類の素材を使用。とくに高麗人参は健康によいといわれ、甘みが強く、皮ごと蒸して乾燥させた紅参を100%使った。

 さらに希少品種でキンモクセイのような甘く優雅でさわやかな香りが特徴の烏龍茶「黄金桂」をベースにブレンドすることで、おいしく飲めるようなった商品。無香料・無着色・カロリーゼロが売りでもあった。

 朝鮮人参は、「オタネニンジン」、「高麗ニンジン」とも別名で呼ばれるウコギ科の植物。非常に多くの栄養素が含まれていて、中でもジンセノサイドというサポニンは大変重要な薬効成分で、オタネニンジンといえば根の部分が有名だが、人参果は真っ赤に熟した果実から抽出したサポニンに着目したようだ。果実には、根の数倍の成分(サポニン)およびミネラルが含まれている。

 でもでも、そんな高価な人参果は、オロナミンCに含有しているローヤルゼーリーほどの極々超微量でなければ、そんな安くは現実に買えない事は容易に想像できるから、消費者を納得させる事が出来なかったのが売れなかった要因ではないだろうかネ。だからエゾウコギを含有している訳で、御種人参、朝鮮人参、高麗人参と呼ばれる多年草はウコギ科で、北海道にも自生するエゾウコギと亜種の薬用植物。因みに人参はセリ科だから朝鮮人参はセリ科に非ず。

 人参果はジンセンカと発音したほうが正しいのかも知れない。この人参果で思い出されるのが西遊記で三蔵法師一行が天竺に向う途中で、五荘観の主は鎮元仙人に饗される植物の実の名前でもある。三蔵法師はその実が幼児の姿なので食べるのを拒む。しかし、従者の孫悟空、猪八戒、沙悟浄の三人は不老長寿の仙薬と知り、庭から盗み喰いしてしまう挿話がある。

 西欧ではアダムとイヴの楽園にあった林檎が人参果に例えられかも知れないが、それはあくまでも象徴的な果実のようで、民間ではマンドレイクのほうが有名な植物なのである。こちらは実ではなく根が人の形をしているのが特徴的。

 マンドレイクはコイナス属又はナス科マンドラゴラ属に属し、薬用としてはMandragora officinarum L.、M. autumnalis Spreng.、M. caulescens Clarkeの3種が知られている。地中海から中国西部にかけて自生している植物だが、ドイツでは“アルラウス”と古くから呼ばれてマンドレイクの亜種とされる。

 中世から錬金術や呪術、魔法の薬草として最高位の植物として珍重されている。人の形をした根茎は抜くと奇声を発すると伝わり、この声を聞くことで死に至ると伝聞される。シェークスピアの「オセロー」や「ロミオとジュリエット」にも登場するが、戯曲の翻訳では“恋なすび”などと訳されているのは、いわゆる朝鮮朝顔のことである。

 北米ではメイ・アップルと呼ばれる“ポドヒルム”も別属別種ではあるが、中国に伝わる曼荼羅華(マンダラケ)と同じで、観念的には、同じ媚薬の類としての仲間なのではあろう。

 アルラウスはグリム童話にも出てくるし、水木しげるが漫画で「妖花アラウネ」を描いている。ファンタジー映画のハリー・ポッターでもマンドレイクは魔術学校の授業で栽培していた。本邦最大の奇書と呼ばれる「家畜人ヤプー」でも人参果は登場するが、これを筆者は英訳して“マンドレーク・アップル”としていたのが妙訳であり絶妙な翻訳。

 

 ・・・・・・こちらホワイトルークでした!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ヘカテーの花あるいはケルベロスの毒

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「Checkmate King 2, this is White Rook, over.」

「This is King 2, roger, out. All right, that's it - let's get outta here ! 」



――― 斥候サンダース軍曹です! ―――




 先週の火曜日に町内の公園に、紫色の妖しく風に揺れた鳥兜(トリカブト)を見つける。そして、今週、その花は実をつけていたが、連日の残暑ではあるが秋の花が密やかに咲いている。

