蓬莱電鉄(ほうらいでんてつ)の雑記帳

福岡近辺の鉄道・バスの話題がメイン。初心者・一般人歓迎。コメントはお気軽にどうぞ〜。分からない言葉とかあったら聞いてくださいね。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全680ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

近所で菜の花と貨物と

今日は午前中自治会の総会でした。

天気予報では曇りと雨でしたが、朝起きたら晴れてたので線路際へ。


イメージ 1
1087レを川土手の菜の花と一緒にパチリ。
1016号機が充当されてましたが、台車が真っ黒。
下周りだけ最近キレイにされたのでしょうね。



イメージ 2
上に上がって撮影。
いい光線です。



イメージ 3
7:34、3052レ(?)。
(最新の貨物時刻表を持ってないので、正しい列番が分からない・・・)
釜次位2両はコキ200ですね。




イメージ 4
また川土手に降りて、違う菜の花構図を探ります。



イメージ 5
7:51、にちりんシーガイア7号。

これにて撤収、総会の会場へ。




終了後、まだ天気が良かったので、また線路際へ。



イメージ 6
11:50、遅れ1063レが下りました。
ラッピング付の1015号機です。



このあと遅5075レで81重連が下っているということで、待ってみます。



イメージ 7
12:20、716+303で下りました。
残念ながら通過時は雲がかかり、1分後に晴れてきました・・・(汗)



これにて撤収、帰宅後は高校野球を見るなどしてゆっくり過ごしました。



明日からは年度切り替えの関係で仕事が激増します。

1日の土曜日はどこかで桜と絡めて撮影できたらいいな。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

今日は午前中は自治会役員で明日の総会の会場準備。帰宅後高校野球を見てから少し会社に行きました。
ヨメが映画を見に行きたいと言うのでイオンに同行し、「PとJK」という映画を見ました。
なんか爽やかな気分になる映画でした。

帰りに食品コーナーで買物。
酒コーナーで標題のものを買い込んできました。


「黒ラベル」と「麦とホップ」が対象。
6缶パックにコースターが、24缶ケースにグラスが、それぞれついてくるというものです。



イメージ 1
とりあえず、6缶パックを4つ買いました。

絵柄は6種類+シークレット2種類の計8種類。
シークレットは「富士」と「さくら」だそうです。

ケース売りのグラス付も欲しかったですが、大量に買い込む勇気ナシ・・・。
次回にしよう。



イメージ 2
印刷はキレイです。
やっぱり明星と彗星は買ってくればよかったかな?




イメージ 3
表はプラスチック、裏はコルクで、裏は中央が少し盛り上がってます。



イメージ 4
缶にも機関車たちのイラスト。
空缶も1つぐらい残しておこうかな。



イメージ 5
缶をコースターに載せてみました。

・・・絵柄が見えん。(当たり前か)

ケース売りについてくるヘッドマークグラスを載せたらカッコ良さそうですね。




明日は午前中総会、午後はフリー。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

昨日は会社の先輩たちと飲み会で遅くなりました。
今朝もちょっと二日酔いでしたが、仕事のほうは何とかなりました。


モタモタとご紹介してきた2月12日の三江線ツアー、ようやく最終回です。

気が付けば、もう桜の開花の話もちらほら・・・。
すっかり春になってしまいました。



イメージ 2
もう18時前。
交換列車も来たし、暗くなってきた口羽(くちば)を発車です。



イメージ 3
ヘッドライトに標識や雪が浮かび上がります。



イメージ 4
香淀(こうよど)。
ミラーに乗車列車が写ってますね。
このあと急速に日没、写真も撮れなくなりました。




イメージ 6
口羽から約1時間で三次(みよし)に到着。
三江線ともお別れです。



イメージ 7
駅舎に隣接してバス乗り場、その向こうには物産館(?)。




イメージ 5
広島行の芸備線列車に乗り込みます。



イメージ 8
外は真っ暗で景色も楽しめませんので、三次駅の中のセブンイレブンで買ったもので夕食。
約2時間、意外と長い芸備線区間・・・。




イメージ 9
広島ではわずか7分の乗り継ぎで新幹線。



イメージ 1
そのわずか7分の間にちゃっかり仕入れた宮島ビールで仕上げの乾杯!!



イメージ 10
1時間で300㎞ぶっ飛んで、博多に到着。

朝6時ちょうどの新幹線で博多を発ってから16時間、現実世界に戻ってきました。

地元駅までを含めると17時間。


とても同じ日の中とは思えないなぁ・・・。

あの雪深い車窓を堪能したのがずっと前のような気もします。




くったくたになりましたが、心地よい疲れでした。



撮り鉄も模型鉄も楽しいですが、なかなかできなかった乗り鉄もやっぱりいいですね〜!

