ホットキャロット "Hot Carrot Farm"

今年もテーマ『サステナブル栽培にチャレンジ!新しい形の兼業農家を考える!』科学的裏付けの出来る栽培を目指します。

全体表示

[ リスト ]

『サステナブルな畑を目指して、2013年』 12 の続きです。
 
サステナブルな畑を目指す記事が、久々の更新です。
前回のサステナブルな更新も1ヵ月半ぶりの、久しブリブリの更新だったみたいだったけど、、、
やっぱり、持続するには、頑張り過ぎない事が、大切ですね、、、。うんうん、そうだそうだ。そうだそうだ。
 
では2013年8月22日のサステナブルな畑を目指してる畑の写真です。
イメージ 1
今回も画質の悪い携帯電話のカメラ機能で撮りましたので、見苦しいトコも多々ありますが、、ご勘弁です。
 
「さてさて、ここの畑、一体何を植えてるんだい?雑草畑かい?あははは、、」
と、人を小馬鹿にしたような質問をする、馬鹿な奴がいた場合、こんな風に返します。
「はい!そうなんです!雑草を資源と考えて積極的に栽培しております!はい、あなた鋭いですね〜」と。
 
別に小馬鹿にされなくても、事実、雑草を生やして、資材資源としています。
 
 
 
で、所謂自然栽培、といわれる栽培を3年もやってみまして、土の状態はどうなったんだろうな?
ということで、穴を掘って見ました。
イメージ 2
勿論、恥ずかしくて自分が入る穴じゃありませんよ。
 
角度を変えて、
イメージ 3
深さ約50cm〜60cmぐらいかな?
底の土の色が茶色に変わった所で、掘るのは終了です。
そこの下は、石ころがゴロゴロで、とてもとても手作業じゃ掘るのは困難です。
 
 
また別角度で、
イメージ 4
表層から伸びている雑草の根は、深さ30cm辺りまで来ているようです。
 
 
また別角度から、
イメージ 5
じぇじぇ!よく見ると、底の方まで根が伸びています!じぇじぇじぇ!@@)!
という事は、深さ60cmまで根が伸びているということ!
 
イメージ 6
黒っぽく見える所が硬盤層。
 
思い起こせば、、初年度は、、硬く重い、そして石やらの畑。
20cmも掘れば、硬くてそれ以上掘る事が出来なかった、あの頃。。。
意欲満々、ナニクソ!と、耕した日々。
 
今は、結構柔らかくなりつつあり、スコップで容易に掘る事ができるまでになった。
イメージ 7
表面には団粒化した土。
かなりの有機物、高炭素資材を意識して使っています。
 
イメージ 8
底の土は茶色く、砂っぽい。
 
そして、
イメージ 9
こんな石ころがゴロゴロ。
 
どれくらい大きいかというと、
イメージ 10
ぱぁ〜っ!これくらい〜
 
というわけで、、このような穴掘り作業を、朝の5時からやりまして、
一番最初の画像参照、畝1本を、掘っては、刈り草を入れ、土を埋め戻しを繰り返し、、
2時間で、体力の限界、時間も限界、、
 
でも、これだけ土質が変わってきているのを目の当たりに致しますと、
来年の作物は期待できるかもしれない!と、少々の手応えを感じている次第でございます。
 
 
皆様の励ましが、原動力でございます。
心が折れそうな時、
応援メッセージを頂けると、ウレシイデス^^。
 
 
 
 
サステナブル栽培とは、所謂自然栽培とは違います。
自然の摂理を利用するのは同じですが、耕しもするし、肥料も使います。
場合によっては農薬も使う場面があるかも知れません。
使い方が自然の摂理に合っているのならば、それは自然栽培であり、サステナブルである、と考えてます。
 
言ってみれば栽培とは、人の手を加える事ですから。自然ではありません。
 
サステナブルを大雑把にいうと、
いかに経済的に効率的に作物を育て、品質と収量を上げて、売り上げも上げて、収入も上げて、環境負荷はできるだけ下げて、出来ればゼロにして、、(ゼロは無理だべな、、)
自分が(で)自立できるか、って事(を目指す事)です。
 
 
素人が生意気な事を言ってやっておりますが、、温かく見守って頂けると嬉しいです。
心が折れそうなんです、本当は。
でも、頑張るのだ!
 