 鳥兜の根には猛毒があり、根茎に限らず全草のすべてに、人を死に至らしめる毒がある。花の蜜にさえもその毒は潜んでいる。

 この鳥兜の紫色の花には、たくさんの蜜蜂が訪れていて、ミツバチたちには、この花の蜜による毒性は無く、哺乳類には鳥兜は全てが有毒となる。だから、ミツバチにとっては鳥兜は妖しい花ではなくて、有益でありがたい植物なのである。
 
 鳥兜に訪花するミツバチを観察するに、主にマルハナバチの仲間、ムカシハナバチ、ハキリバチなどが蜜源としているようだ。

 養蜂家の飼育するセイヨウミツバチも鳥兜の蜜を求めるであろうが、それだとハチミツに毒が混入されることになるから今の時期は管理に気をつけているであろう。

 鳥兜の花の形状はミツバチが訪花しやすいようになっていて、植物も動物もお互いの利益から進化しているように見える。

 しかし、人間はこの鳥兜の毒性を利用して、狩猟に用いて獲物を求めた。蝦夷地ではアイヌが鳥兜の根茎から毒を用いて、槍や矢に、この毒液を塗って狩りをした。この毒を附子(ブス)と呼んだ。

 毒も微量なら薬にも用いられる。江戸時代に本邦では華岡青洲によって、世界で初めて開発された麻酔薬の「通仙散」に、鳥兜の毒成分が含まれていた。漢方ではこれを附子(ブシ)と呼ばれる。

 とにかく鳥兜は猛毒の成分を有していて、西欧でも有名なのである。英名では「僧の頭巾(モンクス・フード)」と呼ばれる。デンマー クでは「トロル(悪戯な小人)の帽子」、ノルウェーでは「オーディンの兜」、ドイツでは「鉄色の帽子」、「嵐を呼ぶ帽子」などで、日本では舞楽の装束で用いられる被り物である「鳥兜」からの命名である。

 ギリシア神話でトリカブトは黄泉の女王ヘカテーに捧げられる花であり、中世には魔術的で象徴的な花となる。ヘカテの庭には地獄の番犬である三つ首のケルベロスが、この種を播いたとか、ケルベロスの唾液がトリカブトの毒になったとも伝わる。



 ・・・・・・こちらホワイトルークでした!

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ルクレチア・ボルジアの毒薬あるいはサド侯爵の媚薬 (斑猫について)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「Checkmate King 2, this is White Rook, over.」

「This is King 2, roger, out. All right, that's it - let's get outta here ! 」


斑猫関係の皆様
媚薬関係の皆様
毒薬関係の皆様


――― 斥候サンダース軍曹です! ―――



 夏の日盛りに林道を歩いていると、「斑猫(ハンミョウ)」を見つけた。何故かこの斑猫は人の歩く前を道路に沿って、まるで人を先導するかのように進む性質があるようで、昔の人は斑猫を通称で、「みちをしえ/みちしるべ」などと呼んでいた。

 英語で Tiger beetle と呼ばれる斑猫は、本邦ではナミハンミョウという、日本では最も大型(体長約20mm)のもので、「奔る宝石」の異名がある美しい種類もいる。

 このハンミョウ科に属するナミハンミョウの甲虫とは別に、鞘翅目のツチハンミョウ科が本来は、「斑猫」の漢字があてられる本家本元であり、毒虫で有名な昆虫なのである。されど「道先案内」として親しまれる種類のハンミョウ科は毒は有していない。

 日本では大豆などの農業被害に、マメハンミョウが害虫として農家では嫌われものであるが、このマメハンミョウもツチハンミョウ科で有毒甲虫なのである。だから鳥もこの甲虫は忌避して食さない。

 さて、斑猫の毒性とは如何なるものかというと、マメハンミョウに触れると乳白色の体液が出されるが、これに触れると皮膚がひどい水疱を生じて、火傷の水ぶくれのようになりヒリヒリと痛むのである。

 この毒性は古今東西で昔から認識されていて、成分はカンタリジンであり、成虫、幼虫、卵にも含まれていて、人の口中から毒が入ると、糜爛(びらん)性の潰瘍を起こす可能性がある。

 中国では漢方薬に、「芫菁(ゲンセイ)」というものがあり、これが斑猫のキオビゲンセイで生薬にされている。日本でもその昔にチンキ剤として用いられていた時期もあり、現在は認可されない生薬である。

