寺社巡りブログ

ネットが出来なくなるので、しばらく更新休みます

全体表示

[ リスト ]

明王院(国宝:本堂、五重塔)と草戸稲荷 [広島県福山市]

広島県福山市の明王院と草戸稲荷に行ってきました。

草戸稲荷は明王院の鎮守社でしたが、明治の神仏分離により寺と分かれました。
場所は福山市の芦田川近郊にあり隣接しています。


明王院

寺伝より
明王院は真言宗大覚寺派の寺院で、元は常福寺といい、807年弘法大師によって創建されたと伝わります。
鎌倉〜室町時代に、芦田川に存在した「草戸千軒町」は、常福寺の門前町でもありました。
江戸時代初期に福山藩主3代水野勝貞により、明王院が福山城下からこの地に移され現在に至っています。

本堂(国宝)
イメージ 1
1321年建立。全体的には和様建築だが、細部に禅宗様・大仏様が取り入れられている。
入母屋造、本瓦葺、桁行五間梁間五間、破風に二重紅梁
下の写真のように貫が用いられ、木鼻が禅宗様となっています。
外陣に輪垂木天井が用いられているのが珍しい、と看板にはありましたが、堂内の拝観が行われてないので見れませんでした。
イメージ 2

五重塔(国宝)
イメージ 3 イメージ 4
1348年に民衆の浄財を募って建立された。 和様、三手先
相輪の水煙はシンプルなデザインになっています。
全国で五番目に古い五重塔となります。
古さ順を調べると、法隆寺、室生寺、醍醐寺、海住山寺に次ぎます。

イメージ 5
境内には立派なソテツが植えられていました。
後ろ左手が庫裏で市指定文化財となっています。

イメージ 6
弁財天が立派な石組とともにありました。この周辺ではたぶん秋に紅葉が見られそうです。
全体的に境内はきちんと清掃されて整粛な感じでした。

草戸稲荷神社

wikiより
807年に明王院を開基したとされる空海上人が同寺の鎮守として祀ったとされる。当初は社殿が芦田川の中州に鎮座して、たびたび洪水により流失していた。1633年に現在地に再建した。
福山市ではもっとも初詣の参拝客が多く、広島県内でも広島護国神社についで2番目に多く毎年概ね40万人以上が訪れる。

イメージ 7 イメージ 8
愕きました。ガンダムの要塞として出てきそうなデザインでした。
写真のように本殿が高所に建てられていて、下に拝殿があります。


場所


駐車場: 草戸稲荷専用駐車場(明王院も駐車可でした)

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事