報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 街角景気

内閣府が10月8日に発表した9月の景気ウォッチャー調査によると、 タクシー運転手や小売店主などに聞いた「街角景気」の現状を3か月前 と比べた判断指数は9月と比べて3.9ポイント低い41.2となり、 2か月連続で悪化したそうです。 これは新聞記事に載っていました。「景気悪化」と聞くだけで気分が かなり落ち込みます。私と同じように感じる人、少なくはないと思います。 中国地方のある乗用車販売店は「エコカー補助金終了後の販売量は前年と 比べて50パーセント減」と話しています。補助金打ち切りの影響を訴える 声が目立ったようです。 内閣府は基調判断を「緩やかに持ち直してきたが、弱い動きがみられる」と 2か月連続で下方修正したのです。 その一方で、2〜3か月先の先行き判断指数は1.4ポイント高い41.4 と5か月ぶりにすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事