藤本式記憶術という方法なんですが...ハタバタ日記

藤本式記憶術という方法は、30分で1000の単語が 覚えられるという

藤本式記憶術について

藤本式記憶術という方法は、30分で1000の単語が
覚えられるという。

しかもこの1000覚えるというのは平均値らしく、
著者は30分で3000語は覚えられるらしい。

にわかに信じ難いが、実際にやってみるとどうなるか。
やってみて思ったことなんかを書いていきたいと思います。
まずは、ここから







この記事に

藤本式記憶術の特徴

「授業中にノートをとらなくても話を聞くだけで記憶することができる。」「勉強に苦痛を感じることなく、最速で記憶することができる。」「知らない言葉や長文でもインプットすることができる。」「1日で100ページの本を完全記憶することができる。」このようなスキルを手に入れ資格試験や受験を楽々合格を勝ち取っている。

記憶術を知ってしまえば、自分の頭の良し悪しは一切関係なく、あらゆるものを短期間でインプットし、好きなだけ難関資格や難関大学などに合格することも可能である。

世の中に出回っている“記憶力”に頼った学習法で勉強している限り、どれだけがんばって、必至で覚えようとしても記憶できないのは当たり前で記憶術は、生まれ持った能力や才能は一切関係ない、練習さえすれば、容易に習得することができるシンプルな“テクニック”だ。

教えてきた記憶術は、東京大学などのいわゆる一流大学や、司法試験のような難関試験で効果を発揮することが実証されている。

藤本式記憶術を使うと・・・・「まったく知らない英単語だろうが30分もあれば充分覚えることができる」「歴史の年表を覚えるとしたら、原始時代からスタートして、近代まで」、丸一日あれば充分だ。

さらに、もっとも覚えるのが困難と言われている数字でも、100ケタの数字を初めから耳で聞いただけで、2分もあれば正確に覚えることができる。その他、地理・物理・音楽・国語・数学の公式・保健体育の実技のコツといったものまで応用できるので、ありとあらゆる分野で、その効果が実証されている。

記憶術を使えば今までの3分の1以上の短期間で、より多くのことを正確に覚えることができるようになるだろう。せっかく苦労して覚えても、すぐに忘れてしまっては意味がない。記憶術は「覚え方」そのものがまったく異なるため、たとえ膨大な量であったとしても、長期にわたって忘れることがない。また、一度記憶術で覚えたことは、必要なときに、必要なことをすぐに思い出せるのが特徴だ。 

勉強が嫌いになる大きな理由の1つに、まったく意味のない難解な言葉や、無味乾燥の数学の公式を嫌々ながら覚えたりしなくてはいけない事だ。藤本式記憶術は難解な言葉や数式を、まるで面白いマンガや映画のようにイメージして覚えるため、楽しみながら覚えることができる。

楽しい記憶ゲームをやっているうちに、頭の回転がはやくなり、頭そのものがよくなるという好循環を生みだすことができる。藤本式記憶術は、マスターする過程で、形式にとらわれない自由な発想をするクセがつくため必然的に応用力を著しく増大させることができるのだ。

この教材は大きくわけて「5つのパート」に分かれている。PART1: 記憶術の魅力・利点と、その具体的な活用方法PART2:記憶術と脳の関係と、記 憶のメカニズムを解説PART3:記憶脳の作り方と記憶の 基本原理PART4:脳を覚醒させる記憶術5 つのパターンPART5: あなたが記憶術を最短でマスターするために、だ。 藤本式記憶術では、今までとまったく同じ時間で少なくとも「3倍は効率がアップ」するということは何ら珍しい話ではない。


>> 藤本式記憶術のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事