困っている人

シンフォギアの4期と5期を見届けるまで、生きることを諦めないっ!

全体表示

[ リスト ]

「ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人」というブログでやっている
今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?15
という企画に参加して、アニメの感想記事を書いていってます。
 
前のvol.8は【Pritty-Cure】書庫の方に入ってるんで注意して読んでって下さい。
 
この記事で、今現在視聴を終えているアニメは終わり。
ラストを飾るのは、夏から始まる2期の前に“鈍器”と評される
原作小説を読むべきか悩んでるこちらのアニメです♪
 
『境界線上のホライゾン』
総合評価:24点
 
ストーリー:☆☆☆☆★
1話では「ラノベにありきたりな大戦(笑)モノか〜」とか思ってたら、それ以降の
本田忠勝というおっさんキャラが幅を利かせる戦闘シーンに燃えまくり
所見では分かりにくい設定もまとめ記事やらで補完しながら
気づけば作品独特の問答も繰り返し観て楽しみつつ
主人公のトーリとホライゾンの行方を案じていましたv
 
現在進行形の原作小説でもまだ明かされない謎が多いために
アニメでは色々と分からないことだらけなんですが
続きを見たくさせる内容と質をもった作品でした!
 
ってか、おっさんキャラ好きな自分には
本田忠勝の活躍に釣られないわけが無かった!!!
 
キャラクター性:☆☆☆★★
アニメ1期だけで言うと、キャラがしっかりと
描ききれているのはあまりいないので、☆3つ。
トーリのクラスメイトたちの個性がでてくるのは2期以降に期待。
 
ホライゾンのことを思うトーリはぶれてないし、そんな彼を助けようと
皆が思うのも分かるように、トーリの魅力を見せてくれていました。
 
画:☆☆☆☆☆
移動要塞とか戦闘ロボットだとか、特殊能力を持つ武器での戦闘とか
描くのにえらく手間がかかりそうなシーンでもちゃんと完成されてましたね♪
全体的に見て、“ちゃちい”と思われる絵は無かったと思います。
 
演出:☆☆☆☆★
問答のシーンではなんとか画面的につまらなくさせないように
苦慮してるのが分かりますし、声優さんたちも楽しく演じてるんだろうな。
 
音楽:☆☆☆☆★
BGMも作品と合っているし、OPも良い!
 
…ところでOPといえば、タイトルが出る前にトーリが出るシーンで
オナラぶっ放してるように見えて笑ってたのって自分だけ? 
 
総合的な評価:☆☆☆☆★
情報量が多いながらも、それを何とかまとめて映像として魅せてくれた作品。
1クール使って、原作小説2巻分(ただしレンガ本)を消化するというわけですから
まだ終わっていない原作を完全にアニメにするには何クール使うんですかね?
 
夏からは2期の放送が決定してますが、無理にTVアニメにするよりも
『銀河英雄伝説』みたいにOVAで進めたほうがいいのではないかと思います。
 
まあTV放送の方が録画できて嬉しいのは確かなんですが
戦闘シーンのクオリティとか大丈夫なのか心配になってきますので。
 
とりあえず夏が楽しみだ!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事