困っている人

シンフォギアの4期と5期を見届けるまで、生きることを諦めないっ!

全体表示

[ リスト ]

意欲がやっと出てきたので、超おそまきながら
冬期アニメのまとめ感想記事書いていきます!
 
参加してるのは「ゲームとアニメについてぼそぼそ語る人」さんの企画
 
『キューティクル探偵因幡』
評価 23点
 
ストーリー ☆☆☆☆★
当初はトタバタギャグか〜と思って観てたら
何やら暗い過去もシリアスに決めつつ
それを台無しにするくらいまたギャグに突っ走るその勢いが凄かった!
 
でも後半からの敵味方での愛憎劇(?)なのは
人によっては好き嫌いがあるかも。
 
しかし、後半になるとドン側がフォーカスされることが多くなり
視聴後に「これってドンが主役なんじゃないの!?」
というツッコミを毎回入れてしまうようになって困ったwww
 
キャラクター性 ☆☆☆☆★
ドンのキャラとしての万能性に、もだえ苦しむこと数多!!
 
お札を賞味したかと思ったら同じ口から偽札を製造するトンでも機能だわ
イタリアンマフィアの首領なのに銃弾の的になるわ
心を通わせた相手から裏切られる、まさかのヒロイン属性追加投入だわ
 
本当にドン・バレンティーノさんは罪な御方やでぇ〜!
 
となんでかエセ関西弁になってしまう仕様w
そんなドンを、傍から見てウザッタイくらいに崇拝するロレンツォも◎!
 
こんな変態さんたちにツッコミを入れないといけない、圭くんの心労はいか程か…。
 
画 ☆☆☆☆★
ギャグとしてコミカルな動きや止め絵をちゃんと描き
ドンのリアル化もしっかり描ききったその手腕はお見事!
 
演出 ☆☆☆☆★
はじめの数話は、ギャグのリズムがイマイチだったけど
コツをつかんだのか、中盤以降はハイスピードコメディとして
安定したテンポで展開していった。
 
声優さんとしては、大川 透さんのドン・バレンティーノ!
井上さんのにゃんこ先生ばりに意外で且つハマリ役でしたwww
 
そしてロレンツォ役の小杉 十郎太さんも相変わらずの
渋い声で力強くギャグに走ってらして面白い。
ロレンツォの覆面の下の渋そうな素顔でも声をあててほしかった。
 
音楽 ☆☆☆★★
OPは歌唱力がイマイch…でしたがEDのドンのド演歌に笑ったwww
 
総合的な評価 ☆☆☆☆★
ギャグ枠として存分に合格な出来映え。
時折入るシリアス展開は、バランスを崩すと危険なのに
なんとか作品としてまとまっていたと思う。
 
ってか、感想を書いたらドン側の記述しかないのってどうなんだろう?
つまり主人公側に魅力がな…これ以上書いたら
女装っ子に刺殺されそうなので、やめておこう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事