徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

死んだ人と会う鏡視法

愛する故人との再会(2) 「鏡視」の実験方法

まず、静かな環境にあり、外部の光が入らない、真っ暗闇にすることのできる小さな部屋を用意します。

部屋の一方の壁には、高さ1.2メートル、幅1メートルの鏡を、最下部が床から90センチほど上にくるようにして取り付けます。

次に、すわり心地の良い安楽椅子を用意し、背もたれの最上部が鏡の最下部と同じ位の高さになるように調整し、鏡の手前九十センチほどのところに置いて、ほんの少し後方に傾けます。

こうすれば、被験者が楽に座れるだけでなく、自分の姿が鏡に映らなくなり、鏡を見た時に自分の背後の暗闇だけが映るようになります。

そして、椅子のすぐ後ろには、十五ワットの薄暗い電球がついた、小さな電気スタンドを置きます。

このようにすると、暗闇の中で背後からくる薄明かりと、背後の深い暗闇を覗くことができる鏡を備え、その前にリラックスした状態で座ることのできる、単純な仕組みの実験室ができ上がります。


ムーディ博士は、被験者たちに、一人でこの部屋に入ってもらい、安楽椅子に座って鏡の奥の深い暗闇を、じっと覗いてもらいました。

早い人は数分、遅い人でも数十分ほどそうしていると、突然、鏡の中に景色や故人の姿が現れたり、故人の姿が鏡の中から飛び出してきたり、いきなり鏡の外側に故人の姿が現れたりするのです。

被験者の中には、自分自身がそれまでは決して知らなかった情報や、知ることのできない情報を故人の意識体から教えられ、後になって、その情報の正確さを確認した人々もいました。

さらに、被験者たちが実際に会うことができるのは、被験者自身が「この人に会いたい」と願った人物とは限らず、むしろ先方(現在は他界して意識体の状態でいる故人)が、再会を強く望んでいる場合に現れてくることが判りました。

しかも、まだこの物質界に生きている人物や、一旦他界して再び物質世界に生まれ変わっていると思われる人物は、当然ながらいくら願っても現れてくれず、代役の意識体が、「あの人は今、来ることができないんです」と伝えてくれました。

これらの事実から、被験者たちが故人に会った体験は、精神の錯誤や空想、あるいは本人が「あの人に会いたい」と思う願望の投影ではないことが、証明されたのです。

被験者たちは、異口同音に、「確かに生身の母がいました」「彼の姿はとても明瞭で、60センチほど離れたところにいました。」
「しっかりした実態があって、透き通ったりはしていません。彼は動き回り、立体感がありました」
「夢ではありません。私は完全に目覚めていましたし、一瞬のことでもありません」
「自分で体験しなかったならば、信じられなかったでしょう。でも、あのできごとが現実だったのは、間違いありません。
私の目の前には、確かに死んだ叔母たちがいたのです」
などと証言します。

つまり、ワイス博士の被験者の口を借りて現れた指導役の意識体たちが教えてくれたように、肉体を持っていない意識体が、
この物質世界で生きている被験者たちに、生前の姿を立体的ビジョンとして見せてくれ、様々な会話をしてくれたのです。

飯田史彦 研究室へ ようこそ!(福島大学経済経営学類 教授)
http://wellness7755.com/success/cat12/cat194/2_32.html

(睡眠に入る直前の状態のときは、無我状態のときで、霊性が高くなって第3の眼で霊を見れるようになるのです。)



愛する故人とのコミュニケーション

●霊要素と睡眠

現世では、ある場合、一週間や十日くらいは断食したとして、直ちに死に到るような ことはありませんが、霊要素は三日も連続で与えなければ、大抵の人は死んでしまいます。
このように大切な、肉体生活に欠くことのできない霊要素のことは、 多くの人々に殆ど知られておりません。
人は睡眠中に肉体を離脱することは、以前に申し上げた通りで、肉体を離脱した魂は、 その人の現在の霊位に相応した、霊界修行の場へと移行します。
その間(つまり肉体意識が眠っている間)霊界の住者として働くのでありますが、霊界にいる間は、霊界の微妙な霊波動を受けて、現世でつけた汚れを洗い落とすのです…

●人間の運命は変えられますか?

