困っている人

シンフォギアの4期と5期を見届けるまで、生きることを諦めないっ!

全体表示

[ リスト ]

ピッコロさんの【ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人】という
ブログでやってる「今期終了アニメ(6月終了作品)を評価してみないかい?17」
という企画に参加して書いてきた記事も、これで最後の作品です。
 
『Fate/Zero 2ndシーズン』
評価 28点
 
ストーリー ☆☆☆☆★
「オレたちの戦いはこれからだっ!」的な締めで終わった1stシーズンから
3ヶ月という期間を隔てて放送された2ndシーズン!
 
ここからは七つの陣営がどんどん減っていくことは分かっていたんですが
キャスター陣営の散り際が一種すがすがしさを伴っていたり
ランサー陣営が、もうとんでもなく虚淵脚本だったり
アーチャー陣営がもう、予想の範疇な愉悦顛末だったり
もう色々していく中で、一応主人公のセイバー陣営では
衛宮切継の過去が散々だったりしたのを2話にわたって描いたりと
なんかもう、楽しくない顛末のはずなのに
ビミョーに愉悦を感じ出してしまうストーリーでした(笑)
 
切継の物語となる終盤はもう重くて、展開が速すぎたように思いましたが
その前のライダー回でしっかりやってくれたのでそんなに不満はありません!
 
キャラクター ☆☆☆☆☆
非道で外道な輩が多いはずなのに、アニメのキャラクターとして
どれも愛すべきキャラたちでしたv
 
Fate/Zeroの真の主役たちであるライダーとウェイバーは
しっかりと王道を突き進んでくれて、特にウェイバーは
ライダーの王の背中を見るシーンとか、アーチャーに対峙するところとか
シリーズを通して本当に成長したな〜と心から思いましたね。
 
その影響で、セイバーや切継の影が薄くなってしまいましたけど。
  
画 ☆☆☆☆☆
最初に言っていた“劇場版並の作画クオリティ”をまずまず維持できていたように思います。
セイバーのバイクでの追跡シーンはかなり燃えました!
 
演出 ☆☆☆☆★
作画クオリティは良いのですが、それは作画崩れが無い点においてで
戦闘シーンの構図とかそういった面ではもっと練れたんじゃないかな〜?
 
ただ、燐光のように仄明るいセイバーの青い光とか、バーサーカーの
揺らぎ屑ぶる黒い靄とか、そうした特殊効果は夜の舞台に映えましたv
 
声優さんがたの演技に関しては文句なしです!
 
音楽 ☆☆☆☆☆
OPもEDも、1stシーズン同様に高レベルなもの。
BGMも思いながらも厳かなテイストが出ていました。
 
総合的な評価 ☆☆☆☆☆
Fate/Staynightに至るまでの前章である今作ですが
登場キャラのほとんどが幸薄い結末になる中で
最後に小さな希望が見られる終わりは良かったですね。
 
そしてライダーが主役!
ウェイバーはヒロイン!(←
 
まあ上記は半分冗談として、アニメでは分かりにくかった
各キャラの心情が知りたいので今度、原作小説を読んでみます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事