情報収集中&放電中

拒否ユーザーと記事無しの方のコメントは、公開を致しません。

愚考録

すべて表示

安倍昭恵さん考

安倍総理の夫人である昭恵氏は、選挙で選ばれた公務員ではないという反面と、総理の配偶者だから私人とは言えない反面の両面を持っている。私人はいたずらに批判すべきではないが、総理の配偶者という反面と彼女がとっている問題行動にかんがみ、以下に批判を展開したい。もちろん、大阪豊中の森友学園事件を考えてのことである。
① 夜に、ショットバーに歌手を呼びつけ、首筋に接吻などをするという行為をし、週刊誌に暴露された後、抗議も法的手段を取らず、実質完全に事実を認めた。性的スキャンダルをあげつらうのは不本意だが、彼女が国民に道徳を呼びかけたり、幼稚園の名誉校長になったりする矛盾を、痛恨の思いで指摘する。
② 沖縄辺野古の反対派キャンプに潜入し、参議院東京選挙区に出馬した反政府候補三宅洋平とおしゃべりし、その場で安倍総理で携帯で彼とつないだ。怪しい反政府ゲリラ活動家の潜むキャンプに入って、会談したばかりか、夫に携帯でつなぐという不可解かつ政治的行動をした。
③ 彼女は、高校を卒業後、専修学校に2年学んだ。電通勤務後、名門立教大学大学院に進学した。原則、大学院進学は、4年制大学卒業後のはずである。知人が4年生の専門学校の卒業者を受け入れる大学院があると教えてくれたが、2年生専門学校卒業生を受け入れることになると、二十歳で進学することになり、不可解。政治的配慮があったとの推測ができる。
④ 配偶者がどの職業であろうと、本人は自由な行動とプライバシーが保証される。しかし、大臣クラス以上の配偶者の場合、実質的ワイロや利権の推測を受けることにかんがみ、一般私人とは異なる慎重な行動が必要である。
⑤ 私も、13年に及ぶハシャクの中で、鏡を見るのが嫌になるほど人相が悪くなったが、彼女のお顔を見ていると、名門のお嬢さんの気品が見出しにくい。女性に対して失礼であることを承知で指摘せざるを得ない。FBFから

.


みんなの更新記事