堀尾の保健学ブログ

「保健学の実践」をテーマにしています

全体表示

[ リスト ]

Wikipedia のハーグ条約の「連れ去りが子どもに与える影響」に下記のように加筆しました。青字の部分が、今回、加筆した部分です。
 
連れ去りが子どもに与える影響
連れ去りにより、子どもは片親を失う。子どもは、玩具、ペット、友人、先生、学校、慣れ親しんだ遊び場、行きつけの店を失う[27][28]。また、日々の日課、安全の感覚を失う。祖父母やいとこや、片親の文化を失う。会いたい親に会わせてもらえないことにより、同居親との信頼関係も失う[29]子どもは、自分を最も愛してくれる人を失って、嘆き悲しむ[30] 。連れ去られた子どもは、その後、人から見捨てられる不安を持つ。また、人間関係を信頼することが困難になる。また、抑うつ症状、孤独感、過度の恐れ、惨めさ、怒りを持つ場合がある。連れ去りによってしばしば子どもに引き起こされる精神的障害は、分離不安、ADHD、PTSD、摂食障害、学習障害、行動障害などである[31]
 
連れ去った親は、子どもをかくまい、隠匿する。小さい子どもは、会えない時間が長くなると、残された親のことを次第に思い出せなくなる[32]たいていの場合、子どもは、連れ去った親により、一人の意思を持った人間として尊重されるのではなく、交渉を有利に進めるための道具、仕返しのための道具として使われる[27]子どもを他の親から引き離すのは、子どもの利益を第一に考えるからではなく、怒って仕返しをするためであることが多い[33]
 
子どもから見て、連れ去った親は、唯一の情報源である。しかし、子どもは、連れ去った親に「父親は死んだ」とか「母親はもうお前のことを愛していない」とか、嘘をつかれることが多い[34]。子どもは、片親に会う機会を奪われるだけでなく、唯一の扶養者である立場を利用したマインド・コントロールにより、他の親への精神的なつながりも消去される[27]
 
子どもを連れ去った後に、子どもへの虐待が多く行われる[33]。連れ去った後で23%の親が、子どもへの身体的虐待をしていたという調査がある[35]連れ去った親にとって、就職や新しいパートナー探しをする上で、子どもの存在が邪魔になることがある。公的統計や病院の集計において、虐待者である比率が最も高いのは、同居の母親である。連れ去った親にできた新しい相手は、子どもに多くのお金が出費されることに賛成しない場合がある。いくつかの動物では、新しい相手により子殺しが行われる。
 
子どもは、連れ去りにより、誰の目も届かない状況に置かれる[36]。子どもは、誰の助けも無い状態で、自分を連れ去った親や、その新しい相手と対峙しなければならない。連れ去った親が、子どもを他の親に会わせないのは、子どもを大切にしていないなど、会わせられるような状況ではない場合がある。子どもはお金を持っていないので、子どもの権利を守ろうとする人は少ない。
 
子どもは同居親に対して、強い怒りを覚えることがある。しかし怒りは、別の親に向かうこともある。子どもの目から見れば、非同居親は、会いに来てくれず、自分を探してくれないのであり、見捨てられたように見える。また、怒りは子ども自身に向かうこともある。子どもは、離婚は自分のせいで起きたと誤って思い込んでいることが多い。連れ去られた子どもの抑うつ症状や自殺は、まれなことではない[29]連れ去られた子どもの心に与えられた打撃は、長く子どもの心に残る[30]
 
連れ去りは、最も悪質な児童虐待であるとされており[29][33][36]、多くの国で、重罪として処罰されている。

この記事に


.


みんなの更新記事