ここから本文です
話のコレクション
興味深い話の収集。現代の「千夜一夜物語」

書庫全体表示

イメージ 1
 
 
 おととい(4月1日)私は、東京神田にある古本屋街へ出かけた。
 神田小川町から、神田神保町まで、靖国通りを中心に古本屋が点在している。
 
 ここにある古本屋の数は、実に約160軒であり、古本屋街としては日本一の規模を誇っている。
 
 ここは、私にとっては、青春時代によく来た懐かしい場所だ。
 十代後半から二十代後半にかけて、しょっちゅう本を買いに来たのだった。
 
 私は、生まれてから19歳まで東京で過ごした。
 東京にいて、本がひじょうに好きだったので、よくここに来たのだ。
 19歳の秋に、東京を出て、埼玉に移り住んだ。
 埼玉へ移住してからも、通っている学校が神田から割合近かったので、ここへ寄る事が多かった。
 
 だが、その学校をやめてからは、ここへはほとんど来なくなった。
 その後ここへ来るのは、二、三年に一回ぐらいのペースだ。
 
イメージ 2
 
 神田の古本屋街の魅力はなんといっても、珍しい本が探し出せる事だろう。
 古本屋をのぞくと、かなり古い本が、本棚に並べられている。
 
 それらの本には、日焼けして、すっかりコンディションが悪くなっているものもある。
 
 だが、全国展開する古本のチェーン店ではけっして見つからない今となっては、貴重な本も多いのだ。
 
 ずっと探し求めていた絶版の本を探しだせた時は、本の好きな者は、無上の喜びを感じるものだ。
 
 探検家が、冒険の最中森でお宝を発見するようなものである。
 
イメージ 3
 
 神田の古本屋街の魅力をもう一つ語れば、専門店が多いという事。
 
 つまり、「矢口書店」のように映画や演劇の古本ばかり売る店がある。
 「鳥海書房」のように、動物、魚、鳥、釣りといったジャンルの古本ばかり置く店がある。
 
 他にも、音楽関連の古本ばかり置く店、アイドルに関しての古本が充実している店などもある。
 
 これらの店では、似たような本が揃うから、見比べながら自分の一番欲しい内容の本を選び出す事も可能だ。
 
 すぐ上の画像に写るのは、江戸時代の古書・古地図と浮世絵版画の専門店である。
 こうした全国的にも珍しい専門店で、今の自分の好みに一番あったものを選び出す事ができる。
 
イメージ 4
 
 建物に飾られた看板が、いかにも浮世絵版画を扱う店らしい。
 
イメージ 5
 
 それから、これは本のデパートの「三省堂書店」
 ここは、古本屋ではない。つまり新刊の本を扱う。
 
 青春時代、神田の古本屋街に来る度、ここにも寄っていた。
 
 ここでは、こんな事もあった。
 トイレに入り、ドアを開けようとしたが、いっこうに開かないのだ。
 ドアを押しても、押しても、開かない。
 
 (まずい!大声出して、誰かに助けてもらわないとだめかな・・。しかし、それだと恥ずかしいな)
なんて思いつつ、ひどくあせった。
 
 むきになって、ドアを押すうち、ある言葉が思い浮かんだ。
 
 「押して、ダメなら引いてみな」
 
 ドアを、引いたら、あっさり開いた。(照れ笑い)
 
 こういった「ドジ」も今となっては、青春時代の懐かしい思い出として胸に残る。
 
 
 神田の古本屋街
 住所 東京都千代田区の神田神保町、神田小川町
 (JR御茶ノ水駅より徒歩7分。都営三田線・都営新宿線神保町駅出てすぐ)
 
 
 
 
 

この記事に

  • アバター

    ヽ(*^^*)ノこんにちは

    神田古本屋街ですね〜
    何か古き良き時代の様にも見えますが
    好きな本が見つかった時は嬉しいでしょうね。

    たまーにデパートで古書市が開かれます その時は出かけていきます
    昔なつかしい本があったりして 買う事もあります。

    「押してもだめなら引いてみな」
    覚えていて良かったですね〜さすがです
    ナイス☆

    kosumosu

    2013/4/3(水) 午後 5:40

    返信する
  • ここは、昭和50年代あたりの本が、たくさん

    残っていますね。

    それだけ、当時は、本読む人が多かったと言えますね。

    朧月夜

    2013/4/3(水) 午後 6:09

    返信する
  • アバター

    懐かしい本屋さんですね
    学生時代は時間があったので
    よく行きました
    私の鴎外&漱石全集は神田の古書店経由で購入しました
    (ただし、店先に並べていない商品で、倉庫替わりのマンションから
    そのまま運んで貰いました)

