堀尾の保健学ブログ

「保健学の実践」をテーマにしています

全体表示

[ リスト ]

Wikipedia 「親による子供の拉致」に、以下のように「米国における連れ去り有罪化の歴史」という文を書きました。

米国における連れ去り有罪化の歴史
1932年に制定された連邦誘拐法は、リンドバーク法と呼ばれたが、片方の親が、他方の親から子どもを奪う行為は、誘拐とされていなかった[18]

1970年代以前は、親による子どもの誘拐は、多くの州で違法とされていなかった。その頃までは、親は、親権を持っていない州から子どもを「合法的に」誘拐して、自分にとって望ましい親権を得ることができる別の州に移動することが可能であった[19]

1968年以前には、別居や離婚に際して、子どもを連れ去った親には、親権が与えられるチャンスが際立って大きくなった。[20]

法制度が州によって異なることに対処するために、1968年に「子どもの親権の扱いを統一する法律案(UCCJA)」が作成された。UCCJAは、ほとんどの州で成立している。連邦誘拐予防法(UKPA)は、1980年成立したが、UCCJAを国家全体で守るよう要求している。[21]

Huntington博士は次のように述べた。「我々は、長い間、親が子どもをどのように扱っても、それは全く問題がないと考えていた。我々は、長い時間をかけて次第に、親として許される行為と、児童虐待やニグレクトを区別していった。子どもに対する罪で親を告発することが可能なのかという議論を通じて、もし親が子どもに対して犯罪を犯すのなら、児童虐待で告発することが可能である、いやしなければならないということを、我々は理解するに至ったのである。子どもが持つすべての権利は、子どもへの非人間的な扱い、深刻なニグレクト、身体的・性的虐待などの状況において評価されなければならない。我々は、子どもの連れ去りを、最も悪質な児童虐待であると評価しなければならない」[19]

連れ去る親は、配偶者ないし元配偶者に対して、極めて強い敵意を持ち、相手を動揺させ、攻撃し、コントロールするために、子どもを利用するのである。連れ去る親は、周囲の人を頼っている子どもの信頼感を悪用して支配する。これは、児童虐待の基本的な定義の一つそのものである。

1974年に成立した「連邦、児童虐待の予防と治療の法律 (CAPTA)」は、子どもへの非人間的な扱いを、次のように定義している[22]。「子どもの健康や福祉が障害されたり脅かされる環境の下で、子どもの福祉に責任を負う人間が、18歳未満の子どもに加える、身体的または精神的な傷害、性的虐待、ニグレクト、非人間的な扱い」。たいていの子どもの連れ去りは、この定義にあてはまる[23]

この記事に


.


みんなの更新記事