ここから本文です
不定期更新備忘録

2016年改めて

きゃー、月日は経つのは早い!ボチボチ再開します。

この記事に

ホンダのバイクについて、数年前からモデルチェンジやブランニューバイクが登場するたび、従来のウィンカーとホーンスイッチ上下配置が入れ替えられた新配置(上がホーン、下がウィンカーに変更されています。

普段使用頻度の高いウィンカースイッチを親指に近くして、操作しやすいようにするためのようです。
これから発売される新型CB1100についてもこのスイッチに改められるホンダの試乗会でことが儀式となってしまいました。

実際使ってみると従来よりグリップから手の平が離れることなく、ウィンカー操作することができて便利なのですが、今のところ他社が追従する気配はないようです。
ただ、操作はしやすいんですがデザイン的にはちょっとCB1100のイメージには合わないかなあ、、と個人的には思います。

車種やグレードを問わず同じデザインのスイッチボックスが使われている現状、将来的に改善されればなあと。

この記事に

あけましておめでとうございます


3か月ほど短距離走行で試してみたダンロップロード


スマート2インプレッションです。イメージ 1


リアを140からワンサイズ150まで大きめにした結果、尻上がりでキャスターが立った


せいかコーナリング時のイン側への倒れ方がより早く


なったように思います。イメージ 2たったワンサイズアップでこれだけ変化するとはびっくりです。


 

この記事に

イメージ 1

納車後2年を過ぎて、走行距離もまもなく16,000キロを超えるところ。


フロントタイヤの溝が毛羽立ってスリップサインが出てきたために、交換することにしました。


リアタイヤはまだスリップサインに対して2ミリほどの余裕があったのですが、この際一緒に。


ただ、さんざん言われていることですがCB1100のタイヤサイズは18インチ


フロントが110、リアが140の細身でリプレイスタイヤの選択肢がほとんどありません。イメージ 2


某雑誌の記事やブログにもあった、同サイズのバイアスタイヤ(ピレリスポーツデーモン、


ブリジストンBT−45など)も検討し、どっちかお店にあるモノでお安めに交換できれば


いいかなと思いながらジャパンタイヤセンター高槻店へ。


店長さんとお話しさせていただいたのですが、やはりラジアル指定のバイクにバイアスタイヤ


を入れるのは、ディーラー保証に支障が出る可能性や、安全性も考えて止めておいた方が


いいとのこと。


で、素直に助言に従って、店頭在庫にあったダンロップスポーツマックスロ


ードスマート2に履き替えることにしました。


ただ、リアは標準指定よりもワンサイズアップの150をチョイス。


以前ホンダドリーム店で同じ車種に乗っておられる方と話した時、150までは問題ないこと


を確認していました。


素人なりに、店長さんからのお話にもあったのですがリアをアップ気味にし、コーナーでの


旋回性を高める効果を期待して、と、見た目単純にボリュームが増した方がかっこいい


かなと。


ただ交換費用として4名の諭吉様と数名の英世様が旅立っていかれました。イメージ 2


交換後少し皮むきに走った後、そのままホンダドリーム店へ2年目点検のためにドッグ


入り。週末までお別れとなりました。


タイヤ交換に点検に、偉い勢いで財布が軽くなって涙がちょちょぎれますが、暫く飲みに行く


のを控えて節約生活に励みます。イメージ 3

この記事に

イメージ 1

グランフロント大阪まで足を延ばして展示会に行ってきました。


まだ原付免許も持っていなかった10代の頃、街で見かけたV−MAXのインパクトは


いまだに消えません。イメージ 2


グランフロント大阪のワンフロアに所狭しと並べられた新型車両の数々。


ヤマハの逆襲が始まりそうな予感が。


BOLTなんて、バイクを知らない人でも目を引きそうな、魅力のあるデザインでした。イメージ 3

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事