またどこか旅に出たいな。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

今日は消防団でポンプや消火栓の点検、格納庫の清掃をしました。
4月から団員になる2人も来てくれて、体験もしてもらいました。


午後は予定がありませんでしたが、天気も崩れてきたし、家でゆっくりしてました。



ハウステンボス号や白土号などの話題に埋もれてしまいましたが、16日の夜(正式には17日未明)に珍しいネタがあり、夜間に撮影に出てました。



イメージ 1
JR貨物の千早操車場から福岡貨物ターミナルを結ぶ臨港線のマヤ検測が行われたのでした。
通常は黒いDE10やキハ47などJR九州の車両によってマヤを走らせますが、今回の臨港線はJR貨物の機関車が担当しました。
12月下旬にこの検測が予定され、その時も夜中に線路際で待ちましたが空振り。
何らかの事情で延期になり、今回実現したものです。

牽引はEF81-452。
秋に検査を受け、キレイな釜。
「がんばろう九州」のラッピングも付いてます。
香椎駅でパチリ。




イメージ 2
JR九州所有のマヤ34-2009。
足元のライトが特徴的。




イメージ 3
後ろからもパチリ。




イメージ 4
名島の橋へ先回り。
臨港線を走っていくところをダメモトで撮影。
左側を並走する国道3号の黄色い照明を浴び、金色に輝きます。



イメージ 5
福岡貨物ターミナル到着後は、機回しして折り返しに備えた状態に。
ここにマヤが来てるなんて、ほんと珍しいな〜。


しばらくこのままっぽい。

次の日の仕事もあるので、これにて撤収したのでした。



お会いした皆さん、ありがとうございました!!

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

今日は標題の団体列車に乗ってきました。

古賀を起点に活躍された鉄道写真家、白土さんを偲んで、有志の方々で企画された特別な列車。
古賀発・古賀行、国鉄色のキハ66・67を使って筑豊を回るツアーです。




イメージ 2
古賀駅改札横の通路にて受付。
名札、座席表、行程表などをもらいます。
私も少しお手伝いしました。
今日は市内で「なの花まつり」というイベントが開催され、それに合わせたJRウォーキングの受付もあっていたので、ごった返してました。



イメージ 3
一般客と団体客を識別する名札。
一目瞭然のデザインですね。
数年前に流行ったリバイバル列車にも乗ったことがない私、初めての乗車でワクワク。



イメージ 4
無事に71人の受付が終了し、ホームへ。
まもなく列車が来ました!



イメージ 5
1番のりばに到着。
立派なヘッドマークがついてますね。


イメージ 6
白土さんが生前撮影されたブルートレインの写真が載った特製マークです。
右の「はやぶさ」は福津市役所横の桜かな。


車内には知り合いがたくさん乗っていて、ずっと話してました。
また、新しく知り合いになれた人もいて、とても楽しく過ごせました。
ビールも回ってきて、会話も一層弾みます。

結局ほとんど席に座ってなかったな・・・。



イメージ 7
話していたら、最初の停車駅の折尾に着いてました。
新しいホームになってから初めて来ました。
右奥の方に旧ホームの上屋が見えてますね。
旧ホームのレールは撤去済みのようです。



イメージ 8
そして八幡で停車。
筑豊線に入るため、ここで折り返しです。
黒崎で折り返すのかと思ってました。
八幡折り返しは珍しいそうです。

いい光線。
天気に恵まれて最高の旅日和です。


向きが変わって筑豊本線に入ります。
全開の窓から浴びる春風が心地よいです。

青春18きっぷで非冷房のローカル線を乗り潰していた頃の懐かしさが込み上げてきます。

今では完全冷房化で、窓を開けること自体はばかられますもんね。

あと、沿線各地に鉄道ファンがカメラを向けてました。
車内から見るのも面白いです。

中には、知り合いの顔もちらほら・・・。




イメージ 9
一番長く停まった中間。

乗客の記念写真もここで撮りました。
参加者全体のも写ったし、いろんな枠で入れ代わり立ち代わり写りました。




イメージ 12
参加者が作って来られたこのプレートも大活躍でした。




イメージ 10
そうそう、配られた弁当も食べましょう。
鳥栖駅の駅弁、中央軒の「焼麦(しゃおまい)弁当」です。



イメージ 11
左はかしわめし、右はシューマイ。
美味しい駅弁でした。
シューマイは、長崎の中華料理店の指導で開発され、「東の崎陽軒(きようけん:横浜)、西の中央軒」と言われる知られた存在だそうです。




イメージ 1
新飯塚でも停車がありました。
後藤寺線が発着する3番のりばです。



イメージ 13
下り方に掲示されたヘッドマークは、かつて筑豊を経由していた「あかつき」の絵柄。



列車はそのまま筑豊線を下って原田(はるだ)まで行き、折り返して鹿児島本線を上ります。

南福岡、博多、千早と進むにつれ、旅の終わりを実感。

この形式独特の低音タイフォンが哀愁を帯びて聞こえます。




イメージ 14
そして終点古賀に到着。
約5時間の旅もあっという間でした。
車内は一斉に拍手が起こりました。

下車後、みんな名残惜しそうにシャッターを切ります。



このあと列車は一旦福間へ上り、折り返して竹下へ向かいます。
福間で折り返して下って来るところを1枚撮りましょうかね。



イメージ 15
最後の回送は、白土先生が下りの回送列車などをよく撮影されていたブロック塀ポイントで締めました。

ここで撮る白土号、すごく感慨深いです。



同じところで撮影された方々と駅で別れ、徒歩で帰宅。
心地よい疲れとアルコールのため、昼寝。



たくさんの人が楽しく過ごした白土号、大成功でしたね。
きっと白土さんも喜んでいらっしゃるでしょう。

運行を企画して下さった方々、JRの関係者の皆さん、そしてお会いした皆さん、ありがとうございました!!




明日は昼過ぎまで消防のポンプや消火栓の点検です。

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

全680ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事