ここから本文です
話のコレクション
興味深い話の収集。現代の「千夜一夜物語」

書庫全体表示

猫の駅長「ばす」

 
 会津鉄道の芦ノ牧温泉駅には、猫の駅長「ばす」がいる。
 ばすは、常駐しているから、駅へ行けば会える可能性も高い。
 
 鉄道会社の社長から、駅長に任命されたばすは、乗客の相手、記念撮影のモデル、構内の見回りなどで、充実した日々を送っているという。
 
 そもそも、この「ばす」は、1999年6月、村の中で迷子になっているところを、子供たちに拾われたのだった。
 
 そして、子供たちが、駅に連れてくると、そのまま居ついてしまった。
 
 それから時が流れ、雑誌の取材で四国から駅にやってきた坪内政美さんが、
 「この猫、駅長にしたら、どうですか」
と提案。
 
 その提案を鉄道会社が受け入れ、2008年4月、駅長に就任したのだった。
 
 猫の駅長は、波乱万丈な猫でもあった。イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(2)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事