 生薬を微量に内服すれば、催淫、利尿、性病、躁鬱病、知覚麻痺などに効果があると漢方として昔から伝わる。

 中国のキオビゲンセイの仲間は、英語では「スパニッシュ・フライ」と呼ばれているが、「スペイン蝿」と直訳してはいけない。空を飛ぶ虫を英語では一からげにして、西欧では「フライ」と呼ぶみたいである。

 このスパニッシュ・フライは緑色で、和名を「西班牙芫菁」(スペインゲンセイ)とあてられているが、音読みでは「セイヨウミドリゲンセイ」などと呼ばれていて、学名を Lytta vesicatotra というツチハンミョウ科の蛍に近い仲間である。

 さてさて、微量にカンタリジンを内服すれば漢方薬にもなれば、多量に服用されれば毒性は砒素や鳥兜なみの有毒物質でもある。

 18世紀末のフランスでは、放蕩貴族のサド侯爵が斑猫の粉末を媚薬に用いていた。この媚薬は「カンタリス」という名前で、カンタリジンを含んだ媚薬として巷間伝わる。

 マルキ・ド・サドの小説に、「悪徳の栄え」の女主人公であるジュリエットは、カンタリス入りのボンボンを忍ばせて、見境無く毒殺を繰り返す犯罪を犯すが、現実にサド侯爵は、「マルセイユ事件」でカンタリス入りボンボンを娼婦に食べさせて、放蕩行為で使用し事件となる。

 この事件で街娼マルグリット・コストは、膀胱炎と尿道炎を患い排尿が困難になる後遺症が残ることになった事が伝わる。

 ルネッサンス期にチェザリー・ボルジア(1475〜1507)と、その妹であるルクレチア・ボルジアは、秘蔵の毒薬「カンタレラ」を用いて、ローマ法王や権力者と手をくみ、暗殺を繰り広げたのは有名なお話。

 ボルジア家の毒薬のレシピは残っていないが、「カンタレラ」はサド侯爵が媚薬に使用した「カンタリス」と同じく、カンタリジンを含有していたのは間違いないと思われる。

---------------------------------------------------------------------

添付した画像は上から

●ルクレチア・ボルジアの自画像
●サド侯爵の絵姿
●スパニッシュ・フライ(セイヨウミドリゲンセイ)
●中国の生薬でキオビゲンセイ{昆明の漢方薬店で一匹で約70円(1997年)だから高価な商品}
●マメハンミョウ
●ナミハンミョウ(みちをしえ/みちしるべ)


 以上・・・・・・こちらホワイトルークでした!

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ナルドの香油 (余談)

「チェックメイトK2・・・こちらホワイトルークどうぞ!」

 ・・・・・・斥候サンダース軍曹です!



 よく眠れるように西洋菩提樹(Tilleul)のお茶を夜に飲むのだが、お茶とは、日本では緑茶を示す言葉であり、お茶は本来、覚醒の為に飲む嗜好品で、鎮静効果で飲む西洋菩提樹のハーブを、フランスでこれをティザーヌ(薬湯)と呼ばなければならないであろう。フランスのティザーヌとは、レストランの英語によるメニューには、食後の飲みものひとつに Infusion と書かれていると思うが、これを日本語流に翻訳してハーブティーと呼ばれている訳だ。

 ティーはそもそも紅茶のことで、緑茶はグリンティー、ウーロン茶をブラックティーと表現するのだと思うのだが、これらは同一の植物学的な「茶」から加工されているからよいが、ハーブティーとはかなりの誤訳であろうから、ここはひとまず、日本では通念としてのハーブティーを、ボクは「薬湯」で呼びたいと思う。つまり、誤解を避けるために、お茶(Tea)と薬湯(Tisane)をはっきり区別しておきたいのだ。

 そこで、最近、スパイクナルド(spikenard)という薬湯を試してみた。これは本邦では「甘松香」と呼ばれるものと同一のハーブであり、女郎花(オミナエシ)科の多年性草木なのであるが、ネパール、ブータン、ヒマラヤ山系原産の高山植物のようだ。

 甘松香は日本では主にその根茎を利用してお香にされる。この根茎から採取される精油の香料は、新約聖書のマルコによる福音書14章3節、及び、ヨハネによる福音書12章3節にみられる「ナルドの香油」のことである。