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:12

    返信する
  • アバター

    神田に行って掘り出し物してくるのが
    ある意味ステイタスでしたね
    通ってると希少本に詳しくなります

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:14

    返信する
  • アバター

    古書を飼ってくると家では嫌がられました(爆)
    母は特に汚い本が大嫌いで
    ダニを持ち込むと怒られました。。。

    確かに本ダニっていますけどぉ(−−;

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:17

    返信する
  • アバター

    書誌学の先生は神田が大好きで
    とにかく日参していましたね
    その先生の給料は8割がた書籍代に消えてました(−−;
    あとの2割は酒代でしたけど(苦笑)

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:19

    返信する
  • 顔アイコン

    ブックオフで

    100円で購入した全集が、こういう所の古書店へ持って行くと、

    数万円で、売れることもあるとか。

    本の価値も、大型古本チェーンのせいで、あやふやになったみたいですね。

    朧月夜

    2013/4/3(水) 午後 6:20

    返信する
  • アバター

    高校のときまでは本の虫干しをしていましたが
    大学になって爆発的に書籍数が増えて
    最早手入れ等追いつかず。。。
    その後は雪崩うつほどの書籍に囲まれて暮らしてます

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:22

    返信する
  • アバター

    ハードカバーは場所塞ぎなので
    小説本はなるべく文庫にしていますが
    それでも数が集まるとバカにできません

    文庫は紙質が悪いので
    数十年前のものなどは触りたくもない状態になります。。。

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:24

    返信する
  • アバター

    (−−;
    本日の訪問者
    約20000人!?
    すご〜〜〜

    恐れ入りました〜
    ナイスぽち

    桃豹

    2013/4/3(水) 午後 6:26

    返信する
  • 顔アイコン

    桃様の

    おうちは、神田の古本屋さんみたいですね。笑

    朧月夜

    2013/4/3(水) 午後 7:01

    返信する
  • テレビでこの古本屋街を目にする事がありましたし、
    古本屋さんを題材にした映画の予告を見て、訪ねたいと思っています。
    でも敷居の高い感じがちょっとしないでもない。(^▽^)わはははは
    古い良い物が似合う大人になりたいです。〜(^^)/NICE!

    霧海晴海

    2013/4/3(水) 午後 9:07

    返信する
  • アバター

    古本屋って、こちらでは最近全く見かけなくなってしまいました〜。

    昔は、良く古本屋に兄貴と行ったものです^^

    桃

    2013/4/3(水) 午後 10:00

    返信する
  • アバター

    けど、私が当時読むのは漫画のみ^^;

    こちらの古本屋、お宝の本が出てきそうな本屋さんに見えますね☆☆

    桃

    2013/4/3(水) 午後 10:02

    返信する
  • こんばんは〜〜(*^_^*)

    私も、本大好きだから・・・神田などへ行くと・・・時間を忘れます。
    我が家にも古い本がたくさんありましたが、新築するときに、本屋さんに取に来てもらいました。
    又、徐々に増えてきて・・・なるだけ小説は文庫にしています。
    専門書のお店、楽しいでしょうね。

    ナイス〜〜☆

    そら

    2013/4/3(水) 午後 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    「押してだめなら、引いてみな。」良い言葉ですね〜♪

    ナイス♪

    桃

    2013/4/3(水) 午後 10:05

    返信する
  • アバター

    こんばんは。
    今日戻ってきました。疲れました('A`)

    ねえね

    2013/4/3(水) 午後 11:02

    返信する
  • アバター

    朧月夜さん、古本屋巡りお好きだったのですね〜。
    「押してだめなら、引いてみな。」>面白いエピソード、
    有難うございます。

    ねえね

    2013/4/3(水) 午後 11:03

    返信する
  • アバター

    探せばすごいお宝が埋もれてそうですね。
    この界隈、歩くだけでも楽しそう。

    ナイス★

    ねえね

    2013/4/3(水) 午後 11:04

    返信する
  • 私は本が好きで読み過ぎるから、買っては置く場所がなくなるのでもっぱら図書館派です!作家にとってはよくない読者
    ぽち

    myu

    2013/4/4(木) 午前 2:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事