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

去年のお師匠
宮城県角田市の大槻さんは籾殻を入れてました。
肥料なしで
美味しい野菜を作っておられました。

2013/8/22(木) 午後 7:25 [ kunkun193 ] 返信する

顔アイコン

☆kunkun193
こんばんは!
今年の秋、友人の田んぼから、籾殻を大量に貰う予定です。
お師匠様の畑を見学してみたいです♪

2013/8/22(木) 午後 9:01 [ ホットキャロット ] 返信する

顔アイコン

☆kunkun193 さま
さまが抜けてました、スイマセン、失礼致しました〜(mm)

2013/8/22(木) 午後 9:38 [ ホットキャロット ] 返信する

顔アイコン

師匠はミクシィの
炭素循環農法のコミで「玄おっつぁん」の名で
全国を駆けめぐりご活躍中です。
田んぼは粗植のうえ全期間深水栽培で
いっさいの肥料薬剤を使わずすごい米を作っています。
野菜も硝酸の含まれていない味のする美味しい野菜です。
ちなみに
私は今年から薬を使い始めました。
福島県の広報や東大の研究でも有機物の混入は
セシウム抑制になるとの事でしたが
私の手にしたデータではそんなことはあり得ませんでした。

2013/8/22(木) 午後 10:35 [ kunkun193 ] 返信する

顔アイコン

kunkun193 さま
おはようございます。
お師匠様を、ネットで検索すると出てきますね!凄いですね!
ミクシィは未だやったことないです。。。紹介がないと入れないんでしたっけ???

土壌に有機物の混和でセシウムを吸着&分散させ、同じ量で、前後で比べたら、結果、薄まった、、。そりゃ当たり前だのクラッカーということじゃないかなと、素人ですが、思います。
植物は、有機物で分散したセシウムであっても、根を伸ばし必要量を吸収しに行くので、分散には意味がない、ということでしょうか?
対策として、カルシウム?カリウム?を多めに与え、セシウムの吸収を抑える、という方法を、うる覚えですが聞いたことがありますが、どうなんでしょう?

2013/8/23(金) 午前 8:53 [ ホットキャロット ] 返信する

顔アイコン

ミクシィ紹介しますよ
でも紹介なしで入れるようになった様な気もするんですが・・

原発爆発の時
東電さんが地元住民には秘密にして
社員の家族だけ逃がした事を書いたら
パソコンを攻撃されたもので
今の所ミクシィでは情報収集しかしてません。
まあ
オイラのパソコンなんか空っぽで
怪しげな画像がちらほらと入っている程度ですので
何ともありませんが・・・オラの脳みそとおんなじだよ(笑)。

セシウムに関しては仰るとおりだと思います。
ただ
東大の研究では有機物混入で(主に黒ボク土)作物に吸収される
セシウムは減ってるという研究結果は公表されています。

有機物を混入しなくても
耕耘して拡散させると作物の吸い込む量は減るようです。
単純に考えると
遍く根が蔓延っている訳ではないと言うことだと思います。

現在我々の地区(最前線です5キロ先は作付禁止地区)では
春にカリを反40キロ程度、
東電の負担で散布しています。
おもしろい数値をひとつ
この地区の田んぼの表面のセシウムの値は0.2〜0.4μ
散布するカリ肥料の数値は0.6〜0.8μ

2013/8/23(金) 午後 3:42 [ kunkun193 ] 返信する

顔アイコン

kunkun193 さま
怪しげな画像は、健康な男子なら誰しも、1つや2つや3つや4つや5つや、、、元気な証ですよ。(と自分にも言い聞かせる。)^^

黒ボク土の粘土質のマイナスイオンにセシウムがプラスイオンで吸着し、耕転で拡散し、更に有機物混入で、根がセシウムに触れる割合?機会?を減らすってことでしょうか?

面白い数値のところが、良く分かりません。
どのように見てとればいいのでしょう?

2013/8/23(金) 午後 7:29 [ ホットキャロット ] 返信する

顔アイコン

結合に関しては解りませんがキレートという表現だったと思います。

土壌のセシウムが0.4μしかないのに
セシウムの吸収を押さえるための肥料が0.8μもあるんですよ。

一年目は米糠で50ベクレルあったんですよ
二年目は当初からカリを撒きましたが化成を使った所は20ベクレルを切りました。
馬のウンコを使ったところは20ベクレルを一寸越えたと思います。
10ベクレル以下は測定不能ですので一部揣摩憶測です
米糠は玄米の6倍のセシウムが含まれます
玄米は白米の10倍のセシウムを含みます。

いろいろなセシウム除去法が開発されていますが
巨大なアトモスフィアの下でははかない抵抗なのも確かです。
いつの間にか周りと同じになってしまいます。

宮城県の師匠がやってる田んぼを耕耘して水を流してしまう方法が
一番簡単で効果が出るようです。
去年は3回ほど水を捨てたら半分ぐらいに数値は落ちましたよ。
すぐに戻っちゃいますけどね。

山形の方は安心でしようが何かあったときに参考にしてね。
とはいえ全く降ってない訳じゃないから
子供を雨にあててはいけないよ。

2013/8/23(金) 午後 9:01 [ kunkun193 ] 返信する

顔アイコン

kunkun193さま
おはようございます。
”キレート”ウィキペディアを見てみました。良く解らないけど分かりました^^。

普通ならばそんなに多くは使用しないのに、カリウムの使用量が今でも非常に多いという事なのですね。それはアトモスフィアが濃いという事なのですね。

山形もホットスポットがたま〜にあったりします。
参考にさせて頂きます。

今度ミクシーもやってみようと思います。^^

2013/8/24(土) 午前 11:16 [ ホットキャロット ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事