運命は変えられます。変わります。
運命を変える為には、その人が、現在までの物の考え方、行ない方などの習性を 改めなければなりません。
本来運命というものは、過去世からの想念行為の集積が、今生の想念行為の波に 乗って、果に現れる姿をいうのでありますから、前の世からの習性の想念行為の
連続で、自分の生活をしていたのでは、生まれた時の観相や手相や姓名学に現れたままの運命をたどってゆくに決まっています。…

●死後の生活をわかりやすく説明して下さい

死後というより、この五感に感じられない世界が確実に存在するといった方がよいでしょう。
いつも申しておりますように、大きく分けて、幽界、霊界、神界という世界が、肉体界と異なる世界として現存することは事実なのであります。
そこで肉体が亡くなった後の人間という者は、その人の想いが、非常に早く、その人の環境として現われる世界に居住することになるので、その人の習慣性となっている想念の世界に、その人はまず住まねばならぬことになっているのです…

●肉体から離脱する時

人間の死とは、再び肉体に帰ることのない、霊魂の肉体離脱であります。顕在意識が消えて、潜在意識のみとなった時の状態を、熟睡といい、
ある場合には、それを死ともいいます。両方共に霊魂の肉体離脱には変わりありません。
それで睡眠と死とは霊線で肉体と霊魂が結ばれているか否かで区別されるもので、 両方ともその状態がまことによく似ているものであります…

http://www.youtube.com/playlist?list=PLB03EFA982C39C6D7&feature=viewall

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

あと3日…
何も表向きには変わらないのですか?

2011/10/25(火) 午前 6:24 [ *Meteor* ] 返信する

コンタクティー田村珠芳さんの本知ってますか?

題名は胡散臭いけど中身はかなりちゃんとしてました(気になる人はAmazonで調べてみて下さい)


一部内容言うとこの闇の勢力による度々なる破壊行為も、地球自身による大災害も、今まで人間が地球にしてきたカルマを無くすためにはしょうがないんだそうです。人工的に起こされたにしろ自然に起こされたにしろ。

だから闇の勢力のしてる事は逆にカルマを無くすことに気付かずに利用されているのです。
奴ら自身は着々とNWOを進行してると思っても実はは神々(高次元体)達の手の平の中で転がされているのです。

今世界中の空にはUFO(高周波数のため透明)がびっしり飛んでるそうです。誰かが死んでもすぐ魂をUFOに乗せる(アセンション)準備は出来てるそうです。

そして生きてる人達を救うため降り立つ事もできるそうです。オバマ初め米の表政府は承認してるそうです。 しかし…

(もうちょい続けさせてください)

2011/10/26(水) 午前 1:37 [ ワカワカさん ] 返信する

(続き)
しかしそれを闇の勢力は認めないため公に堂々と干渉できないでいる。

宇宙にも規則があってその世界の代表格が許さない限り干渉してはならない。それは過去にゼータ星人が無理に人類をアセンションさせようとした結果、滅亡を招いているからだそうです。
(彼らは今までその罪悪感や罪滅ぼしのため積極的に人類を救おうとしてるそうです)


そんな事もあってか今宇宙人方は強硬的に地球に降り立とうとしてるそうです。

しかしまだ問題があり地球に降り立つためには周波数を3次元近くまで落とす必要があり、そこをHAARPで攻撃されたらUFOでさえどうなるか分からないという懸念があるそうです。


まぁでも何が言いたいっていうと第三次世界戦争や災害などカタストロフィーが起きてもしょうがないけど、恐れることもない。

肉体があろうとなかろうと本当の世界はその次にあるという事だと思いました。

自分も立ち読みで(笑)知り得たので詳しく読める人は読むことを薦めます。

2011/10/26(水) 午前 1:53 [ ワカワカさん ] 返信する

顔アイコン

3日間の暗闇というのはウソだったようです。
よく気をつけているのですが、ついつい載せられてしまう。

何があろうと、ただ、食べ物だけは備蓄しておいたほうがよいでしょう。草をかじってでも生きていける人は大丈夫です。

2011/10/26(水) 午前 8:59 [ hor*s*sum*8 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事