日本映画向上お願い委員会

映画3丁目の夕日・ぱーと3 六ちゃんの恋<a target=_blank href="http://rd.を製作せよ!

全体表示

[ リスト ]

『片岡仁左衛門一家殺害事件!』

「今、甦る『片岡仁左衛門一家殺害事件』!」



 今回、歌舞伎役者・市川海老蔵が起こした事件が、図らずも、終戦直後に起きた大量殺人事件『歌舞伎役者・第12代片岡仁左衛門一家殺害事件』を思い出させてくれることになった。

 これは、終戦直後の1946年(昭和21年)の3月16日に起きた、歌舞伎役者一家大量殺人事件である。
 無論、委員長(iintyou)も産まれていない時代のことである。
 委員長(iintyou)は、学生時代に読んだノン・フィクションで、この事件のことを知った。

 この時、殺されたのは、第12代片岡仁左衛門(65歳)とその妻(26歳)と三男(2歳)、そして、お手伝いのA子さん(12歳)とB子さん(69歳)の5人であった。
 仁左衛門とその夫人との年齢差で推測出来るだろうが、夫人は後妻である。
 そして、お手伝いのA子さんの年齢にも注目して欲しい。
 わずか12歳の少女が、学校にも通わされずに、女中として働かせられていたのである。
 しかも、いくら食糧難の時代とはいえ、1日に与えられていた食べ物の摂取カロリーは、推定で120カロリー〜130カロリーだったという。
 そして、これは、69歳のお手伝い、B子さんも、A子さんの兄で、片岡仁左衛門の内弟子のE田(22歳)も同じだったという。
 B子さんのことは、ひとまず措く。
 育ち盛りのA子さんや、食べ盛りのE田の場合、一日の摂取カロリーは、最底でも1500〜1600カロリーは必要な筈である。
 これが、その十分の一では足りる筈もない。
 実は、この殺害事件の犯人は、このA子さんの兄のE田だった。

 戦争中、徴用されて地方の炭鉱で働いていたE田は、終戦後、帰京したが、一家のほとんど全員が空襲で死亡していた事を知り、家族の中でただ一人、学童疎開で生き延びていた妹を訪ねて、片岡仁左衛門のもとを訪ねてきた。
 実は、この兄妹の父親は、歌舞伎の脚本書きであり、E田は、父の跡を継ぎたいので、内弟子にしてくれと仁左衛門に頼みこみ、許される。
 内弟子といっても、役者志望ではなく、作家志望だったのである。
 だが、片岡仁左衛門一家がその申し込みを受け入れたのは、最初から、この兄妹の配給米を盗み取るのが目的だったのである。
 また、米だけでなく、配給の外食券なども、すべて取り上げられていたという。
 戦前は贅沢三昧の生活をしていた片岡仁左衛門一家も、そこまで追い詰められていたのである。
 
 この歌舞伎役者の悪謀は、まんまと的中した。
 主人である仁左衛門一家は、三食おかず付きの銀シャリご飯を食べ、この兄妹と69歳のお手伝いさんのB子さんは、米がほとんど入っていないお粥を、朝晩一杯ずつ・・・。
 当然、足りる訳がなく、近所の人からわずかな食べ物を貰って食べていると、『みっともない真似をするなッ!』と叱責したという。
 また、空腹に耐えきれずにツマミ食いしたB子さんを、この26歳の後妻は、執拗に叩いたという。

 ある時、このE田が、片岡仁左衛門に『空腹や体罰は我慢出来るが、妹が学校に通えないのは可哀そうだ。小学校ぐらい行かせて欲しい』と頼むと、仁左衛門は激怒し、『明日の朝までにこの家を出て行け!』と怒鳴ったという。
 E田は、その後、寝ようとしたが口惜しいのと空腹で眠られず、夜中に起き出し、薪割り用のマサカリを手にすると、片岡仁左衛門(65歳)とその後妻(26歳)、三男(2歳)の三人、そして、何と、可愛がっていた実妹のA子さん(12歳)と被害者仲間であるB子さん(69歳)までをも同様の手口で殺害したのである。

 この時のことを、後にE田は、『あまりの空腹と怒りで、よく覚えていない』と語っている。
 前後の状況から考えると、このE田の言葉に嘘は無いと思われる。

 その後、3月30日、E田は、宮城県内の旅館に潜伏していた処を逮捕され、翌年の10月22日に無期懲役刑が確定している。

 5人も殺害しながら、E田が死刑にならなかったのは、『事件発生当時、被告人は心身喪失状態にあった』という弁護人の主張が認められた為であった。

 この事件は、発生当時からE田に対する同情論が強く、無期懲役刑を受けた彼は、十数年後に出所している筈である。

 今週号の週刊新潮・12月23日号の特集『天下のふとどき者「海老蔵」が梨園から総スカンを食った!』には、こう書かれている。
「傍若無人な振る舞いの度が過ぎている。ホテルのバーで周りのお客さんに“なんで、貧乏人が奮発してこんなところに来ているんだよ”と突っ掛かるし、裏方さんに対しても、“誰のおかげでメシ食っているんだ”と見下した態度で悪態をつく。 ――― 中略 ――― 無期限謹慎となっても同情する者は皆無です」  

 自分と自分の家族以外は、カス扱い、クズ扱い・・・。

 片岡仁左衛門一家と市川海老蔵一家は瓜ふたつ・・・。

 この『片岡仁左衛門一家殺害事件』は、歌舞伎界と歌舞伎ファンの間では最大のタブーになっており、危うく(歌舞伎界にとっては幸いにも)忘却される処だったが、今回の海老蔵の所業によって、新たな生命を吹き込まれて、まるでゾンビのように甦ってしまった。

 この事件の映画化か、舞台化(歌舞伎化?)を望むものである。
 歌舞伎が生き残る為には、もうそれくらいしないと危ういところまで来ているのかもしれない。

「無題」書庫の記事一覧

閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者14401459
ブログリンク027
コメント03852
トラックバック033

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事