TradeMaxZillionで10日目!ハットのFX日記

ユーロポンドなんて取引したことのなかった私ですが

TradeMaxZillionについて

TradeMaxZillionは、なんとユーロポンドのEA。

ユーロポンドなんて取引したことのなかった私ですが、
FXDDのリアルタイム成績を見ると、実際にやってみても、
こううまくいくのだろうか?と半信半疑です。

とりあえず少ない枚数で実験してみたいと思います。
まずは、ここから







この記事に

TradeMaxZillionの特徴

欧州波乱をもマネタイズするユーロポンド専用EA、あえて波乱の通貨ペアを選択しながら安定した利益を狙うロジック(投資戦略)だ。

「TradeMax Zillion」は「ユーロポンド」を対象としたEAだ。「ユーロポンド」というと、日本のFXではあまりなじみのない通貨ペアだが欧州通貨間では最もメジャーな通貨ペアだ。この通貨の特性に特化したロジックを組み込み完成したのが「TradeMax Zillion」だ。

ヨーロッパ内での通貨ペアでは一番取引量が多いのがこのユーロポンドだ。基本的に取引量が多い通貨ペアの手数料は安くなる。つまり流動性は十分なためにスプレッドも狭い、取引の際の実質的な手数料が安いのだ。一回の取引だけを見ればわずかな差だが、自動売買であれば裁量に比べて取引チャンスを逃しません。このため裁量取引に比べ取引回数は増える傾向にある。

ユーロポンドの動きにつていは一点注意が必要でユーロポンドはレンジ相場を形成しやすいのですが欧州の経済指標には敏感に反応する特徴があり「TradeMax Zillion」では、欧州の重要指標発表時に新規ポジションを持たないよう設計されている。

「英国・ユーロ重要指標回避機能」ユーロポンドに大きな動きをもたらす欧州重要指標発表時に新規ポジションを持たないようにする。初期設定で組み込まれている。

「米国超重要指標回避機能」米国の超重要指標発表時にはユーロポンドにも影響を与える。新規ポジションを持たないよう設定されている。初期設定で組み込まれている。

「週末決済機能」週末にはG20など重要な決定など大きな出来事が起き週明けから相場が大きく動く場合がある。週末にポジションを決済することで週明けの大きな価格変動による損失拡大を防ぐことが出来る。週末決済有無の切り替えが必要。

週末にポジションを決済する機能がついている(スイッチオンオフ切り替え可能)週末決済機能がついていることで土日もポジションについて気にする必要がない。ナンピン系EAの最大の弱点は保有期間が長くなり、損失が膨らみ続けることだ。
勝ち続けていても1回の負けで全てが消し飛ぶが土日にポジションがなければ損失が膨らむ心配がないのだ。

バックテスト結果だけみると週末決済機能を使わない方が結果は優れていて含み損を週末で決済することで、大きな損失を防ぐことができる。なぜなら大きなニュースは週末発表されることが多いからなのだ。

「TradeMax Zillion」はナンピン系EAにも関わらず含み損の額、期間とも抑える設計となっている。すでにナンピン系EAを使ってる人でも併用することで分散効果によるリスクヘッジが期待できる。


>> TradeMaxZillionのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事