困っている人

シンフォギアの4期と5期を見届けるまで、生きることを諦めないっ!

全体表示

[ リスト ]

「ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人」というブログでやっている
今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?15
という企画に参加して、アニメの感想記事を書いていってます。
 
3月で終了するアニメとかスマプリにつられて、感想を
まだ書いてない作品をドンドン記事にしていきますよ!
 
『輪るピングドラム』
総合評価:24点
 
ストーリー:☆☆☆☆★
始まる前は日常系かと思いきや、冒頭で末妹の陽鞠(ひまり)が死んで
彼女を完全に蘇生させるために双子の兄である冠葉(かんば)と
晶馬(しょうま)が【ピングドラム】というものを探すという設定に
興味を持って、その後は病んでる?夢見がち少女の苹果(りんご)の
つっぱしった言動で笑い、徐々に明らかになっていく謎と
さらに現れる謎に惹かれていって、最終話の象徴的なラストに驚かされました。
 
一気に観るのがいいアニメだったのに、観ては消しを繰り返していたのが悔やまれます…!
 
「銀河鉄道の夜に」を意識したストーリーだそうですが
なんとも文学的な要素もあり、深みがあるように思われました。
 
キャラクター性:☆☆☆☆☆
最初は平凡すぎたり突っ走りすぎなキャラが多くて
とっつきにくかったですが、物語が進むにつれて各々の
ぶれない立ち位置が見えてきて好感が持てました。
 
序盤はペンギンズの行動を愛でる事を第一にしておいたらいいかとw
 
画:☆☆☆☆★
こういった作品って、絵が崩れると途端に
世界観や雰囲気をぶち壊しかねないんですが
ちゃんと安定した作画で安心して観られましたね。
 
演出:☆☆☆★★
後半になってキャラの心理描写とか展開の演出が
ころころ展開していったり、またその手法が独特なので
個人的には興味深く観られましたが、合う合わないが
出てきてしまうので、☆4つに近い3つで。
 
音楽:☆☆☆☆★
OPは前期・後期ともに妙に耳に残るメロディと歌声♪
EDは、後半に毎回変えてきながらも本編と
齟齬が無いように聞こえて、スゴイ!と思いました。。
 
総合的な評価:☆☆☆☆★
ストーリー、映像表現ともに他と一線を画す独特なもので
観るたびに何かの発見がありそうな重厚さ、
 
面白いというのもありますが、興味をそそられるアニメ
ということで、近年あまりないタイプでとても楽しめました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事