 イエスがベタニアで重い皮膚病を患うシモンの家に滞在していると、食後の席にマリアが雪花石膏(アラバスター)の壺から非常に高価なナルドの香油を頭に注いだ(マルコ伝)。或いは、イエスの足に塗り、己の髪で油を拭った(ヨハネ伝)とあるのだが、ヨハネ伝によると、香油量1リトラ(326g)が1デナリオン(労働者900日分の賃金)とあり、とても高価なものとして表現されている。さらにマタイ伝26章、マルコ伝14章にも、この逸話は載せられている。

 旧約聖書の雅歌1章12節〜14節にもナルドは登場するが、新薬聖書の植物とは同定はできない。いずれにしても漢方では鎮静、鎮痛、利尿、胃腸薬として用いられ、西欧ではワレリアナ根の代用として健胃剤として重宝されている。

 さて、今回、ボクがネットで購入した薬湯用のナルドは、花と葉の乾燥されたもので、多分、甘松香のお香の匂い、ナルドの香油と思わしき重い東洋的な荘厳な香り・・・・・・と同じ、主調の、落ち着いたネガティブにして神秘的な重厚なる香りで、松脂が時間をかけて泥炭化した、森の底辺に宿うような匂いが静かに漂う感じがする、そこはかとなく心落ち着く飲み物であった。

 因みに、ナルドの香油は、現在でも高価で、10mlで約4,000〜5,000円ぐらいで市販されているが、乳香や没薬より割高である。




 ・・・・・・こちらホワイトルークでした!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

猫印機那葡萄酒

「チェックメイトK2・・・こちらホワイトルークどうぞ!」

 ・・・・・・斥候サンダース軍曹です!



 1755年にドイツの医師であるサミュエル・ハーネマンが欧州にマラリアが蔓延して、この伝染病の対処療法を考え、キナノキという南米の植物樹皮を用いる。

 ハーネマンは紀元前(460年〜370年)の医学の祖ヒポクラテスの「類似の法則」から、1493年頃の医師にしてオカルティスト、錬金術師、占星術師のパレケススの、「類似の法則と最小投与」から発展させた医学体系を応用して、自己実験を試みる。

 健常な自分自身にキナ樹皮を投与し、発熱、発汗、悪寒、動悸、疲労、眠気を体験するに及び、マラリアと同じの感染状態に陥り、「健康な人に投与した薬物が、感染症の病状を呈する人と同じ作用が、逆の療法となる」ことに、類似的な作用を与える法則を直感して、同種療法といわれるホメオパシー効果を発見することになる。

 つまり、不眠症患者にカフェインを濃縮希釈エキスを投与したり、粘膜刺激が強い玉葱の特徴を逆利用して、粘膜の炎症に応用する逆治癒療法が、ホメオパシー医の方法論を医学的に証明した人物でもある。

 キナ樹皮成分のキニーネによるアルカロイドを応用することにより、マラリアの特効薬を生み出したのはハーネマンなのである。このキニーネ含有飲料が清涼飲料水や、ワインに加えられて、19世紀には様々な飲み物が誕生した。

 その一つがトニックウォーターであり、ディボネというフランスのヴェルモットのようなワインである。ディボネは今でこそアペリティフとして有名であるが、赤ワインをベースにキナ樹皮、オレンジの皮、スパイスやハーブ各種で樽熟成させたもので、ラベルの猫が昔から特徴の風味付けワインである。

 仕事が終り、シャワーを浴びてから、ジン・トニックにを一気に二杯飲んでから、デュボネをしみじみ飲みたいよなぁ〜。ベースのジンはゴードンで厚切りのスライスレモンをグラスに入れてシュウェップスのトニック・ウォータで割るやりかたがボクのお好みの飲み方。

 デュボネは明治期初期に日本に輸入されて、当初は「猫印機那葡萄酒」の商標で販売されていたと伝わる。ボクは赤ワインとデュボネをハーフ&ハーフで飲むのが好きですネ。


 ・・・・・・こちらホワイトルークでした!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者96215903
ブログリンク053
コメント03172
トラックバック033
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

標準グループ

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事